カテゴリー:予想・考察

アラバスターとプロフィットは危険な人気馬?札幌2歳Sへの血統的不安要素

(C)阪神サラブレッドクラブ

9月6日に札幌競馬場で行われる札幌2歳ステークス(GIII/芝1800m)にハービンジャー産駒のアラバスター(牡2)とプロフィット(牡2)が出走する。いずれも新馬戦を同じ札幌の芝1800mで快勝していることから、人気に支持される見込みだ。

ただし、この2頭に“ある不安要素”が浮上している。

札幌2歳Sへ挑む若駒を襲うファクターとは何なのだろうか?

アラバスターとプロフィットの評価は?

まずは2頭について振り返っていこう。

アラバスターは8月16日の新馬戦でデビュー。母に2歳女王レーヴディソールを持ち、近親にレーヴミストラルやアプレザンレーヴ(ともに青葉賞馬)らがいる良血馬だ。新馬戦では期待を寄せられ1番人気に支持された。

スタートから3番手でレースを進めると、直線で早めに抜け出して先頭に。そのまま押し切り、2着のメイショウアンカーに1馬身半差をつける快勝を収めた。

一方のプロフィットも負けず劣らずの良血馬だ。近親にはトゥザヴィクトリー、トゥザグローリー、トゥザワールド、デニムアンドルビーといった重賞戦線で活躍する(した)馬たちがズラリ。

レースでは単勝1.5倍という圧倒的な1番人気に支持されると、2着に2馬身差をつけてゴール板を駆け抜けた。なお、2着のレインボーラインはすでに未勝利を脱出している。相手は決して弱くなかったということだ。

よって、2頭が人気に支持されることは自然な流れだといえるだろう。

ただし、この2頭には前述のとおり、“不安要素”がある。それは……

【次のページヘ】良血馬は血統に不安!?

ページ:

1

2

【新潟記念2015】傾向と対策!予想の参考になるデータを公開

(C)minafl

今週は新潟で新潟記念(GIII/芝外回り2000m)が開催される。

今年の新潟記念は重賞で2走連続2着のマジェスティハーツ、新潟記念の覇者ダコール、NHKマイルカップ4着のアヴニールマルシェらが出走予定だ。

では、どんな点がポイントとなるのだろうか? データを用いて解説していこう。なお、データはすべて過去10年のものとする。(※同場開催のみが対象)

人気

1番人気(1- 0- 0- 9/ 10)
2番人気(1- 1- 0- 8/ 10)
3番人気(1- 0- 2- 7/ 10)
4番人気(0- 1- 2- 7/ 10)
5番人気(3- 2- 0- 5/ 10)
6番人気(1- 1- 0- 8/ 10)
7~9人気(1- 3- 4- 23/ 31)
10~人気(2- 2- 2- 64/ 70)

過去10年で4番人気以内の人気馬がわずか3勝。というか、1番人気馬が1頭しか馬券に絡んでいない。極めて人気馬の信頼性が低いというのが新潟記念の特徴だ。

年齢

3歳(0- 0- 0- 3/ 3)
4歳(4- 1- 1- 21/ 27)
5歳(3- 5- 6- 42/ 56)
6歳(1- 2- 3- 35/ 41)
7歳以上(2- 2- 0- 30/ 34)

極端な高齢馬は微妙であるものの、4〜7歳まで幅広く好走している。あまりここは重視しなくて良さそうだ。

【次のページヘ】枠順や脚質の好走傾向は?

ページ:

1

2

【新潟記念2015】人気馬は?出走予定馬の勢力図と予想オッズを展望

(C)slime

サマー2000シリーズ最終戦、新潟記念(GIII/芝2000m)が9月6日に新潟競馬場で行われる。

中心となるのがこのレースと同条件の新潟大賞典を快勝したダコールだ。はやくからこのレースに照準を合わせて仕上げてこられており、万全の態勢で重賞連勝を狙う。3歳勢からは牡馬クラシック戦線を湧かしたミュゼスルタンが参戦。レベルの高い3歳世代でトップクラスの実力を持つ本馬が古馬をまとめて蹴散らす。さらに同じく3歳のアヴニールマルシェも参戦する。

予想される人気と、出走を予定している主な有力馬はを見ていこう。

人気予想

1番人気 マジェスティハーツ
2番人気 ダコール
3番人気 ミュゼスルタン
4番人気 アヴニールマルシェ
5番人気 バーバラ

中穴人気……アルフレード、クランモンタナ、メドウラーク、マイネルミラノなど

※独自のアルゴリズムを元に算出しています

【次のページヘ】中心となる有力馬は?新潟記念の勢力図を予想!

ページ:

1

2

【キーンランドカップ2015年】予想考察!データから浮上する5つの消しファクターとは?

(C) masaminh

今週は札幌でキーンランドカップ(GIII/芝1200m)が開催される。

今年のキーンランドカップはティーハーフ、ローブティサージュといった重賞ウィナー、昨年2着のレッドオーヴァルらが出走予定だ。

ではどんな点がポイントになるのだろうか? 今回は“5つの消しデータ”を用いて解説していこう。なお、データはすべて過去10年のものとする。(※別場所、別コース開催は除外)

消しファクター① 人気

過去を見ると1番人気馬が(1−3−2−2)とまずまず堅実。9年中8年で4番人気以内の人気馬が勝っているところを見ても、大波乱は起こりにくいと考えられる。

10番人気以下(1−1−0−51)

無謀な穴狙うをするのは禁物と言えそうだ。

消しファクター② 高齢馬

スプリント戦ということでスピードが重要になる。よって、スピードに衰えがある高齢馬はあまり良くない。タニノマティーニが大穴をあけた以外、好走率は低調となっている。

7歳以上(1−1−1−24)

なお、馬券に絡んだ残りの2頭はマジンプロスパーとビービーガルダン。どちらもGIで好走歴がある実績馬だった。よほど力がない限り、高齢馬は軽視したほうが良さそうだ。

【次のページヘ】残り3つの消しファクターとは?

ページ:

1

2 3

【新潟2歳ステークス2015年】予想考察!データから浮上する5つの消しファクターとは?

(C)masakin0712

今週は新潟で新潟2歳ステークス(GIII/芝外回り1600m)が開催される。

今年の新潟2歳Sはロードクエスト、ペルソナリテ、ウインミレーユといった素質馬たちが出走予定だ。

ではどんな点がポイントになるのだろうか? 今回は“5つの消しデータ”を用いて解説していこう。なお、データはすべて過去10年のものとする。(※別場所、別コース開催は除外)

消しファクター① 馬体重

新潟2歳Sでは馬格のない馬が圧倒的に不利な傾向が出ている。

440キロ未満(0−1−1−28)

この時期の新馬戦は少頭数で行われることも多く、多頭数の競馬に慣れていない馬もいる。そういう馬はもまれ弱い。特に馬体重が小さい馬にとって、他馬との接触は苦痛になる。よって、基本的に馬体重が重たい馬を重視したほうがよさそうだ。

消しファクター② 前走上がり4位以下

新潟は直線が長く、末脚勝負になりやすい特性を持っている。だから、前走で速い上がりを使えなかった馬はほとんど来ていない。

前走上がり3位以下(1−2−0−53)

複勝率はわずか7%。少なくとも軸馬は前走上がり2位以内から選んだほうがよさそうだ。
【次のページヘ】残り3つの消しファクターとは?

ページ:

1

2 3

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る