カテゴリー:厳選コラム

シンボリクリスエスが苦境に?ライバル増加と代表産駒の種牡馬入りで正念場へ

(C)sleep

2009年以来、リーディングサイアーランキングで常に上位をキープしてきたシンボリクリスエスが苦境に立たされている。

07年に初年度産駒がデビューすると、徐々に勢力を拡大し、09年から昨年まで年間3位3回、4位3回と高い次元で安定した成績を残してきた。

しかし、今年は11月第1週終了時点で11位。トップスリーどころか10位からも滑り落ちている。今、非サンデー系の大物種牡馬は岐路を迎えようとしているのだ。

今回はシンボリクリスエスの現状と、苦境に立たされた理由を探っていこう。

苦境の理由

なぜシンボリクリスエスが成績を落としているのだろうか?理由として真っ先に挙げられるのが、以下の事柄だ。

・エピファネイア登場に至るまで大物が不在
・非サンデー系種牡馬の充実

まず一番大きな理由として挙げられるのが大物の不在だ。

シンボリクリスエス産駒はコンスタントに勝ち星を積み重ねてきた。しかし、大レースになるとディープインパクトキングカメハメハといった“大将格”の産駒に後塵を拝するシーンが目立ち、なかなか大成する馬が現れなかった。

初年度産駒からサクセスブロッケンが出たものの、芝の大物は不在。06年の世代から安田記念を勝つストロングリターンが出たが、華やかなクラシックホースたちに比べると地味な印象は否めなかった。

10年の世代からようやくエピファネイアという大物が出たが、種牡馬としての評価は少しずつ下がっていったと考えられる。

【次のページヘ】要因はサンデー系飽和への危機感と非サンデー系種牡馬の充実にあり?

ページ:

1

2 3

馬券は買い方!初心者が3連複で万馬券を当てるための最良のフォーメーションとは?


こんにちは!

不定期で自由に書かせて頂いておりますIKUです。

夏休みの宿題である「4番人気以下の馬の選定力」、「1番人気の馬の取捨選定力」磨いていますか(笑)?

第2回のこの記事→あなたは1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?

うまくこちらをご活用して下さって、もっと自由に書いている私のブログに的中報告を頂いたり嬉しい反響を頂いております。

今日は第4回ということで、3連複で【展開を無視できる】、【馬場・枠の偏りを無視できる】、特に初心者の方にオススメのフォーメーションとその考え方をお話させて頂きます。少しでも競馬を、馬券を楽しむヒント、馬券買い方のバリエーションの一つになれば幸いです。

どんな3連複のフォーメーション?

いつも前置きが長いと言われるので今日は本題から始めていきます(笑)。印の付け方は人それぞれですので、まずはこちらをご覧ください。

◎☆〜○▲〜◎○▲☆△△△△
(これで20点、3列目の△が1点増えると24点になります)

なんか点数多くない? トリガミ(当たってマイナス)もありそう…と思う方もいらっしゃると思いますのでご説明致しますね。◎☆、○▲が1〜4番人気でしたら当然トリガミの目もあるでしょうね。

このように考えます。

1列目の◎と☆を人気薄めの配当を押し上げる馬、
2列目の○と▲を確実性を求めた好走率高めの総じて人気馬

ざっくり言うと、1列目に穴馬を2列目に堅い馬を入れて3列目人気薄突っ込んでこい!のフォーメーションです。

【次のページヘ】どんな展開でも対応可能!?おすすめの理由とは……

ページ:

1

2 3

ディープインパクト産駒完全攻略!スター種牡馬の仔が走る5つの法則とは?


日本の絶対的なチャンピオンサイアーとして君臨するディープインパクト

馬券を買うファンからすると、彼の産駒を無視することが不可能なほど絶大な影響力を持っています。

そこで今回はディープインパクト産駒にフォーカス。スター種牡馬の特徴を改めて振り返り、馬券を買う上でのポイントをまとめていきましょう。

ディープインパクト産駒の特徴

ディープインパクト産駒の特徴を挙げるとすると……

・絶対的な能力が高い
・THE クラシック血統。東京、京都の外回りが◎
・ダート的な要素が求められる条件は向かない
・「フレッシュさ」がポイント

以上が挙げられます。

絶対的な能力が高いため、人気馬の信頼性は高いです。特に東京や京都といった軽い馬場、スピードが求められてダート的なパワーが必要ない馬場が大好物。

また、フレッシュさがとても重要になってきます。前走、同じような条件で使っている馬の期待値が低い。重賞で2勝以上を挙げる馬が極端に少ないのは、1度重賞を勝ってしまうと「飽きてしまう」んです。

よって、予想の際には「いかにフレッシュな状態か」を見極めることが大事でしょう。

・年齢が若い、キャリアが少ない
・初の重賞挑戦
・休み明け

この辺りが狙い目となります。

では、その他に期待値が高いディープ産駒の条件とは何なのか? 今回は重賞にフォーカスして「買えるディープ」について書いていきましょう。なお、以下で挙げるデータは「2012年以降」、「10番人気以内」を対象とします。

【次のページヘ】ディープインパクト産駒が買える条件とは?

ページ:

1

2 3 4 5

武豊騎手とメイショウ松本好雄オーナーの絆とは?データが示す奇妙奇天烈な復調の根拠

(C)smile

8月第3週終了時点で2015年のリーディング争いで6位につける武豊騎手。一時期の不振を脱し、再びトップジョッキーとして活躍するに至っている。

そんな天才を支えたのが“メイショウ”の松本好雄オーナーであることは競馬ファンなら誰もが知るところだろう。以前、社台グループとの関係性について取り上げたが、今回は武豊騎手とメイショウの“絆”を、データ的な観点から検証してみよう。

※関連記事→武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?

松本オーナーとは?

まずは松本好雄という人物を簡単に紐解いていこう。松本オーナーは1974年に日本中央競馬会に馬主登録して以降、競馬界に欠かすことができない個人馬主界の重鎮だ。

多くの個人オーナーが社台グループなどの大牧場から良血馬を大枚をはたいて購入する一方、松本オーナーはほとんどの所有馬を中小牧場から購入している。毎年50頭程度を購入するが、中には決して良血とはいえない安価な馬も含まれている。大レースを勝つことだけに主眼を置かず、中小牧場との“つながり”を大事にすることで、競馬界や生産界(特に日高)を縁の下から支えているのだ。

今では日本馬主協会連合会の名誉会長となり、競馬界で知らない人はいないほど影響力を持っている。

そんな松本オーナーは武豊騎手の父・武邦彦氏と親しく、幸四郎騎手も含めて家族ぐるみの付き合いをしているという。もともと“つながり”や“絆”を大切にする人柄だけに、昔から知っている武兄弟への思いは人一倍強いのだろう。だからこそ、2人の不遇の時期に手を差し伸べたのだ。

【次のページヘ】データで見る武豊騎手と松本オーナーの関係性って?

ページ:

1

2 3

クロスクリーガーの血統や将来性は?レパードステークス1着馬を徹底検証

(C)Ko−Mei

9日に新潟競馬場で行われた3歳馬によるダート重賞・レパードステークス(GIII)は、1番人気に支持されたクロスクリーガーが逃げたゴールデンバローズをマーク。4角では2番手まで上がり、直線早め先頭から後続を突き放す強い勝ち方を見せつけた。

クロスクリーガーの血統はどのようなものか。徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

クロスクリーガーは父アドマイヤオーラ、母ビッグクィーン、その父ブライアンズタイムという血統。アドマイヤオーラにとっては、本馬が初年度産駒の世代であり、JRA重賞初制覇となった。

アドマイヤオーラは現役時代、京都記念(GII)など重賞3勝を挙げた馬で、母ビワハイジ、兄弟にブエナビスタ、アドマイヤジャパンなどがいる超良血馬。現3歳世代でJRAに登録されたのは17頭と、非常に少ない産駒数ながら重賞馬を輩出したのは、これらの血統背景があってのものだろう。

まだサンプルは少ないが、アドマイヤオーラ産駒は現状ベタ買いでも単複回収率が100%を超える優良種牡馬。連対率や複勝率はダートの方が高いが、芝でも5頭の勝ち上がりを出している。

【次のページヘ】母系に流れる血がクロスクリーガーの“本質”を示す?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る