“ゆとり調教”のレッドレイヴンは危険?函館記念で買いにくい3つの理由

(C)minafl

ページ:

1

2 3

夏の函館の名物重賞、函館記念(GIII/芝2000m)にレッドレイヴン(牡5)が出走する。

前走の巴賞で2着となり、悲願の重賞初制覇を目指す。人気の一角に支持され、十分にチャンスがあると見られている。

ただし、彼のキャリアを振り返ると、積極的に買うべきかどうか、疑問が生まれてくる。

今回は「レッドレイヴンが買いにくい理由」を解説していくことにしよう。

スポンサーリンク

過剰人気馬

レッドレイヴンを積極的に買いにくい理由の一つとして「必ず人気になること」が挙げられる。

彼のキャリアを振り返ってみると、17走して16走が3番人気以内。うち、1番人気がなんと11走もある。4番人気以下になったのは日本ダービーのみだ。

確かに安定して走っているとはいえ、さすがに人気になりすぎといったところ。

必要以上にレースを使わない藤沢和雄厩舎らしい傾向と言えるわけだが、人気の割に着を外すことも多く、あまり妙味のある馬とは言いがたい。

【次のページへ】●●●●となる重賞では期待値が低い??

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る