カテゴリー:予想・考察・回顧

(C)minafl

いよいよ2015年のクラシックが開幕する。

最初のレースとなる桜花賞は、例年以上に面白いレースになるかもしれない。

3頭の無敗馬ルージュバック、クイーンズリング、キャットコインにGI好走馬のココロノアイ、レッツゴードンキ、さらにディープインパクト産駒の素質馬がズラリ名を連ねている。

激戦必至の好メンバーとなった一戦の注目ポイントはどこにあるのだろうか?

当サイト編集長のJINが展望する。

桜花賞出走予定馬

2015年 4月12日(日) 2回阪神6日目 24頭 [仮想出馬表]
【11R】  第75回桜花賞
3歳・オープン・G1(定量)(牝)(国際)(指定) 芝1600m・外 (B)

馬名 性齢 斤量
アースライズ 牝3 55 マンハッタンカフェ
アンドリエッテ 牝3 55 ディープインパクト
キャットコイン 牝3 55 ステイゴールド
クールホタルビ 牝3 55 マツリダゴッホ
クイーンズリング 牝3 55 マンハッタンカフェ
クルミナル 牝3 55 ディープインパクト
ココロノアイ 牝3 55 ステイゴールド
コンテッサトゥーレ 牝3 55 ディープインパクト
スキースクール 牝3 55 パイロ
スノーエンジェル 牝3 55 スウェプトオーヴァーボード
テンダリーヴォイス 牝3 55 ディープインパクト
トーセンラーク 牝3 55 アルデバラン2
ノースメイジャイ 牝3 55 プリサイスエンド
ノーブルヴィーナス 牝3 55 ケイムホーム
ノットフォーマル 牝3 55 ヴァーミリアン
フェアラフィネ 牝3 55 デュランダル
ペルフィカ 牝3 55 ゼンノロブロイ
ミッキークイーン 牝3 55 ディープインパクト
ムーンエクスプレス 牝3 55 アドマイヤムーン
メイショウメイゲツ 牝3 55 ディープインパクト
ルージュバック 牝3 55 マンハッタンカフェ
レオパルディナ 牝3 55 スニッツェル
レッツゴードンキ 牝3 55 キングカメハメハ
ローデッド 牝3 55 ディープインパクト

勢力図を予想

中心になるのはルージュバックだろう。

百日草特別で後の重賞馬ベルーフとミュゼエイリアンを突き放して完勝。前走のきさらぎ賞ではポルトドートウィユやアッシュゴールドを寄せ付けなかった。3戦3勝でどのレースも0.2秒以上の差をつけて勝っている。能力の高さは明らか。ここでも好勝負だろう。

ただ、デビュー以来、すべて1800m以上の中距離を使っている。マイルは今回が初めて。マイルのペースに対応できるかが鍵になりそうだ。

これに続くのがココロノアイとレッツゴードンキの2頭だろうか。どちらも阪神ジュベナイルフィリーズ→チューリップ賞という王道ローテを歩み、2頭とも馬券に絡んでいる。例年なら1番人気に支持される戦績だ。

2頭ともなぜか人気にならないが、実力は証明済みだし、安定感もある。ルージュバックのような派手さはないが、ここを制してもおかしくない力はある。

前哨戦のフィリーズレビューを制したクイーンズリングも見逃せない。もっとも、この馬は前走、マイナス20キロで激走している。牝馬にとって厳しい条件だったはずで、反動が心配される。どちらかと言えば、危険な臭がする人気馬だ。

他に注目すべきなのは、桜花賞と抜群の相性を示しているディープインパクト産駒たちだろう。アンドリエッテ、クルミナル、ミッキークイーン(抽選)など、逸材が揃っている。どの馬もステップレースで負けているが、巻き返しに注目したい。

(一部を『JIN競馬』より抜粋)


(C)taka

先週、高松宮記念で春のGIシリーズが本格的に開幕した。香港馬のエアロヴェロシティ(騙7)が勝利を収め、売り上げ、入場者数ともに前年を大幅に上回るなど、好スタートを切った。

今週はGIのない“谷間の週”だ。しかし、普通の“谷間の週”ではない。GI馬7頭が集結する“超GII”産経大阪杯があるのだ。

ダービー馬キズナ、皐月賞馬イスラボニータとロゴタイプ、天皇賞秋馬スピルバーグなど、超豪華なメンバーが集った。もはや普通のGIよりワクワクするレースといっても過言ではない。

そんな大阪杯を当サイト編集長のJINが展望する。

産経大阪杯出走予定馬

2015年 4月 5日(日) 2回阪神4日目 15頭 [仮想出馬表]
【11R】  第59回産経大阪杯
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝2000m・内 (B)

馬名 性齢 斤量
イスラボニータ 牡4 58
エアソミュール 牡6 57
カレンブラックヒル 牡6 57
キズナ 牡5 57
キングズオブザサン 牡4 56
ショウナンパンドラ 牝4 55
スピルバーグ 牡6 58
ゼロス 牡6 56
タガノグランパ 牡4 56
ダノンヨーヨー 牡9 56
デウスウルト セ7 56
トラストワン 牡7 56
ムスカテール 牡7 56
ラキシス 牝5 55
ロゴタイプ 牡5 57

中心となるのは間違いなくキズナだろう。ダービー馬であり、昨年の大阪杯を制している。前走は骨折明けの影響もあって3着に敗れたが、状態は上がっているはず。1番人気に支持されることだろう。

ただ、馬券的な妙味からいくと、信頼しすぎるのはよくないという印象を受ける。前走は休み明けだったとはいえ、あの条件で差しきれないというのはいささか不満。「叩き2戦目=前走より走る」というのも安易な発想だ。

ディープインパクト産駒のダービー馬で鞍上武豊騎手、さらに叩き2戦目ということで過剰人気は必至。おそらく単勝は2倍台後半、ついても3倍台前半になる。能力が高いのは間違いないが、果たしてこのメンバーで10回走って3回以上勝てるほど抜けた馬だろうか? 基本的は疑ってかかりたい。

次に人気になるのはスピルバーグだろう。完全に本格化し、昨秋は天皇賞秋でGI初制覇を達成。ジャパンカップでも3着に好走した。今年は英国遠征を見据えているため、ここで無様な走りはできない。

イスラボニータは休み明けの中山記念で圧倒的な1番人気を裏切った。叩き2戦目でどこまで巻き返すか。さらに牝馬ながら有馬記念で6着となったラキシスも有力馬の1頭だ。エリザベス女王杯で牝馬の頂点に立ち、牡馬との対戦においてもオールカマー2着の実績がある。侮ることのできない1頭だ。

1頭注目馬を挙げるとするならデウスウルトか。今回はGI馬が集結することで人気にならないはず。しかも7歳馬ということで嫌われるのは必至だ。

しかし本格化以降の走りは安定して、このメンバーに入っても無様な走りはしないだろう。休み明けのGI馬より実力を発揮する可能性が高い反面、人気にはならないだろうから、期待値が高い馬の1頭として注目しておきたい。

どんな結果に終わるか分からないが、この中から必ず、2015年のGI戦線の主役を担う馬が誕生するはずだ。GI以上に豪華なGIIの激戦に期待したい。

(一部を『JIN競馬』より抜粋)


調教師コメントの信頼性は?オルフェーヴルから学ぶ“三重のリスク”

(C) Yusuke Tsutaya

厩舎や調教師の言葉をどこまで信じていいのか? 競馬ファンの永遠のテーマだ。

「メイチ」と言っていたのに惨敗し、「無事に回ってきてくれれば」と言っていた馬が重賞で勝つことは決して珍しくない。

最近で言えば2015年の京都金杯におけるゴールデンナンバーが該当する。故障明けだったゴールデンナンバーの関係者はレース前、「まずは無事に回ってきてほしい」とコメントを出していた。しかし、終わってみれば15番人気ながら2着と激走した。

もっと有名な馬を例にあげてみよう。2012年、宝塚記念におけるオルフェーヴルだ。

この年、オルフェーヴルは天皇賞春でまさかの惨敗を喫していた。宝塚記念を臨むにあたり、池江泰寿調教師は「オルフェーヴルは70%の仕上げ」と公言してはばからなかった。さらに「ファン投票で2、3番人気なら回避していた」とも語り、状態が万全ではないと示唆していた。

結局、オルフェーヴルは1番人気に支持されたものの、単勝オッズは3.2倍。ファンの不安が現れた数字となった。しかし、終わってみればご存知の通り、完勝も完勝。前走までが嘘だったかのような走りを披露した。

さらに池江調教師はオルフェーヴルの引退レースでも「あまり状態は良くない」と語っていたが、いざレースになると歴史的大勝を収めている。

なぜこういうことが起こるのか?

また、馬券を買う上で調教師の言葉をどのように判断すればいいのか?

私は明確な考えを持っている。今回はその“3つのファクター”を紹介しよう。

1.厩舎・調教師が本音を言うとは限らない

池江調教師は基本的に本音を語る調教師として知られている。(オルフェーヴルの件があってやや信頼性が落ちたようだが。)

しかし、何を考えているかなんてことは本当のところ、当人にしかわからない。だから、そもそもそういった嘘か本当か分からないコメントを鵜呑みにして馬券を買うべきではないのだ。

2.厩舎・調教師が馬の本質を理解しているとは限らない

子供の頃、「先生は何でも知っている」と思っていた方、あるいは10代の頃に「社会人は何でも知っている」と思っていた方は多いのではないだろうか? しかし、大人になってみると、過去の自分が抱いていた考えが“幻想”だったことに気付かされる。

私は調教師になったことがないため、想像の域を超えない。ただ、おそらく調教師にも同じことが言えるのではないだろうか?

調教師が何でも知っている、分かっていると思ったら大間違いなのだ。

「この馬は馬場が渋ると……」という謳い文句を目にする。しかし、そんな馬が平気で重馬場をこなすことはよくある。(最近で言えば小倉大賞典のダコール。)一番近くにいる調教師でも、馬の本質を理解しているとは限らない。

盲目的に調教師を信じるのは、かしこくないわけだ。

3.馬が毎回本気を出しているとは限らない

調教で走る馬、走らない馬、まじめに走る馬、ヤル気のない馬など、馬のタイプは千差万別だ。調教師は馬のキャラクターは把握しているだろうが、毎度毎度、その見方が正しいとは限らない。

よって、調教で走らなかったからレースでも走らないとは限らないのである。

いかがだろうか?

つまり、調教師の言葉を信じて馬券を買うというのは“三重のリスク”を負うことになるのだ。

そういうリスクを背負って馬券を当てるというのは簡単なことではない。

「調教師の言葉を信じるのはほどほどに!」

今振り返ると、オルフェーヴルは競馬ファンに向け、そんなメッセージを送っていたのかもしれない。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る