デニムアンドルビーの血統や将来性は?宝塚記念2着馬を徹底分析

(C)musou

6月28日に阪神競馬場で行われた宝塚記念(GI/芝内回り2200m)で10番人気の牝馬デニムアンドルビー(牝5)が2着に入った。4角後方3番手から上がり最速34.0秒の脚で追い込み、波乱を演出している。

デニムアンドルビーの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

デニムアンドルビーは父ディープインパクト、母ベネンシアドール、母父キングカメハメハという血統。

ディープインパクト産駒はこれまで宝塚記念に11度出走している。1着はないものの、複勝圏内に入るのは3着のショウナンパンドラを含めて5度目だ。複勝率45.5%、複勝回収率325%と好相性を誇っている。

ディープインパクト産駒ながら母系にヌレイエフのクロスを持ち、力を要する馬場をこなすことができるパワーは十分。ディープインパクトはヌレイエフの血と相性が良く、今年のオークス馬ミッキークイーンをはじめ、ヴィルシーナやミッキーアイル、ショウナンアデラと、複数のGⅠ馬を輩出している。

近親には2代母フェアリードールを祖に、トゥザヴィクトリーやその仔トゥザグローリー、トゥザワールドの一族がいる。3頭とも同じ内回り非根幹で行われるグランプリレース、有馬記念で好走。今回の2着は展開利が大きかったが、舞台適性もあったといえる。

今後もGIの舞台で上位を賑わせることは間違いない。下り坂が苦手な分、京都では力を発揮できないが、東京と阪神には実績があるため、チャンスはあるはず。中山に関しては未知数だが、近親の有馬記念での活躍を見ると、期待を持ちたくなる。

ただし、この一族らしくGⅠで勝ちきれないという面はある。スローペース、馬群が縦長にならないなど展開面の注文もつくが、牡馬一線級相手に走り続けてきた経験、実績は軽視できないため、今後も注意したほうがよさそうだ。

【関連記事】
ゴールドシップが宝塚記念で僕たちに教えてくれた3つのこと
ラブリーデイが宝塚記念を勝てた5つの理由とは?現代競馬で最も重要な能力は…
秋華賞馬ショウナンパンドラが宝塚記念で復活した理由って?隠れステゴと池添謙一
ポルトフォイユの血統や将来性は?武豊騎手で新馬戦勝ちの素質馬に迫る



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る