カテゴリー:回顧

リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る

(C)kenji

ドゥラメンテの二冠達成で幕を閉じた、第82回日本ダービー。

“怪物”と双璧をなす人気に支持されたリアルスティールは4着に敗れ、栄光をつかむことはできませんでした。

なぜ、リアルスティールは頂点に届かなかったのでしょうか? その原因を探っていきましょう。

血統的にはこれからが本番

リアルスティールは父ディープインパクト×母父ストームキャットという配合をしています。この組み合わせはキズナやラキシスといったGⅠ馬を輩出している、近年のトレンドです。

ただ、キズナこそダービーで優勝しましたが、母父ストームキャットという広いくくりで見ると、ラキシスやロードカナロアのように古馬になってから輝き出す馬も少なくありません。

血筋からすると、まだまだ成長の余地を残しています。一方でドゥラメンテはクラシック一族です。

(●詳細→ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血

現時点での完成度で差が、勝者と敗者を分けた要因の一つだと考えられるわけですね。

末脚勝負に活路を求めるも展開に恵まれず

皐月賞ではドゥラメンテより前にポジションを取っていたリアルスティールですが、ダービーでは位置取りが逆になりました。

リアルスティールはこれまでに2回、上がり3ハロン33秒台を計測しています。

そして、そのうちの1回は12頭立ての7、8番手を追走したスプリングステークスで33秒6。18頭立ての13番手を追走した、まさにダービーと同じような位置取りです。

今回はこのタメるとキレる脚を直線の長い東京コースで活す算段でしたが、展開が向いてくれませんでした。

最初の1000mこそ58秒8というハイペースだったものの、その後の4ハロンは12秒台。ペースが落ち着いたことで、中団勢に有利な流れになってしまったのです。

その上でドゥラメンテに33秒9という脚を使われてしまっては、もはや為す術がありません。

ダービーの屈辱は秋への光明

ただし不向きの展開を乗り越えて4着に滑り込んだのですから、やはり高いポテンシャルを持っていることは明らかです。

そして気になる秋の路線。

同じ配合の先輩キズナは凱旋門賞4着、ラキシスはエリザベス女王杯2着(翌年同レースで優勝)など古馬相手に大健闘していますから、ひと夏越えた秋にどんな姿をみせてくれるのか、本当に楽しみでなりません。

【関連記事】
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
堀厩舎旋風!ドゥラメンテを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?
英紙「ドゥラメンテはオルフェーヴルに次ぐ日本のスターになれる」
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力


怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?

(C)Yusuke Tsutaya

圧巻のパフォーマンスを見せた皐月賞から一転、王道の競馬で世代の頂点に立った。

5月31日に行われた第82回東京優駿・日本ダービー(GI/東京芝2400m)でドゥラメンテ(牡3)が勝利し、2冠を達成した。オルフェーヴル以来、史上23頭目の2冠馬となった。

ドゥラメンテはなぜダービーを制すことができたのか? 要因を探っていこう。

超一流の血統背景

まず世代の頂点に立つにふさわしい血統背景を持っていたことが大きい。

母アドマイヤグルーヴはエリザベス女王杯を連覇した名牝。3歳春のクラシックでは桜花賞で3着となっている。母母エアグルーヴはオークス馬、さらに母母母ダイナカールもオークス馬という超一流の血統背景を持っていた。

詳しくは以下のコラムを参照してほしい。

ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血

日本で屈指の超名門牝系の血が流れていたからこそ、世代の頂点に立つことができたのだ。

皐月賞以上の圧巻のパフォーマンス

ドゥラメンテといえば皐月賞での圧巻のパフォーマンスが思い出される。4コーナーで外に振られながら、33秒9の末脚で前の馬たちをゴボウ抜きにしたのだから、印象に残るはずだ。

ただし、ドゥラメンテが驚異的な走りを見せたのは皐月賞だけではない。

むしろ、注目したいのは未勝利戦と500万条件のセントポーリア賞だった。

いずれも舞台は東京芝1800m。ドゥラメンテは未勝利戦で2着に1秒差をつける1分47秒5で快勝すると、セントポーリア賞では驚異の1分46秒9で5馬身差の圧勝劇を演じた。

1分46秒9は現3歳世代が2歳〜3歳3月までの間に記録した1800mのレコードに0.1秒差に迫る秀逸なタイムだ。ちなみにレコードホルダーはクラリティスカイ。ご存知の通り、NHKマイルカップを制したGIホースである。

●詳細→クラリティスカイ、NHKマイルカップ制覇の背景にある3つの勝因とは?

皐月賞のパフォーマンスばかりに焦点が当てられるが、未勝利や500万条件の時から破格の走りを見せていたのだ。

王道の競馬、ハマった展開

レース展開もドゥラメンテに味方した。

ミルコ・デムーロ騎手はスタートからある程度前の位置取りを取りに行き、1コーナーで8番手につけた。リアルスティールは同13番手、サトノクラウンは同14番手、レーヴミストラルが同10番手だったため、有力馬の中で最も前にポジションを取ったことになる。

最後の直線では満を持して追い出されると、ぐんぐん加速。上がり2位の末脚でサトノラーゼン以下をねじ伏せた。

中団より前の位置取りにつけて最後の直線で上がり5位以内の末脚を使ってまとめるのが現代における“王道の競馬”だ。ドゥラメンテはまさに王道の競馬でダービーをとったことになる。

ペースも彼に味方した。

12.7 – 10.9 – 11.8 – 11.7 – 11.7 – 12.5 – 12.5 – 12.4 – 12.4 – 11.9 – 11.0 – 11.7

ご覧のとおり、スタートしてから2〜5ハロン目まで11秒台のラップを刻んだ。1000m通過は58秒台。これだけペースが流れると、前に行く馬は厳しい。

一方、6ハロン目から9ハロン目までは12秒台中盤で推移している。途中からペースが緩んだわけだから、後ろからいって末脚にかける馬にとっても厳しい展開となった。

つまり、好位につけた馬が最も有利な展開となったわけだ。実際、ドゥラメンテは4角7番手、サトノラーゼンも同じく4角7番手だった。

抜きに出た実力に加えて展開も向いたのだから、彼が2冠目を制したのは“必然”だったのだ。

いざ、秋の飛躍へ

2冠馬となったドゥラメンテだが、決して早熟馬というわけではない。

むしろダイナカールの系統は古馬になってから力をつける傾向にある。エアグルーヴはご存知の通り天皇賞秋で牡馬たちを一蹴し、年度代表馬に輝いた名牝だ。

近親のルーラーシップは古馬になってから本格化したし、フォゲッタブルも力をつけたのは3歳の夏を超えてからだ。

つまり、ドゥラメンテにはまだまだ伸びしろがある。むしろポテンシャルの高さだけで2冠を制したようなものなのだから、どんな馬になっていくのか、計り知れない部分が大きい。

秋は凱旋門賞に挑戦するのか、3冠を目指すのか、それとも古馬の王道路線を歩むのか、興味は尽きない。

どんな道を歩むにしても、これからしばらく、日本の競馬界がドゥラメンテを中心に回っていくことは間違いないだろう。

【関連記事】
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
堀厩舎旋風!ドゥラメンテを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?
英紙「ドゥラメンテはオルフェーヴルに次ぐ日本のスターになれる」
サトノアラジンの血統や将来性は?エプソムカップでエイシンヒカリと対戦へ
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力


レッツゴードンキがオークスで惨敗したワケ〜血と展開と桜花賞のしわ寄せ〜

(C)kenji

2冠の夢は府中の直線の半ばで潰えた。

桜花賞で4馬身差の圧勝劇を演じたレッツゴードンキ(牝3)は1枠1番の絶好枠から2つ目のタイトルを目指した。道中、番手につけて直線で満を持して追い出したが、伸びきることはできず、10着に終わっている。

なぜ、レッツゴードンキは大敗したのか。その原因を探っていこう。

ブラッドスポーツ故の「血」が及ぼす影響

レッツゴードンキは父のキングカメハメハより母のマルトクの特性を引き継いでいると考えられる。

母マルトクはダートの短距離で活躍した。主に1200mを主戦場とし、勝ったレースの中で最も距離が長かったのは1400mだった。明らかにスプリンター色が強い。桜花賞制覇後、オークスではなくNHKマイルカップへ進む選択肢が浮上したのは、距離不安があったからに他ならない。

2400mのオークスで上位に入るために必要なスタミナを持ち合わせていなかったわけだ。

はまらなかった展開

レースラップを振り返ると、違った理由も見えてくる。

12.5 – 10.6 – 12.5 – 13.0 – 12.7 – 12.6 – 12.5 – 11.9 – 11.9 – 11.3 – 11.6 – 11.9

1000m通過は1分1秒3とスローペースで流れた。しかし、1400mを通過した時点でペースは徐々に上がりはじめ、1600m以降は11秒台をコンスタントに叩いている。

後半の5ハロン(1000m)がずっと11秒台だったことが何を意味するのか。答えは簡単で、スタミナを要求されるレースになったということだ。

残り3ハロンまでスローペースで流れ、最後の直線で「ヨーイドン」となった場合、脚を溜められる時間が十分にあるため、あまりスタミナを求められない。一方、1000m以上継続的に脚を使わなければならない場合、スタミナのない馬はバテてしまう。

レッツゴードンキは11秒台の脚を使い続けられるスタミナがない。中盤からのペースアップが、彼女にとって不利に働いたことは想像に難くないわけだ。

逃げのしわ寄せ

もう一つ指摘したいのが、「チューリップ賞、桜花賞での逃げ切り勝ちの反動」である。

チューリップ賞と桜花賞ではハナを切った。結果、どちらのレースでも他馬からプレッシャーをほとんど受けることなく、気持ちよく逃げられた。そして、馬券に絡むことに成功している。

一方、オークスでは最内枠から出走し、道中では5、6番手に位置取った。そうなると、馬群に揉まれてしまうし、自分のペースで走ることができない。前走、前前走で気持ちよく逃げている馬にとって、相当のストレスだったことは想像に難くない。実際、道中はかかり通しでリズムを掴むことができなかった。

逃げてタイトルを獲得したことによる“反動”があったのは間違いないだろう。

見限りにはまだ早い

以上のように、血統、展開、逃げの反動という“三重苦”によって樫の女王のタイトルを取り逃してしまったわけだ。すべてがハマった桜花賞に比べると、いろいろな面でうまくいかなかった。

よって、オークスの惨敗により「桜花賞はフロック」とする風潮には違和感を覚える。

レッツゴードンキにGI級の力があることは間違いない。ごまかしが効かない阪神芝外回り1600mのGIで2回も好走している。実力がなければできない芸当だ。今回の失敗がいいガス抜きとなれば、秋に巻き返してくる可能性は十分に考えられる。

オークスではハマらなかった。しかし、凡走した背景には必ず理由がある。その理由を考えれば、引き続き活躍を期待していい馬であることに疑いの余地はないのだ。

【関連記事】
ダサいなんて言うな!レッツゴードンキの真の強さと岩田康誠騎手の判断力
ミッキークイーンが樫の女王に輝けた4つの要因とは?
GI級の大器!ミッキークイーンがオークスで人気になるワケとは?
角居勝彦厩舎の苦戦…“世界のSUMII”に何が起こったのか?
彼女と競馬デートを成功させる秘訣って?必勝法3ステップ


ミッキークイーンが樫の女王に輝けた4つの要因とは?

(C) Yusuke Tsutaya

最後の直線で巻き起こった見応えある叩き合いを制したのはミッキークイーン(牝3)だった。

5月24日に東京競馬場で行われた優駿牝馬オークス(GI/芝2400m)で1番人気のルージュバックらを破り初制覇を飾った。

なぜ、ミッキークイーンはクラシックを勝つことができたのか? 今回は4つの視点から、彼女が樫の女王に上り詰めた要因を探っていく。

要因① 示していたGI級の素質

まず、ミッキークイーンはキャリアの中でGI級の素質を持っていることを示していた。詳しくは以下の記事を参照してほしい。

GI級の大器!ミッキークイーンがオークスで人気になるワケとは?

前残りの展開の中、ただ1頭、秀逸な末脚を見えた新馬戦、輸送に失敗しながら2着に激走したクイーンカップなど、見どころのあるレースが多かった。彼女のキャリアを振り返れば、オークスで好走したのがフロックではないことは明らかなのだ。

要因② 春の牝馬クラシックにめっぽう強い血

血統面も彼女を後押しした。

父のディープインパクトは春の牝馬クラシックにめっぽう強い。桜花賞は昨年まで5連覇を達成し、今年はクルミナルが2着に入った。

オークスでもジェンティルドンナを筆頭に、3年連続で好走馬を出していた。(今年で4年連続。)偉大な父の血が、ミッキークイーンを後押ししたわけだ。

さらに母系も良かった。母のミュージカルウェイは欧州の重賞を3勝している。また兄弟のトーセンマタコイヤらはJRAで活躍中。GIで好走できるポテンシャルを秘めた血統だったわけだ。

オークス(2015年)ミッキークイーン良血度診断!全兄トーセンマタコイヤ

要因③ 克服した輸送という課題

「GI級の素質」、「オークスに合った血統」という2つのポテンシャルを持つことに加え、課題を克服したことも栄冠をつかむ要因の一つとなった。

彼女の一番の課題は輸送だった。初めて輸送を経験したクイーンカップではマイナス20キロと、大幅に馬体を減らしていた。

ところが今回は輸送があったにもかかわらず、プラス体重となる430キロで出走できた。輸送という課題をクリアし、万全の状態でレースに臨んだことで最高のパフォーマンスを示すことができたわけだ。

要因④ 巧みだった浜中騎手の手綱さばき

鞍上の的確な手綱さばきにも注目したい。

ミッキークイーンの枠順は5枠10番、二桁馬番だった。一歩間違えれば外外を回り、距離をロスして直線で余力を残せない、といった競馬になりかねない。彼女の場合、スタートが速くないため、位置取りが後ろになりすぎる懸念もあった。

そんな中、浜中騎手はスタートからある程度押してポジションを取りに行った。加えて、なるべく外を回さずに内に入れていった結果、内ラチから2頭目のポジションを取ることができた。理想的な位置取りとポジションで競馬を進められたことが直線における爆発的な末脚を呼び込んだ。

また、先行したルージュバックを目標にしたことも、勝利を手繰り寄せる要因になったと考えられる。

まとめ

以上のように……

・GI級のポテンシャルの高さ
・大物になれる可能性を秘めた血統
・課題の克服
・鞍上の好騎乗

こういった要因が重なり、ミッキークイーンはGI初制覇を達成できたのだ。

爆発的な末脚を持ち、マイルから2400mまで幅広い距離をこなせる。血統を見ても「ただの早熟馬」で終わる可能性はほとんどない。

そう考えると、秋以降も活躍してくれることは間違いなさそうだ。樫の女王に輝いたクイーンはどんなキャリアを重ねていくのか。注目して見守りたい。

【関連記事】
GI級の大器!ミッキークイーンがオークスで人気になるワケとは?
オークス(2015年)ミッキークイーン良血度診断!全兄トーセンマタコイヤ
角居勝彦厩舎の苦戦…“世界のSUMII”に何が起こったのか?
ウインバリアシオンが青森で種牡馬入り決定も…待ち受ける厳しい現実
彼女と競馬デートを成功させる秘訣って?必勝法3ステップ


ヌーヴォレコルトは次走が最大の狙い目?ヴィクトリアマイルの敗因を紐解く

(C) Yusuke Tsutaya

GI戦線で馬券に絡み続け、前走の中山記念で牡馬を一蹴したヌーヴォレコルト(牝4)。5月17日に行われたヴィクトリアマイル(GI/芝1600m)では1番人気に支持された。

しかし、前にいったストレイトガール(牝6)やケイアイエレガント(牝6)を捉えることができず、6着に敗れ去った。

なぜヌーヴォレコルトはキャリアで初めて掲示板を外すことになったのか? 敗因に迫っていこう。

想定された不安

ヌーヴォレコルトにはレース前から不安要素がいくつかあった。詳しくは以下の記事を読んでいただきたい。

ヌーヴォレコルトがヴィクトリアマイルで危険視される理由とは?

上記の記事をまとめると……

・1番人気の期待値が低いハーツクライ産駒
・器用さはあるが絶対的な決め手がないこと

以上の不安がモロに的中したレースとなった。彼女は予想通り単勝2.2倍という圧倒的な1番人気に支持された。人気に支持されたことで明らかに“受け身”になってしまったわけだ。さらに詳しくは次章で書くが、決め手の無さが結果に直結してしまった。

4コーナーを回った時点でヌーヴォレコルトは勝ち馬のストレイトガールと1馬身差しかなかったが、ゴール板では0.6秒差をつけられている。決め手のない彼女にとって、決め手を求められる展開となったことは辛かった。

最大の敗因はスピード決着

ヴィクトリアマイルはスピード競馬になった。

勝ったストレイトガールはスプリンターズステークスや高松宮記念、そして香港スプリントで3着以内に入った経験を持つスプリンターだ。さらに2着のケイアイエレガント、3着のミナレットも1400m以下のレースで好走した実績を持っている。

さらに各馬の上がりを見てみると、1位のディアデラマドレはなんと32秒8の末脚を使っている。2位のスマートレイアーは32秒9、3位のストレイトガールは33秒フラットだった。

つまり、スプリンターが台頭するようなスピードレースなったわけだ。

ヌーヴォレコルトは桜花賞3着の実績を持っている。しかし、渋った馬場の中山記念で牡馬を一蹴したように、本質的にはスタミナ型の中距離馬だ。オークスを制し、秋華賞やエリザベス女王杯で連対を確保していることからも明らかだろう。(秋華賞やエリザベス女王杯で“ちょい負け”しているあたりが、いかにもスタミナ型らしい)

スタミナ型の中距離馬にとって、「スピードが求められるマイル戦」という舞台設定は酷だった。彼女の上がりタイム「33秒5」は、キャリア最速である。よく頑張ったし能力の高さは示した。しかし、いかんせ適正が全く合わなかった。

それがヌーヴォレコルトに対する正当な評価ではないだろうか?

【次のページヘ】次走が最大の狙い目!? その理由とは?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る