ユニコーンS(2015年)ゴールデンバローズ良血度診断!米国の大種牡馬タピット産駒

(C) Yusuke Tsutaya
(C) Yusuke Tsutaya

未来のダート界を担う3歳馬たちが集結する(GIII/ダート1600m)が6月21日に東京競馬場で行われる。『競馬TIMES』では予想に欠かすことのできない血統にフォーカス。出走各馬の“良血度”を解説していく。

※良血度…血統レベルを総合的に判断したもの。特定のレースで合う・合わないというものではなく、その馬本来の血統レベルを示す。良血度が高いほど、大レースで活躍する期待値が高い

スポンサーリンク

ゴールデンバローズ

父タピット
キャリア:6戦3勝
主な勝ち鞍:米GIウッドメモリアルステークス
代表産駒:テスタマッタ、トゥーナリスト(米GIベルモントステークス)など

非常に高い能力を持ちながら、体質の弱さで競走馬として飛び抜けた結果を残すことは出来なかった。しかし種牡馬として大成功を収めている。2014年にはスマートストライクの北米年間最多収得賞金を更新し、北米リーディングサイアーに輝いていた。2015年の種付け料は30万ドル(日本円で約3000万円)となっている。ちなみに日本のトップは2500万円のディープインパクト。

日本での代表産駒はフェブラリーステークスを制したテスタマッタで、他にもタールタン、サトノデートナ、カネトシイナーシャと、時計の速い東京のダートを得意とする馬が多い。

母マザーロシア

アメリカとカナダで18戦7勝の成績で、カナダGIII2着が最高成績。父マヤコフスキーもGI勝ちは無く種牡馬としても重賞勝ち馬を輩出しておらず、本馬が代表産駒ということになる。

良血度:B

母系からも目立った活躍馬は出ていなく、改めてタピットという種牡馬のポテンシャルの高さを感じる。父の力と配合によって生まれた大物だろう。前走UAEダービーからの距離短縮はプラスに働くし、東京コースも合っている。

【関連記事】
ブチコにチャンス到来?競馬界のアイドルをユニコーンSで後押しする“波”
メジャーエンブレムやリリカルホワイトが新馬戦勝ち!血統と将来性を探る
ポトマックリバーが菊花賞路線に殴りこみ!圧巻の強さと成長力ある血統が魅力
「競馬?興味ねぇし」なんてサッカーオタクが競馬バカになる5つの理由
「昔の競馬は熱かった」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る