ハーツクライ産駒の特徴と買い時って?鳴尾記念のマジェスティハーツから学べ

(C)minafl

ページ:

1

2

6月7日に阪神競馬場で行われた第68回鳴尾記念(GIII/芝2000m)は、2番人気のラブリーデイ(牡5)が勝利し、重賞3勝目を飾った。

このレースで穴を開けて波乱を演出したのが単勝35倍という低評価だったマジェスティハーツ(牡5)だ。近走振るわなかったが、直線で鋭い伸びを見せて2着に食い込んだ。

マジェスティハーツの戦績を振り返ってみると、ハーツクライ産駒の特徴が面白いように見えてくる。そこで今回は、彼のキャリアを見てハーツクライ産駒の買い時を探っていこう。

スポンサーリンク

生粋の穴馬ハーツクライ

今となっては忘れられているかもしれないが、ハーツクライは生粋の穴馬だった。競走馬時代、19走して1番人気は2回のみ。ディープインパクトを破った有馬記念に代表されるように、常に穴馬としてキャリアを送ってきた。

ジャスタウェイやワンアンドオンリー、ヌーヴォレコルトといったスターホースを輩出したため印象が薄れているかもしれないが、本質的には穴馬なのである。

実際、マジェスティハーツの戦績を振り返ってみると面白いことが分かる。

3歳時、500万条件を3番人気で勝つと、続く1000万条件を4番人気で連勝を飾った。勢いそのままに迎えた神戸新聞杯では7番人気の低評価ながら2着に入り、すべて伏兵という立場でレースに臨みながら菊花賞への出走権を手にしている。

その後、馬券に絡んだレースを見てみると……

大阪ハンブルクカップ 2着(4番人気)

新潟大賞典 2着(2番人気)

中日新聞杯 3着(5番人気)

鳴尾記念 2着(8番人気)

ご覧のとおり、新潟大賞典を除くと4番人気以下という低評価を覆して馬券に絡んでいる。「ハーツクライ産駒は穴でこそ!」。マジェスティハーツのキャリアを見るだけで、特徴が如実にわかるというものだ。

【次のページヘ】ハーツクライ産駒は人気に応えられない!?

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る