カテゴリー:予想・考察

フェアリーS2018の競馬予想分析…プリモシーンらに共通する3つの不安とは?

(C)Ko-Mei

2018年1月7日、中山競馬場でフェアリーステークス(GⅢ/芝外回り1600m)が行われる。レッドベルローズ、サヤカチャン、プリモシーン、トロワゼトワル、ジーナスイートらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

プリモシーンとレッドベルローズは、ともにディープインパクト産駒の良血馬で、デビュー前から能力を高く評価されていた。その期待に応え、2頭とも前走は東京芝1600m戦で父の産駒らしい切れ味を見せて快勝している。

どちらも上位人気になることは確実だが、優勝するためには共通する3つのマイナスデータをクリアする必要がある。


不安① ディープインパクト産駒

中山マイルはディープインパクト産駒が苦手とする舞台の一つ。中山芝1600mの重賞では、これまでに35頭が出走して【0・5・4・26】。全体的に質の高い同産駒だけに、1番人気が2頭、2番人気が6頭、3番人気が3頭と上位人気に推された馬も多いが、未勝利だ。フェアリーSでも、2016年にリセエンヌが1番人気に支持されながら7着に敗れている。

得意としている東京や阪神外回りなどに比べれば、そもそも中山の成績は今ひとつだが、特に芝1600m以下では割り引いて考える必要がある。

今回出走するのはプリモシーンとレッドベルローズの2頭。ディープインパクト産駒のジンクスを覆せるだろうか。

不安② ノーザンファーム生産馬

昨年もJRA重賞を50勝し、7年連続のリーディング生産者となったノーザンファーム。もはや、ノーザンファームなしに日本競馬は語れないというレベルだが、このレースとは相性が良くない。

条件が芝1600mになった2009年以降、同ファームの生産馬は22頭が出走して未勝利。昨年は、4か月後にNHKマイルCを勝つアエロリットでさえ2着に敗れた。

今年はプリモシーンとレッドベルローズを含め7頭が出走するが、悪い流れを断ち切ることができるだろうか。

不安③ 外枠

中山芝1600mはスタートしてすぐにコーナーがあるため内枠有利が通説だが、キャリアが浅い若駒同士の戦いということもあり、このレースではその傾向が特に顕著に現れている。

条件が芝1600mになった2009年以降、毎年フルゲートの16頭立てになっているが、2桁馬番だった馬は【1・5・2・55】(勝率1.8%)と明らかに不振だ。

レッドベルローズは13番、プリモシーンは14番と揃って7枠に入った。不利を能力の高さでカバーすることができるだろうか。

まとめ

共通点が多く、期待と不安が入り交じるプリモシーンとレッドベルローズだが、ここで不安を蹴散らして重賞初制覇を決めれば、牝馬クラシック戦線の主役に躍り出ることは間違いない。期待の良血馬が3歳初戦でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、注目したい。


フェアリーS2018の競馬予想分析、結果発表!回収率400超のデータ該当馬とは?

(C)Ko-Mei

2018年1月7日、中山競馬場でフェアリーステークス(GⅢ/芝1600m)が行われる。レッドベルローズ、サヤカチャン、プリモシーン、トロワゼトワル、ジーナスイートらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

4つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 二桁馬番は消し!
ポイント2 間隔3週以下&休み明けは消し!
ポイント3 距離延長馬は消し!
ポイント4 父ミスプロ系、米国型ND系は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 二桁馬番は消し!

フェアリーSは内枠有利が顕著なレースとして知られている。穴馬のほとんどが内枠から出ていて、外枠に入ってしまうとチャンスは薄れてしまう。

馬番馬名
1サヤカチャン
2
デュッセルドルフ
3ハトホル
4アントルシャ
5ライレローズ
6
ジョブックコメン
7トロワゼトワル
8
グランドピルエット
9レネット
10
スカーレットカラー
11シスル
12ジーナスイート
13
レッドベルローズ
14プリモシーン
15
フィルハーモニー
16テトラドラクマ

二桁馬番なのは……

スカーレットカラー
シスル
ジーナスイート
レッドベルローズ
プリモシーン
フィルハーモニー
テトラドラクマ

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 間隔3週以下&休み明けは消し!

牝馬は調整が難しい。少し間隔があくと途端に走らなくなったり、反対に間隔を詰めすぎると疲れが抜けなかったり、気持ちが乗らなかったりして思いもよらない凡走をすることがある。

実際、フェアリーSにおいてもこの傾向は顕著だ。間隔が詰まりすぎているとほとんどノーチャンス。

休み明けに関しては好走している馬もいるものの、そもそも牝馬の休み明けにおける成績が低いことを考慮すると、割り引いたほうがよさそうだ。

馬名間隔
サヤカチャン4
デュッセルドルフ14
ハトホル6
アントルシャ3
ライレローズ9
ジョブックコメン4
トロワゼトワル10
グランドピルエット3
レネット6
スカーレットカラー6
シスル7
ジーナスイート9
レッドベルローズ7
プリモシーン13
フィルハーモニー3
テトラドラクマ7

間隔3週以下、もしくは休み明けなのは……

デュッセルドルフ
アントルシャ
トロワゼトワル
グランドピルエット
プリモシーン
フィルハーモニー

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 距離延長馬は消し!

フェアリーSは冬場の中山という厳しいシチュエーションで行われる。このため、短い距離を使ってきた馬たちが苦戦する傾向にある。

40頭走って、実に3頭しか馬券に絡んでいない。勝ち馬はゼロ。割引が打倒だろう。


馬名前走距離
サヤカチャン1600
デュッセルドルフ1600
ハトホル1600
アントルシャ1400
ライレローズ1600
ジョブックコメン1600
トロワゼトワル1600
グランドピルエット1600
レネット1600
スカーレットカラー1600
シスル1400
ジーナスイート1600
レッドベルローズ1600
プリモシーン1600
フィルハーモニー1400
テトラドラクマ1600

距離延長馬は……

アントルシャ
シスル
フィルハーモニー

ここではこの馬たちが消える。

父ミスプロ系、米国型ND系は消し!

フェアリーSはタフなシチュエーションの中で行われる。スタミナが問われるレースであり、スタミナの裏付けがない馬たちにとって、厳しい戦いとなる。

例えば過去の好走血統を見ていくと、父ミスプロ系や米国型のノーザンダンサー系(ヴァイスリージェント系、ストームキャット系など)といったダート血統馬がほとんど走っていない。

馬名
サヤカチャン
リーチザクラウン
デュッセルドルフノヴェリスト
ハトホルモンテロッソ
アントルシャノヴェリスト
ライレローズ
ディープブリランテ
ジョブックコメン
ドリームジャーニー
トロワゼトワルロードカナロア
グランドピルエットロードカナロア
レネットダイワメジャー
スカーレットカラー
ヴィクトワールピサ
シスルノボジャック
ジーナスイートステイゴールド
レッドベルローズ
ディープインパクト
プリモシーン
ディープインパクト
フィルハーモニーダイワメジャー
テトラドラクマルーラーシップ

父ミスプロ系、米国型ND系は……

ハトホル
シスル

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

サヤカチャン
ライレローズ
ジョブックコメン
レネット


今回の激走馬候補は4頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


フェアリーS2018の最終追い切り分析…プリモシーンらの調教評価は?

(C)Ko-Mei

2018年1月7日、中山競馬場でフェアリーステークス(GⅢ/芝1600m)が行われる。レッドベルローズ、サヤカチャン、プリモシーン、トロワゼトワル、ジーナスイートらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

1月3日には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回はレッドベルローズ、プリモシーンなど上位人気が予想される馬を中心に見ていく。

レッドベルローズ牝3歳(美浦・鹿戸厩舎)

調教評価A-

一週前追い切りではレースで騎乗する蛯名騎手が駆け付け、美浦南Bウッドコース(稍重)をレッドルチア(500万下)と併せ馬、一杯に追って4F54.2秒上がり12.8秒で併入。

最終追い切りは良馬場の美浦南Bウッドコース馬、パルクデラモール(3歳未勝利)と馬なりで併せて4F55.2秒上がり13.6秒併入。

新馬戦では出遅れながら上がり最速で勝ち星を上げている同馬。今回の追い切りでも身軽な走りで調子はいいと判断できる。

プリモシーン牝3歳(美浦・木村厩舎)

調教評価B+

一週前追い切りは調教助手が乗って美浦南Bウッドコース(良)シルヴァーコード(1000万下)と併せ馬。馬なりで4F55.3秒上がり13.5秒併入という内容。

今週の最終追い切りも良馬場の美浦南Bウッドコース。シルヴァーコード、リモンディ(1000万下)と3頭併せ馬、強めに追って4F55.6秒上がり12.5秒を計測。

シルヴァーコード(馬なり)併入、リモンディ(強め)0秒1先着という内容。

1週前までは状態と成長を見ながらという感じだったが、最終追い切りでは強めに負荷をかけ実践的な追い切りが行われた。

気配がよくレースを想定した内容でタイムも問題ない。

サヤカチャン牝3歳(栗東・田所厩舎)

調教評価B

一週前追い切りは調教助手が騎乗。栗東Cウッドコース(良)で単走。一杯に追って6F84.0秒上がり12.8秒をマーク。

最終追い切りはも調教助手が乗って栗東Cウッドコース(良)で単走。一杯に追って6F80.3秒上がり13.3秒。

元気一杯で単走ながらタイムはこの時期の3歳牝馬としては上位。

トロワゼトワル牝3歳(栗東・安田厩舎)

調教評価B-

一週前追い切りは安田調教師が跨り良馬場の栗東Cウッドコースにてオウケンキング(未勝利)と併せ馬。ゴール前強めに追われ6F82.8秒上がり11.6秒、0秒5先着。


最終追い切りは調教助手が乗って栗東Cウッドコース(良)オウケンキングと併せ、5F72.0秒上がり12.1秒終い重点に追われ0秒1先着。

追い切りの終いは脚を伸ばしているが全体的な迫力には欠ける印象。判断が難しいが今の同馬のなかでは一杯の仕上げと捉えることもできる。

テトラドラクマ牝3歳(美浦・小西厩舎)

調教評価B

一週前追い切りは調教助手が乗って美浦坂路(良)でオペラカイジン(未勝利)、グラーヌス(未勝利)と3頭併せ馬。馬なりで4F57.0秒上がり12.8秒。オペラカイジン(馬なり)には0秒2、グラーヌス(馬なり)には0秒3先着という内容。

最終追い切りも調教助手が乗って美浦坂路(良)ジェイエルノブレス(未勝利)と併せ馬。馬なりで4F52.1秒上がり12.2秒。一杯の相手に0秒2先着。

一週前までは走り方に少し図太さを感じていたが、最終追い切りでのキビキビした走りは好印象を持った。

順調にきていると言えるだろう。


フェアリーS2018の競馬予想データ分析…4つの消しで好走率約4割、回収率400超

(C)だわさの写真館

2018年1月7日、中山競馬場でフェアリーステークス(GⅢ/芝1600m)が行われる。レッドベルローズ、サヤカチャン、プリモシーン、トロワゼトワル、ジーナスイートらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 二桁馬番は消し!

フェアリーSは内枠有利が顕著なレースとして知られている。穴馬のほとんどが内枠から出ていて、外枠に入ってしまうとチャンスは薄れてしまう。

馬番着別度数
1番1- 0- 2- 6/ 9
2番0- 0- 0- 9/ 9
3番0- 2- 1- 6/ 9
4番2- 1- 2- 4/ 9
5番0- 1- 1- 7/ 9
6番1- 0- 0- 8/ 9
7番1- 0- 0- 8/ 9
8番2- 0- 1- 6/ 9
9番1- 0- 0- 8/ 9
10番0- 0- 0- 9/ 9
11番0- 1- 0- 8/ 9
12番0- 0- 0- 9/ 9
13番0- 2- 0- 7/ 9
14番0- 0- 1- 8/ 9
15番1- 2- 0- 6/ 9
16番0- 0- 1- 8/ 9
馬番勝率複勝率単回値複回値
1番11.1%33.3%5067
2番0.0%0.0%00
3番0.0%33.3%082
4番22.2%55.6%413298
5番0.0%22.2%0246
6番11.1%11.1%7527
7番11.1%11.1%4822
8番22.2%33.3%1004263
9番11.1%11.1%74672
10番0.0%0.0%00
11番0.0%11.1%058
12番0.0%0.0%00
13番0.0%22.2%054
14番0.0%11.1%017
15番11.1%33.3%400211
16番0.0%11.1%014

集計期間:2009. 1.11 ~ 2017. 1. 8

二桁馬番の馬たちは苦戦を強いられている。素直に内枠から穴馬を選んでいくことがセオリーといえるだろう。

ポイント2 間隔3週以下&休み明けは消し!

牝馬は調整が難しい。少し間隔があくと途端に走らなくなったり、反対に間隔を詰めすぎると疲れが抜けなかったり、気持ちが乗らなかったりして思いもよらない凡走をすることがある。

実際、フェアリーSにおいてもこの傾向は顕著だ。

間隔着別度数
連闘0- 0- 0- 1/ 1
2週0- 0- 2- 7/ 9
3週0- 0- 0- 18/ 18
4週4- 2- 3- 24/ 33
5~ 9週3- 4- 4- 47/ 58
10~25週2- 3- 0- 20/ 25
間隔勝率複勝率単回値複回値
連闘0.0%0.0%00
2週0.0%22.2%0127
3週0.0%0.0%00
4週12.1%27.3%24592
5~ 9週5.2%19.0%215118
10~25週8.0%20.0%16174

集計期間:2009. 1.11 ~ 2017. 1. 8

間隔が詰まりすぎているとほとんどノーチャンスであることが分かる。

休み明けに関しては好走している馬もいるものの、そもそも牝馬の休み明けにおける成績が低いことを考慮すると、割り引いたほうがよさそうだ。

ポイント3 距離延長馬は消し!

フェアリーSは冬場の中山という厳しいシチュエーションで行われる。このため、短い距離を使ってきた馬たちが苦戦する傾向にある。

前走1600m未満(0−1−2−37)

40頭走って、実に3頭しか馬券に絡んでいない。勝ち馬はゼロ。割引が打倒だろう。

ポイント4 父ミスプロ系、米国型ND系は消し!

前述の通り、フェアリーSはタフなシチュエーションの中で行われる。スタミナが問われるレースであり、スタミナの裏付けがない馬たちにとって、厳しい戦いとなる。

例えば過去の好走血統を見ていくと、父ミスプロ系や米国型のノーザンダンサー系(ヴァイスリージェント系、ストームキャット系など)といったダート血統馬がほとんど走っていない。

父ミスプロ系(0−0−0−11)
父米国型ノーザンダンサー系(0−1−1−8)

割り引いていく必要がありそうだ。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?


着別度数
7- 3- 3-21/34
勝率複勝率単回値複回値
20.6%38.2%606214

集計期間:2009. 1.11 ~ 2017. 1. 8

なんと、好走率は38%超、回収率も400%オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


京都金杯2018の競馬予想分析…ブラックムーンが重賞初制覇へクリアすべき3つのポイント

(C)MAZIMICKEY

2018年1月6日、京都競馬場で京都金杯(GⅢ/芝1600m)が行われる。レッドアンシェル、ラビットラン、ブラックムーン、クルーガー、ウインガニオン、アメリカズカップ、キョウヘイらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

ブラックムーンは昨年6月の米子Sをレコード勝ちするなど、芝1600mでオープン特別2勝の実績がある。強烈な末脚を武器とし、マイルチャンピオンシップでもメンバー最速の上がり3F33.8秒をマークして0.3秒差の6着と健闘した。

今回で11戦連続のマイル戦。悲願の重賞初制覇へのカギとなるポイントを探っていく。


ポイント① 脚質

京都金杯は例年、開幕週で最も広いAコースを使用するため、馬場の内めを通った先行馬が有利になりやすい。過去10年の優勝馬の4コーナー通過順を見ても、2008年から順に③③⑨①⑥⑥⑫①③④。追い込み脚質のブラックムーンにとっては、厳しい展開が予想される。
また、京都は下級クラスで勝ち鞍はあるものの、準オープン以上では4戦未勝利。新潟の関屋記念でも15着に敗れており、直線が平坦なコースでは信頼度が落ちる。
課題はスタート。初コンビを組む武豊騎手がどのような騎乗を見せるか、注目だ。

ポイント② 臨戦過程

昨秋からコンスタントに使われ、マイルチャンピオンシップの後に中2週でリゲルSに出走して5着に敗れた。今回はそこから中3週での出走となる。
ただ、フレッシュな状態の時の方が力を発揮できるタイプであることは、4か月半ぶりだった米子Sでのレコード勝ちを含め、全7勝中6勝を叩き3戦以内に挙げていることからも明らか。叩き4戦目で上積みは疑問だ。

ポイント③ アドマイヤムーン産駒

アドマイヤムーン産駒はこれまでに芝重賞を9勝しているが、そのうち6勝が1200m以下。成績を比較しても、芝1200m以下は【6・8・4・37】(勝率10.9%、連対率25.5%)に対し、芝1400m以上は【3・4・9・106】(勝率2.5%、連対率5.7%)と、かなり信頼度が下がる。
ブラックムーンも、芝1600mでオープン特別を2勝し、芝1800mでも勝ち鞍があるが、中京記念で1番人気に支持されながら3着に敗れたのをはじめ、昨年の京都金杯が3番人気で9着、関屋記念が同じく3番人気で15着と、マイルの重賞で人気を裏切り続けている。

まとめ

不安要素はあるものの、末脚の破壊力は間違いなく重賞級。満月が輝く2018年の年始に、ブラックムーンは初タイトルを奪取することができるか。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る