カテゴリー:回顧

フローレスマジックの血統や次走、将来性は?ラキシスやサトノアラジンとの共通点


4月23日に東京競馬場で行われたフローラステークス(GII/芝2000m)は、2番人気のディープインパクト産駒フローレスマジック(牝3)は直線で競り負けて3着となった。しかし、優駿牝馬オークスへの優先出走権を手にしている。

フローレスマジックの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。


プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者

ディープインパクト
マジックストーム
母の父StormCat
母の母FoppyDancer
性別
馬齢3歳
生年月日2014年4月15日
毛色鹿毛
馬主(有)サンデーレーシング
調教師木村哲也(美浦)
生産牧場ノーザンファーム
産地安平町
馬名意味完璧なマジック

血統評価は?

母父ストームキャットという父ディープインパクトの成功配合に合致している。もう有名過ぎるくらいの配合だ。

全兄弟にラキシス、サトノアラジン、そしてサトノケンシロウがいる良血馬だけに、将来が期待されるといったところだ。

もっとも、なかなか勝ちきれていないように、本格化するのは夏を超えてからになる可能性が高い。それは姉や兄たちがたどってきた成長の曲線を見れば明らかだろう。

ラキシスは3歳春のクラシックに間に合わなかった。フローラステークスに出走こそしたものの、結果は11着と大敗を喫している。しかし、夏を超えて白星を重ねると、秋の牝馬最強馬決定戦のエリザベス女王杯で準オープン馬の身でありながら2着に激走した実績を持っている。

その後、翌年のエリザベス女王杯を制し、GI馬の仲間入りをしたのは記憶に新しい。

サトノアラジンにしてもそうだ。

2歳のうちから注目されながら、東スポ杯2歳ステークスで5着、ラジオNIKKEI2歳ステークスで3着、共同通信杯で3着と、イマイチ勝ちきれなかった。このあたりはフローレスマジックにも通じるところだろう。


勝ち始めたのは休養を挟んで挑んだ夏場から。菊花賞では不利がありながら6着に入るなど、力をつけたことを証明し、古馬になってから重賞を勝った。

サトノケンシロウに至っては初勝利が3歳の夏だった。以降、3連勝で一気に準オープン馬に。初の準OP戦では土がついたものの、この勢いであればいつ重賞戦線に名乗りを挙げてもおかしくない。

要するに、フローレスマジックもそういったキャリアを送る可能性が高いといえる。2歳の早いうちから活躍しているとどうしてもしりすぼみになっていく傾向にあるが、この馬の場合はむしろこの時期から重賞で好走できていることを評価するべきだろう。

次走は?

優駿牝馬オークスへの優先出走権を獲得したため、当然のことながら東京芝2400mの戦いに進むことになるだろう。

もっとも、前述の通り、まだまだ馬が出来上がるのは先のように感じる。春のクラシックに適した完成度の高い馬たちに比べると、どうしても見劣りしてしまう、というのが実情だ。

あまり無理に激走しても後々の成長に影響が出てくるケースがあるだけに、大事に使っていってほしいといったところ。


(C)はねひろ

4月23日に京都競馬場で行われたマイラーズカップ(GII/芝外回り1600m)は、2番人気のフジキセキ産駒イスラボニータ(牡6)が直線で抜け出して1番人気のエアスピネル(牡4)らをおさえて勝利を収めた。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。


レース映像・動画

マイラーズカップ映像はこちらから(※JRA公式サイト→レース結果→重賞レース結果のページでご覧いただけます)

結果・着順

成績・2017年3京2/11R 読売マイラーズカップ
2017年 4月23日(日) 3回京都2日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第48回読売マイラーズカップ
4歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定) 芝・外 1600m 11頭立

馬名S性齢
11イスラボニータ牡62
4エアスピネル牡41
6ヤングマンパワー牡57
8ブラックスピネル牡43
1サンライズメジャー牡89
3フィエロ牡85
7プロディガルサン牡44
5ダッシングブレイズ牡56
2アクションスター牡710
109クルーガー牡58
1110シェルビー牡811

LAP 12.4-11.2-11.7-12.1-11.4-11.3-10.8-11.3
通過 35.3-47.4-58.8-70.1
上り 68.6-56.9-44.8-33.4
平均 1F:11.53 / 3F:34.58

レース分析

前後半800mのペースを見てみると……

47.4−44.8

ペースの違いは明らかだ。上がり1位は32.8秒。もうこれ以上の上がりは使えないだけに、ほとんど位置取りの勝負になった+その中で強かったり、経済コースを通って器用に立ち回った馬が上位に来た、という解釈でいい。

例えばイスラボニータのルメール騎手は最高にうまかった。大外の11番枠に入りながら、コーナーではラチ沿いを走って直線でも内々をつけた。


ポジションや位置取りの勝負になった競馬において、このレース運びは理想的意外の何ものでもない。ルメール騎手の腕が光ったレースだったと言える。

開幕週の京都はこういうレースになりがちではあるものの、それをわかった上でそういう騎乗をしたルメール騎手はさすがだった。例えば別に田辺裕信騎手を落とすわけではないが、フローラステークスにおけるホウオウパフュームの乗り方をしていたら、少なくとも1着にはなれなかっただろう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 イスラボニータ

前述の通り、ルメール騎手の騎乗は素晴らしかった。大外枠ながら経済コースを通って、馬に負担のないレース運びをした。もともとマイルチャンピオンシップで2、3着の実績がある舞台で、条件としては悪くなかったし、力はある馬だけにうまいレース運びができればこういう結果になる。

次走は安田記念になるはず。ただ、安田記念につながるレースになったかどうかはかなり微妙。詳細は、個別回顧で。

2着 エアスピネル

ラチ沿いから3頭目を走るという、このレースにおいてある意味最も厳しい競馬をした。武豊騎手は自身を持ったからこそ、そういう騎乗をしたのだろうが、ルメール騎手に完璧に乗られてしまったため、通ったコースがそのまま着順に表れた。

それでも勝ちきれなかったのは、今後の課題になりそう。

もともと善戦しながらも勝ちきれない馬で、3歳以降に勝ったのは1回のみ。それにしても着差なし。

血統的にもそう。近親のエアシェイディは1着が7回に対し、2着が10回もあった。エアシャカールも(4−6−1−9)と2着が多かった。(エアソミュールこそ勝ちきっていたが)

ちなみに母のエアメサイアもオークス、ヴィクトリアマイルでともに2着。京都以外ではなかなか勝ちきれない馬だった。安田記念に向けて、課題となるところと言っていい。

3着 ヤングマンパワー

ペースメーカーを前において2番手につける最高の競馬となった。結果として切れ負けしてしまったのは、逆にペースがおそすぎて末脚比べになったから。この馬にとってはもう少し流れてもらって、タフな展開になったほうがよかった。


もっとも、こういうレースになっても器用に立ち回って上位に来られるのが強みでもある。

安田記念はサンデーサイレンス系が苦手なレース。この馬にとっても、ペースが厳しくなるであろうことは、いいはず。期待を持てる3着なったのではないか。

4着 ブラックスピネル

上がり32秒8で届かないのだから、今回は展開が悪かったと言わざるを得なかった。

もっとも、タニノギムレット産駒はもともと重賞における期待値が低く、人気より1つ低い順位でフィニッシュしたというのはある意味で血統に従順だった、という見方もできる。

前述の通り、安田記念はもう少し非サンデー系の馬たちに向く展開になるため、バカにされたような人気になるようであれば、見直しの必要がありそう。

5着 サンライズメジャー

もともと得意な舞台、そして絶好の展開だったのだから、もう少し上位に来たかった。もう8歳馬で、これ以上を望むのは酷か。

6着 フィエロ

悪くないレース運びだったが、直線に向いたところでイスラボニータが外に出てきた煽りをうけて進路が塞がってしまった。完全に加速のタイミングを逸したため、あとはズルズル後退というか、惰性で走ってしまった感じ。

力は出し切れていないため、ノーカウントと考えてよさそうだ。

7着 プロディガルサン

物足りない競馬だったが、上がり32秒9でこの順位なのであれば、致し方ない。展開の面が大きく、見直し可能。ただし、そこまで成長力があるかというと、やや微妙な面も。

8着 ダッシングブレイズ
9着 アクションスター
10着 クルーガー
11着 シェルビー


フローラS2017結果・動画│モズカッチャンの勝因、ホウオウパフュームの敗因は?


4月23日に東京競馬場で行われたフローラステークス(GII/芝2000m)は、12番人気のハービンジャー産駒モズカッチャン(牝3)が粘るヤマカツグレース(牝3)をおさえて重賞初制覇を果たした。

1番人気のホウオウパフュームは馬群に沈み、8着だった。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。


レース映像・動画

フローラステークス映像はこちらから(※JRA公式サイト→レース結果→重賞レース結果のページでご覧いただけます)

結果・着順

2017年 4月23日(日) 2回東京2日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第52回サンケイスポーツ賞フローラS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牝)(国際)(指定) 芝 2000m 18頭立

馬名S性齢
1モズカッチャン牝312
7ヤマカツグレース牝310
14フローレスマジック牝32
6タガノアスワド牝33
16レッドコルディス牝311
13アロンザモナ牝315
9アドマイヤローザ牝34
5ホウオウパフューム牝31
11ビルズトレジャー牝39
1015ニシノアモーレ牝313
112ザクイーン牝35
123キャナルストリート牝38
138ドリームマジック牝314
1412ディーパワンサ牝36
154レッドミラベル牝37
1618ピスカデーラ牝317
1717ラユロット牝316
1810メイショウササユリ牝318

LAP 13.0-12.1-12.0-11.8-12.6-12.8-12.3-11.5-11.2-12.0
通過 37.1-48.9-61.5-74.3
上り 72.4-59.8-47.0-34.7
平均 1F:12.13 / 3F:36.39

レース分析

端的に言えば「スローペースの位置取り、枠順決着」となった。

13.0-12.1-12.0-11.8-12.6-12.8-12.3-11.5-11.2-12.0

前半1000mの通過は61.5秒。後半は59.8秒だから、2秒近い差がある展開になった。これでは、後続は届かない。上位の馬たちの通過順と枠順を見てみると……


馬名S通過順位
1モズカッチャン 07-07-08
7ヤマカツグレース  02-02-02
14フローレスマジック  03-03-03
6タガノアスワド  01-01-01
16レッドコルディス 11-11-09
13アロンザモナ 04-06-06

といった具合だ。内枠に入る、もしくは外枠ながら先行したり、内に潜り込んだ馬たちが上位に入った。

ホウオウパフュームなど、位置取りを悪くして直線に懸けた馬たちは軒並み伸びず。単純に、そういうレースだったということで割り切っていい。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 モズカッチャン

1枠1番の人気薄が1着になるというのが、このレースの本質を示していたように思う。確かにややなめられすぎの感はあったが、それにしてもペースと枠順に恵まれた結果。例えば枠が少しでも外であったなら、違った結果になっていただろう。

ハービンジャー×キングカメハメハという配合なので距離が伸びる分には問題ないだろう。ただし、単純な実力という意味でオークスでは苦戦を強いられることは必須と思われる。

2着 ヤマカツグレース

同じく枠順と展開がかなり見方した。同じハービンジャー産駒のモズカッチャンとのワンツーということで何らかのバイアスがきいたかもしれない、ということは考えられる。逆にいうと、それくらい恵まれないと今後好走するのは厳しいということ。

3着 フローレスマジック

外枠というハンデがありながら、先行策を取ったことが結果として吉と出た。

サトノアラジンやラキシスの全兄弟ということで、血統的な期待がかかる馬だ。ただし、兄弟を見てみると、どうしても晩成型という感は否めない。ラキシス、サトノアラジン、サトノケンシロウともに春のクラシックには間に合わず、秋や古馬になってから本格化した馬だ。

この馬もまだまだ未完成。本格化は先で、オークスでも簡単ではないと考えたほうがいいだろう。優先出走権を獲得した3頭の中では、一番可能性がありそうだが……。

4着 タガノアスワド

同じく先行策をとったことでかなり恵まれた。ネオユニヴァース産駒は東京や重賞における期待値の高くない馬だけに、頑張ったとは言えるが、逆にこれだけの展開で粘れななかったことがこの馬の実力を示しているとも考えられる。次、過剰な人気になるなら、考えたほうがいいだろう。

5着 レッドコルディス

大外枠でコーナーも外外を回ったということを考えれば、この順位は立派といえるかもしれない。前走もスローペースの位置取り決着に悩まされただけに、ある程度ペースが流れるレースになれば十分にチャンスがありそう。


ハーツクライ産駒ということもあり、まだまだ成長を期待できる馬だろう。

6着 アロンザモナ

この展開でこの着順だと厳しい。

7着 アドマイヤローザ

位置取りの差。見直し可。

8着 ホウオウパフューム

率直に言えば、展開としては仕方なかった。ただし、やや不満の残る内容だった感は否めない。スタートは非常によかったし、多少押していってポジションを取ろうと思えば取れたはずだ。しかし、田辺裕信騎手は馬に任せてポジションを下げ、結果として展開に恵まれなかった。直線でもかなり窮屈な競馬を強いられた。

もちろん展開や馬場は言い訳にできる要素だが、圧倒的一番人気で内枠に入ったのであればもっと積極的な競馬をしてもよかったのではないか? 今までの競馬を見ても33秒台の脚を使ったことがないし、血統的に見てもハーツクライ×キングマンボは明らかに重く、瞬発力勝負には向いていない。

例えば半兄のジューヴルエールも、父ディープインパクトながら全く切れるタイプの馬ではなかった。この馬もそうだろうし、だとしたら、この競馬では厳しい。

本質的にはスタミナを生かして台頭できるタイプなので、もっと積極的な競馬をしたいし、タフな条件での巻き返しが期待される。

9着 ビルズトレジャー

位置取りの差。見直し可。

10着 ニシノアモーレ

位置取りの差。見直し可。

11着 ザクイーン
12着 キャナルストリート
13着 ドリームマジック
14着 ディーパワンサ
15着 レッドミラベル
16着 ピスカデーラ
17着 ラユロット
18着 メイショウササユリ


(C)arima0208

4月22日に福島競馬場で行われた福島牝馬ステークス(GIII/芝1800m)は、3番人気のオンファイア産駒ウキヨノカゼ(牝7)が直線で一気に末脚を伸ばし、追いすがるフロンテアクイーン(牝4)や武豊騎手騎乗の1番人気クインズミラーグロ(牝5)らをおさえて優勝した。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。


レース映像・動画

福島牝馬ステークス映像はこちらから(JRA公式サイトより)

結果・着順

成績・2017年1福5/11R 福島牝馬S
2017年 4月22日(土) 1回福島5日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
4歳以上・オープン・G3(別定) (牝)(国際)(指定) 芝 1800m 16頭立

馬名S性齢斤量
6ウキヨノカゼ牝7543
8フロンテアクイーン牝4544
9クインズミラーグロ牝5541
3デンコウアンジュ牝4548
15リーサルウェポン牝65416
1ギモーヴ牝45410
13クロコスミア牝4542
7トウカイシェーン牝45413
10エテルナミノル牝4547
1014ロッカフラベイビー牝5546
1111ブリガアルタ牝4549
122ハピネスダンサー牝65412
1316タマノブリュネット牝55414
145ウインファビラス牝4545
1512ペイシャフェリス牝65411
164ウエスタンレベッカ牝75415

LAP 12.4-11.1-11.4-12.0-12.0-11.8-11.8-12.1-12.2
通過 34.9-46.9-58.9-70.7
上り 71.9-59.9-47.9-36.1
平均 1F:11.87 / 3F:35.60

レース分析

結論から言うと、展開がとてもカギを握るレースになった。

12.4 – 11.1 – 11.4 – 12.0 – 12.0 – 11.8 – 11.8 – 12.1 – 12.2
前後半800m=46.9−47.9

ウエスタンレベッカがハナに立ち、レースを引っ張ったことでペースは流れた。前後半800mの比較を見ていただくと、分かりやすい。前後半で1秒以上違い、前半のほうが厳しいペースだったことが分かる。

特に牝馬限定重賞はスローペースになりがちであるものの、今回は展開が早く、厳しいレースになった。力が問われる展開になったし、先行していた馬たちは厳しかった。上位3頭の通過順を見ていくと……


ウキヨノカゼ 12,12,11,11
フロンテアクイーン 8,8,9,7
クインズミラーグロ 15,14,13,11

というように、前半は後方に待機していた馬ばかりだった。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ウキヨノカゼ

3、4コーナーでもかなり後ろの位置取り、やや外に出すのももたついたため、どうかと思ったが、最後は鋭い脚を披露して差し切った。この馬にとってはある意味、理想的な展開に。また、血統もよかったと考えられる。(詳細は別途)

2着 フロンテアクイーン

1、3着馬より前々で競馬を進めたが、最後は勝ち馬の末脚に屈した。ウキヨノカゼは最後の直線にかけるタイプのため、差し比べではどうしても分が悪くなってしまった。

3着 クインズミラーグロ

勝ち馬と同じような競馬だったが、叩く合いで敗れる形に。ウキヨノカゼに比べると強烈な末脚を持っているわけではないだけに、悲観するような内容ではなかった。ただ、展開や条件がハマったのも事実。

4着 デンコウアンジュ

早めのまくりが結果として仇になってしまった。いい感じでレースを進めていただけに、仕掛けが早かった感は否めない。また、福島らしく、母系のニジンスキーの血がきいた感も。もう少し展開がハマれば上位を崩してもおかしくなかった。

5着 リーサルウェポン

上位に入った馬の中では一番苦しい競馬をしていた。最低人気ながら奮闘。

6着 ギモーヴ

展開がハマったし、この馬もニジンスキー持ち。やや恵まれた感があるため、次人気なら考えたほうがよさそう。

7着 クロコスミア

終始前々で競馬し、展開が厳しすぎた。ノーカウントと考えて良さそう。

8着 トウカイシェーン

9着 エテルナミノル

10着 ロッカフラベイビー

さすがに外外を周りすぎたか。


11着 ブリガアルタ

12着 ハピネスダンサー

13着 タマノブリュネット

14着 ウインファビラス

直線前詰まる。ノーカウント

15着 ペイシャフェリス
16着 ウエスタンレベッカ

 


アルアインの血統や次走、将来性は?皐月賞馬になれた理由

(C)Horse Race Photo Studio

大波乱の主役になったのは、この馬だった。

4月16日に行われた3歳牡馬クラシック初戦の皐月賞(芝内回り2000m)に挑んだディープインパクト産駒のアルアイン(牡3)は9番人気の低評価を覆して1着でゴール板を駆け抜けた。1番人気のファンディーナ(牝3)、2番人気のカナデ(牡3)ら、人気馬は馬群に沈んだ。

アルアインの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

ディープインパクト
ドバイマジェスティ
母の父EssenceofDubai
母の母GreatMajesty
性別
馬齢3 歳
生年月日2014年5月1日
毛色鹿毛
馬主(有)サンデーレーシング
調教師池江泰寿(栗東)
生産牧場ノーザンファーム
産地安平町
馬名意味UAE東部にある遺跡群で、ユネスコ世界遺産。アラビア語で泉の意

血統評価は?

さすがディープインパクト、さすがディープインパクト産駒、という結果になった。

もっとも、正直なところ、かなり意外な結果になった。

というのも、ディープインパクト×ボールドルーラー系という組み合わせは今までほとんど重賞戦線で活躍できていなかったからだ。

レース名馬名着順人気
皐月賞G1アルアイン9
毎日杯G3アルアイン2
中山牝馬HG3リーサルウェポン1516
弥生賞G2サトノマックス6
愛知杯HG3リーサルウェポン119
シンザンG3アルアイン2
府中牝馬G2リーサルウェポン12
オータムHG3リーサルウェポン12
関屋記念G3リーサルウェポン1017
福島牝馬G3リーサルウェポン105
中山牝馬HG3リーサルウェポン125
京都牝馬G3リーサルウェポン1010
共同通信G3ハートレー1
愛知杯HG3リーサルウェポン5
ホープフG2ハートレー3
フラワーG3リーサルウェポン8
弥生賞G2トーセンワープ1212
フィリーG2サクセスセレーネ1611

集計期間:2012. 3.11 ~ 2017. 4.16

重賞ウィナーはハートレーのみ。他にはリーサルウェポンが愛知杯で馬券になったくらいだ。さらにハートレーにしても、勝ったのは2歳重賞のホープフルステークス。要するに、3歳以降の重賞で勝った馬はいなかった、ということになる。

もっとも、母系の実力が確かだったことも事実ではある。

母ドバイマジェスティはBCフィリー&メアスプリント(米GI/ダ7F)の勝ち馬で、アメリカの牝馬におけるチャンピオンスプリンターに輝いた実績を持っている。


母がボールドルーラー系、ダートGI馬ということで分かる通り、スピードの持続力に優れた血統をしている。事実、この馬、ディープインパクト産駒にも関わらず、上がり33秒台の脚を使ったことが一度もない。スパッと切れる、というよりいかに持続的な脚を使うか。それがアルアインの生命線になる。

そういう意味で今回はハマったレースだった。高速馬場で前が止まらず、長く脚を使って押し切れるシチュエーションだった。反対に瞬発力型の馬たちにとって、厳しすぎる馬場だったのだ。

なお、前述のハートレーが勝った舞台も、中山芝2000mだった。これは決して偶然ではないだろう。

次走は?

皐月賞を制したということで、当然ながら次走は日本ダービーということになるだろう。

ここで負けていればNHKマイルカップという選択肢もあったが、今となっては周りが許さないはず。

もっとも、ダービーで通用するかというと、かなり疑問符がつく。

前述の通り、今回の皐月賞はかなり持続力が問われるレースだった。一方、ダービーはある程度瞬発力が問われる馬場になるのが通例となっている。東京の長い直線で33秒の脚を使えなければ、上位進出は厳しい。

アルアインがこの試練を乗り越えられるのか、興味深いところだが、血統的な観点から見ると、不安を持たざるをえない……という判断が妥当だろう。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る