カテゴリー:予想・考察・回顧

ゴールドシップが宝塚記念で僕たちに教えてくれた3つのこと

(C)masakin0712

宝塚記念で3連覇を狙ったゴールドシップとファンたちの夢は、ゲートが開いた瞬間に潰えた。

6月28日に阪神競馬場で行われた宝塚記念(GI/芝内回り2200m)で1.9倍の支持された“芦毛の怪物”はゲートで大きく立ち遅れたことが原因でブービーの15着に終わった。

ある意味“彼らしい負け方”だったわけだが、馬券的にも競馬というスポーツを見る上でもゴールドシップが教えてくれたものはたくさんあった。

そう感じられる宝塚記念だったのではないだろうか?


出遅れるリスクがある圧倒的1番人気は買うな

タイトルで書きたいことが終わってしまったが、馬券を買う者なら全員が頭に刻み込むべきだろう。

ゴールドシップの出遅れが今回が初めてというなら仕方がない。しかし、彼の“失態”は初めてではない。もともとゲートはうまくないし、昨年の天皇賞春のように致命的な出遅れをしたこともあった。

2連覇中の宝塚記念ということで単勝オッズは1.9倍。応援票があったことは間違いないが、それでも出遅れるリスクが高い単勝1倍台の馬を買うというのは、あまり得策ではない。

3000m超重賞激走後の反動

今回の敗因は誰の目から見ても明らかであるため、深い考察は必要ない。というか、出遅れ以外に敗因を求められない。

ただし、それでも何か今後の教訓を見つけようとするなら、「3000m超重賞激走後の反動」ではないだろうか。


●参照
ゴールドシップは宝塚記念で鉄板なのか?天皇賞馬にチラつく3つの不安要素
ゴールドシップが宝塚記念で負ける可能性は低くない!?2つの不安要素とは…

ゴールドシップは阪神大賞典、天皇賞春と長距離重賞を2走連続でこなしていた。しかもどちらも1着と、全力で走りきっていた。

その疲れがメンタルを不安定にし、ゲートの失敗につながったのではないか、というわけだ。

思い返してみると、今年の天皇賞春にしてもゲート入りで散々苦労し、出遅れるリスクはあった。さらに昨年の天皇賞春の大出遅れも、前走阪神大賞典と、長距離重賞をこなした後だった。

単純に比較はできないが、野球で例えるなら180球を2試合連続で投げた後の登板、のようなもの。“見えない疲労”が失態につながったという憶測も決して“こじつけ”ではないはずだ。

【次のページヘ】ゴールドシップが教えてくれた3つ目のことって?

ページ:

1

2

ラブリーデイが宝塚記念を勝てた5つの理由とは?現代競馬で最も重要な能力は…

(C) Ogiyoshisan

春のグランプリは驚きの結末が待っていた。

6月28日に阪神競馬場で行われた宝塚記念(GI/芝内回り2200m)を制したのは6番人気のキングカメハメハ産駒ラブリーデイ(牡5)だった。1番人気のゴールドシップは15着に、ラキシスは8着に沈んだ。

ラブリーデイは伏兵の1頭という立場に過ぎなかった。そんな馬がなぜ強豪が集う春の大一番で勝つことができたのか? 徹底的に分析していこう。


理由① 抜群の小回り適正

まずは適正の高さが挙げられる。ラブリーデイのキャリアを振り返ると、小回りで抜群の成績を残しているのだ。

重賞4勝のうち、3勝(宝塚記念、鳴尾記念、中山金杯)が小回り。直線が長いコースよりコーナリングで他馬にうまく差をつけて押し切るのが得意というわけだ。

なお、ただ単に馬キャラが小回り向きというわけではない。小回りを得意とする背景には血統的な“裏付け”がある。以下の記事より抜粋してお伝えしよう。

詳細→ラブリーデイの血統や将来性は?鳴尾記念上位馬を徹底分析

ラブリーデイの母系を遡ると、5代母ペルースポートから多くの活躍馬が輩出されていて、ある特徴を見出すことができる。それは小回り(内回り)中距離重賞への適性の高さだ。

以下は一族の内回り中距離重賞好走例 ※1人気以下の着順は除外 ※2中京は改修前、朝日チャレンジCは当時内回り2000m


インティライミ 06年中日新聞杯2着、07年金鯱賞3着、07年朝日チャレンジC1着、08年宝塚記念11人気3着
スマートギア 10年金鯱賞3着、12年小倉大賞典10人気2着
ワンモアチャッター 05年小倉記念2着、05年朝日チャレンジC1着、08年中京記念14人気4着
アロマティコ 12年秋華賞3着、14年クイーンS2着
サンバレンティン 06年福島記念1着、07年七夕賞1着
フォルテベリーニ 06年福島記念2着、07年中京記念3着
オーバーザウォール 98年福島記念1着
スピークリーズン 89年函館記念1着

ご覧の通り、直線の短い小回り、内回りコースの重賞に非常に高い適性を持つ母系なのだ。

以上。このように小回り適性の高さが春の大一番で生きたと考えられる。

理由② 抜群の機動力

小回り適性の高さと類似して挙げられるのが、機動力だ。

ラブリーデイのキャリアを振り返ると、ほとんどのレースで「4コーナー5番手以内」につけていることが分かる。この機動力……言い換えるとレースセンスの高さが安定した競走成績に結びついている。

・どんなレースでも安定して前につけられる
→現代競馬はスローペースになりやすいため、前に行くことが絶対的に有利

・コーナーを好位で回れる
→距離ロスを防げる

・不利を受けにくい
→後方から競馬を進めると前が詰まるなど不利を受けやすい

などなど、メリットを挙げればキリがない。抜群の機動力がラブリーデイの強さの秘訣といえるわけだ。

【次のページヘ】絶好の展開と血統から導く勝因って?


ページ:

1

2

ラジオNIKKEI賞(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望


ラジオNIKKEI賞(GIII/芝1800m)が福島競馬場で7月5日に行われる。

このレースは“残念ダービー”とも呼ばれているが、今年は例年にもまして楽しみなメンバーが揃った。中心となるのがダービートライアルのプリンシパルステークスを快勝したアンビシャスだ。ダービーではなくこちらに照準をあわせてきており、ここは万全の態勢か。

前走の500万下を強い勝ち方で完勝したキングカラカウアもここに参戦。昇級初戦での重賞初挑戦となるが、十分通用しそうだ。そして三冠馬オルフェーヴルの弟アッシュゴールドの走りにも注目が集まる。


出走予定馬一覧

仮想出馬表・福島11R ラジオNIHG3
2015年 7月 5日(日) 2回福島2日目 18頭 [仮想出馬表]
【11R】  第64回ラジオNIKKEI賞

3歳・オープン・G3(ハンデ)(国際)(特指) 芝1800m (A)

馬名性齢
アクセラレート牡3
アッシュゴールド牡3
アンビシャス牡3
$キャンベルジュニア牡3
グランアルマダ牡3
グリュイエール牡3
$ストーンウェア牡3
ストリートキャップ牡3
ストレンジクォーク牡3
ナヴィオン牡3
ブランドベルグ牡3
ホワイトウインド牝3
マイネルシュバリエ牡3
マルターズアポジー牡3
ミュゼゴースト牡3
ムーンクレスト牡3
レアリスタ牡3
ロジチャリス牡3

人気予想

1番人気 アンビシャス
2番人気 レアリスタ
3番人気 ロジチャリス
4番人気 キャンベルジュニア
5番人気 アッシュゴールド

中穴人気……ナヴィオン、ミュゼゴースト、グリュイエール、ムーンクレストなど

※独自のアルゴリズムを用いて集計しています

【次のページヘ】中心となる有力馬は?ラジオNIKKEI賞の勢力図を予想!


ページ:

1

2

ヒプノティストの血統や将来性は?新馬戦勝ちのクロフネ産駒を徹底分析


6月27日に東京競馬場で行われた芝1800mの新馬戦で1番人気のヒプノティスト(牡2)がデビュー勝ちを収めた。

道中、中団につけたヒプノティストは徐々に進出を開始すると、上がり33.7秒という秀逸な末脚を披露。前を行った馬たちを抜き去って1着でゴール板を駆け抜けた。

ヒプノティストの血統はどのようなものだろうか?徹底分析を行っていこう。


レースの評価は?

強い勝ち方に見えたが、レースレベルとしてはあまり評価することができない。

レースラップ
12.9-12.3-12.6-13.0-13.0-13.1-11.6-11.2-11.7

前半から流れが落ち着き、中盤の3ハロンはいずれも13秒台と思いっきり緩んでいる。単純な決めて勝負となったわけだ。

前残りの展開の中、4角9番手から差し切ったところを見ると弱い馬ではない。もっとも、上のクラスに上がって厳しいペースに対応できるかどうかは不透明だ。今の時点で過剰に評価するのは適切ではない。

血統評価は?

ヒプノティストは父クロフネ、母ハッピーディレンマ、その父アグネスタキオンという血統をしている。

血統表で一際目を引くのが母母母のマンフィスだ。キングカメハメハの母として知られる良血馬で、米GI馬ザデピュティも輩出している。


ただし、母や母母ハンターズマークに特筆すべき実績はない。日本にいる近親の活躍馬はターゲットマシンくらいで、スケール感としては微妙なところ。

デビュー戦は1800mだったが、父がクロフネということでマイル以下でパフォーマンスを上げる可能性はある。少なくとも成長するにつれて適正距離は短くなっていくはずだ。クラシック路線どうこうというより、マイルで見てみたい馬といえるだろう。

【関連記事】
ノンコノユメの血統や将来性は?ユニコーンステークス1着馬を徹底分析
クリソライトと武豊騎手が帝王賞で見せた果敢さに拍手!見せ場十分の競馬
ホッコータルマエの血統や今後は?帝王賞馬が示した圧倒的な力を紐解く
ティーハーフの血統や将来性は?函館スプリントS1着馬を徹底分析
マッサビエルが菊花賞へ名乗り!母母メジロドーベルの血統馬の評価は?


宝塚記念(2015年)予想の傾向と対策!武豊史上最高配当の裏に隠されたサインとは?

(C)T.T

いよいよ春のグランプリ、宝塚記念がやってきます。

大一番を前に、競馬新聞やPC、スマートフォンを片手に予想に励んでいる方も多いのではないでしょうか? そんな方に、土曜日の阪神に落ちていた“激走馬のサイン”をこっそりお教えしましょう。

キーワードは「史上初の出来事」です。


武豊騎手の単勝払い戻し最高額更新を後押ししたのは……

まずはこの記事を読んでいただきたい。

武豊騎手が単勝最高配当を更新!1987年デビュー以降29年目で最高額記録

武豊騎手がデビューして29年目で初めて12番人気で勝った、という出来事がありました。武豊騎手はデビュー以来、常に人気馬に乗っていて二桁人気馬に騎乗する機会自体が少なかったですから、騎乗技術云々の問題ではないということは先に断っておきます。

ただし、それでも史上初の出来事が起こったというのは何かのサインに違いありません。たとえば、「騎乗馬プランスペスカがよほど今の馬場に合っていたのでは?」と推測できます。

プランスペスカの血統はというと……

父ブラックタイド(サンデーサイレンス系)
母父ブライアンズタイム(ロベルト系)
母母父グルームダンサー(レッドゴッド系)


という構成をしています。この血統を頭に入れた上で10Rの好走馬を見てみると……

1着 エアアンセム(2番人気)
父シンボリクリスエス(ロベルト系)

3着 ラディウス(6番人気)
母母父グルームダンサー(レッドゴッド系)

むむっ? 勝ったエアアンセムはプランスペスカと同じロベルトの血を引いていました。また、人気薄ながら好走したラディウスも同じようにレッドゴッド系の血を持っていました。

では同じく中距離の芝1800mの6Rを振り返ってみると……

2着 マツリダアンバター(8番人気)
父ブラックタイド(サンデーサイレンス系)

3着 チェリーシェイディ(2番人気)
母父Kornado(レッドゴッド系)

むむむっ! またしてもレッドゴッドの血を持つ馬が馬券に絡んでいました。また、2着のマツリダアンバターは同じブラックタイド産駒でした。

というように、土曜日の阪神では同じような血を持つ馬が好走していました。これは明らかな傾向といえるでしょう。

【次のページヘ】宝塚記念で注意したい馬とは?


ページ:

1

2

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る