堀宣行調教師がドゥラメンテの復帰に意気込む「競走能力への影響はない」

(C)masakin0712

両前脚を骨折したことが発覚した2015年のクラシック2冠馬ドゥラメンテ(牡3)。秋は3冠を目指して菊花賞に進むのか、あるいは日本競馬の悲願達成のために凱旋門賞を目指すのか注目されていたが、残念な形で論争に終止符が打たれた。

ドゥラメンテを管理する堀宣行調教師は無念さをにじませつつ、復帰に向けて全力を尽くしていくと意気込んだ。JRAが発表している。

「日本ダービーは厳しいレースだったので、その後、厩舎・牧場で経過を慎重に見てきましたが、ここにきて、両前脚の関節内に遊離した米粒程度の軟骨片が見つかりました。症状としては軽いものですが、今後のことも考えて手術することとしました。この手術による競走能力への影響はないと考えています。手術後のリハビリも考えると通常6ヶ月程度の期間は必要になると思いますが、復帰時期が厳寒期と重なるので、より慎重なリハビリメニューを組んで、来年春の復帰を目指して調整していきたいと考えています」

「秋のレースでドゥラメンテの走りをお見せできないのは残念ですが、この休養期間が、この馬にとってプラスとなり、さらに成長した姿をお見せできるよう努めてまいります。皆様の応援をよろしくお願いいたします」

【関連記事】
2冠馬ドゥラメンテが故障!骨折で全治6カ月となり菊花賞と凱旋門賞は断念
ドゥラメンテの血統や菊花賞適正は?日本ダービーの覇者を徹底分析
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴの血
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る