フルーキーをエプソムカップで嫌うと痛い目に合う?ハイレベル戦出走馬を狙え!


(C)T.T

6月14日に東京競馬場で開催されるエプソムカップ(GIII/芝1800m)では2頭のディープインパクト産駒、エイシンヒカリとサトノアラジンが人気を集める見込みとなっています。

しかし、彼らで決着するとは限りません。例えばこのところ重賞で馬券になっているフルーキー(牡5)が台風の目になるかもしれません。

なぜ、フルーキーが注目されるのか。その理由に迫っていきましょう。


4走前のチャレンジカップに注目

フルーキーのキャリアを振り返って注目したいのは4走前のチャレンジカップです。というのもこのレース、GIIIにしては超ハイレベルレースだったんです。

出走馬のその後を見てみましょう。

1着 トーセンスターダム
豪GIランヴェットステークス2着

2着 デウスウルト
中山金杯3着、中日新聞杯2着

3着 フルーキー
東京新聞杯3着

4着 アズマシャトル
白藤ステークス1着、鳴尾記念3着

5着 ダイワマッジョーレ
阪急杯1着、阪神カップ3着

6着 スマートレイアー
阪神牝馬ステークス4着

7着 マコトブリジャール
京都牝馬ステークス4着

8着 ウインフルブルーム
京都金杯1着

9着 エイシンヒカリ
都大路ステークス1着

見ての通り、1〜9着の馬が「重賞で掲示板」、もしくは「OP勝ち」を収めているのです。

重賞のチャレンジカップに出てきている時点でそれなりに強い馬ということは間違いありません。しかし、出走馬が次走以降、これだけ軒並み好走するというのはなかなか珍しい。

フルーキーはチャレンジカップ後、重賞で4、3、5着とやや頭打ち状態になっています。ですが、それぞれ敗因があったので、ここで巻き返してくるのも可能かもしれません。

【次のページヘ】さらにフルーキーが買える理由と解説!

ページ:

1

2

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る