ドゥラメンテの血統や菊花賞適正は?日本ダービーの覇者を徹底分析


(C)masakin0712

5月31日に東京競馬場で行われた日本ダービー(GI/芝2400m)は、1番人気のドゥラメンテが期待に応える圧勝で皐月賞に続く2冠を手にした。

今後は3冠を目指して菊花賞へ駒を進めるのか、得意の府中で古馬に挑戦するのか、あるいは凱旋門賞という夢をつかみにいくのか、注目される。

ドゥラメンテの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。


血統評価は?

ドゥラメンテは父キングカメハメハ、母アドマイヤグルーヴ、その父サンデーサイレンスという血統。祖母エアグルーヴ、曾祖母ダイナカールで、言わずと知れた超良血牝系である。

キングカメハメハ産駒によるダービー制覇は今回が初で、これまで12頭が出走して最高着順は10年のローズキングダムの2着だった。ダイナカールの一族にとってはエアグルーヴ以来となるクラシック制覇となった。

エアグルーヴの仔ルーラーシップをはじめとして、仕上がりの遅い血統として知られ、管理する堀調教師も「完成するのはまだ先」と語っている。視点を変えると、未完成にもかかわらず春のクラシック2戦でこのパフォーマンスを披露したことになる。実に末恐ろしい馬だ。

菊花賞はキンカメの鬼門?

気になるのは今後のローテーションだ。

父キングカメハメハを考慮すると3000mの菊花賞は距離が長い可能性が高い。過去に菊花賞や天皇賞春といった3000m超のGIに出走したキングカメハメハ産駒の成績は(0-1-0-12)。断然人気ながら、菊花賞後、平地で1度も馬券に絡めなかったビッグウィークに敗れた10年菊花賞2着のローズキングダム以外は全て圏外に沈んでいる。

トゥザグローリー、トゥザワールドの兄弟も3000mでは距離の壁にぶち当たり、母系にダンスインザダークとトニービンとリアルシャダイという長距離に強い血を持つラブリーデイでさえ、距離の限界を露呈してきた。

このあたりはキングカメハメハの父であるキングマンボの血が遺伝しているのかもしれない。キングマンボは現役時代3つのGIを勝っているが、距離は全てマイルだった。そうなると、仮に菊花賞に進む場合は大きな鬼門を突破しなければ3冠を達成できないことになる。

ともかく現代日本競馬の結晶といっても差し支えのない超良血馬だ。今後の更なる成長と、レース振りから目が離せない。

【関連記事】
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴの血
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る