函館スプリントS2017の予想データ分析…血統傾向と不振種牡馬とは?

(C) masaminh

今週は函館競馬場で函館スプリントステークス(函館スプリントS/GIII/芝1200m)が行われる。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。

過去10年好走馬血統

着順 種牡馬 母父馬
ダイワメジャー ジャングルポケット
キンシャサノキセキ Kingmambo
キングカメハメハ マーベラスサンデー
ストーミングホーム Green Desert
クロフネ サクラユタカオー
クロフネ サクラバクシンオー
マンハッタンカフェ ジェネラス
ウォーエンブレム Singspiel
バゴ ステイゴールド
スウェプトオーヴァーボード フジキセキ
ディープインパクト Souvenir Copy
ファルブラヴ ダンスインザダーク
ロージズインメイ マイネルラヴ
キングカメハメハ Storm Cat
コマンダーインチーフ Saint Ballado
クロフネ トニービン
ホワイトマズル ネヴアーダンス
マンハッタンカフェ Storm Cat
Falbrav Pistolet Bleu
チーフベアハート Westminster
アフリート Caerleon
Fuji Kiseki Pleasant Colony
ラストタイクーン サクラバクシンオー
サンデーサイレンス ノーザンテースト
エアジハード トニービン
Songandaprayer Ghazi
Put It Back Dixieland Band

解説・分析:注目血統は?

近年の函館スプリントSの注目血統を挙げるとするなら……

・スプリントGI血統
・父非サンデー系
→ミスプロ系
→ノーザンダンサー系

まず1200mの短距離ということで、スプリント血統が最も信用性が高い。例えば過去の好走馬たちを振り返っていくと……

2016年
1着 ソルヴェイグ
父ダイワメジャー(スプリントGI馬を輩出)

2着 シュウジ
父キンシャサノキセキ(スプリントGI馬)

3着レッツゴードンキ
父キングカメハメハ(スプリントGI馬を輩出)

2015年
2着 アースソニック
3着 レンイングランド
共に父クロフネ(スプリントGI馬を輩出)

というように、ほとんどの馬の父がスプリントGIに縁があった。血統的なスピードの裏付けがないと、好走は難しいということだ。

そして大きなくくりで見ていくと、父サンデーサイレンス系の期待値が低く、他の血統の馬が台頭する傾向にある。

サンデーサイレンス系は持ち前の瞬発力を武器に、マイル〜2400mでめっぽう強い。しかし、短距離になると瞬発力よりスピードの持続力が求められる。長所である瞬発力を存分に発揮できる環境ではないため、他の血統の馬に付け入るスキを与えているわけだ。

特に持続力に秀でたミスプロ系や、洋芝をもろともしないノーザンダンサーの血は鍵になってくるだろう。

コース種牡馬別集計

種牡馬 着別度数
ヨハネスブルグ 2- 1- 0-12/15
ファルブラヴ 1- 2- 1-13/17
ディープインパクト 1- 2- 0-27/30
Invincible Spirit 1- 0- 0- 1/ 2
クロフネ 0- 3- 2-14/19
アドマイヤムーン 0- 2- 0-19/21
ステイゴールド 0- 0- 2-17/19
バゴ 0- 0- 1- 9/10
オレハマッテルゼ 0- 0- 1- 4/ 5
アドマイヤオーラ 0- 0- 1- 0/ 1
キンシャサノキセキ 0- 0- 0-16/16
種牡馬 勝率 複勝率 単回値 複回値
ヨハネスブルグ 13.3% 20.0% 116 61
ファルブラヴ 5.9% 23.5% 62 55
ディープインパクト 3.3% 10.0% 131 42
Invincible Spirit 50.0% 50.0% 670 220
クロフネ 0.0% 26.3% 0 123
アドマイヤムーン 0.0% 9.5% 0 32
ステイゴールド 0.0% 10.5% 0 40
バゴ 0.0% 10.0% 0 76
オレハマッテルゼ 0.0% 20.0% 0 348
アドマイヤオーラ 0.0% 100.0% 0 520
キンシャサノキセキ 0.0% 0.0% 0 0

※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

解説・分析:注目種牡馬は?

最大の特徴はディープインパクトやステイゴールド、あるいはアドマイヤムーンといった中距離血統の種牡馬が不振、という点だろう。前述したように、スプリント戦では彼らの長所を生かしきれない部分があるため、成績が落ちしているわけだ。

出走馬血統

イッテツ
Invincible Spirit
系統 ダンジグ系
Temple Street
母父 Machiavellian
系統 ミスプロ系
エイシンブルズアイ
Belgravia
系統 ミスプロ系
Miss Fear Factor
母父 Siphon
系統 セントS系
エポワス
ファルブラヴ
系統 Fキング系
マニックサンデー
母父 サンデーサイレンス
系統 サンデー系
キングハート
オレハマッテルゼ
系統 サンデー系
ラブハート
母父 マイネルラヴ
系統 ミスプロ系
クリスマス
バゴ
系統 レッドG系
アラマサスナイパー
母父 ステイゴールド
系統 サンデー系
シュウジ
キンシャサノキセキ
系統 サンデー系
カストリア
母父 Kingmambo
系統 キングM系
ジューヌエコール
クロフネ
系統 ヴァイス系
ルミナスポイント
母父 アグネスタキオン
系統 サンデー系
セイウンコウセイ
アドマイヤムーン
系統 ミスプロ系
オブザーヴァント
母父 Capote
系統 ボールドL系
ノボバカラ
アドマイヤオーラ
系統 サンデー系
ノボキッス
母父 フレンチデピュティ
系統 ヴァイス系
ブランボヌール
ディープインパクト
系統 ディープ系
ルシュクル
母父 サクラバクシンオー
系統 Pギフト系
ホッコーサラスター
ヨハネスブルグ
系統 ストームB系
ホッコーメモリー
母父 ダンシングブレーヴ
系統 リファール系
ラインハート
ステイゴールド
系統 サンデー系
チェルカ
母父 クロフネ
系統 ヴァイス系
レヴァンテライオン
Pioneerof the Nile
系統 ミスプロ系
Ghostly Darkness
母父 Ghostzapper
系統 ヴァイス系


この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る