カテゴリー:武豊総合

武豊騎手、今週の騎乗予定馬は?宝塚記念はキタサンブラックと「決めるつもり」

(C)Yushi Machida‏

武豊騎手は6月25日に行われる春競馬の総決算、宝塚記念(GI/芝内回り2200m)にキタサンブラック(牡5)とともに臨む。開催に際し、武豊騎手は自身のブログで心境を明かしている。


まずは先週参戦した函館開催を振り返り「先週開幕の函館競馬は、土日二日間でレコードが5本! フカフカの洋芝の感触を予想していたのですが、芝の丈が想像以上に短く、普段走っている野芝の感触でした。水を吸えば短時間で伸びるのが洋芝の特徴なので、今週以降もこうした傾向が続くかどうかは微妙で、もしかしたら急に時計がかかるコンディションになることだって考えられます」と振り返った。

また「函館には、函館記念のときにもう一度行く予定で、馬場の推移を見守っていくつもりです」とつづっている。

そして宝塚記念に言及。「今週は上半期の締めの大一番、宝塚記念です。今朝は栗東トレセンに珍しいぐらいの大雨が降る中でしたが、キタサンブラックは無事に追い切りを終えて、調整役の黒岩騎手から『バッチリです』といい報告をもらいました」と、キタサンブラックがいい状態にあると示唆した。

さらに「競馬ですからなにが起こるかわかりませんが、負けられない立場ということはよくわかっているつもり。天気予報によると馬場は渋り気味のようですが、あの馬なら少々の道悪もこなします。ファン投票で史上最高の得票数を集めたわけですから、期待にこたえないわけにはいかないでしょう。決めるつもりです」と、決意を語っている。

今週の武豊・騎乗予定馬

2017年 6月 24日

場 Rレース名距離
阪 3未勝利ダ1400
阪 4未勝利ダ2000
阪 6未勝利芝1800
阪 8500万下ダ1800
阪 9京橋特別1000芝2000
阪10出石特別500芝1400
阪11垂水S1600芝1800
阪12500万下ダ1400
場 R馬名性齢
阪 3メイショウヴォルガ牡3
阪 4アステロイド牡3
阪 6$モズアスコット牡3
阪 8カレンカカ牡3
阪 9ケンホファヴァルト牡4
阪10ウインハートビート牡4
阪11カバーストーリー牡6
阪12マルヨシャバーリー牡3

2017年 6月 25日

場 Rレース名距離
阪 4未勝利芝1600
阪 5新馬芝1800
阪 6500万下ダ1800
阪 7500万下芝2200
阪 9皆生特H1000芝1200
阪10花のみち1600ダ1200
阪11宝塚記念G1芝2200
場 R馬名性齢
阪 4ヤマニンペダラーダ牡3
阪 5スプリングスマイル牡2
阪 6トウカイエクレール牡4
阪 7ヒシマサル牡3
阪 9ダイアナヘイロー牝4
阪10トウショウカウント牡5
阪11キタサンブラック牡5

武豊騎手、今週の騎乗予定馬は?エアスピネルと安田記念制覇へ「ガッツポーズを」

(C)Yushi Machida

武豊騎手は6月4日に行われる春のマイル王決定戦・安田記念(GI/芝1600m)にエアスピネル(牡4)とともに臨む。開催に際し、武豊騎手は自身のブログで心境を明かしている。


まずは先週の日本ダービーについて触れ、「ダービーが終わると、どうしても気持ちに一区切りついてしまいそうになりますが、1年後にはまた次のダービーが間違いなくやってきます」とコメント。さらに「今週から始まる2歳新馬戦が、はるか遠くを見据えたスタートラインになります。気持ちを新たに、来年を目指しましょうか」と続けた。

そして安田記念に関して「遠い目になっている場合ではありませんでした。今週もG1レースは続きます。安田記念には期待馬エアスピネルでの挑戦。昨年はクラシックに皆勤してすべて入着を果たした実力馬ですし、もう一段速いギアを隠し持っていると睨んでいる好素材です。キャリア豊富な古馬や、強い外国馬がいるメンバーですが、ここで力を引き出してあげられないかと思案しているところです。1週間遅れでも全然構わないので、東京競馬場でガッツポーズをしたいものです。ご声援をよろしくお願いします」と綴っている。

武豊騎手はエアスピネルとデビュー以来、一度も替わることなくコンビを組んできた。果たして、エアスピネルの唯一無二のパートナーとして、GI制覇を成し遂げられるのか、注目が集まる。

今週の武豊・騎乗予定馬

2017年 6月 3日

場 Rレース名距離
阪 5新馬芝1600
阪 6未勝利ダ1800
阪 8500万下ダ1800
阪 9戎橋特別500芝1200
阪10三木特H1000芝1800
阪11鳴尾記念G3芝2000
阪12500万下ダ1200
場 R馬名性齢
阪 5アメイジングセンス牡2
阪 6メイショウヴォルガ牡3
阪 8カルムパシオンセ4
阪 9ダイアナヘイロー牝4
阪10ウインクルサルーテ牝4
阪11ステイインシアトル牡6
阪12スワーヴノートン牡3

2017年 6月 4日

場 Rレース名距離
東 7500万下ダ2100
東11安田記念G1芝1600
東12三浦特別1000ダ1600
場 R馬名性齢
東 7トモジャヴァリ牡3
東11エアスピネル牡4
東12タッチシタイ牡7

武豊騎手、ダンビュライトで6度目の日本ダービー制覇へ「何度でも勝ちたい」


6度目の栄光をつかむために――。

5月28日に東京競馬場で行われる東京優駿・日本ダービー(GI/芝2400m)に、武豊騎手はダンビュライト(牡3)とともに臨む。

武豊騎手といえば、史上最多のダービー5勝を記録している“生ける伝説”だ。決戦に際し、意気込みを語っている。

史上最多ダービー5勝の戦績

日付馬名着順
2013.5.26キズナ
2005.5.29ディープインパクト
2002.5.26タニノギムレット
1999.6.6アドマイヤベガ
1998.6.7スペシャルウィーク

集計期間:1998. 6. 7 ~ 2013. 5.26

過去10年、ダービー戦績

日付馬名着順
2016.5.29エアスピネル
2015.5.31ポルトドートウィユ12
2014.6.1トーセンスターダム16
2013.5.26キズナ
2012.5.27アルフレード13
2011.5.29ロッカヴェラーノ15
2009.5.31リーチザクラウン
2008.6.1ブラックシェル
2007.5.27タスカータソルテ11

集計期間:2007. 5.27 ~ 2016. 5.29

「何度でも勝ちたい」

5度も美酒を味わっているが、武豊騎手に満足感はないという。自身のブログでは、ファンに向けて以下のように語られている。

「さあ、今週はいよいよダービーです。週刊競馬ブックのダービー特集に、ボクのインタビュー記事が掲載されていて、その表題が『また勝ちたい、何度でも勝ちたい。これからもずっと』と打たれているのですが、まさにそういう気持ち。過去5勝はボクだけですが、あの気持ちよさは、この先も何度でも味わいたいと思っています。今年もダンビュライトで狙っています」

また、最近、通算7000勝を達成した大井の帝王・的場文男騎手のニュースについて触れ「大井の的場文男騎手の通算7000勝達成というニュースにも、勇気をもらいました。還暦という年齢で、しかも重賞勝ちでの区切り。負けていられません」と、刺激を受けたと明かしている。

低評価を覆した皐月賞

今年コンビを組むダンビュライトと初めてパートナーとなったのは、皐月賞だった。12番人気という低評価だったが、3着に入り大波乱を演出。今回も引き続き伏兵という立場になることが濃厚だが、1枠1番という絶好枠を引き当てた。

1枠1番といえば、近年最も良い成績が出ている枠だ。そして、武豊騎手にとっても縁のある枠である。一番最近、ダービーを制した2013年、キズナとともに臨んだレースで引き当てた枠こそ、1枠1番だったのだ。


今年は群雄割拠、本命不在の年ということで、どの馬にもチャンスがあるはず。武豊騎手は最内から、虎視眈々と制覇への道筋を探っていくことになる。


武豊騎手、リスグラシューと21年ぶりエアグルーヴ以来のオークス制覇へ


再びあの栄光をつかむために――。

5月21日に東京競馬場で行われる優駿牝馬オークスに、武豊騎手はリスグラシュー(牝3)とともに挑む。

彼にとって、オークスのタイトルは今もっともほしいタイトルの一つと言えるかもしれない。というのも、武豊騎手が最後のオークスを制したのは、もう21年も前のことなのだ。


名牝たちとの歴史

武豊騎手が最初にオークスを制したのは1993年のことだった。

パートナーだったベガは牝馬クラシック第1弾の桜花賞を制した有力馬だった。スタートから先行策を取ると、残り200mで先頭に立つ。最後は2着に1馬身3/4差をつける快勝だった。見事、1番人気の支持に応えて2冠へと導いたのだ。

二度目の勝利はすぐに訪れる。ベガから2年後……。“相棒”はダンスパートナーだった。まさに踊るように軽やかな差し切り勝ちを収め、2度目の戴冠を果たしたのである。

そして迎えた1996年、後に“怪物牝馬”と呼ばれることになるエアグルーヴとともに三度目の制覇を成し遂げた。

あと一歩届かなかった20年

だが、以降はオークスの美酒を味わえていない。ファレノプシス、トゥザヴィクトリー、アドマイヤグルーヴ、ダンスインザムード、エアメサイア、アドマイヤキッスといった有力馬に騎乗しながら、最高着順は2着まで。何度も制覇のチャンスがありながら、つかめないまま20年の時が過ぎてしまったのだ。

今年、騎乗を予定しているリスグラシューは阪神ジュベナイルフィリーズと桜花賞で2着になった実績を持っている。ソウルスターリングやアドマイヤミヤビとともに人気に支持されることが確実だけに、“今年こそ”の期待がかかる。


大一番へ挑むにあたり、武豊騎手は「オークスのリスグラシュー。距離適性がどうかというのは、どの馬も共通して感じていることでしょうから気にしません。長い末脚が持ち味の馬ですから、東京の長い直線は絶対に向いているはずと信じて、精一杯頑張ってきます」と、意気込みを語っている。

果たして、武豊騎手は21年ぶりの歓喜を味わうことができるのか? まだ結末は分からない。しかし、確かなことはもしリスグラシューがどの馬より最初にゴール板を駆け抜けたとき、訪れた大観衆から「ユタカコール」が送られることである。もしその未来が実現するなら、翌週に控える日本ダービーはさらに盛り上がることだろう。

武豊騎手、オークス騎乗全成績

日付馬名着順
2015.5.24マキシマムドパリ
2013.5.19クロフネサプライズ12
2012.5.20メイショウスザンナ
2009.5.24ツーデイズノーチス15
2008.5.25マイネレーツェル
2007.5.20ザレマ10
2006.5.21アドマイヤキッス
2005.5.22エアメサイア
2004.5.23ダンスインザムード
2003.5.25アドマイヤグルーヴ
2000.5.21マニックサンデー
1999.5.30トゥザヴィクトリー
1998.5.31ファレノプシス
1997.5.25ダイイチシガー
1996.5.26エアグルーヴ
1995.5.21ダンスパートナー
1994.5.22オグリローマン12
1993.5.23ベガ
1992.5.24キョウワホウセキ
1991.5.19スカーレットブーケ
1990.5.20ダイイチルビー
1989.5.21シャダイカグラ
1988.5.22シヨノロマン

集計期間:1988. 5.22 ~ 2015. 5.24


武豊騎手、騎乗予定のリスグラシューとオークス制覇へ「向いていると信じる」

(C) vodkajo444

武豊騎手が東京競馬場で行われる牝馬クラシック第2戦の優駿牝馬オークス(GI/芝2400m)に向けて意気込みを明かした。自身の公式サイトにつづっている。

武豊騎手はオークスでリスグラシューに騎乗する予定となっている。阪神ジュベナイルフィリーズと桜花賞では2着。2、3歳牝馬路線の王道を歩んでいるが、あと一歩のところで栄冠には届いていない。

鞍上の武豊騎手にとっても「今回こそ」という思いは強いようだ。

「オークスのリスグラシュー。距離適性がどうかというのは、どの馬も共通して感じていることでしょうから気にしません。長い末脚が持ち味の馬ですから、東京の長い直線は絶対に向いているはずと信じて、精一杯頑張ってきます」

なお、リスグラシューはオークスで上位人気になることが確実で、1番人気の可能性が濃厚となっている。桜花賞で敗れたレーヌミノルは距離不安が大きい反面、リスグラシューは長距離が得意なハーツクライ産駒ということで、ファンから大きな期待を背負うことになりそうだ。

果たして、武豊騎手はリスグラシューをエスコートすることができるのか? オークスは5月21日、15時40分に発走する。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る