カテゴリー:予想・考察・回顧

リオンディーズの血統や将来性は?新馬戦快勝のエピファネイアの弟は大物か?

(C)T.T

11月22日に東京競馬場で行われた新馬戦(芝内回り2000m)は、キングカメハメハ産駒のリオンディーズが豪快に差し切り、デビュー勝ちを果たした。

内回りの大外枠という有利とはいえない枠順からスタートしたリオンディーズだったが、道中5、6番手で競馬を進めると、直線で一気にスパート。他馬を置き去りにして2着のピースマインドに1馬身半差をつけて勝った。

リオンディーズの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

リオンディーズは父キングカメハメハ、母シーザリオ、その父スペシャルウィークという血統。

シーザリオは日米のオークス馬となった歴史的な名牝。繁殖牝馬としては2014年の世界レーティングで2位となったエピファネイアを出している。

母父のスペシャルウィークはシーザリオの他にブエナビスタを輩出していて、産駒は牡馬より牝馬の活躍が目立つ。こういったタイプの種牡馬は母父になって力を出す傾向にある。実際、エピファネイアをはじめとしてクラリティスカイやヴェルデグリーン、ユールシンギングといった重賞ウィナーの母父として有名だ。

「リーディングサイアーのキングカメハメハ×超大物を輩出した名牝×母父も優秀」という、走ることを宿命付けられた血統をしているというわけだ。

【次のページヘ】新馬戦の評価は?

ページ:

1

2

ゴールドシップがジャパンカップで勝つために必要な“たった1つの条件”とは?

(C)masakin0712

芦毛の勇者を見られる機会も、あと2回となった。

今年の有馬記念を最後に引退を表明しているゴールドシップ(牡6)が、ジャパンカップに参戦する。

「東京が苦手、中山が得意」という見方が一般に定着しているため、「有馬記念への叩き台」という声もあるが、ファンとしては残り少ない競走の両方で勇姿を見たいところ。

そこで今回はゴールドシップがジャパンカップで勝つために必要な要素を考えてみた。

「東京が苦手」は本当か?

まずゴールドシップの東京での戦績を振り返ってみよう。

共同通信杯 2番人気1着
日本ダービー 2番人気5着
ジャパンカップ 2番人気15着

3回走って1勝。ただし、2回は人気を裏切っている。特にジャパンカップでは見せ場を作れなかったため、「東京は苦手」というイメージが定着していると考えられる。

もっとも、ここで一つの疑問が生じる。

今年、同じように「苦手」とされていた京都で天皇賞春を勝ったのだ。京都では菊花賞を除くと(0−0−0−3)と全く走らず、人気を裏切り続けていたが、天皇賞春では豪快なマクリの競馬で天皇盾を手にした。

また、今年の1月には「得意」と言われる中山のアメリカジョッキークラブカップで1番人気7着と惨敗している。

この2つの事実を見ると、一概に「東京と京都が苦手。だから走らない」と結論付けるのは時期尚早に思えてくる。

では、ゴールドシップがジャパンカップで勝つために必要なこととは一体何なのだろうか?

【次のページヘ】実は勝つために必要な要素は一つしかない?

ページ:

1

2 3

スマートオーディンと武豊騎手が躍動!東京スポーツ杯2歳S1着馬の血統や将来性は?

(C)masakin0712

11月23日に東京競馬場で行われた東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII/芝1800m)は、ダノンシャンティ産駒スマートオーディンが豪快に差し切り、重賞初制覇を達成した。

4番人気に支持されたスマートオーディンは武豊騎手を背に、道中は後方に待機。直線に入って外に持ち出すと、上がり32秒9という豪脚を披露。前を行く8頭を抜き去り、1着でゴール板を駆け抜けた。

スマートオーディンの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

スマートオーディンは父ダノンシャンティ、母レディアップステージ、その父アルザオという血統。ダノンシャンティ産駒は嬉しい重賞初勝利となった。

ダノンシャンティは東スポ杯2歳Sと同じコースで行われる共同通信杯で2着となり、3歳春のマイル王決定戦NHKマイルカップを勝っている。NHKマイルカップでは33秒5という豪脚を披露し、驚異のレコードを記録している。スマートオーディンの豪脚は父親譲りといっていいだろう。

母のレディアップステージはアイルランドで産まれ、現役時代に2000mのGIIを制覇している。GIでも馬券に絡んだ経験を持っていた。繁殖牝馬としては中央3勝のタガノラルフを出したくらいだが、ここに来てやっと大物を輩出したわけだ。

ダノンシャンティは種牡馬として受胎率の低さという問題を抱えているが、血統自体は良血であり、種牡馬としてのポテンシャルは決して低くない。初年度産駒から重賞を勝つクラスの馬を輩出したことで、自身の能力を証明したということができるかもしれない。

【次のページヘ】東スポ杯2歳Sで達成した史上2頭目の快挙とは?

ページ:

1

2

モーリスの血統や将来性は?マイルチャンピオンシップ1着馬を徹底分析

(C) Y.Noda

11月22日に京都競馬場で行われたマイルチャンピオンシップ(GI/芝外回り1600m)は、4番人気のモーリスが大外から豪快に差し切り、GI2勝目を挙げた。春の安田記念に続くマイルGI勝ちにより、現役最強マイラーの評価を確固たるものとした。

モーリスの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

モーリスは父スクリーンヒーロー、母メジロフランシス、その父カーネギーという血統。

スクリーンヒーロー産駒はマイルチャンピオンシップ初制覇となった。

種牡馬としてスクリーンヒーローは地味な存在でしかなかったが、大物モーリスを輩出したことにより評価は揺るぎないものとしつつある。最近はゴールドアクターがアルゼンチン共和国杯を制覇。ミュゼエイリアンやグァンチャーレなど、産駒数が少ない中できっちりと重賞ウィナーを出している。

種牡馬としてのポテンシャルはリーディング上位に引けをとらない。

母メジロフランシスは未勝利に終わったものの、母系を遡ると才能溢れる馬たちに巡りあう。祖母メジロモントレーはアルゼンチン共和国杯やAJCCなど2000m超の重賞4勝。さらに4代母メジロボサツは朝日杯3歳ステークスや、当時2400mで施行されていた函館記念を勝っている。

母系としてのポテンシャルはまずまずといったところ。

モーリスが爆発的な力を発揮する理由として、配合があげられる。

スクリーンヒーローは欧州血統との相性が良い。ミュゼエイリアンは母父エルコンドルパサーで、その母父はサドラーズウェルズ。ゴールドアクターは母母父が仏GⅠ2勝のマナード。そしてモーリスは母父が凱旋門賞馬のカーネギーとなっている。

「ポテンシャルの高い父+ポテンシャルを秘めた母系+相性の良い配合」により、モーリスが誕生したと考えられるのだ。

【次のページヘ】マイルCS回顧〜モーリスを“絶対王者”と呼べる理由とは?

ページ:

1

2

サトノダイヤモンドの血統や将来性は?新馬戦快勝の良血馬の未来を考察

(C)masakin0712

11月8日に京都競馬場で行われた新馬戦(芝2000m)でディープインパクト産駒のサトノダイヤモンド(牡2)がデビュー勝ちを飾った。

ロイカバードとともに“取引価格5億円対決”で注目を集めたレース。スタートから逃げたロードヴァンドールを見る形でレースを進めたサトノダイヤモンドは、直線に入ると一気に加速。他馬を全く寄せ付けない余裕の走りでデビュー勝ちを果たした。

サトノダイヤモンドの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

サトノダイヤモンドは父ディープインパクト、母マルペンサ、その父Orpenという血統。

母のマルペンサはアルゼンチンのGI銀杯大賞(芝2000m)など、GI3勝の名牝。母系は同国の名家であり、上のクラスでやれて何らおかしくないスケール感を持っている。

母父のOrpenはマイラー血統で、フランスの芝1200mのGIモルニ賞を勝っている。ディープインパクトは母父が短距離血統のほうが相性がいい。母は中距離路線で活躍したものの、母父がスピード血統というのは好印象だ。

また、ディープインパクトとダンジグの組み合わせは相性が良いことで知られている。

ディープインパクト産駒の出世頭ジェンティルドンナは母父ダンジグ系。他にもミッキーアイル、ディサイファ、フィエロなどがいる。

さすがセールで2億4000万円の値がついただけのことはある良血馬、ということだ。

【次のページヘ】サトノダイヤモンドの将来性は?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る