グランデッツァが引退!種牡馬入りへ「アグネスタキオンの最高傑作に」と期待された逸材

(C)minafl
(C)minafl

2011年の札幌2歳ステークス(GIII/芝1800m)や2012年のスプリングステークス(GII/芝1800m)を勝ったアグネスタキオン産駒のグランデッツァ(牡6)が引退することが分かった。11月6日付けで登録を抹消すると、JRAが発表している。今後は北海道日高町の社台ブルーグラスファームで種牡馬になる予定。

グランデッツァは父アグネスタキオン、母マルバイユ、その父マルジュという血統。母はフランスGI馬、半姉に桜花賞馬マルセリーナがいる良血馬で、デビュー当初から「アグネスタキオンの最高傑作になれる逸材」とも称されるほど、期待を集めていた。

評判通り順調にキャリアを重ね、札幌2歳Sで重賞初制覇を達成。スプリングSも制し、皐月賞では1番人気に支持された(結果は5着)。しかし、3歳秋に左前脚屈腱炎を発症。父の産駒につきまとう体質の弱さが原因となり、長期休養を余儀なくされた。

それでも休養明け3戦目の都大路ステークスでは1分43秒9という日本レコードを叩き出して復活。2014年のマイルチャンピオンシップでは3着に健闘した。

今年に入ってからも7月の七夕賞で久々の重賞制覇を果たしていたが、再び屈腱炎を発症したことで引退の決断がなされた。

【関連記事】
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない
「昔の競馬は熱かった。今はクソ」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと
3連複の買い方!1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?
初心者が3連複で万馬券を当てるための最良のフォーメーションとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る