カテゴリー:厳選コラム

キズナと武豊が天皇賞春で惨敗した5つの理由と英断への期待

(C) sleep

復活を期待するファンの願いは届かなかった。

5月3日、京都競馬場で行われた天皇賞春(GI/芝3200m)でキズナ(牡5)は1番人気に支持されていた。世界一を目指す日本のエースとして、多くの期待を集めていたのだ。

しかし、結果は7着。“復活劇”は起こらなかった。

なぜ、キズナは敗れたのか。いくつかの角度から分析していこう。

惨敗の理由① そもそも期待値が高過ぎる

そもそも、なぜキズナが負けるとこれほど話題になるのか?

・3冠馬ディープインパクトの産駒
・武豊との名コンビ
・日本ダービー馬
・華やかなレースぶり

人気を集める理由はいくらだってある。

しかし、冷静に考えるとキズナはGIを一つしか勝っていない。日本ダービーを勝っただけ。にもかかわらず、これだけ多くの期待を背負わせるのはかわいそうだ。

キズナは“日本一のスターホース”かもしれないが、どんな条件でも走るディープインパクトのような“完全無欠のスーパーホース”ではない。よって、普通に負ける。言い方を変えると、「負けることが不可解」という解釈はありえない。

惨敗の理由② 追い込み馬の宿命

まずはこの記事を読んでほしい。

ハープスターは過剰人気馬の典型?“華やかさとリスクの代償”に迫る

追い込み馬は華やかで人気を集めやすい。しかし、展開に左右されたり、前が詰まったり、外を回さざるを得なかったり、不利を受ける可能性が高い。追い込み馬に安定した成績(しかも毎回1着)を求めるほうがおかしいのだ。

実際、キズナはこの日、終始外を回して大幅に距離をロスしていた。このやり方では相当周りと実力者がなければ勝てない。しかし前述のとおり、キズナは“普通のGI馬”だ。GI馬が何頭もいるレースに出れば“出走馬の1頭”にすぎず、このやり方では勝てない。

惨敗の理由③ ディープ産駒鬼門の長距離重賞

ディープインパクト産駒はマイルから2400mまで、幅広い距離で活躍している。一方で天皇賞春のような長距離重賞はディープインパクト産駒にとって“鬼門”といえる。

初年度産駒から数えて33頭が3000m以上の重賞に挑戦しているが、通算成績は(0−7−3−23)で勝ち馬はゼロだ。2着馬が7頭出ているため、“鬼門”を突破するのも時間の問題だが、他の距離に比べて適正は低いのは確か。

キズナはマイラー説があるように、単純に距離が長かった可能性は十分にある。

惨敗の理由④ “鮮度”の低さ

ディープインパクト産駒を紐解く上で重要なキーワードとなるのが“鮮度”だ。

実はディープインパクト、フレッシュな状態でないと走れない傾向にある。特に牡馬の場合、鮮度が悪くなると実力があってもメンタル面の問題で走らなくなってしまう。

この傾向はGI馬たちのキャリアを見れば明らかになる。ディープインパクト産駒は17頭が芝のGIを勝っている。しかし、JRAのGIを複数回勝っているのはジェンティルドンナとヴィルシーナの牝馬2頭のみ。牡馬はというと……

ダノンプラチナ 朝日杯フューチュリティステークス
ダノンシャーク マイルチャンピオンシップ
スピルバーグ 天皇賞秋
ミッキーアイル NHKマイルカップ
トーセンラー マイルCS
キズナ 日本ダービー
ディープブリランテ 日本ダービー
リアルインパクト 安田記念

ご覧のとおり、GI馬は8頭いるにもかかわらず、2勝している馬が1頭もいない。 (※リアルインパクトはジョージライダーステークスを勝っているが海外GIのため対象外)

キズナはGIを勝っているし、昨年春の天皇賞で走っているため、鮮度が低かったと考えられる。ディープインパクト産駒の傾向からすると“走り時”と言えなかったわけだ。

惨敗の理由⑤ 内枠有利のレース

そしてレースがキズナに味方しなかったのも痛かった。今年の天皇賞春は完全に内枠が有利なレースとなった。上位の枠順を見てみると……

1着 ゴールドシップ 1枠1番
2着 フェイムゲーム 7枠14番
3着 カレンミロティック 1枠2番
4着 ラストインパクト 2枠4番
5着 ネオブラックダイヤ 2枠3番
6着 ホッコーブレーヴ 3枠6番

ご覧のとおり、フェイムゲーム以外は内枠の馬が上位を独占している。ラストインパクトやホッコーブレーヴはまだしも、ネオブラックダイヤが5着に来ているのだから、いかに内が有利だったかが分かる。

またフェイムゲームにしても、スタートから内に入り、ラチから2頭目の位置で競馬していた。距離ロスが少なく、外に出したのは最後の直線になってから。

一方のキズナは終始外を回り、3、4コーナーでは大幅に距離をロスしていた。これでは走れるものも走れない。

キズナは復活するのか?

これだけ多くのマイナス要素があったわけだから、惨敗しても仕方がない。むしろ、ここまで騒ぎ立てられるのはキズナやキズナの関係者にとってかわいそうなことだと感じる。

おそらく次走は宝塚記念になる。宝塚記念の適性も高くないため、おそらく復活劇を演じるのは難しいだろう。

キズナと武豊騎手に待ち受ける試練…天皇賞春と宝塚記念制覇は困難?

ただ、キズナが弱い馬というわけではない。ハマればいつでも勝てる力は持っているし、適正なレースに使われれば簡単に負けない。

そういう意味で宝塚記念や凱旋門賞を使うのはどうなのか。

ディープインパクト産駒が得意なのは馬場が軽い東京や京都の芝コースだ。馬場が重たい宝塚記念(阪神競馬場)や凱旋門賞(ロンシャン競馬場)とは適正がズレる。

本当にキズナを復活させたいのなら、(トーセンラーがそうだったように)安田記念やマイルチャンピオンシップといったマイル戦を使って刺激を与えたり、走ったことがない東京芝2000mの天皇賞秋やダービーを勝った東京芝2400mで行われるジャパンカップで久々に走らせてみてはどうだろうか?

ファンが多い馬、期待が多い馬というのは分かる。今さらマイル路線に行ったり、フランス遠征を取りやめるというのは許されないかもしれない。

しかし、ファンが本当に見たいのは適正が合わないレースで負けるキズナの姿ではなく、(たとえ王道路線でなくとも)華麗に差しきり勝ちを収めるキズナの姿である。

本当にキズナを復活させたいなら――。

選ぶべき道が、他にあるのかもしれない。陣営の“英断”に期待したい。

おすすめコラム

稀代のバイプレーヤー!ウインバリアシオンとステゴ産駒の“闘争”の歴史
華麗なるレーヴドスカー一族!驚異の優秀さと垣間見える“呪い”
31秒9の衝撃!ディアデラマドレがマイル戦史上最速上がりを記録
「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない


稀代のバイプレーヤー!ウインバリアシオンとステゴ産駒の“闘争”の歴史

(C)Sleep

ウインバリアシオンが現役生活にピリオドを打った。5月3日に行われた天皇賞春(GI/芝3200m)で起こったアクシデントにより競争能力を喪失し、引退を余儀なくされたのだ。

GIで2着になること4回。常に第一線で活躍し続けたが、遂にビッグタイトルを取れなかった。

しかし、ウインバリアシオンの輝きが色褪せることはない。“主役”になることはできなかったが、競馬ファンの心にその名前は深く刻まれたはずだ。そんな“稀代のバイプレーヤー”のキャリアを振り返ると、ある馬たちとの“戦いの歴史”があったことが分かる。

名馬だけで名勝負は生まれない

“オルフェーヴル世代の不動のNo.2”。ウインバリアシオンを思い浮かべるとき、そんなフレーズが頭をよぎるのではないだろうか?

彼らは常に名勝負を演じてきた。

不良馬場の中で行われた2011年の日本ダービーでは馬場をもろともしない2頭の追い比べが競馬ファンの心をがっちり掴んだ。オルフェーヴルの3冠がかかった菊花賞では最後方からのまくりという奇策に出た。結果、及ばなかったものの、上がり最速をマークしてライバルを脅かした。

さらにオルフェーヴルの引退レースとなった2013年の有馬記念でも“定位置”の2着を確保。気づけばキャリアで8回あった2着のうち、4回がオルフェーヴルの2着という結果となった。

名作に名脇役あり。名勝負は名馬だけでは生まれない。オルフェーヴルという怪物の物語が名作として語り継がれるなら、そのかたわらには必ずウインバリアシオンがいる。まさに“助演男優賞”を送るにふさわしい、記憶に残る“名脇役”だった。

続ステゴ産駒との戦い

オルフェーヴルが引退したあとも、同じステイゴールド産駒との戦いは続いた。

2014年の春の天皇賞では初のGI制覇を期待されたが、それを阻んだのがステイゴールド産駒のフェノーメノだった。振り返るとGI2着が4回、そのすべてで勝ち馬がステイゴールド産駒だったのだ。

日本ダービー2着 優勝オルフェーヴル(ステイゴールド産駒)
菊花賞2着 優勝オルフェーヴル
有馬記念2着 優勝オルフェーヴル
天皇賞春2着 優勝フェノーメノ(ステイゴールド産駒)

さらに最後のチャンスと位置づけられていた今年の春天でも、優勝したのはステイゴールド産駒のゴールドシップだった。引退レースとなったレースの勝ち馬までもがステイゴールド産駒だったというのは感慨深い。

GIタイトルは取れなかったが……

遂に無冠のまま現役生活を終えることになった。

ただし、彼が世代屈指の馬であったことは間違いない。たまたま“怪物”と同じ年に生まれてしまったことで悲運のキャリアを送ることになったが、力がなければ“助演男優賞”は取れない。

今のところ、今後に関する一報は伝わってきていないが、おそらく種牡馬になるのだろう。こういう馬こそ、種牡馬としてチャンスを与えてあげてほしい。たまたまタイトルが取れなかっただけで、GI級の力を持っていたことは間違いないのだから。

実力が競走成績に見合わない馬というのは稀にいる。フロックでGIを取る馬がいる中、ウインバリアシオンがタイトルホルダーでないというのは不思議な感じがする。

しかし、いや、だからこそ、ウインバリアシオンという馬は愛らしく、オルフェーヴルと同じようにファンに愛されたのかもしれない。彼の第2の馬生が明るいものになることを期待する。再びライバルと同じ土俵に立つのだろうから、今度は追いつき、追い越すくらいの活躍を願いたい。

ファンはきっと、ライバルとの新たな戦いに胸を躍らせることになるのだろう。そういう未来があればいいし、それが競馬の、何にも代えがたい魅力なのだから。

【追記】5月5日、ウインレーシングクラブはウインバリアシオンが「乗馬」となると発表。なんとも残念……。

ウインバリアシオンは引退し乗馬に…GIで4度の2着も種牡馬になれず

【追記】5月6日、一転して種牡馬入りが決定!

ウインバリアシオンが種牡馬入り!乗馬から一転、オルフェーヴルと“再戦”へ

【追記】5月7日、JRAの発表が誤報だったと判明……やっぱり乗馬に

ウインバリアシオンは乗馬へ…JRA発表は行き違い「血統背景で種牡馬入り困難」

おすすめコラム

華麗なるレーヴドスカー一族!驚異の優秀さと垣間見える“呪い”
31秒9の衝撃!ディアデラマドレがマイル戦史上最速上がりを記録
「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血


「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である

(C)Yusuke Tsutaya

競馬は本当に楽しい。魅力がたくさんあって、知れば知るほど「ファンの数だけ楽しみ方がある」と実感します。

・予想を楽しむ
・純粋に馬や騎手を応援する
・血統から生まれたドラマに涙する
・かわいい馬を見てキュンキュンする

どうやって楽しむかは人それぞれ。決まった楽しみ方はありません。競馬ファン一人ひとりが、自分なりの楽しみ方を見つけていくことで競馬がもっと面白くなる。

だからこそ、競馬を一人でも多くの人に知ってほしい。そう、心から思います。そこで今回は競馬が抱える問題の一つに踏み込んでみます。その問題とは……

「競馬=ギャンブル」という固定概念

です。

競馬はギャンブルではありますが……

お金をかける以上、「競馬=ギャンブル」というイメージがつくのは仕方ありません。また、そういう側面があることは否めません。実際、特に娯楽が少なかった時代は競馬をギャンブルとしてのめり込む人が多かった。だから、悪いイメージがついてしまったのでしょう。

しかし、時代は変わってきています。上記したように、競馬の楽しみ方は多角化しています。馬券を買わないファンも増えているように感じますし、競馬を純粋なギャンブルとして楽しむ人は少なくなってきたのではないでしょうか?

昔はタバコの煙とおじさん臭いイメージが強かった競馬場も、いまやテーマパークのようになっています。足を運んでみると、家族連れや女性の方を見かけることが多くなりました。

(C)Yusuke Tsutaya

(C)Yusuke Tsutaya

JRAも「女性も競馬を楽しむ時代!」と称して「UMAJO」キャンペーンを積極的に行っています。

女性による女性のための競馬サイト『UMAJO』

「競馬=ギャンブル」は間違いではありませんが、ギャンブルは競馬を構築する要素の一部でしかなくなってきているのです。

「馬券=入場料、観戦料」と考える

ギャンブルに嫌悪感を抱く方は多いと思います。特に女性はギャンブルに敏感で「彼氏がハマっていたら嫌な趣味ランキング」のような女性誌の企画では必ず「ギャンブル」、「競馬」といった文字を目にします。

そんな現状を打破するために、ここで世の女性の皆さんに訴えたいことがあります。

身の丈に合わないお金の賭け方はよくないですが、身の丈に合っていれば多少のお金を賭けることは悪くないのではないでしょうか?

例えば、「馬券=入場料、観戦料」と考えてみてください。

テーマパークで遊んだり、スポーツを見たり、コンサートに行ったりする時、必ず入場料、観戦料が発生します。

東京ディズニーランド
入場料6900円

プロ野球
チケット代1500〜6000円
(プレミアムシートなど、より高額なチケットあり)

Jリーグ
チケット代2000〜6000円
(プレミアムシートなど、より高額なチケットあり)

AKB48全国ツアー2014
チケット代5000円

競馬場
入場料100〜200円

プロ野球やJリーグの場合は席によってピンきりですが、リーズナブルな外野席やゴール裏であっても2000〜3000円はかかります。

対する競馬場は、100〜200円しかかかりません。馬券を買った分が、入場料のかわりになるわけですから安いのは当たり前なのですが、それにしても安い。ほとんどタダです。

馬が走っていて、芝生があって、寝転がれて、近くにビールが売っていて、子どもを遊ばせる施設もある。そんな場所がタダでいいはずがありません。ですから、本来支払われるべき入場料の代わりに馬券を買う程度なら、それは「ギャンブル」と言えないのではないでしょうか?

馬券=愛のカタチ

繰り返しますが、身の丈に合わない賭け方はよくありません。借金をして競馬をやるキャプテン◯辺さんのような、身を滅ぼす賭け方はオススメできません(笑)。

ですが、競馬が好きで、競馬を応援する意味で、馬券を買うという行為は悪いことではないのです。

人は価値があると思うものにお金を払いたいと思う生き物です。「ミッキーに会えるなら」、「好きなチームを応援できるなら」、「あの歌手の歌を聞けるなら」と思って、入場料や観戦料という形でお金を払います。言ってみれば、それは「愛のカタチ」なのです。

競馬の場合、その「愛のカタチ」が「馬券」というだけで、馬券を買うという行為が「=ギャンブル」、「=悪いこと」と置き換えられるのが正しいことだとは思えません。

「競馬=ギャンブル」と思っている方がこの記事を読み終わった時、少しでも違った印象を持ってくださったなら嬉しい限りです。

4月から本格的な競馬のシーズンが始まりました。大きなレースもありますので、競馬場へ行ったことがない方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか? きっと競馬に、違った印象を受けると思いますよ!

【文】=西島彩(競馬TIMES編集部)

おすすめコラム

影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない
遂に本格化!良血馬サトノアラジンの未来に期待する4つの理由
福永騎手、春の牡馬クラシックで2着6回…届きそうで届かない“あと一歩の歴史”
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”


ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血

(C)Yusuke Tsutaya

超良血馬が衝撃的な勝ち星を挙げた。

牡馬クラシック初戦の皐月賞をキングカメハメハ産駒のドゥラメンテ(牡3)が制した。道中後方から競馬を進めたドゥラメンテは4コーナーで外に膨れるアクシデントがありながら、最後の直線で前の馬たちを一蹴。驚異的な瞬発力で駆け抜け、2着に1馬身半差をつけて優勝した。

なぜ、ドゥラメンテは圧巻のパフォーマンスを披露できたのか? その背景には、“日本近代の結晶”と表現できる“血の歴史”があった。

親子4世代に渡るGI制覇

ドゥラメンテの血統表を見ると、ワクワクする。競馬ファンとして、血統ファンとして、ゾクゾクせずにいられない。

まずは母系を見てみよう。

母アドマイヤグルーヴは牝馬3冠レースですべて1番人気に支持され、エリザベス女王杯を制した。残念ながら2012年10月15日、北海道勇払郡安平町のノーザンファームで死亡したが、ドゥラメンテという“最後の夢”を残してくれたことが日本競馬の財産になったことは間違いない。

母母エアグルーヴは牝馬クラシックでオークスを制すと、古馬となってからは一流の牡馬たちと死闘を繰り広げた。中でもバブルガムフェローを破って優勝した1997年の天皇賞秋は、競馬ファンの心に残るレースの一つだ。

当時は今より牝馬のレベルが低かった。そんな中で17年ぶりに天皇賞秋を制し、トウメイ以来26年ぶりとなるJRAの年度代表馬に輝いたのだから恐れ入る。“歴代最強牝馬”の1頭に数えられる“名牝の域を超えた名馬”だ。

母母母のダイナカールもオークス馬。何より繁殖牝馬として大成功し、日本有数のファミリーラインを築いた。一族からはルーラーシップ(母エアグルーヴ)やオレハマッテルゼ(母カーリーエンジェル)といったGI馬が出ている。

ドゥラメンテのGI制覇の背景には、母アドマイヤグルーヴ、母母エアグルーヴ、母母母ダイナカールという“女傑一家”の名血があったわけだ。

偉大な父たち

母系だけではない。血統表に名前がある父たちも、そうそうたるメンバーだ。

父キングカメハメハは非サンデー系ながら日本ダービーを制し、リーディングサイアーに輝いた。現在も現役屈指の種牡馬として活躍している。

母父サンデーサイレンス(アドマイヤグルーヴの父)はディープインパクトやハーツクライを輩出し、日本競馬に革命を起こした異端児だ。母母父トニービン(エアグルーヴの父)はジャングルポケットらを輩出。サンデーサイレンス、ブライアンズタイムとともに“種牡馬御三家”と呼ばれたほど、現代の競馬に影響を残した種牡馬の1頭だ。

さらに母母母父ノーザンテースト(ダイナカールの父)はサンデーサイレンス登場以前の種牡馬界の主役だった。社台グループの礎を築いた大種牡馬でもある。

この4頭はいずれもリーディングサイアーに輝いた名種牡馬。

つまり、ドゥラメンテは名血中の名血を詰め合わせた超良血馬で、その血統表に“日本競馬の歴史”を見ることができるのだ。

“日本近代競馬の結晶”

良血馬が必ず走るわけでないのが競馬の難しさといえる。事実、アドマイヤグルーヴが残した他の仔たちは重賞を勝つことができなかった。

しかし、良血というのは才能である。

父や母たちの偉大な能力を、血の中に宿している。だからこそ、開花した良血馬は手がつけられないほど走る。

ドゥラメンテは疑いの余地なく才能を開花させた。今後は大目標の日本ダービーが控え、凱旋門賞への挑戦というニュースも飛び込んでいる。“日本近代競馬の結晶”といえるこの馬が、どこまで駆け上がっていくのか。どんな未来を見せてくれるのか。夢は広がっていくばかりだ。

関連記事

乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”
岩田康誠という天才勝負師…“神騎乗”の数々と驚異のGI回収率
追加登録料1700万円の凱旋門賞を模範に!皐月賞のフルゲート割れ問題を考える
ルージュバックは桜花賞でなぜ負けたのか?“優等生”マンカフェ産駒の呪縛
ダサいなんて言うな!レッツゴードンキの真の強さと岩田康誠騎手の判断力


武豊騎手の“GI外枠伝説”は続く?驚異の8枠ピンク帽回数と成績を振り返る

(C)minafl

「ちょっと多すぎないですか?(苦笑)」

最近、武豊騎手が頭を悩ませている“伝説”がある。それが、GIにおける“ピンク帽回数”の多さだ。GIの枠順発表後、武豊騎手が“ぼやく”のは、もはや通例となっている。それほど、8枠を引く回数が多いと感じているようだ。

実際に調べてみると、確かに多い。2011年以降のGIにおける枠順数を見てみると……

1枠:9回
2枠:9回
3枠:6回
4枠:14回
5枠:3回
6枠:10回
7枠:6回
8枠:22回

ご覧のとおり、8枠が断トツに多い。7、8枠は3頭入ることが多いため、必然的に数は増える。といっても、7枠と比較しても8枠の数は異常な多さだ。

実はこの数字、JRAの騎手の中で断トツの多さでもある。2011年以降の8枠の騎乗数をランキングにしてみると……

順位 騎手名(8枠回数/騎乗数)
1位 武豊騎手(22回/79回)
2位 福永祐一騎手(16回/77回)
3位 岩田康誠騎手(14回/76回)
4位 横山典弘騎手(13回/58回)
5位 川田将雅騎手(10回/63回)

騎乗数がさほど変わらない岩田騎手や福永騎手と比較すると分かりやすい。横山典騎手の確率もなかなかではあるが、やはり武豊騎手の8枠数は際立っている。

今年も早速、高松宮記念で8枠を引いた。果たして、この記録は今後も続いていくのだろうか?

ちなみに武豊騎手の8枠における成績は(0−0−1−21)。馬券に絡んだのは2011年の阪神ジュベナイルフィリーズにおけるサウンドオブハート(1番人気)の3着があるのみだ。相性は決して良くない。

となると、競馬界の数々の最多記録を更新してきた武豊騎手にとって、“最も伸びてほしくない記録”であることは間違いなさそうだ。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る