カテゴリー:予想・考察

マイルチャンピオンシップ2017の予想分析…サングレーザーGI初制覇への3つの不安要素

@Arappa

2017年11月19日、京都競馬場でマイルチャンピオンシップ(マイルCS/GI/芝外回り1600m)が行われる。

人気を集めそうなのが、4連勝でGI戦線の主役に駆け上がったサングレーザーだ。前走のスワンステークスでは重馬場の中で快勝。今、マイル路線で一番勢いに乗っている馬と言っていいだろう。

では、サングレーザーはマイルCSを制すだけのポテンシャルを持っているのか? 調べていくと、小さくない障害が彼の前に立ちはだかっていることが分かった。


制覇への障害① 3歳馬の不振

まずはマイルCSで3歳馬が極めて不振、という点は触れなければならない。

◆3歳馬成績
集計期間:2007.11.18 ~ 2016.11.20
————————————————-
勝率 複勝率 単回値 複回値 着別度数
————————————————-
0.0% 3.2% 0 12 0- 0- 1- 30/ 31
————————————————-

なんと、過去10年で馬券に絡んだのはわずかに1頭。唯一、ゴールスキーが好走したものの、この年は国内のマイルGIを勝った馬が2頭のみ、しかも1頭は長期休み明け2戦目のジョーカプチーノ、もう1頭は安田記念制覇で燃え尽きてしまったショウワモダンというメンバー構成だった。

要するに、ある程度のレベルになると3歳馬が好走するのが極めて難しくなるのだ。

不振の理由は「斤量」。マイルCSは3歳馬の斤量が56キロに設定されていて、古馬と一キロしか差がない。たかが一キロ、されど一キロ。わずかな差が、ここまで大きな成績の差を生み出しているのだ。

サングレーザーは3歳馬。当然、斤量の影響を受けるだけに、厳しい戦いを強いられる可能性は十分にある。


制覇への障害② 前走は恵まれた?

前走のパフォーマンスを振り返ると、恵まれた面があったことは否定できない。

スワンSは1〜4着までが1〜4枠で締められる内枠有利なレースだった。サングレーザーは内枠からロスなく競馬を進めていただけに、過剰な評価は禁物。真っ向勝負をしたときに、GI級のパフォーマンスを示してきたかというと、まだ未知数といえる。

制覇への障害③ 福永騎手

鞍上の不安もつきまとう。

福永騎手はこれまでマイルCSで(0−4−3−11)と、一度も勝利実績がない。複勝率は高いが、一番人気3頭を含む12頭が4番人気以内だったことを考えると、好走率の高さより勝ちきれていない点の方に目がいってしまう。

また、今年はまだGI未勝利。重賞に対象を広げても、勝利は3月の弥生賞のみとなかなか結果を残せていない。

サングレーザーのGI初制覇に向けて大きな後押しとなるような存在かというと、やや疑問符がつくわけだ。

まとめ

いかがだっただろうか。サングレーザーにはいくつかの不安要素があることがわかった。

果たして、これらの不安要素を吹き飛ばし、GI初制覇を成し遂げることができるのか。戦いのファンファーレは15時40分頃鳴り響く。


マイルチャンピオンシップ2017の予想データ分析…イスラボニータ優勝が困難な2つのワケ

(C)はねひろ

再び栄冠をつかむために――。

2017年11月19日、京都競馬場でマイルチャンピオンシップ(マイルCS/GI/芝外回り1600m)が行われる。人気になりそうなのが、皐月賞馬のイスラボニータだ。前走の富士ステークスでは4番人気ながら2着に好走し、久々のGI制覇に期待が集まる。

しかし、イスラボニータがマイルCSを制するためには、大きな障害をクリアしなければならない。しかも、そのハードルは決して低くない。

今回はイスラボニータがマイルCSを制する上でパスしなければならない理由に迫っていこう。


困難な理由① フジキセキ産駒の呪縛

フジキセキ産駒に関して探っていくと、いくつか気になるマイナス要素が浮上してくる。

例えば馬齢を見てみよう。イスラボニータは6歳になったが、実はフジキセキ産駒の牡馬は6歳以上になってからGIで好走した実績がない。

年齢着別度数
2歳0- 0- 0- 6/ 6
3歳2- 8- 2-32/44
4歳1- 0- 2- 9/12
5歳1- 1- 1-16/19
6歳0- 0- 0- 9/ 9
7歳0- 0- 0- 8/ 8
8歳0- 0- 0- 1/ 1

集計期間:1999.12. 5 ~ 2017. 6. 4
牡・セン馬のみ
※キンシャサノキセキは外国産で育った環境が普通と異なるため、対象外

6歳以上は(0−0−0−18)。事実、イスラボニータ自身が今年の安田記念で1番人気ながら8着に敗れている。

なお、フジキセキ産駒でGIを勝ったのは最年長なのはファイングレイン。しかし、5歳春の高松宮記念で、まだ「高齢」とくくれる馬齢ではなかった。


牝馬ではストレイトガールが7歳でGIを勝っているが、牡馬では例がない。6歳のイスラボニータにとって、大きな“血統の壁”が立ちはだかることになる。

困難な理由② 人気を裏切ってきた実績

イスラボニータの戦績を振り返ってみると、フジキセキ産駒の傾向に合致していることが分かる。

2歳から3歳にかけての戦績はほぼ完璧だった。早々にクラシックの有力候補となり、皐月賞を制覇。ダービーや天皇賞秋でも好走し、名馬の仲間入りを期待させた。

しかし、古馬になってからは「そこそこ」走るものの、ワンパンチ足りずに勝利をつかむことがなかなかできていない。GIの戦績を振り返ってみると……

日付レース名着順人気
2017.6.4安田記念G11
2016.11.20マイルチG12
2016.6.5安田記念G14
2015.11.22マイルチG11
2015.11.1天皇賞秋G16
2014.11.30JCG15
2014.11.2天皇賞秋G11
2014.6.1東京優駿G11
2014.4.20皐月賞G12

集計期間:2014. 4.20 ~ 2017. 6. 4

人気以上に好走しているケースもあるが、マイルCSや安田記念で1番人気を含む上位人気に支持されながら一度も勝てていない。

フジキセキ産駒の傾向に合致しているとしたら、年齢を重ねれば重ねるほどパフォーマンスを落としていくはず。となると、今回も優勝は難しいのではないか、という結論に行き当たるわけだ。

まとめ

いかがだっただろうか? イスラボニータが有力馬の1頭であることは間違いないが、勝ち切るためにクリアしなければならないハードルは決して低くないのだ。

果たしてイスラボニータは今までの傾向を打ち破れるのか? そういった観点からマイルCSの出走のときを待つのも面白いだろう。


マイルチャンピオンシップ2017の予想分析、結果発表!回収率150超のデータ該当馬は?

(C)MAZIMICKEY

2017年11月19日、京都競馬場でマイルチャンピオンシップ(マイルCS/GI/芝外回り1600m)が行われる。

エアスピネル、イスラボニータ、サトノアラジン、レッドファルクスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 3歳馬は消し!
ポイント2 高齢馬は消し!
ポイント3 前走GIII以下は消し!
ポイント4 前走後方待機組は消し!
ポイント5 前走大負けした馬は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 3歳馬は消し!

まずは年齢から。以前の検証で行ったとおり、マイルCSは斤量の問題から、3歳馬の成績が芳しくない。


ブラックムーン5
アメリカズカップ3
ヤングマンパワー5
サングレーザー3
サトノアラジン6
ダノンメジャー5
レッドファルクス6
マルターズアポジー5
レーヌミノル3
クルーガー5
エアスピネル4
イスラボニータ6
グランシルク5
ガリバルディ6
ムーンクレスト5
ウインガニオン5
ジョーストリクトリ3
ペルシアンナイト3

3歳馬は……

アメリカズカップ
サングレーザー
レーヌミノル
ジョーストリクトリ
ペルシアンナイト

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 高齢馬は消し!

3歳馬が良くないが、6歳以上の高齢馬の成績もあまり良くない。

マイルCSは最強マイラー決定戦だ。スピードが問われるレースであるため、瞬発力の能力が衰えやすい高齢馬が穴を開ける可能性はあまり高くない。

ブラックムーン5
アメリカズカップ3
ヤングマンパワー5
サングレーザー3
サトノアラジン6
ダノンメジャー5
レッドファルクス6
マルターズアポジー5
レーヌミノル3
クルーガー5
エアスピネル4
イスラボニータ6
グランシルク5
ガリバルディ6
ムーンクレスト5
ウインガニオン5
ジョーストリクトリ3
ペルシアンナイト3

6歳以上なのは……

サトノアラジン
レッドファルクス
イスラボニータ
ガリバルディ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 前走GIII以下は消し!

マイル王決定戦というだけあって、レベルの高い臨戦過程を歩んできている馬のほうがいい成績を残す傾向にある。

馬名前走
ブラックムーン富士SG3
アメリカズカップカシオペ
ヤングマンパワー毎日王冠G2
サングレーザースワンSG2
サトノアラジン天皇賞秋G1
ダノンメジャースワンSG2
レッドファルクススプリンG1
マルターズアポジーオータムHG3
レーヌミノル秋華賞G1
クルーガー富士SG3
エアスピネル富士SG3
イスラボニータ富士SG3
グランシルク富士SG3
ガリバルディ富士SG3
ムーンクレストスワンSG2
ウインガニオン関屋記念G3
ジョーストリクトリ富士SG3
ペルシアンナイト富士SG3

前走GIII以下だったのは……


ブラックムーン
マルターズアポジー
クルーガー
エアスピネル
イスラボニータ
グランシルク
ガリバルディ
ウインガニオン
ジョーストリクトリ
ペルシアンナイト

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走後方待機組は消し!

マイルCSは末脚比べになることもしばしばだが、あまりポジションが後ろ過ぎる馬は強調できない。

馬名前走脚質
ブラックムーン
アメリカズカップ
ヤングマンパワー
サングレーザー
サトノアラジン
ダノンメジャー
レッドファルクス
マルターズアポジー
レーヌミノル
クルーガー
エアスピネル
イスラボニータ
グランシルク
ガリバルディ
ムーンクレスト
ウインガニオン
ジョーストリクトリ
ペルシアンナイト

前走後方待機組は……

ブラックムーン
サトノアラジン
クルーガー

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 前走大負けした馬は消し!

最強マイラー決定戦というだけあって、前走大負けした馬にはなかなかチャンスが巡ってこない。

馬名前走着順
ブラックムーン8
アメリカズカップ1
ヤングマンパワー5
サングレーザー1
サトノアラジン18
ダノンメジャー5
レッドファルクス1
マルターズアポジー4
レーヌミノル14
クルーガー3
エアスピネル1
イスラボニータ2
グランシルク9
ガリバルディ7
ムーンクレスト8
ウインガニオン2
ジョーストリクトリ14
ペルシアンナイト5

前走10着以下なのは……

サトノアラジン
レーヌミノル
ジョーストリクトリ

ここではこの馬たちが消える。


残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

ヤングマンパワー
ダノンメジャー
ムーンクレスト

今回の激走馬候補は3頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


マイルチャンピオンシップ2017の予想分析…レッドファルクスはマイルGIで優勝できるか?

(C)MAZIMICKEY

2017年11月19日、京都競馬場において秋のマイル王決定戦マイルチャンピオンシップ(GⅠ/芝1600m)が行われる。

2014年皐月賞馬イスラボニータ、前哨戦の富士ステークスを快勝し急遽武豊騎手からムーア騎手に乗り替わりが発表されたエアスピネル、春の安田記念を制しているサトノアラジン、最近では珍しい個性派逃げ馬のマルターズアポジー。

これらの強豪達が多数出走し、大混戦が予想される今年のマイルチャンピオンシップ。その中でもここでは昨年今年とスプリンターズステークスを見事に連覇して初めてマイルチャンピオンシップに挑むレッドファルクスに注目していく。


期待① 前走内容とローテーション

前走は10月1日に中山競馬場芝1200mで行われたGⅠスプリンターズステークス。

前年覇者として単勝3.2倍の堂々1番人気で挑み、休み明け、秋初戦とは思えぬ走りで最後の直線を外から鋭く伸びて豪快に差し切った。

着差こそ2着のレッツゴードンキとクビ差だったが、強い勝ち方だったといえる。

オーナーサイドでは、次走について過去主戦場だったダートにするかマイルチャンピオンシップにするか香港に再挑戦するか検討した結果、マイルチャンピオンシップ出走を選択してきた。

前走がスプリンターズステークスの出走ローテーションは過去10年で9頭いて1着2着3着が各1回ずつ、1着は昨年スプリンターズステークス2着から挑んだミッキーアイルである。

例としては少数だが十分優秀な成績と言えるローテーションであることからも期待が持てる。


期待② 枠番

レッドファルクスは今回4枠7番に決まったが、4枠は枠順別成績で最も成績がいいのである。

過去20頭中2勝2着5回、勝率10%、複勝率35%でいずれも枠番ごと成績ではトップの実績を残している。

データ上、内枠外枠の差があまりないものの4枠だけが突出し、見事その枠に入るのは期待材料と言える。

不安① 年齢

年齢別では、古馬の充実期を迎える4歳が過去10年で3勝、5歳が4勝している。

レッドファルクスは6歳だが、6歳馬は過去10年で35頭が出走し、2勝2着1回3着1回と4歳馬5歳馬にどうしても見劣りする結果となっている。

今年は4歳馬がエアスピネル1頭しかいないことや、5頭出走する3歳馬がまだ1度も3着以内に入ったことがないなどの好材料もあるが、すべての不安を拭い去るほどの成績を6歳馬は残していないのが現状と言える。

不安② 京都競馬場

美浦の尾関知人厩舎所属のレッドファルクスにとって、今回のマイルチャンピオンシップが6歳にして初めての京都競馬場遠征となる。

遠征輸送自体はこれまでの経験からも問題はないが、初コースに関しては尾関調教師も心配をしているとのこと。

中山・東京・京都・阪神の4大競馬場の中では、下り坂への対応と直線が平坦ということもあり1番向かない競馬場であると言うコメントも尾関調教師はしている。

当然、課題に向けた対策を練り、調教を重ねてきているとのことだが、不安点としてあげざるを得ないところではある。


不安③ 距離

春のマイル王決定戦安田記念で勝ち馬のサトノアラジンに0.1秒差の3着に敗れたレッドファルクスだが、芝1600mは今回が3回目の挑戦となる。

今回初騎乗となるC.デムーロ騎手は追い切り後のインタビューで距離に関しては心配していない旨話しているものの、尾関調教師はマイルは若干長いとコメントをしています。

元々、これまでの10勝中8勝が左回りということもあり、安田記念は得意の左回りだったので距離が克服できたと見ることができるかもしれないことからも、今回、克服できるかどうかは今後の試金石ともいえるレースになりそうだ。

まとめ

スプリンターズステークス連覇後、様々な選択肢の中から新たな挑戦をと言うことで今回のマイルチャンピオンシップ出走を決めたレッドファルクス。

史上8頭目のスプリントとマイルの統一王者となることができるか、その走りが注目される。


東京スポーツ杯2歳ステークス2017の予想分析…ルーカスは名馬への道を歩めるか

(C)MAZIMICKEY

2017年11月18日、東京競馬場で東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ/芝1800m)が行われる。

来年のクラシックあるいは来月の朝日杯フューチュリティステークスや新設GⅠホープフルステークスを見据えての登竜門として非常に重要なステップレースと言える。

出走頭数は少々寂しい頭数となってしまったが、ここでは、ワグネリアンと2強ではないかと呼び声高いルーカスについて考察していくことにしよう。


期待① 前走内容とメンバー

前走は8月20日に札幌競馬場芝1800m9頭立てで行われた新馬戦だったわけだが、鞍上に札幌での短期免許騎乗では無敵を誇るモレイラ騎手を鞍上に3コーナー過ぎからロングスパートをしたルーカスは2着のリシュプールに1馬身2分の1、0.2秒差で勝利した。

そして、何と言ってもすごいのは一緒に走ったメンバーのその後の成績である。

2着 リシュプール    →未勝利戦2着
3着 マイスターシャーレ →未勝利戦1着→黄菊賞8着(1番人気)
4着 マイハートビート  →未勝利戦1着→紫菊賞1着
5着 ゴーフォザサミット →未勝利戦1着→百日草特別1着
6着 ブロンズケイ    →未勝利戦3着→未勝利戦4着→未勝利戦1着
7着 アルドーレ     →未勝利戦10着
8着 エムティトランプ  →未勝利戦13着→未勝利戦8着→未勝利戦13着
9着 イルルーメ     →未勝利戦2着→未勝利戦3着→未勝利戦2着

ご覧の通り、すでに未勝利を脱出した馬が4頭、そのうち2頭はすでに特別戦も勝利している。

また、近いうちに勝ち上がりそうな前走未勝利戦2着馬も2頭控えている。

その昔、伝説の新馬戦としては有名なレースがある。


2008年10月26日に京都競馬場芝1800m戦で、1着のアンライバルドは皐月賞馬、2着のリーチザクラウンはダービー2着馬で重賞2勝、3着のブエナビスタはジャパンカップなどGⅠを6勝、4着スリーロールスは菊花賞馬となった。

今回、ルーカスが出走した新馬戦も今のところ勝るとも劣らない状態である。その中で勝ちきったルーカスには今回も大いなる期待が持てる。

期待②&不安① 血統と騎手

ルーカスの血統は父スクリーンヒーロー、母メジロフランシスである。

血統に興味がある方ならすぐわかるが、モーリスの全弟という超良血な血統だ。

モーリスといえば現役時代に安田記念・マイルチャンピオンシップ・天皇賞(秋)と国内GⅠを3勝したのに加え、香港マイル・Cマイル・香港カップと海外GⅠも3勝という素晴らしい成績を残し昨年限りで引退している。

今回のルーカスの鞍上はモーリスとのコンビでGⅠ4勝のムーア騎手である。

最終追いきりに騎乗したムーア騎手は、ルーカスの素質の高さを買っているとのことで、今回のレースも大いに期待できるところと言える。

ただし、不安もある。

兄モーリスが本格化したのは古馬になった4歳から。

2歳時は新馬戦勝利の後、2戦目の京王杯2歳ステークスで今回と同じくムーア騎手を鞍上に迎え単勝1.5倍の圧倒的1番人気に押されながら6着に敗れているのである。


果たして今回はどうなるだろうか。

期待③&不安② ローテーションと人気

過去10年のデータで見た時、新馬戦が東京競馬場以外で2戦目が東京スポーツ杯2歳ステークスだった組の成績だが、当日の単勝オッズが1番人気であれば過去該当馬が4頭いて1着2回3着1回という優秀な成績を残している。

が、2番人気以下の場合には過去13頭中1頭も3着以内の馬券圏内に絡んでいないという結果となっている。

この点から見ると、当日の人気には要注目である。

まとめ

新馬戦後、一旦放牧に入り、その後東京スポーツ杯2歳ステークスを目標に順調に乗り込まれてきたルーカス。

アメリカ紙・サラブレッドテイリーニューズ(TDN)が将来的に重賞ウィナーになると評価した若駒に与えるTDNライジングスターの称号を新馬戦の後に与えられているルーカスは海外メディアも注目の中、今週、東京スポーツ杯2歳ステークスに出走する。その走りが注目される。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る