カテゴリー:予想・考察

日本ダービーのトレンドって?過去の好走馬たちの血統的共通点を探る

(C)arima0208

いよいよ、今週は競馬の祭典、日本ダービーです。やはりダービーウィークは違いますね。1日中、ダービーのことを考えてしまいます。

近年のダービーといえば、思い出されるのが2010年、エイシンフラッシュが制したダービーではないでしょうか。ヴィクトワールピサ、ペルーサ、ルーラーシップなど役者が揃い、「史上最高メンバー」と言われて盛り上がりましたよね。今年も同じように熱戦を期待したいところです。

今回は近年の血統的トレンドから好走馬を探っていきたいと思います。

母がノーザンダンサーのクロス保持

ダービーに加え、同じ東京芝2400mで行われるオークスでも重要とされるトレンドです。オークスでは過去3年の好走馬9頭中、8頭がノーザンダンサーのクロスを保持していました。今年の勝ち馬ミッキークイーンの母ミュージカルウェイはノーザンダンサーとIcecapade(アイスカペイド)というノーザンダンサーと3/4同血の馬の血を保持していて、クロスに極めて近いニアリークロスという形になっていました。

近年、この傾向が強くなった要因として、馬場の高速化とディープインパクト産駒の登場が考えられます。高速馬場で瞬発力勝負になりやすく、ディープ産駒にとって有利な土壌が出来上がりました。

また、直線が長く、坂もある東京2400mとなれば、末脚を持続させる力が必要になります。末脚を持続させるためにはパワーが必要。ノーザンダンサー系の種牡馬は末脚を持続させるためのパワーに秀でています。

日本ダービーはと言うと…

2014年
1着 ワンアンドオンリー 母がノーザンダンサー5×3
3着 マイネルフロスト 母がノーザンダンサー4×4

2013年
2着 エピファネイア 母がノーザンダンサー5×3
3着 アポロソニック 母がノーザンダンサー4×5

2012年
1着 ディープブリランテ 母がノーザンダンサー4×5

2014年、16番人気で4着と好走したタガノグランパも母がノーザンダンサー5×4の持ち主でした。

やはり近年は末脚を持続させるパワーが重要になっていることが分かります。

ノーザンダンサー系の中でもダンジグとストームキャットが◎

過去3年のダービーで馬券になった馬で母がノーザンダンサークロスを保持していない馬は4頭(イウラボニータ、キズナ、フェノーメノ、トーセンホマレボシ)いますが、そのうち3頭が母父ノーザンダンサー系でした。

キズナ 母父ストームキャット
フェノーメノ 母父デインヒル(ダンジグ系)
トーセンホマレボシ 母父ノーザンテースト

つまり、過去3年のダービーで馬券になった馬はイスラボニータを除き、母がノーザンダンサークロスを持っているか、母父がノーザンダンサー系の種牡馬だったということになります。

ノーザンダンサー系の中でも特に注目したいのがダンジグとストームキャットの血です。この2頭はノーザンダンサー系の中でも「仕上がりの早さ」と「豊富な筋肉量」を伝える種牡馬です。

昨年のオークスとダービーはハーツクライ産駒のヌーヴォレコルトとワンアンドオンリーが制しました。体が緩く晩成型が多いハーツクライ産駒にもかかわらず好走できたのは、母が持っていたダンジグの力が大きかったといえるでしょう。アユサンやキズナの母父ストームキャットにも同じことが言えます。

また、過去5年に遡るとヌレイエフ、リファールというノーザンダンサー系の血を持っていた馬が複数馬券になっていました。この馬たちは「スピードの持続力」を伝える馬で、先週のオークスを制したミッキークイーンの母父もヌレイエフ系のゴールドアウェイでした。

長くなったので今回はここまで。次回、上記した2つの条件に該当する注目馬を挙げていきます。

【関連記事】
日本ダービー(2015年)追い切り・調教診断!有力馬の状態は?
日本ダービー血統考察!買えるのはドゥラメンテ?リアルスティール?
ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠
福永祐一騎手はダービージョッキーになれるのか?苦戦の歴史を紐解く
日本ダービーに関する記事一覧はこちらから


日本ダービー(2015年)追い切り・調教診断!有力馬の状態は?

(C)minafl

いよいよ今年のダービー、第82回東京優駿が近づいてきました。

水曜日と木曜日には出走予定馬の調教が行われました。今回は有力馬と、調教内容が良かった伏兵の調教診断をお届けします。

ピックアップしたのは以下の6頭です。

皐月賞1着│ドゥラメンテ
皐月賞2着│リアルスティール
皐月賞3着│キタサンブラック
皐月賞1番人気6着│サトノクラウン
青葉賞1着│レーヴミストラル
京都新聞杯1着│サトノラーゼン

また、最後にこの6頭以外で調教が光っていた注目馬を載せていますのでお楽しみに。

有力馬調教診断

※調教の評価は満点が10です。

ドゥラメンテ│評価【7】
美保│南W 不良│5ハロン│馬なり

3頭合わせ馬の真ん中で馬なり、ラスト直線に向くと抑えた両側の馬を置き去りに大差先着。皐月賞のレースっぷりの矯正も兼ねたか。抜け出す脚色はさすがで馬体も艶がありトモの筋肉も如何にも走りそう。全体的に柔らかみのようなものが欲しい感じもしますが、好調は維持。

リアルスティール│評価【8】
栗東│坂路 │良│800m│馬なり

合わせ馬で1馬身追いかける形で直線へ。終始馬なりで最後は一瞬のうちに3馬身先着。皐月賞は先行したが差してもビュンと来そうな雰囲気を感じます。馬体はピカピカ、キック力も力強い。トモも胸前もしっかりとした筋肉。申し分ない状態ですね。

キタサンブラック|評価【7】
栗東│CW 良│6ハロン│馬なり

合わせ馬で2馬身ほど追いかける形で直線へ。一瞬置かれたという瞬間があったものの、ラスト直線半ばで馬なりですっと追いつき1馬身ほど先着しました。少し頭が高いの走りも、意外に柔らかい走り。馬体はシャープ。馬込みが得意なタイプのため、強みが活かせる展開になってほしい。

サトノクラウン │評価【7】
美保│南W 不良│5ハロン│馬なり

単走でゆったりと直線に向くと、少ししごかれてやる気を見せて脚を伸ばす。シャープな馬体でスピード感も十分。馬体も申し分なく、皐月賞で見せた荒い感じもない。レースでも落ち着いていればプラスαがありそう。単走だったせいか、少し子供っぽくやんちゃな走りがレースでどうでるか。

レーヴミストラル │評価【7】
栗東│CW 良│6ハロン│馬なり

合わせ馬で3馬身ほど追いかける形で直線へ、合わせた馬が少し待った感じで、反応が少し遅かった感じも、ラストはしっかり1馬身先着。馬体はちょうどよく適度なシャープさと力強さを兼ね備えている。時計が速くなった時に、すぐに反応出来るかが少し心配な感じもあり。

サトノラーゼン|評価【7】
栗東│CW 良│4ハロン│馬なり

合わせ馬で2馬身ほど追いかける形で直線へ。直線に入るとじわじわ伸びて並走となり、そのまま併入。如何にも無理をしない馬なり調整。馬体はよく見えなかったものの、ぐっとこらえての調教は雰囲気があった。動じない大人な感じの調教が、GⅠの舞台でどうなのかは素質次第か。

有力馬(6頭)は、全馬、最高!というほどは感じなかったものの、それぞれが好調さを見せた調教でした。この中では、皐月賞2着のリアルスティールが馬体面を考慮して一番雰囲気がよかったですね。速い時計に対応出来れば、2冠を阻止してダービー馬の栄冠に輝く可能性は十分かも、と思わせてくれました。

注目の1頭

さて、その他の馬の中で調教で光っていた注目馬を1頭お伝えします。

アダムスブリッジ|評価【8】
栗東│坂路 良│800m│ラスト一杯

合わせ馬で並走したまま坂路の直線へ。中ほどからしごきはじめラストにはビシビシと一杯に追ってきました。関西馬は牡馬でも輸送を考えて馬なり調教が多い中、このラストしっかり追ってきたのには好感が持てました。これなら前走で減っていた馬体も心配ないということでしょう。ドンドンと力強く加速する雰囲気は、他のダービー有力馬の調教では感じなかった迫力がありました。

皐月賞、重賞組に比べると実績面は劣りますが、それを覆して蹴散らすかもしれない迫力がありました。

さすが、誰もが勝ちたいホースマンの夢、日本ダービー。各馬、好調をキープしていますし、陣営の努力が垣間見えます。

5月31日、栄冠を手にするのはどの馬になるのでしょうか。

【関連記事】
日本ダービー血統考察!買えるのはドゥラメンテ?リアルスティール?
ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠
福永祐一騎手はダービージョッキーになれるのか?苦戦の歴史を紐解く
ミッキークイーンに続け!ダービー別路線組の動向〜青葉賞、京都新聞杯など〜
日本ダービーに関する記事一覧はこちらから


ミッキークイーンに続け!ダービー別路線組の動向〜青葉賞、京都新聞杯など〜

(C)minafl

先週末に行われた優駿牝馬オークスでは桜花賞組をおさえてミッキークイーンが優勝を飾りました。クラシックの1冠目に出走した馬たちが優秀なのはもちろんですが、別路線組も侮れないことが証明された形です。

皐月賞と日本ダービーの間に行われるのは主にNHKマイルカップ、青葉賞、京都新聞杯。(※プリンシパルステークスの覇者アンビシャスは回避)

これらのレースは、過去10年のうち8年で馬券に絡む馬を輩出しています。思わぬ伏兵が潜んでいることがあるわけですね。今回は、別路線組の中で上位に入線した有力馬の勝負気配を探ってみましょう。

兄や姉が果たせなかった夢の続きを

レーヴミストラル(青葉賞1着)

アプレザンレーヴやレーヴディソールを兄弟に持つ良血馬が、3連勝で日本ダービーに登場します。

母レーヴドスカーは数々の重賞ホースを輩出していますが、クラシックでは勝ったことがありません。レーヴミストラルは父が今年のクラシックを沸かせているキングカメハメハ。一族の悲願を後押しする要素と言えるでしょう。

青葉賞を1番人気で勝った馬は、フェノーメノとアドマイヤメインがおり、本番でも2着と結果を残していることからも有力だと考えられます。

連対率100%の左巧者が波乱の立役者に

タンタアレグリア(青葉賞2着)

7戦して2勝ながら2着4回という、相手に関係なくしっかり走ると堅実ぶりが光ります。

さらに左回りに限定すれば、1勝2着4回と連を外していないところも見逃せません。

父ゼンノロブロイは青葉賞1着から日本ダービー2着。同じ父を持つサンテミリオンが2010年のオークスを制し、バウンスシャッセが昨年3着になっていることからも、コース適正はメンバーの中でも屈指といえるでしょう。

日本ダービーに縁ある血統、下克上なるか

サトノラーゼン(京都新聞杯1着)

初勝利まで5戦と時間がかかりましたが、未勝利戦でレーヴミストラルを、京都新聞杯でポルトドートウィユを撃破。共に1番人気の馬を下して日本ダービーまでのし上がってきました。

また血統面では母系にブライアンズタイムに繋がるロベルトや、フサイチコンコルドを輩出したカーリアンの血が流れている点が注目されます。日本ダービー縁の血が、本番で騒ぐことお期待できるでしょう。

初の東京競馬場参戦も不気味な存在

ポルトドートウィユ(京都新聞杯2着)

ドゥラメンテのいとこにあたります。ドゥラメンテの血統が日本競馬界の歴史を詰め込んだものなら、こちらも負けてはいません。

●詳細→“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力

初の左回りになりますが、難なくこなす可能性は高い。ちなみに同じディープインパクト産駒のキズナも初経験のコースを物ともせず優勝しています。

高い次元で安定する末脚に期待大!

ミュゼスルタン(NHKマイルカップ3着)

NHKマイルカップでは3着に入り、骨折の影響を感じさせないパフォーマンスを見せました。

その高い素質は、4レース中3レースで最速の上がり3ハロンのタイムを叩き出していることからも明らかでしょう。

特に復帰初戦のスプリングステークスではリアルスティールと同タイムの上がり33秒6を計測。7着に敗れましたが、十分に見せ場を作りました。復調著しい今こそ、買いどきかもしれません。

まとめ

やはりと…いうべきか、GⅠや重賞で上位に入る馬たちは、血統や特性など、光るものを持っていますね。優勝すら狙える要素、侮ると痛い目に合いそうです。

皐月賞組が優勢という風潮ですが、これらの馬が大きな風穴を空けることを期待します!

【関連記事】
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力
サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠
日本ダービー血統考察!買えるのはドゥラメンテ?リアルスティール?
日本ダービーに関する記事一覧はこちらから


日本ダービー血統考察!買えるのはドゥラメンテ?リアルスティール?

(C)minafl

5月31日に行われる日本ダービーについて血統面を中心に考察していきたい。

今年は有力馬の多くが順調に駒を進めてきた。馬券的にはいろいろな狙い所がある。ドゥラメンテやリアルスティールに注目が集まっているが、血統面から買える馬とはどの馬なのだろうか?

過去4年ダービー歴代好走馬の血統

着順 種牡馬 母父馬
ハーツクライ タイキシャトル
フジキセキ Cozzene
ブラックタイド グラスワンダー
ディープインパクト Storm Cat
シンボリクリスエス スペシャルウィーク
Big Brown Pure Prize
ディープインパクト Loup Sauvage
ステイゴールド Danehill
ディープインパクト ノーザンテースト
ステイゴールド メジロマックイーン
ハーツクライ Storm Bird
キングカメハメハ サンデーサイレンス

集計期間:2011. 5.30 ~ 2014. 6. 1

過去4年の結果から父サンデーサイレンス系が圧倒的に優位で、中でもディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライ産駒が好走している。

配合的には父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサーを含む系統(ストームバード、ダンジグ、ノーザンテースト)が4頭いる。これは前回記事でもご紹介した東京芝2400mの黄金配合と合致している。

日本ダービーとオークスの黄金配合と“血統連動説”って?

いかにこのコースとの相性が良いかご理解頂けるだろう。

先週のオークスからの傾向

馬名 着順 種牡馬
ミッキークイーン ディープインパクト
ルージュバック マンハッタンカフェ
クルミナル ディープインパクト

集計期間:2013. 5.19 ~ 2015. 5.24

前回記事にてオークスとダービーの血統連動説をご紹介したが、それを踏まえると今年のダービーはディープインパクトとマンハッタンカフェ産駒が馬券圏内の可能性が高いとみる。

またオークスは1000m通過が61.3秒のスローペースで、ミッキークイーンが上がり1位の34.0で差し切ったように瞬発力勝負のレースだった。この結果はダービーにも応用できそう。瞬発力勝負になるならディープインパクト産駒は外せない。

日本ダービーの注目馬

出走予定馬から上記の傾向に合う馬を挙げていきたい。

★父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサーを含む系統

アダムスブリッジ(サンデーサイレンス系×サドラーズウェルズ系)
アルバートドッグ(サンデーサイレンス系×ヌレイエフ系)
コスモナインボール(サンデーサイレンス系×ストームバード系)
スピリッツミノル(サンデーサイレンス系×ニジンスキー系)
ダノンメジャー(サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系)
ポルトドートウィユ(サンデーサイレンス系×ヴァイスリージェント系)
リアルスティール(サンデーサイレンス系×ストームバード系)

★父ディープインパクト産駒

アルバートドッグ
サトノラーゼン
ティルナノーグ
ポルトドートウィユ
リアルスティール

★父マンハッタンカフェ産駒

該当馬なし

配合的にも種牡馬的にも両方合致しているのはアルバートドッグ、ポルトドートウィユ、リアルスティールの3頭だ。ドゥラメンテとリアルスティールの比較でいくと、リアルスティールに分があることになる。是非注目していただきたい。

【関連記事】
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力
サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠
日本ダービーとオークスの黄金配合と“血統連動説”って?
日本ダービーに関する記事一覧はこちらから


ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠

(C)minafl

皐月賞で1番人気ながら6着という、よもやの敗戦を喫したサトノクラウン(牡3)。

ドゥラメンテやリアルスティールにやや水を開けられた感がありますが、東京優駿・日本ダービー(GⅠ/芝2400m)での巻き返しの余地は十分にあると考えます。

それではサトノクラウンがダービー馬になれる根拠を探っていきましょう。

父系から見るクラウンの2400m力

父マルジューは日本では馴染みが薄い種牡馬ですが、現役時代はイギリスダービー(英GⅠ)で2着という実績を持っています。

種牡馬になっても、ヴェルメイユ賞(仏GⅠ/芝2400m)を勝ったマイエマ、香港ヴァーズ(香GⅠ/芝2400m)を勝ち、1999年のジャパンカップ(GI/芝2400m)で2着となったインディジェナスなど、クラシックディスタンスでの活躍馬を輩出しました。

母ジョコンダⅡは短距離のGⅠ馬を産んでいますが、クラウンが1800mの新馬戦を使われ出したことからも、父系の影響を大きく受けているのは明白です。府中の2400mこそ、サトノクラウンが真価を発揮できるステージと言えるでしょう。

稍重でもこのタイム!? 特筆すべき走破時計

皐月賞のステップレースに選んだ弥生賞は、あいにくの天候により稍重でのレースとなりました。

しかし2分1秒8という走破時計は、良馬場で行われた昨年の同レースのタイムと、コンマ4秒差という破格のもの。昨年、中山競馬場が路盤改修を行った影響で高速馬場化しているとはいえ、見逃せない実績と言えるでしょう。

その弥生賞を先行から鮮やかに抜けだして勝利したわけですから、改めて相当な能力を持っていることが分かります。一度の敗戦で見限ることはできません。

皐月賞を終えても、なお輝く重賞2勝の勲章

昨年の札幌2歳ステークスから京都新聞杯までに行われた芝1800m以上の重賞振り返ると、サトノクラウンだけが唯一の重賞2勝馬です。

過去10年で、重賞2勝以上の実績を持ってダービーに臨んで優勝した馬は、キズナ、オルフェーヴル、ロジユニヴァース、ディープスカイ、ウオッカ、ディープインパクトの5頭がいることから、世代トップの実績を持つサトノクラウンは侮れません。

まとめ

皐月賞では出遅れとコーナーでの不利が響いて6着という結果に終わりました。

しかし、血統やキャリアを振り返ると「ダービーでこそ」を思わせる背景があることは明白です。

皐月賞で掲示板を外しましたが、ロジユニヴァースは皐月賞14着から巻き返しています。6着のサトノクラウンが再び台風の目になれる可能性はまだまだ残されているのです。前走の負けで見限るのであれば、痛い目にあうかもしれませんよ!

【関連記事】
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
日本ダービーとオークスの黄金配合と“血統連動説”って?
日本ダービーに届かなかった馬たち〜シャイニングレイ、キロハナら〜
日本ダービー(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る