カテゴリー:予想・考察・回顧

ダイヤモンドS2018の競馬予想分析…プレストウィックがクリアすべき3つのポイント

(C)MAZIMICKEY

2018年2月17日、東京競馬場でダイヤモンドステークス(GⅢ/芝3400m)が行われる。

プレストウィックはレースを使い込めない体質の弱さなどがあり出世が遅れたが、昨年9月の丹頂ステークスでオープン初勝利を飾ると、前走のステイヤーズステークスでも3着と好走。明けて7歳となったが、ここに来ての充実ぶりが目立つ。

昨年のダイヤモンドステークスは5着。アルゼンチン共和国杯→ステイヤーズステークスと出走して臨む昨年と同じローテーションで、雪辱を期す。重賞初制覇へクリアすべきポイントを挙げていく。


ポイント① 大型馬

一般的に長距離戦は、馬体重が重い馬より軽い馬の方が有利と言われる。過去10年のダイヤモンドステークスで、馬体重520kg以上で出走した馬の成績は【1・1・2・24】と今ひとつ。優勝したのは、53kgの軽ハンデだったモンテクリスエス(2009年)のみで、敗れた馬の中には3番人気以内に推された馬も4頭いた。

ダイヤモンドステークスより距離が長いステイヤーズステークスを含めても、過去10年に520kg以上で出走した馬は【1・1・4・39】と、やはり不振だ。

大型馬のステイヤーとして、不利なデータを覆すことができるか。

ポイント② ダイワメジャー産駒

スピードとパワーを武器にGIを6勝したダイワメジャーは、種牡馬になっても自身と同様のタイプの産駒を多く出している。

同産駒はこれまでにJRA重賞を27勝しているが、うち実に25勝が1600m以下。1800m以上になると、急激に信頼度が下がる。1800mの重賞ですら、カレンブラックヒルが2勝したのみで【2・3・5・66】。そして、2000m以上では【0・6・5・74】と、さらに振るわなくなる。

父の産駒として新たな扉を開くことができるか。

ポイント③

大型馬らしく典型的な叩き良化型で、これまでレース間隔が2か月以上空いたときは【0・1・1・11】と、久々を苦手としている。2年連続で出走した丹頂Sを見ても、約2か月ぶりだった一昨年は2番人気で4着に敗れたが、叩き2戦目で迎えた昨年は、前走6着から巻き返した。

今回は前走から2か月以上とレース間隔が空いた点がカギになる。しかも馬体重が絞りづらい冬場で、昨年のこのレースは前走比プラス14kgで出走していただけに、馬体重はしっかりとチェックしておきたい。

まとめ

ダイワメジャー産駒としては珍しく、長距離のレースばかりを使われてオープンまで上り詰めた遅咲きのプレストウィック。6度目の重賞挑戦で、今度こそチャンスをものにすることができるだろうか。


ダイヤモンドS2018の競馬予想分析…フェイムゲームが信用できないワケとは?

(C)MAZIMICKEY

貫禄を見せつけるか――。

2018年2月17日、東京競馬場でダイヤモンドS(GⅢ/芝3400m)が行われる。数少ない長距離重賞の1つであり、関東馬はここをステップに天皇賞に向かう馬も多い。また平地ではステイヤーズSに次ぐ長さの距離であり、生粋のステイヤーが集う。

今年の注目は2014年、2015年と連覇を成し遂げたフェイムゲームだ。今回は現役のステイヤーの王者とも言えるアルバートがいないこと、その他重賞馬不在という背景からもフェイムゲームが人気を集めるだろう。

果たしてフェイムゲームはアルバート不在のダイヤモンドSを勝ち3勝目を挙げるが出来るのか?

今回はフェイムゲームの不安要素を紹介する。


不安要素① 年齢

ダイヤモンドSの過去10年のデータを見ると4歳馬の成績が良く、次いで5歳馬、6歳馬というふうに年齢が上がるにつれて成績が下降している。また7歳馬は勝ち馬がいるが8歳馬以上になると複勝率ですら僅か10%に満たない数字となっている。

フェイムゲームも例外ではなく、4歳時に初制覇、5歳時に連覇を達成。続いて6歳時では3着、昨年の7歳時では6着とデータが示すように年齢とともに成績が下降していることがわかる。昨年はその後、目黒記念制覇、ステイヤーズSでアルバートに次ぐ2着など年齢のわりにはまだまだ健在ともいえる実績を残しているが、8歳になった今年は更なる上積みは期待できずデータが示すように厳しい戦いが予想される。

不安要素② 脚質

過去10年のデータを見ると中団でレースをしていた馬の成績がとび抜けて良い。続いて先行、逃げが良い結果を残しており、後方、特に追い込みなどの直線一気では複勝率で見ても10%にも満たない。長距離レースゆえにスローペースになりやすいことが原因だろう。逆に後方でレースをしていても途中で動いていった馬は結果を残している。これはもう騎手に委ねるしかないといえる。

フェイムゲームは後方でレースをするタイプであり、途中で動くというよりも直線一気のタイプである。今までのようなレースでは厳しいといえる。しかし、前走では先行して結果を残しており、今回も先行出来ればまだ希望はある。ルメール騎手の騎乗に注目したい。

不安要素③ ハンデ

過去10年の勝ち馬は53kg~58kgである。出走頭数を考えれば53~57kgが最も良い結果となっている。今回フェイムゲームは58.5kgであり、過去58.5kgで勝った馬はいない。4歳や5歳次の充実期ならば好走する可能性もあるが、8歳となり年齢的に衰えを感じさせる今ではこのハンデは苦しいのではないだろうか?

まとめ

いかがだっただろうか? 長距離の絶対王者アルバートがおらず、他に有力馬らしい馬もいない今回はフェイムゲームは負けられない立場といえる。しかし時折好走を見せているものの年齢的な衰えは隠せず、データが示すとおり人気とは裏腹に苦戦を強いられるのではないだろうか?ここまで不安要素がありながらもここを勝ち長距離路線の王者への道を再び歩むことを期待しよう。


京都牝馬S2018の競馬予想分析…ワンスインナムーンが持つ2つの不安材料とは?

(C)Ko-Mei

実績はここでは上位、重賞初勝利からGⅠ路線の主役となれるか-–

2018年2月17日、京都競馬場で京都牝馬S(GⅢ/芝1400m)が行われる。春の短距離路線を目指してスプリンター・マイラーが参戦する当レース。その中で飛躍のきっかけとなった当レースに今年も出走してGⅠ獲りを狙っているのがワンスインナムーンだ。

1200m戦を主体に使われるようになり、安定した成績を残せるようになってきた同馬。前走の香港スプリントでは惨敗を喫したが2走前のスプリンターズSで3着に入っており、ここでは実力・実績共に上位の存在と言えるだろう。果たして、前走惨敗から巻き返し今後のGⅠ戦線で主役を張れる存在となりうるかが注目される。

しかし、巻き返しを期する同馬にとって懸念される材料がいくつか浮かび上がってきた。今回はワンスインナムーンの2つの不安要素に注目していく。


不安①距離適正

ワンスインナムーンはデビュー当時より1400-1600mを中心に使われてきて、一昨年末より1200mに距離短縮して頭角を現してきた印象がある。もちろん、昨年の当レース2着と8月の朱鷺S1着の実績があるので今は1200mでなければ力を発揮できないということはないだろう。しかし、朱鷺Sの内容は相手関係と、その後のスプリンターズSで3着に健闘したことを考えるとやや物足りない内容であった。

アドマイヤムーン産駒は1200-1600mの短距離路線で安定した成績を残しているものの

1200m(52-56-34-357)勝率10.4%、複勝率28.5%
1400m(22-16-23-211)勝率 8.1%、複勝率22.4%
1600m(38-29-20-244)勝率11.5%、複勝率26.3% (調査期間:2015年-2017年)

と、1400mでの成績が他と比べて落ちることがわかる。1400mもこなせるが本質としては1200mがベストであるのだろう。

また昨年の当レース以後、脚質が逃げに変わり今回も逃げることが予想されるが、今回同脚質で人気の一角になるだろうソルヴェイグが出走する。昨年より斤量1kg増で1400mへの距離延長や同型馬の存在を考慮すると、すんなりと昨年同様の結果となるとは言えないだろう。

不安②香港帰り初戦

本馬はデビュー以降、昨年の高松宮記念後を除くとほぼ1、2ヶ月毎に出走してきた。今回も香港スプリント後2ヶ月での出走となる。香港スプリントの結果は馬場適正や力関係もあったと思われるが、スプリンターズSの激走後の反動も影響しただろう。海外への輸送も含めて負担の大きいかかるレースであっただけにこれまでと同様の2ヶ月の間隔で立て直されているか疑問に残る。

まとめ

いかがであっただろうか。重賞未勝利ながらスプリンターズS3着と実績上位の本馬であるが、2つの不安要素として今回取り上げた。状態に関して追い切りの状況と当日の馬体重、気配乗りで判断をしていきたいところだ。


京都牝馬S2018の競馬予想分析、結果発表!回収率280超のデータ該当馬とは?

(C)MAZIMICKEY

2018年2月17日、京都競馬場で京都牝馬S(GⅢ/芝1400m)が行われる。ダノンマジェスティ、グローリーヴェイズ、カツジ、レッドレオン、サトノフェイバー、ノーブルカリナンらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 人気薄は消し!
ポイント2 母父ナスルーラ系・マイナー系は消し!
ポイント3 社台ファーム生産馬は消し!
ポイント4 前走3着以下は消し!
ポイント5 前走同距離と延長馬は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 人気薄は消し!

京都牝馬Sは春の牝馬女王決定戦ヴィクトリアマイルへ向けての重要なステップレースの一つとして位置づけられていることもあってか、特に近年では有力馬が多く出走して結果を残しているレースである。

馬名人気予想オッズ
アリンナ12111.9
ヴゼットジョリー616.9
エスティタート511.4
エンジェルフェイス824.5
オーヴィレール1068.8
サザナミ956.8
ソルヴェイグ12.8
タマモブリリアン1195.5
デアレガーロ722.3
ミスエルテ46.3
ミスパンテール23.1
ワンスインナムーン34.2

極端な人気薄・単勝8番人気以下での出走馬は……

アリンナ
エンジェルフェイス
オーヴィレール
サザナミ
タマモブリリアン

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 母父ナスルーラ系・マイナー系は消し!

血統からポイントを探すと母父・ナスルーラ系やマイナー系が不振だ。

本来、ナスルーラ系の血を引く馬に京都競馬場の芝1400mというコース条件が極端に不向きということはないのだが、データから見る限り、古馬牝馬の成績はまったくといっていいほど奮わない。

馬名母父・血統分類
アリンナロイヤルチャージャー系
ヴゼットジョリーロイヤルチャージャー系
エスティタートナスルーラ系
エンジェルフェイスナスルーラ系
オーヴィレールニアークティック系
サザナミニアークティック系
ソルヴェイグナスルーラ系
タマモブリリアンニアークティック系
デアレガーロネイティヴダンサー系
ミスエルテナスルーラ系
ミスパンテールロイヤルチャージャー系
ワンスインナムーンネイティヴダンサー系

母父ナスルーラ系・マイナー系は……

エスティタート
エンジェルフェイス
ソルヴェイグ
ミスエルテ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 社台ファーム生産馬は消し!

社台グループは現在の日本競馬界では無くてはならない存在で、生産者としても馬主としても一大勢力となっているが、ノーザンファームに比べると社台ファームの京都牝馬Sにおける戦績は今ひとつといった結果になる。

馬名生産牧場
アリンナ岡田スタツド
ヴゼットジョリー社台ファーム
エスティタート社台コーポレーション白老ファーム
エンジェルフェイスケイアイファーム
オーヴィレール下河辺牧場
サザナミ社台ファーム
ソルヴェイグ社台コーポレーション白老ファーム
タマモブリリアン曾我博
デアレガーロノーザンファーム
ミスエルテノーザンファーム
ミスパンテール三城牧場
ワンスインナムーン岡田スタツド

社台ファーム生産馬は……

ヴゼットジョリー
サザナミ


ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走3着以下は消し!

牝馬は好調を維持するのが難しいとよく言われているが、データを集計すると京都牝馬Sにおいても同様の結果となる。

馬名前走着順
アリンナ17
ヴゼットジョリー11
エスティタート2
エンジェルフェイス1
オーヴィレール2
サザナミ11
ソルヴェイグ9
タマモブリリアン9
デアレガーロ1
ミスエルテ15
ミスパンテール1
ワンスインナムーン12

前走3着以下の馬は……

アリンナ
ヴゼットジョリー
サザナミ
ソルヴェイグ
タマモブリリアン
ミスエルテ
ワンスインナムーン

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 前走同距離と延長馬は消し!

最後に前走の距離から検討すると、前走からの距離短縮馬の活躍が目立ち、前走が距離が長すぎて適距離に戻ってきた馬が活躍していることが伺える。

馬名前走距離
アリンナ1200
ヴゼットジョリー2000
エスティタート1400
エンジェルフェイス1600
オーヴィレール1200
サザナミ1600
ソルヴェイグ1200
タマモブリリアン1200
デアレガーロ1600
ミスエルテ1400
ミスパンテール1600
ワンスインナムーン1200

前走同距離と延長馬は……

アリンナ
エスティタート
オーヴィレール
ソルヴェイグ
タマモブリリアン
ミスエルテ
ワンスインナムーン

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……


デアレガーロ
ミスパンテール

今回の激走馬候補は2頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


ダイヤモンドS2018の競馬予想分析、結果発表!回収率170超のデータ該当馬とは?

(C)Ko-Mei

2018年2月17日、東京競馬場でダイヤモンドS(GⅢ/芝3400m)が行われる。フェイムゲーム、プレストウィック、ソールインパクト、ホウオウドリーム、レジェンドセラー、サイモントルナーレらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 人気薄は消し!
ポイント2 父・ロイヤルチャージャー系・ネイティブダンサー系以外は消し!
ポイント3 母父・ニアークティック系・セントサイモン系以外も消し!
ポイント4 前走中山競馬場・京都競馬場以外での出走馬は消し!
ポイント5 レース間隔4-8週以外は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 人気薄は消し!

ダイヤモンドSは生粋のステイヤー達が集まるレースということもあり、単勝1番人気2番人気を中心とした上位人気馬の成績が良く、単勝7番人気以下の人気薄を検討の対象とすることは得策と言えない。

馬名人気予想オッズ
グランアルマダ10102.1
サイモントルナーレ12163.6
ソールインパクト45.5
ダウンザライン14215.0
トウシンモンステラ11154.1
トレジャーマップ13205.4
ハッピーモーメント975.8
フェイムゲーム12.2
プレストウィック55.9
ホウオウドリーム24.9
ラブラドライト875.1
リッジマン614.1
リッチーリッチー729.2
レジェンドセラー35.4

人気薄・単勝7番人気以下の出走馬は……

グランアルマダ
サイモントルナーレ
ダウンザライン
トウシンモンステラ
トレジャーマップ
ハッピーモーメント
ラブラドライト
リッチーリッチー

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 父・ロイヤルチャージャー系・ネイティブダンサー系以外は消し!

血統からポイントを探すと父・ロイヤルチャージャー系・ネイティブダンサー系以外の血統が不振の傾向にある。

ダイヤモンドSで結果を残しているハーツクライやダンスインザダークの産駒をはじめとして、日本における代表的な血統といっていいのロイヤルチャージャー系の血を父に持っている馬、そしてキングカメハメハなどネイティブダンサー系以外の産駒が馬券圏内に入るのは難しい。

馬名父・血統分類
グランアルマダロイヤルチャージャー系
サイモントルナーレロイヤルチャージャー系
ソールインパクトロイヤルチャージャー系
ダウンザラインロイヤルチャージャー系
トウシンモンステラネイティヴダンサー系
トレジャーマップロイヤルチャージャー系
ハッピーモーメントロイヤルチャージャー系
フェイムゲームロイヤルチャージャー系
プレストウィックロイヤルチャージャー系
ホウオウドリームネイティヴダンサー系
ラブラドライトネイティヴダンサー系
リッジマンネイティヴダンサー系
リッチーリッチーニアークティック系
レジェンドセラーネイティヴダンサー系

父・ロイヤルチャージャー系・ネイティブダンサー系以外は……

リッチーリッチー

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 母父・ニアークティック系・セントサイモン系以外も消し!

血統について先に父をポイントにしたが、母父でも同様にニアークティック系・セントサイモン系以外は奮わない結果となっている。

母父ロイヤルチャージャー系は昨年2017年こそ1着から3着まで独占をしたものの、それ以前では単勝1番人気で着外となったことが2回あるなど、危険な人気馬となっている。

馬名母父・血統分類
グランアルマダニアークティック系
サイモントルナーレネイティヴダンサー系
ソールインパクトニアークティック系
ダウンザラインニアークティック系
トウシンモンステラロイヤルチャージャー系
トレジャーマップトゥルビヨン系
ハッピーモーメントナスルーラ系
フェイムゲームセントサイモン系
プレストウィックニアークティック系
ホウオウドリームニアークティック系
ラブラドライトロイヤルチャージャー系
リッジマンニアークティック系
リッチーリッチーニアークティック系
レジェンドセラーロイヤルチャージャー系

母父・ニアークティック系・セントサイモン系以外は……


サイモントルナーレ
トウシンモンステラ
トレジャーマップ
ハッピーモーメント
ラブラドライト
レジェンドセラー

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走中山競馬場・京都競馬場以外での出走馬は消し!

長距離レースが多く行われているのは中山競馬場と京都競馬場ということもあり、長距離適性の馬が活躍するダイヤモンドSでは前走それ以外の競馬場で走った馬が好走することは稀といえる。

馬名前走コース
グランアルマダ京都
サイモントルナーレ京都
ソールインパクト京都
ダウンザライン東京
トウシンモンステラ京都
トレジャーマップ東京
ハッピーモーメント東京
フェイムゲーム中山
プレストウィック中山
ホウオウドリーム東京
ラブラドライト京都
リッジマン京都
リッチーリッチー京都
レジェンドセラー中山

前走中山競馬場・京都競馬場以外での出走馬は……

ダウンザライン
トレジャーマップ
ハッピーモーメント
ホウオウドリーム

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 レース間隔4-8週以外は消し!

レース間隔では、長期休養明けの馬がダイヤモンドSで活躍することはあまりなく、冬の間に行われる長距離レースをステップに挑戦してきている馬たちが結果を残していることが多い。

馬名レース間隔
グランアルマダ6
サイモントルナーレ6
ソールインパクト5
ダウンザライン3
トウシンモンステラ6
トレジャーマップ3
ハッピーモーメント15
フェイムゲーム11
プレストウィック11
ホウオウドリーム3
ラブラドライト6
リッジマン6
リッチーリッチー14
レジェンドセラー4

レース間隔4-8週以外の馬は……

ダウンザライン
トレジャーマップ
ハッピーモーメント
フェイムゲーム
プレストウィック
ホウオウドリーム
リッチーリッチー

ここではこの馬たちが消える。


残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

ソールインパクト
リッジマン

今回の激走馬候補は2頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る