カテゴリー:厳選コラム

キンシャサノキセキ産駒の狙い所って?種牡馬としての特徴はイメージとやや異なる!

(C)slime

2013年の種牡馬引退に伴い、馬柱で「フジキセキ」の文字を見ることが少なくなってきました。

長年、日本競馬を支えてきた種牡馬の1頭のため、寂しさを覚える今日この頃ですね。ただし、彼の血は途絶えているわけではありません。しっかりと後継種牡馬を送り出しています。

中でもその筆頭株がキンシャサノキセキです。高松宮記念を連覇するなど優れたスピードを誇った名スプリンターは父の跡を継いで着実に結果を出している。

今回はキンシャサノキセキ産駒の“買い時”について書いていくことにしましょう。


キンシャサノキセキ産駒の傾向

現役時代、キンシャサノキセキは主にスプリント路線で活躍しました。高松宮記念連覇を含む重賞7勝を挙げ、晩年は1400m以下の重賞で8走連続連対という荒業をやってのけました。距離が短く、失敗すると挽回しにくいスプリント戦でこれだけコンスタントに結果を出していたというのは、力が抜けていたということでしょう。

父の傾向に違わず、産駒も短い距離での活躍が目立ちます。まだ大物らしい大物を出しているわけではありませんが、サフィロス(牡3)がカンナステークス(OP/芝1200m)を勝ち、京王杯2歳ステークス(GII/芝1400m)で2着になっています。

また、先日の中京2歳ステークス(芝1600m)ではシュウジ(牡2)が圧倒的なパフォーマンスでOP勝ちを果たしました。キンシャサノキセキ自身、3歳春にNHKマイルカップで3着になっているため、2、3歳であればマイル以上の距離もこなせるのでしょう。

もっとも、全体的な傾向を見ていると「短距離路線で出てきたら買い」と断言することはできません。

なぜなら、キンシャサノキセキ産駒が短距離で走るというのはイメージしやすいからです。「よくわかんないけどキンシャサノキセキ産駒だから抑えよう」という思考回路が働くのが1400m以下のレースなんですね。(1800m以上では「キンシャサノキセキ産駒だから〜」という考えは働かないはず)


実際、芝1500m以下のレースで走ったキンシャサノキセキ産駒を集計してみると……

(18−16−14−127)
勝率10%
複勝率27%
単勝回収値70
複勝回収値77

まずまずの成績であるものの、特別強調できるわけでもないですよね。

では、どこを狙っていけばいいのでしょうか? 実は、狙い所は別にあるのです。

【次のページヘ】キンシャサノキセキ産駒の“狙い所”とは?

ページ:

1

2

美容師ブログやキミの競馬サイトがバズらない理由はキュウソネコカミが教えてくれてるよ


別にオシャレを気取るわけじゃないが、僕は恵比寿の美容院へ行っている。

……もう一度言うが、別にオシャレを気取ってるわけじゃない。

たまたまロンドンで知り合った美容師さんが、恵比寿で店を構えているだけだ。

もうこの3行だけで相当の人に嫌われた気がするが、めげずに続きを書いてみよう。

僕がいくら恵比寿の美容院で髪の毛を整えようが、似てると言われる有名人が香川真司であることに変わりはない。ウッチーやムトーには敵わないことはわかっている。ウッシーやムトゥが嫁をもらう中、シンジカガワはPCの向こうの金髪美女とよろしくヤルくらいしかプライベートの話題がないんだ。だからせめて、髪くらい恵比寿で切られてほしい。

そんな偽シンジこと僕の髪を切る美容師さんはイングリッシュスピーカーのイケメンユナイテッドサポーターというファ◯キンシットなプロフィールの持ち主。皮肉が文化のイギリスに住んでいただけあって、会話は総じて辛口だ。彼の切れ味を前にすればアサヒスーパードライもびっくりしてすべて炭酸を飛ばすことだろう。

皆さんお気づきのように僕は僕でただ単に性格が悪いためイギリスに住んでいたため比較的辛口である。ということで、カット中はキワドイ会話が飛び交う。

最近、彼の口から出てくる話題といえばもっぱら「美容師はア◯ばっかり」とか「美容師ブログの内容はク◯」といった、おおよそ子どもの耳には入れてくないFワードばかり。彼の3歳になるお子さんの将来がとても心配だ。

Anyway, 話を聞いていると彼の主張にも一理あるというか、一理しかないことがわかってきた。というのも、どの分野にも共通して言えることが多く、特に競馬ブログをやっている方々にとって耳が痛いような話が多かったからだ。

そこで今回は敬愛するイケメンユナイテッドサポーターの話に乗っかり、美容師と競馬ファンのブログがなぜ流行らないのか、というテーマで書いていきたい。


PS.会話中に横文字使っちゃう男はモテないので、Anyway気をつけろ

【次のページヘ】どうしてみんな“芸能人”を気取りたがるのか?

ページ:

1

2 3

3連複の買い方!あなたは1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?


こんにちは! 先日……

馬券は買い方だ!むやみに3連単を買う人は損をしている可能性大!?

この記事を書かせて頂いたIKUと申します。

予想外に前回の記事を読んで頂いた方が多く、馬券の買い方・考え方って需要あるものだなと改めて感じました。第2回としてこの記事を書かせて頂きます。

もしあなたが第1回目の記事を読んでくださって3連複に興味を持たれたなら、話が早いです。今回は3連複における確率の話をしていくのですから。(3連単でも言えることですが、3連複のほうが活用と購入がしやすいので)


競馬における9割の法則

馬券の話をする前に競馬における“9割の法則”について書いていきますね。

「人は見た目が9割」ではありませんが、競馬でも案外、パッと見の印象が大事なんです。競馬でパッと見、強い馬を見分ける方法はいくつもあると思います。

前走の内容を見る、血統を見る、馬体を見る、などなど。

ただ、もっと簡単に見分ける方法があります。それは……


人気を見ること

です。人気になるということは、それだけの根拠がある。時には力にそぐわない人気になる馬もいますが、大体人気馬は普通に走るものなのです。

例えば2014年は中央競馬の平地競走が3326レース行われました。

このうち、1、2、3番人気馬が少なくとも1頭、3着以内に入ったのは何レースあると思いますか?

実は、3086レースなんです。約93%のレースで人気馬が馬券に絡んでいたことになります。

回収率を度外視して1、2、3番人気の複勝を買えば9割は当たるんですね。

ただ、ここで面白いデータがもう一つあります。

実は人気馬が馬券に絡む確率は約93%なのですが、1、2、3番人気の3頭が1、2、3着を独占するレースは、なんと251レースしかないんです。確率にして、約7%。

分かりやすくまとめると……

①1番人気、2番人気、3番人気の3頭のうち、少なくても1頭は3着以内に入る確率
=約93%


②1番人気、2番人気、3番人気の3頭で決まる確率
=約7%
=3頭で決まらない確率は93%

なんと、一番売れるであろう1、2、3番人気の3連複は確率上10回に1回も当たらないのです!

人気馬は9割馬券になる。

だけど9割は人気馬同士で決着しない。

ここに、3連複を活用する上でのヒントがふんだんに隠されているわけです。

【次のページヘ】3連複を買うときにあなたがすべきこととは?

ページ:

1

2 3

データで見る武豊復活の根拠とは?強い馬を勝たせる技術は全盛期と遜色なし?

(C)Y.Noda

武豊騎手は2015年7月19日終了時点で60勝を挙げて全国リーディング4位につけている。

全盛期に比べると「4位」という成績は物足りない響きかもしれない。ただし、ある側面から見ると現在の武豊騎手が全盛期並みの成績を残していることが分かる。

2010年の毎日杯で大けがを負い、一時は引退もささやかれるほど勝ち星に恵まれなかったところから確実に復調している。


強い馬を勝たせる武豊

武豊騎手といえば、「強い馬を勝たせる技術」に長けている。

よく「穴馬で馬券にならない=下手」という“暴論”があるが、強い馬と穴馬では求められる騎乗技術が異なる。武豊騎手の場合、デビューから強い馬に乗り続けてきたため、強い馬を勝たせる技術に長けている。

それは元ジョッキーの安藤勝己氏も認めるところだ。以前、番組で「能力のある馬に乗せたら抜群。強い馬に乗って勝つのは案外難しいんですけど、スタートや位置取りをミスしないし、3、4コーナーでいつの間にかちゃんと動ける位置にいて、スムーズに出してくる。強い馬を勝たせる技術は抜けている」と語っている。

よって、武豊騎手が復調したかどうかは「強い馬を勝たせているかどうか」で判断できる。

【次のページヘ】1番人気の武豊の成績はなんと……!?

ページ:

1

2

ワークフォースを侮るな!過去の欧州系種牡馬との違いと配合から見る注目産駒とは?

(C)阪神サラブレッドクラブ

先週日曜日(12日)の函館5Rメイクデビュー函館でグローリーミストがデビュー勝ちを飾った。これは新種牡馬ワークフォースの記念すべき初勝利となった。

近年、欧州から輸入された種牡馬にはチチカステナンゴやハービンジャーなどがいるが、社台・ノーザン系の優秀な繁殖牝馬に種付けされながら、期待通りの成績を残したとはいえないだろう。同じようにワークフォースも欧州の「重々しい血統」で日本に合わないのではないかと思っている方もいるかもしれない。

そこで今回はワークフォースが日本で成功する可能性と、POGでも期待できる馬を3頭ピックアップしてみた。


基本的には小回りが合う

ワークフォースは2010年の英ダービーと凱旋門賞を勝った近年屈指の名馬で、凱旋門賞でのナカヤマフェスタとの一騎打ちは記憶に新しい。ワークフォースの父は日本のトップサイアー、キングカメハメハと同じキングマンボ産駒のキングズベスト。2011年のダービー馬エイシンフラッシュの父として知られている。キングズベストは牝馬ながら凱旋門賞を制し、母としてもガリレオやシーザスターズを産んだ名牝アーバンシーの半弟にあたる超の付く良血馬だ。

ワークフォースが属するミスタープロスペクター系は日本適性が高く、キングカメハメハ以外にもエンドスウィープ産駒のアドマイヤムーンやスイープトウショウなど、GI馬が多く出ている系統だ。

ワークフォースはヌレイエフ(父ノーザンダンサー、母スペシャル)≒サドラーズウェルズ(父ノーザンダンサー、母母スペシャル)4×2という3/4同血クロスを持っていて、母のスペシャルはその父フォルリ譲りのパワーや機動力を武器にする馬なのでワークフォースもこの2頭のパワーが前面に出ている。

だから産駒も基本的には小回り向きに出るだろう。夏の北海道開催はハービンジャーと同様に期待したい。また、母系にあるアレッジドの底力や、ワイルドリスクのスタミナも受け継いでいるからこそ欧州の大舞台で活躍することが出来たのだろう。

【次のページへ】ワークフォースの配合のポイントって?

ページ:

1

2 3

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る