カテゴリー:予想・考察・回顧

小倉大賞典2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?

(C)T.T

2018年2月18日、小倉競馬場で小倉大賞典(GⅢ/芝1800m)が行われる。ローカル巧者に加えてGⅠホースの参戦も度々あり、毎年盛り上がりを見せる当レース。今年は堅く収まるのか、それとも波乱のレースとなるか注目である。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2015年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
14ゴスホークケンOld Trieste
28ディープインパクトノーザンテースト
35クロフネスペシャルウィーク
12ディープインパクトUnusual Heat
26ディープインパクトUnbridled
35ネオユニヴァースMeadowlake
13ダイワメジャーGrindstone
26ロージズインメイジェニュイン
311ディープインパクトUnbridled
11ディープインパクトティンバーカントリー
28キングカメハメハサンデーサイレンス
34ダイワメジャーエルコンドルパサー
16キングカメハメハタマモクロス
22ディープインパクトUnbridled
35ダイワメジャーホワイトマズル
15Giant’s CausewayDanzig
210マーベラスサンデーパドスール
31Stephen Got EvenParis House
16アドマイヤベガTheatrical
29ジャングルポケットCrafty Prospector
31アグネスタキオンサンダーガルチ
17アドマイヤベガフォーティナイナー
22スペシャルウィークペンタイア
313マヤノトップガンDanzig
17ステイゴールドダンシングブレーヴ
21アグネスデジタルサンデーサイレンス
35オペラハウスホリスキー
16パラダイスクリークAlydar
21サンデーサイレンスZafonic
37グラスワンダースターリフト

解析・分析:注目血統は?

近5年に絞るとディープインパクトが主体で次いでダイワメジャー、キングカメハメハとなっている。ニアークティック系は近年不振であったが昨年1・3着に絡んでおり今年はどうであろうか。ミスタープロスペクター系は父系では当レースの活躍は皆無だが母父としては

ダコール (母父Unbridled)
カレンブラックヒル(母父Grindstone)
ラストインパクト(母父ティンバーカントリー)
ブレイズアトレイル(母父エルコンドルパサー)
リルダヴァル(母父サンダーガルチ)
オースミスパーク(母父フォーティナイナー)

といった人気を問わず上位に絡んでいるケースが多くあくまで母父として注目したい。今年の該当馬としてはケイティープライドとタイセイサミットが挙がり、いずれも近走不振だが人気薄の馬も時折上位に来ており注意が必要だろう。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ステイゴールド8-5-8-768.2%21.6%
マンハッタンカフェ4-3-6-2610.3%33.3%
クロフネ1-1-3-342.6%12.8%
ディープインパクト13-20-9-8710.1%32.6%
ハービンジャー4-9-4-625.1%21.5%
フジキセキ1-0-1-612.5%25.0%
キングカメハメハ5-4-2-3610.6%23.4%
メイショウサムソン1-1-1-136.3%18.8%
ダイワメジャー4-5-3-319.3%27.9%
Kitten’s Joy0-1-0-19.6%23.2%
スクリーンヒーロー0-0-0-20.0%0.0%
タートルボール2-2-0-425.0%50.0%
ジャングルポケット2-4-4-334.7%23.3%
ストラヴィンスキー0-0-0-20.0%0.0%
シンボリクリスエス1-0-1-194.8%9.5%

集計期間:2015.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

サンデーサイレンス系ではディープインパクトの他にはマンハッタンカフェ産駒の活躍が目立つ。次いでダイワメジャーと非サンデーではキングカメハメハ産駒が活躍している傾向が見られる。

出走頭数が少ない中ではタートルボール産駒の健闘が目立っており、本レースでもトリオンフが3連勝となるか注目したい。


京都牝馬S2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?

(C)夢想

2018年2月17日、京都競馬場で京都牝馬S(GⅢ/芝1600m)が行われる。ヴィクトリアマイルや安田記念といったマイル路線を視野に入れた牝馬達が集結する。ここでも4歳世代が優勢を見せるか、古馬が4歳馬の勢いを阻むことができるか。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2015年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
11キングカメハメハマーベラスサンデー
27アドマイヤムーンヘクタープロテクター
35ディープインパクトCat Thief
11マンハッタンカフェAnabaa
26ハーツクライブライアンズタイム
33ステイゴールドフォーティナイナー
19キングカメハメハA.P.Indy
215ダイワメジャーSelkirk
38スズカマンボパラダイスクリーク
12ディープインパクトフレンチデピュティ
21ディープインパクトBertolini
35Smarty JonesMonsun
11オレハマッテルぜシャンハイ
22Medaglia d’OroPine Bluff
310クロフネサンデーサイレンス
12ディープインパクトBertolini
21キングカメハメハダンスインザダーク
33アドマイヤボスシャーディー
15キングカメハメハダンスインザダーク
21アグネスタキオンA.P.Indy
39クロフネNabbed Dancer
11アグネスタキオンA.P.Indy
27クロフネノーザンテースト
32ダンスインザダークZafonic
16ブラックホークアンバーシャダイ
27ダンスインザダークBob Back
31ダンスインザダークZafonic
12サンデーサイレンスジェイドロバリー
29ダンスインザダークZafonic
36アドマイヤベガノーザンテースト

解析・分析:注目血統は?

近4年はロイヤルチャージャー系とミスタープロスペクター系種牡馬の産駒で上位は占められている傾向にある。ロイヤルチャージャー系ではロベルトよりもサンデーサイレンス系に代表されるヘイロー系となっているが、種牡馬自体はディープインパクトに始まり、ハーツクライ、ステイゴールド、マンハッタンカフェ、ダンスインザダークと多彩である。今年もサンデーサイレンス系の産駒が多数出走を予定しているが、好走馬の傾向としては同条件の種牡馬成績が強く反映されている印象があるので次項の種牡馬成績も含めてピックアップするのが良いだろう。

ミスタープロスペクター系に関しても昨年のキングカメハメハやアドマイヤムーンなどこちらもコース巧者を反映した結果となっている。

二アークティック系は全体的に苦戦傾向にある。クロフネ産駒が善戦しているものの今年は出走予定馬には該当馬はいない。あとはエーシンメンフィス(Medaglia d’Oro)の例で日本の芝適正のあるサドラーズウェルズ系の産駒となるが、ミスエルテ(Frankel)やヴゼットジョリーが台頭してくるかどうかだろう。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
キングカメハメハ24-19-11-14911.8%26.6%
マツリダゴッホ0-3-3-410.0%12.8%
ドリームジャーニー2-0-0-1115.4%15.4%
シンボリクリスエス3-1-4-594.5%11.9%
ディープインパクト57-57-55-26413.2%39.0%
ダイワメジャー16-16-18-1677.4%23.0%
ダンスインザダーク5-1-3-508.5%15.3%
マンハッタンカフェ7-8-8-906.2%20.4%
Frankel1-0-0-0100.0%100.0%
アドマイヤムーン15-9-5-7514.4%27.9%
ローエングリン1-1-0-165.6%11.1%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

サンデーサイレンス系ではディープインパクト、ダイワメジャー、マンハッタンカフェが安定した成績を残している。ドリープジャーニーはサンプル数が少なく様子見が必要かと思われる。マツリダゴッホは同条件での苦戦傾向が見られる。

キングカメハメハやアドマイヤムーンといったミスタプロスペクター系種牡馬のコース成績も良く、今回も注目したい。一方で前項で挙げたサドラーズウェルズ系ではローエングリンは少々厳しい成績となっている。


フェブラリーS2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?

(C)Ko-Mei

2018年2月18日、東京競馬場でフェブラリーS(GⅠ/ダート1600m)が行われる。昨年の最優秀ダート馬ゴールドドリームのGⅠ3連勝か、テイエムジンソクがチャンピオンズカップのリベンジを果たすのか。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
12MarjuRossini
25マジェスティックウォリアーMr.Greeley
31プリサイスエンドスキャン
12ヘニーヒューズDistorted Humor
21トワイニングアグネスタキオン
37アグネスデジタルタバスコキャット
11ゴールドアリュールティンバーカントリー
25シニスターミニスターMachiavellian
33マジェスティックウォリアーMr.Greeley
116ゴールドアリュールティンバーカントリー
22キングカメハメハCherokee Run
31キングカメハメハサンデーサイレンス
13マンハッタンカフェジャッジアンジェルーチ
29ゴールドアリュールブライアンズタイム
37カリズマティックPleasant Tap
17TapitConcern
24ゴールドアリュールアルワウーシュ
32カリズマティックPleasant Tap
11ワイルドラッシュトニービン
23ブライアンズタイムMr.Prospector
34ブライアンズタイムMr.Prospector
11ゴールドアリュールブライアンズタイム
25TapitConcern
32シンボリクリスエスサンデーサイレンス
16シンボリクリスエスサンデーサイレンス
23MineshaftDeputy Minister
31フジキセキDeputy Minister
11エルコンドルパサーサンデーサイレンス
27フサイチコンコルドブライアンズタイム
33ブライアンズタイムサンデーサイレンス

解析・分析:注目血統は?

2011年頃まではブライアンズタイムの活躍もあり、ロイヤルチャージャー系の活躍が目立っていたが、近年特に2014年以降はミスタープロスペクター系の活躍が主体となってきている。ミスタープロスペクター系種牡馬産駒だけでなく、

ベストウォリアー (母父Mr.Greeley)
カフジテイク(母父スキャン)
モーニン(母父Distorted Humor)
コパノリッキ―(母父ティンバーカントリー)
インカーテーション(Machiavellian)

のように母父ミスタープロスペクター系のパターンもあり、ナスルーラ系種牡馬との相性が良いが今年は該当馬がいない。他はニアークティック系種牡馬やゴールドアリュール産駒でのパターンが該当し、今年はテイエムジンソク(父クロフネ)、サンライズノヴァ(父ゴールドアリュール)が挙げられる。逆に近年はゴールドアリュール以外のロイヤルチャージャー系種牡馬産駒は活躍が乏しく、割り引く必要がある。

これらの傾向とは別に2010年以降、コンスタントに活躍馬を出してきたゴールドアリュール産駒も見逃すことはできない。昨年の優勝馬ゴールドドリームや前述のサンライズノヴァ、メイショウスミトモ、ララベルなどにも期待がかかる。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ジャングルポケット0-1-4-500.0%9.1%
アグネスデジタル6-13-10-994.7%22.7%
シニスターミニスター3-5-5-663.8%16.5%
プリサイスエンド10-8-11-1007.8%22.5%
アドマイヤマックス0-0-1-190.0%5.0%
ロージズインメイ5-6-5-964.5%14.3%
ゴールドアリュール45-28-18-27412.3%24.9%
ダノンシャンティ0-0-2-250.0%7.4%
フレンチデピュティ8-7-6-738.5%22.3%
クロフネ27-16-22-2159.6%23.2%
メイショウボーラー4-6-4-684.9%17.1%
アドマイヤオーラ5-2-2-2216.1%29.0%
トワイニング4-1-1-2114.8%22.2%
バトルプラン0-4-0-240.0%14.3%
マジェスティックウォリアー3-2-2-330.0%70.0%
ディープスカイ2-4-6-592.8%16.9%
キングカメハメハ20-26-30-2196.8%25.8%
カネヒキリ11-9-5-1038.6%19.5%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

ゴールドアリュール、クロフネと出走頭数が多い中で安定した成績を残せているのがわかる。キングカメハメハは勝率こそ高くはないが、複勝率では優れた数字を残せている。

出走頭数が限られた産駒の中ではトワイニングやアドマイヤオーラ産駒の成績が優れており、注目したい。


ダイヤモンドS2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?

(C)MAZIMICKEY

2018年2月17日、東京競馬場でダイヤモンドS(GⅢ/芝3400m)が行われる。春の天皇賞に向けてのステップレースの一つである同レース。今年もフェイムゲームがここをステップに天皇賞を目指すが、これを阻む馬が現れるか注目の一戦である。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2008年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
11アドマイヤドンダンスインザダーク
26キングカメハメハサンデーサイレンス
32ハーツクライシンボリクリスエス
14ステイゴールドノーザンテースト
22ハーツクライアレミロード
31ディープインパクトエリシオ
11ハーツクライアレミロード
22ディープインパクトエリシオ
38ダンスインザダークノーザンテースト
11ハーツクライアレミロード
25タニノギムレットフジキセキ
35ダンスインザークジェネラス
11ハーツクライエリシオ
24ジャングルポケットサンデーサイレンス
36ダイワメジャーKris S.
115キングカメハメハCutlass
21ハーツクライFabulous Dancer
32ディープインパクトLyphard
12King’s BestSadler’s Wells
24グラスワンダーエリシオ
36フジキセキトニービン
11ダンスインザダークトニービン
26ダイタクリーヴァバンブーアトラス
310フサイチソニックリアルシャダイ
12シンボリクリスエスラストタイクーン
212サンデーサイレンスGarde Royale
37サッカーボーイリヴリア
11ドリームウェルトニービン
22ダンスインザダークNureyev
312グラスワンダーアサティス

解析・分析:注目血統は?

昨年こそ上位をミスタープロスペクター系種牡馬産駒が占めたが、それまでの近4年はロイヤルチャージャー系が独占している。リピーターも多いため血統の偏りはあるが中でもハーツクライ産駒の活躍が目立ち、次いでディープインパクト・ダンスインザダークといった状況だ。昨年の上位2頭にしても母父ダンスインザダーク、サンデーサイレンスとなっておりロイヤルチャージャー系の血は近年の傾向からは必須と言えよう。

逆に母父に注目すると

トゥインクル (母父ノーザンテースト)
カムフィー(母父ノーザンテースト)
ファタモルガーナ(母父エリシオ)
タニノエポレット(母父ジェネラス)

といった二アークティック系が多くを占めている。スタミナと底力も要求される舞台だけに父ロイヤルチャージャー系の産駒との組み合わせで是非注目していきたい。今年の出走予定馬ではソールインパクトやダウンザライン・デビルズハーツなどが該当する。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ダイワメジャー0-0-1-20.0%33.3%
ゴールドアリュール0-0-0-40.0%0.0%
ディープインパクト0-1-2-70.0%30.0%
アドマイヤオーラ0-0-0-00.0%0.0%
ハーツクライ3-2-1-527.3%54.5%
キングカメハメハ1-1-0-514.3%28.6%
ステイゴールド1-0-0-325.0%25.0%
タニノギムレット0-1-0-20.0%33.3%
バゴ0-0-0-00.0%0.0%
ルーラーシップ0-0-0-00.0%0.0%
シンボリクリスエス1-0-0-516.7%16.7%
スウェプトオーバーボード0-0-0-00.0%0.0%
Teofilo0-0-0-00.0%0.0%

集計期間:2008.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

同条件のレースはなく、ダイヤモンドS過去10年分の集計結果となった。今年も出走するフェイムゲームの活躍があるとはいえ、複数の活躍馬を出しているハーツクライの成績が抜けているのが分かる。次いで過去の勝ち馬を出しているキングカメハメハやシンボリクリスエスにも注目したい。

ディープインパクトはここでは勝ち馬はいないが出走頭数を考えると連対率30%をキープできているのは流石といったところか。こちらも無視はできない存在だ。


小倉大賞典2018の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率約5割、回収率約270

(C)slime

2018年2月18日、小倉競馬場で小倉大賞典(GⅢ/芝1800m)が行われる。ウインガナドル、ダッシングブレイズ、ダノンメジャー、トリオンフ、クインズミラーグロ、ヒットザターゲット、スズカデヴィアスらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 極端な人気薄は消し!

主場開催の重賞が春のGⅠに直結するトライアルレースということもあって荒れる要素が少ないことが多い一方で、小倉大賞典はローカル開催のハンデ重賞らしく高配当となることが多いが、それでも単勝11番人気以下の極端な人気薄を検討の対象とすることは得策と言えない。

人気着別度数
11-16人気0- 0- 1-57/58
人気勝率複勝率単回値複回値
11-16人気0.0%1.7%08

集計期間:2007. 2. 3 ~ 2017. 2.19 (2010年除く)

過去10年の結果から見ると、2015年に単勝11番人気のダコールが3着になった例はあるものの基本的には消しと判定していいだろう。

※以降、10番人気以内を対象に集計

ポイント2 母父・ロイヤルチャージャー系プラスマイナー系は消し!

血統からポイントを探すと母父・ロイヤルチャージャー系やマイナー系が不振の傾向にある。

ロイヤルチャージャー系といえば、ディープインパクトやオルフェーヴルに代表されるように現在の日本種牡馬界の王道とも言える血統だが、小倉大賞典での母父系で集計した場合、過去10年で1頭も勝馬を出せていない。

母父系統着別度数
上記0- 4- 2-22/28
母父系統勝率複勝率単回値複回値
上記0.0%21.4%064

集計期間:2007. 2. 3 ~ 2017. 2.19 (2010年除く)

ただし、父・ロイヤルチャージャー系の場合は過去10回で5勝2着6回3着6回と王道の血統であることには変わりがない。

ポイント3 社台ファーム生産馬は消し!

ローカル開催の重賞となるとGⅠなどの大きなレースでは、なかなかチャンスが巡ってこない個人経営の生産牧場でも活躍するチャンスが巡ってくる。

個人経営の生産牧場でも活躍できるということは馬券圏内に入ってくる馬の比率で社台グループが占める割合が自然と減るが、その中でも社台ファーム生産馬の成績は極端によくない。

生産者着別度数
社台ファーム0- 1- 0- 5/ 6
生産者勝率複勝率単回値複回値
社台ファーム0.0%16.7%025

集計期間:2007. 2. 3 ~ 2017. 2.19 (2010年除く)

なお、ノーザンファーム生産馬も過去10年でわずかに1勝とクラシックなどのレースに比べると明らかに見劣りする成績になっている。

ポイント4 前走上位人気馬は消し!

通常、消去法では前走で下位人気馬を消しと判断することが多いが、ローカル開催のハンデ重賞というレース性質もあって、前走でGⅡやGⅠの格が上のレースに出走して人気がなかった馬が小倉大賞典では挽回して馬券圏内に入ってくることが多い。

前走人気着別度数
1-4番人気2- 4- 3-24/33
前走人気勝率複勝率単回値複回値
1-4番人気6.1%27.3%2563

集計期間:2007. 2. 3 ~ 2017. 2.19 (2010年除く)

前走が単勝1番人気で勝利したのは2014年のラストインパクトのみのため、小倉大賞典に限っては前走上位人気を消しと判断していいだろう。

ポイント5 斤量55kg以下は消し!

ハンデ戦ということで斤量に注目すると、軽ハンデ馬が活躍するかというとそうでもなく、レースに出走する他馬との比較では能力があるとハンディキャッパーに評価された馬のほうが好走できていることがわかる。


斤量着別度数
55kg以下3- 1- 4-44/52
斤量勝率複勝率単回値複回値
55kg以下5.8%15.4%5443

集計期間:2007. 2. 3 ~ 2017. 2.19 (2010年除く)

特に53kg以下では1頭も馬券圏内に入ってきたことがないので軽視しても全く問題はないと言って構わない。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
7- 4- 2-12/25
勝率複勝率単回値複回値
28.0%52.0%360194

集計期間:2007. 2. 3 ~ 2017. 2.19 (2010年除く)

なんと、好走率は50%超、回収率も270%超の数字を弾き出し極めて優秀な成績となった。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る