カテゴリー:回顧

フラアンジェリコの血統や今後は?京成杯オータムハンデ1着馬を徹底検証

(C)Ko−Mei

9月13日に中山競馬場で京成杯オータムハンデキャップ(GIII/芝1600m)が開催され、11番人気のフラアンジェリコ(牡7)が豪快な差しきり勝ちを収めて大波乱を演出した。

最後方付近に待機して直線でも前が開かない場面がありながら、馬群をぬって1着でフィニッシュ。2、3着にも人気薄のエキストラエンドとヤングマンパワーが入ったため、3連単は222万円という大波乱となった。

フラアンジェリコの血統や今後はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

フラアンジェリコは父ネオユニヴァース、母カーリーエンジェル、その父ジャッジアンジェルーチという血統。

父のネオユニヴァースは皐月賞馬。種牡馬としてもアンライバルドやヴィクトワールピサといった皐月賞馬を輩出している“中山巧者”として知られている。

注目したいのが超一流の母系だ。母母にダイナカールを持っていて、母のカーリーエンジェルはオレハマッテルゼらを輩出。近親にドゥラメンテやルーラーシップなどがいる日本屈指の名門一家に属している。血統レベルはGI級であるため、人気薄ながら重賞を勝ったことも納得といったところだ。

フラアンジェリコは昨年秋の福島記念でも13番人気2着と大穴を空けている。小回りで差し馬に向いた流れになったときに力を発揮するのだろう。

【次のページヘ】飛躍の可能性は?今後も●●●●重賞が現実的?

ページ:

1

2

クインズミラーグロの血統や将来性は?紫苑ステークス1着馬を徹底検証


9月12日に中山競馬場で紫苑ステークス(OP/芝2000m)が開催され、8番人気のマツリダゴッホ産駒クインズミラーグロが差しきり勝ちを収めた。

道中、中団に待機すると、最後の直線で末脚を伸ばして1着でゴール板を駆け抜けた。

クインズミラーグロの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

クインズミラーグロは父マンハッタンカフェ、母ジャストトゥートゥー、その父In Excessという血統。

現3歳世代はマンハッタンカフェ産駒が“当たり年”。ルージュバックがオークスで2着になった他、アースライズ、クイーンズリング、シングウィズジョイなど、活躍馬が数多く出ている。

※参照→マンハッタンカフェ産駒はオークスで勝てるのか?GI馬の共通点を紐解く

クインズミラーグロはルージュバックらに続き、クラシック制覇へ名乗りを上げたことになる。

母のジャストトゥートゥーは米国産馬。繁殖牝馬としてはJRAで4勝を挙げたケイアイヘルメスを輩出している。ただし、近親に重賞戦線で活躍している馬が少なく、スケール感としては微妙といえる。

次は当然、秋華賞へ歩みを進めるはずだが、果たして好走の可能性はあるのだろうか? 次のページで探っていくことにしよう。

【次のページヘ】秋華賞での激走の可能性は?

ページ:

1

2

ロードクエストの血統や将来性は?新潟2歳S1着馬にジャスタウェイらとの共通点


8月30日に新潟競馬場で新潟2歳ステークス(GIII/芝外回り1600m)が開催され、1番人気のマツリダゴッホ産駒ロードクエスト(牡2)が圧巻の勝利を収めた。

1枠2番からスタートすると、道中では後方に待機。直線に入ると抜群の手応えで先頭に立ち、2着に0.7秒差をつける衝撃の走りを披露した。

ロードクエストの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

ロードクエストは父マツリダゴッホ、母マツリダワルツ、その父チーフベアハートという血統。

マツリダゴッホは現役時代に有馬記念を制したグランプリホースだが、クラシックや東京競馬場のGIとは縁がなかった。よって、どちらかというと地味な存在ということができる。

種牡馬としてはアルマワイオリやウインマーレライ、クールホタルビといった活躍馬を出しているが、ここまでのパフォーマンスをする産駒が出たのは初めてのことだろう。

同産駒の成功配合として、「母系にダンジグの血を持っていること」が上げられる。前述のアルマワイオリが母父ピルサドスキー(ダンジグ系)、ウインマーレライが母父フサイチペガサス(その母父ダンジグ)という血統構成をしている点を見ると明らかだろう。ロードクエストは母父がダンジグ系のチーフベアハート。成功配合に合致している。

近親に活躍馬がいない点は心もとないが、あのパフォーマンスを見ると、血統云々の前に競走馬としてのレベルが突出していると判断していいだろう。

【次のページヘ】ジャスタウェイらが該当!新潟2歳S上がり最速馬の“その後”って?

ページ:

1

2

サプルマインドの血統や将来性は?新馬戦で示した名馬級パフォーマンスの根拠


8月23日に新潟競馬場で行われた新馬戦(芝1600m)で1番人気のディープインパクト産駒サプルマインド(牝2)がデビュー勝ちを収めた。

道中で中団につけて直線に入ると、ミルコ・デムーロ騎手のゴーサインに反応して秀逸な末脚を披露。上がり32秒台で駆け抜け、1着となった。

サプルマインドの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

サプルマインドは父ディープインパクト、母シリアスアティテュード、その父Mtotoという血統。

母のシリアスアティテュードは2歳でチェヴァリーパークステークス(英GI/芝1200m)を勝ち、4歳時にもカナダのニアークティックステークス(GI/芝1200m)を勝ったスプリンターだ。

ディープインパクトは母系の良さを引き出す種牡馬で、スピード能力に優れた短距離系牝馬との相性がとてもいい。“成功配合”に合致していると言っていいだろう。

さらに母母父がダンジグ系のケープクロスというのも心強い。ディープインパクトはダンジグとも相性がよく、ジェンティルドンナ、ミッキーアイル、フィエロといった大物が出ている。先日、札幌記念を勝ったディサイファも母母父はダンジグだった。

母がスプリンターに加えてダンジグの血が入っているなら、まさに“鬼に金棒”といったところ。成功する可能性を秘めた血統と言っていいだろう。

【次のページヘ】新馬戦で見せた秀逸なパフォーマンスとは?

ページ:

1

2

武豊騎手の騎乗ぶりが最高だった2つの理由とは?北九州記念制覇の理由を紐解く

(C)arima0208

天才の手綱さばきが光ったレースだった――。

8月23日に小倉競馬場で北九州記念(GIII/芝1200m)が開催され、2番人気のサクラバクシンオー産駒ベルカント(牝4)が押し切り勝ちを収めた。同馬はサマースプリントシリーズで連勝を飾ったわけだが、その影に武豊騎手の存在があったことを忘れてはならない。

名手は以下にしてベルカントを1着に導いたのか? 改めて振り返っていこう。

逃げないという判断

レース前、ベルカントはハナを主張する可能性が高いと見られていた。2枠3番という逃げやすい枠順、キャリアを通じてほとんどが逃げか2、3番手の競馬をしていること、そして前走アイビスサマーダッシュで1000mの競馬を経験したことなど、「逃げるだろう」と考える根拠はいくつもあった。

そんな中、武豊騎手は「逃げない」という選択をした。

好スタートを切ると無理に押していかずに馬なりで追走し、先頭から離れた5番手につけた。ベルカントが先団にとりつかない競馬をするというのはかなり珍しい。

しかしこの判断こそ、ベルカントが重賞連覇を果たした最大の要因になったと考えられる。

【次のページヘ】武豊騎手の馬場読みの正確さが勝利を導く?

ページ:

1

2 3

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る