カテゴリー:武豊メモリー

武豊騎手の函館記念全成績…トウケイヘイローで制覇


サマー2000シリーズ第2戦、函館記念(GIII/芝2000m)が7月19日に函館競馬場で行われる。

武豊騎手は自身とのコンビで2戦2勝と相性の良いアーデント(牡6)に騎乗する。クラシックにも出走するなど早い時期から素質の高さを見せながら未だに重賞タイトルのない同馬を初の重賞制覇へと導く。

そんな武豊騎手と函館記念の歴史を振り返ってみよう。


武豊騎手は4回騎乗して1勝を挙げている。

唯一の勝利は2013年にトウケイヘイローに騎乗して挙げたものだ。トウケイヘイローは57.5㎏というトップハンデを背負わされたが、武騎手に導かれて理想的なラップを刻み、2着のアンコイルド以下の追撃を封じて1着でゴール板を駆け抜けた。トウケイヘイローはこの次の札幌記念も武騎手とのコンビで制し、この年のサマー2000シリーズチャンピオンに輝いた。

アーデンとはトウケイヘイローと違って逃げ以外の戦法もとることができるが、武騎手とのコンビのときは2回とも逃げて勝利している。函館競馬場は直線が短く逃げ馬には有利なコース形態なので2年前の再現もあるかもしれない。

武豊騎手│函館記念前成績

場所馬名S人気着順
11R函館トウケイヘイロー3
11R函館ミッキーペトラ216
9R函館ファインモーション1
10R函館マイネルグラウベン414

集計期間:1988. 8.21 ~ 2013. 7.14

【関連記事】
武豊騎手情報が満載!武豊に関するコラムなどコンテンツまとめ
武豊騎手が決勝線手前での御法により戒告処分!油断騎乗で戒告は妥当なのか?
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
名牝ブエナビスタが鼻セレブに登場!華麗なる名馬シリーズのパッケージに
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない


武豊の安田記念全成績…オグリキャップやウオッカらで計3勝

(C)slime

春のマイル王の座を争う安田記念(GI/東京芝1600m)。

武豊騎手はカレンブラックヒルに騎乗する。主戦だった秋山真一郎騎手が落馬により負傷のため、騎乗機会が舞い込んできた格好だ。

そんな武豊騎手と安田記念の歴史を振り返ってみよう。


初騎乗で初制覇

武豊騎手は22回騎乗して3勝を挙げている。初騎乗はあし毛の怪物オグリキャップとの初コンビで挑んだ。レースでは2番手追走から早め先頭に立つと、ヤエノムテキ以下の追撃を抑えて押し切る強い競馬を見せた。この勝利がオグリの奇跡のラストランに繋がったと思うと感慨深いものがある。

外国産馬で2度目の優勝

1995年にはゴドルフィン所有の外国産馬ハートレイクに騎乗し、中団からレースを進め、直線では内のほうで上手く馬群を捌いて抜け出し、サクラチトセオーの猛追をハナ差凌いで勝利に導いた。外交調教馬による制覇は史上初のことだった。

名牝で圧巻の制覇

さらに2009年には64年ぶりに牝馬としてダービーを制したウオッカに騎乗すると、直線で包まれて進路が塞がれたが、力強く馬群を割って、押し切りを図るディープスカイを捉えて1着でゴール板を駆け抜けた。これにより牝馬としては2頭目の安田記念連覇を達成した。

 

天才は3歳マイル王者カレンブラックヒルを返り咲かせることができるのか、注目だ。

武豊騎手│安田記念全成績

馬名性齢人気着順
ローズキングダム牡5913
クレバートウショウ牡58
ウオッカ牝51
スズカフェニックス牡64
スズカフェニックス牡51
テレグノシス牡75
アドマイヤマックス牡6412
ファインモーション牝5313
アドマイヤマックス牡46
アドマイヤカイザー牡45
シーキングザパール牝53
シーキングザパール牝4410
アマジックマン牡54
ハートレイク牡5212
ハートレイク牡44
スキーパラダイス牝41
キットウッド牡44
ムービースター牡610
バンブーメモリー牡61
オグリキャップ牡51

集計期間:1990. 5.13 ~ 2014. 6. 8

【関連記事】
武豊騎手情報が満載!武豊に関するコラムなどコンテンツまとめ
モーリスが達成した史上初の快挙とは?堀厩舎転厩後の開花と圧巻の走り
怪物モーリス!“メジロ”の継承者は安田記念で通用するのか?
将来のGI馬!?スクリーンヒーロー産駒モーリスに注目したい4つの理由
モーリスは安田記念で除外の可能性も?4歳賞金問題の改善を!



武豊の日本ダービー全成績…キズナやディープインパクトで史上最多の5勝

(C)arima0208

3歳馬の頂点を決める日本ダービー(GI/芝2400m)。競走馬として一生に一度の晴れ舞台に18頭のサラブレッドが挑む。

武豊騎手は前走の京都新聞杯で手綱をとって賞金を上積みし、ダービーへの出走を確定させたポルトドートウィユに騎乗予定。

そんな武騎手と日本ダービーの歴史を振り返ってみよう。


反撃の狼煙を挙げた2013年

武豊騎手は25回騎乗して5勝を挙げている。最近では2013年のキズナでの制覇が記憶に新しい。後方待機から直線で大外に持ち出すと、豪快に伸びて差し切り勝ちを収めた。東日本大震災の復興支援の合言葉と同じ名前を名付けられた同馬の勝利に勇気づけられた人も少なくないだろう。

 

9度目の正直

しかし武騎手も初制覇には時間を要していたのだ。初挑戦から実に9度の挑戦を重ねながら勝利を挙げられていなかった。その時点で数多のGIレースを制し、天才の名をほしいままにしていたのだが、ダービーだけは勝てずにいた。

そんなとき、武騎手はスペシャルウィークに出会ったのだ。新馬戦から手綱をとり続け、皐月賞では上がり最速をマークしての3着だった。そして迎えた日本ダービー、1番人気に支持されたスペシャルウィークは直線半ばで先頭に立つと、後続を突き放す圧勝劇を演じ、武騎手は遂に夢を掴んだ。

 

名牝の仔や英雄とともに

その翌年には自身が主戦騎手を務めていた名牝ベガの仔、アドマイヤベガに騎乗すると、思い切った追い込み策が決まって、史上初のダービー連覇を成し遂げた。また2002年には皐月賞、NHKマイルカップともに3着と惜しい競馬が続いていたタニノギムレットに騎乗。日本ダービーでは見事な差し切り勝ちを決め、大一番で結果を出して見せた。

さらに2005年には後の無敗の3冠馬であり、キズナの父親であるディープインパクトの手綱をとり、単勝1.1倍の圧倒的な支持に応えて優勝した。

 

平成のダービー男と呼ばれる武豊騎手が今年は素質馬ポルトドートウィユをどのように導くのか、注目したい。


武豊騎手│日本ダービー全成績

馬名性齢人気着順
トーセンスターダム牡3516
キズナ牡31
アルフレード牡3813
ロッカヴェラーノ牡31215
リーチザクラウン牡35
ブラックシェル牡36
タスカータソルテ牡3711
アドマイヤムーン牡33
ディープインパクト牡31
アドマイヤビッグ牡3614
サイレントディール牡34
タニノギムレット牡31
クロフネ牡32
エアシャカール牡31
アドマイヤベガ牡32
スペシャルウィーク牡31
ランニングゲイル牡32
ダンスインザダーク牡31
オースミベスト牡33
フジノマッケンオー牡35
ナリタタイシン牡33
シンホリスキー牡3619
ハクタイセイ牡32
タニノジュニアス牡3710
コスモアンバー牡31616

集計期間:1988. 5.29 ~ 2014. 6. 1

【関連記事】
武豊騎手情報が満載!武豊に関するコラムなどコンテンツまとめ
サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
エイシンヒカリと武豊騎手が刻んだ芸術的なラップとは?動き出した“夢の続き”
武豊騎手とエイシンヒカリに“欅の向こう側に置き忘れた夢の続き”を見よう
キズナと武豊騎手の凱旋門賞挑戦断念が大正解な5つの理由とは?


武豊のオークス全成績…ダンスパートナーとエアグルーヴで連覇達成を含め計3勝

(C)arima0208

3歳牝馬の頂点を決める優駿牝馬オークス。府中の2400mという過酷な舞台に18頭の牝馬たちが挑む。

武豊騎手は前走のフローラステークスで手綱をとり優先出走権を獲得したマキシマムドパリに騎乗する。

そんな武豊騎手と優駿牝馬の歴史を振り返ってみよう。


初制覇は“名牝”ベガ

武豊騎手は22回騎乗して3勝を挙げている。

武騎手が初めてオークスを制したのは1993年のことだ。この年、武騎手は桜花賞馬のベガに騎乗した。レースでは先行策から残り200mで先頭に立つと、2着に1馬身3/4差をつける快勝。見事1番人気の支持に応えて2冠へと導いた。

ダンスパートナーとの出会い

2回目の勝利はその2年後。この年は3番人気のダンスパートナーに騎乗。スタートが苦手な同馬できれいなスタートを決めると、直線で鋭く伸びて差し切り勝ちを収めた。この年の優駿牝馬のタイムが同年の日本ダービーのタイムより速かったことが高い評価を得た。

 

【次のページヘ】エアグルーヴで連覇達成!全成績は?

ページ:

1

2

武豊騎手のNHKマイルカップ全成績…クロフネやロジックらで通算3勝


過去10年で3度の100万馬券が飛び出している波乱のGI――。

武豊騎手は初めてコンビを組むダノンメジャー(牡3)とともにNHKマイルカップに臨む。

そんな武豊騎手とNHKマイルカップの歴史を振り返ってみよう。


武豊騎手とNHKマイルカップ

武豊騎手は17回騎乗して3勝を挙げている。

最も近いところでは2006年、伏兵のロジックを見事に勝利に導いていた。道中、中団やや後方の馬群で折り合うと、直線は追い出しをワンテンポ遅らせて内をすくう。まさに「技あり」の騎乗で初制覇を遂げたのだ。

 

そんな武豊騎手が最初にNHKマイルカップを制したのが、1997年のこと。圧倒的1番人気のシーキングザパールに騎乗すると、中団から徐々に進出して直線で力強く伸び、完勝してみせた。充実の人馬がまさに「勝つべくして勝った競馬」であった。

 

そして、この馬の名前を挙げないわけにはいかない。

ジャパンカップダートで衝撃的な強さを見せたクロフネが得た最初のGIタイトルが、2001年のNHKマイルカップだったのだ。1.2倍という圧倒的な1番人気に支持されたクロフネは、後方から競馬を進める。直線に入ると芦毛の雄大な馬体が豪快に伸び、ゴール板を1着で駆け抜けた。

 

今年、武豊騎手はどういった形でダノンメジャーを導くのか。注目だ。


武豊騎手│NHKマイルカップ全成績

馬名性齢人気着順
サトノルパン牡34
ザラストロ牡31316
クリアンサス牝31016
ブレイクランアウト牡3110
ファリダット牡32
ダノンムロー牡39
ロジック牡33
ペールギュント牡31
シーキングザダイヤ牡32
ゴールデンキャスト牡3111
タニノギムレット牡31
クロフネ牡31
マチカネホクシン牡31
エイシンキャメロン牡3110
マイネルラヴ牡34
シーキングザパール牝31
セイントリファール牡39

集計期間:1996. 5.12 ~ 2014. 5.11

おすすめコラム

武豊騎手情報が満載!武豊に関するコラムなどコンテンツまとめ
ゴールドシップと横山典弘、天皇賞春のロングスパートに隠された“思惑”とは?
キズナと武豊が天皇賞春で惨敗した5つの理由と英断への期待
稀代のバイプレーヤー!ウインバリアシオンとステゴ産駒の“闘争”の歴史
華麗なるレーヴドスカー一族!驚異の優秀さと垣間見える“呪い”


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る