カテゴリー:予想・考察・回顧

アルアインの血統や次走、将来性は?皐月賞馬になれた理由

(C)Horse Race Photo Studio

大波乱の主役になったのは、この馬だった。

4月16日に行われた3歳牡馬クラシック初戦の皐月賞(芝内回り2000m)に挑んだディープインパクト産駒のアルアイン(牡3)は9番人気の低評価を覆して1着でゴール板を駆け抜けた。1番人気のファンディーナ(牝3)、2番人気のカナデ(牡3)ら、人気馬は馬群に沈んだ。

アルアインの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

ディープインパクト
ドバイマジェスティ
母の父 EssenceofDubai
母の母 GreatMajesty
性別
馬齢 3 歳
生年月日 2014年5月1日
毛色 鹿毛
馬主 (有)サンデーレーシング
調教師 池江泰寿(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名意味 UAE東部にある遺跡群で、ユネスコ世界遺産。アラビア語で泉の意

血統評価は?

さすがディープインパクト、さすがディープインパクト産駒、という結果になった。

もっとも、正直なところ、かなり意外な結果になった。

というのも、ディープインパクト×ボールドルーラー系という組み合わせは今までほとんど重賞戦線で活躍できていなかったからだ。

レース名 馬名 着順 人気
皐月賞G1 アルアイン 9
毎日杯G3 アルアイン 2
中山牝馬HG3 リーサルウェポン 15 16
弥生賞G2 サトノマックス 6
愛知杯HG3 リーサルウェポン 11 9
シンザンG3 アルアイン 2
府中牝馬G2 リーサルウェポン 12
オータムHG3 リーサルウェポン 12
関屋記念G3 リーサルウェポン 10 17
福島牝馬G3 リーサルウェポン 10 5
中山牝馬HG3 リーサルウェポン 12 5
京都牝馬G3 リーサルウェポン 10 10
共同通信G3 ハートレー 1
愛知杯HG3 リーサルウェポン 5
ホープフG2 ハートレー 3
フラワーG3 リーサルウェポン 8
弥生賞G2 トーセンワープ 12 12
フィリーG2 サクセスセレーネ 16 11

集計期間:2012. 3.11 ~ 2017. 4.16

重賞ウィナーはハートレーのみ。他にはリーサルウェポンが愛知杯で馬券になったくらいだ。さらにハートレーにしても、勝ったのは2歳重賞のホープフルステークス。要するに、3歳以降の重賞で勝った馬はいなかった、ということになる。

もっとも、母系の実力が確かだったことも事実ではある。

母ドバイマジェスティはBCフィリー&メアスプリント(米GI/ダ7F)の勝ち馬で、アメリカの牝馬におけるチャンピオンスプリンターに輝いた実績を持っている。

母がボールドルーラー系、ダートGI馬ということで分かる通り、スピードの持続力に優れた血統をしている。事実、この馬、ディープインパクト産駒にも関わらず、上がり33秒台の脚を使ったことが一度もない。スパッと切れる、というよりいかに持続的な脚を使うか。それがアルアインの生命線になる。

そういう意味で今回はハマったレースだった。高速馬場で前が止まらず、長く脚を使って押し切れるシチュエーションだった。反対に瞬発力型の馬たちにとって、厳しすぎる馬場だったのだ。

なお、前述のハートレーが勝った舞台も、中山芝2000mだった。これは決して偶然ではないだろう。

次走は?

皐月賞を制したということで、当然ながら次走は日本ダービーということになるだろう。

ここで負けていればNHKマイルカップという選択肢もあったが、今となっては周りが許さないはず。

もっとも、ダービーで通用するかというと、かなり疑問符がつく。

前述の通り、今回の皐月賞はかなり持続力が問われるレースだった。一方、ダービーはある程度瞬発力が問われる馬場になるのが通例となっている。東京の長い直線で33秒の脚を使えなければ、上位進出は厳しい。

アルアインがこの試練を乗り越えられるのか、興味深いところだが、血統的な観点から見ると、不安を持たざるをえない……という判断が妥当だろう。


ファンディーナの敗因や次走は?血統から導く皐月賞敗戦の理由

(C)Horse Race Photo Studio

69年ぶりの夢は叶わなかった。

4月16日に行われた3歳牡馬クラシック初戦の皐月賞(芝内回り2000m)に挑んだディープインパクト産駒の牝馬ファンディーナ(牝3)は1番人気に支持されたものの、7着に終わった。

盤石の展開に思われた中、なぜ馬群に沈んでいったのか?

ファンディーナの血統やラップから、敗因を紐解いていくことにしよう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

ディープインパクト
ドリームオブジェニー
母の父 Pivotal
母の母 Glia
性別
馬齢 3 歳
生年月日 2014年3月10日
毛色 青鹿毛
馬主 (有)ターフ・スポート
調教師 高野友和(栗東)
生産牧場 谷川牧場
産地 浦河町
馬名意味 良い夢を(タイ語)。母名より連想

血統評価は?

ファンディーナはナムラシングン(父ヴィクトワールピサ)の半妹。また、ディープインパクト×ピヴォタルという組み合わせを見ると、ワールドインパクトやダノンジェラード、ロジプリンセスがいる。

また、従姉にはEmollient(父エンパイアメーカー)がいて、芝のGIを2勝、ダートのGIを2勝している。

ここから導き出せるのが、「切れるディープインパクト産駒ではない」ということ。

ナムラシングンは父ヴィクトワールピサが立ち回りのうまい器用なタイプで、オールウェザーのドバイワールドカップを勝っていることで分かるように力のある馬場を得意としている……という側面がある。ただ、そういうタイプになったのは母系の影響もあると考えられる。

例えばナムラシングンとファンディーナの母系を見てみると、ボールドルーラーの血が入っている。ボールドルーラーはアメリカの名血で、ダート競馬の本場らしいパワーと持続力に優れた特徴を持っている。持続力の競馬が得意な背景には、ボールドルーラーがある、という風にも解釈できるわけだ。

また、ワールドインパクトやダノンジェラードを見てみると、33秒台の末脚を連発するようなタイプではない。ダノンジェラードに関しては33秒台、ときには32秒台の脚を連発しているように“見える”が、スローペースだったり、展開的な側面が多かったりして、そこまで切れる馬という印象はないし、実際に2、3着が極めて多かった(=勝ちきれていなかった)というのはスパッと切れるタイプではなかったということを示唆している。

また、この3頭、いずれも500キロ前後の馬格を誇っている。ナムラシングンはまだしも、ディープインパクト産駒で500キロというのは大きい部類に入る。

要するに、瞬発力ではなく、パワー型に寄っている、というのがこの血統の特徴と言えるのだ。

皐月賞の敗因は?

では、なぜ皐月賞で敗れてしまったのか? まずはラップを見ていくことにしよう。

12.1 – 10.8 – 12.2 – 11.7 – 12.2 – 12.4 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 11.7
1.57.8

一見、持続力が問われる展開になり、ファンディーナにとって有利なものに見えなくもない。

ただ、注目すべきなのはタイムだ。1分57秒8はレコード。超高速馬場だったことが分かる。

そこで、ファンディーナのキャリアを振り返ってみると、ほとんどこういったレースを経験していなかったことが見えてくる。

デビュー戦 1分50秒0 ※超スローペース
つばき勝 1分50秒6 ※超スローペース
フラワーカップ 1分48秒7

まずデビュー戦、つばき賞に関してはスローペース、上がり3ハロンの競馬になった。逃げて、あるいは番手につけて上がりを33秒台でまとめられるというのは優秀であるわけだが、「速いペースを経験しているか」という観点から見れば「していない」と結論付けられる。

また、フラワーカップに関してもそう。この時期の中山は非常にパワーのいる馬場になっている。このタイムでも十分に優秀な部類だが、逆に言えばこれくらいの時計しか出ないような馬場、ということができる。

要するに今回の皐月賞とは全く違った馬場で結果を出してきたわけで、高速馬場に対応できるかどうかはまた別問題だった、というわけだ。

これが瞬発力型、高速馬場が得意なタイプのディープインパクト産駒だったらいいが、前述の通りファンディーナはそういう馬ではない。どちらかといえばもっと力の求められる馬場が良いだろうし、改修前の中山で行われていた皐月賞みたいなレースのほうがよかったように感じる。

次走は?

ここを勝ってダービーへ――。そういう未来が描かれていたはずだが、この負けにとってそのプランに暗雲が立ち込めたのは事実だろう。

距離云々、条件云々ではなく、時計勝負になるとしたら厳しい、という側面を持った馬なので、ダービーやオークスへいくにしても「時計との戦い」は避けられなさそう。

パワー型のディープインパクト、しかも先行して押し切れるセンスを持っているだけに、そういう条件を選んで走っていくのも一つの手だ。

パッと「合いそうだな」と思うのは馬場のタフになりがちなエリザベス女王杯、牡馬混合で行けば大阪杯や宝塚記念は面白そう。

今回は期待を裏切ってしまったが、持っている才能に疑いの余地はないだけに、彼女の能力を存分に発揮できる舞台で再び輝いてほしいところだ。


皐月賞2017│予想の参考になる血統傾向や人気・データ・枠順一覧

(C)Yusuke Tsutaya

今回は2017年皐月賞の考察をしていきます。

血統傾向や各データ(人気、枠順傾向、ローテーションなど)をまとめました。予想の参考にしていただければ幸いです。

血統傾向

着順 種牡馬 母父馬
ディープインパクト ブライアンズタイム
ディープインパクト フレンチデピュティ
ディープインパクト Orpen
キングカメハメハ サンデーサイレンス
ディープインパクト Storm Cat
ブラックタイド サクラバクシンオー
フジキセキ Cozzene
キングカメハメハ サンデーサイレンス
スペシャルウィーク サクラユタカオー
ローエングリン サンデーサイレンス
シンボリクリスエス スペシャルウィーク
キングカメハメハ サンデーサイレンス
ステイゴールド メジロマックイーン
ディープインパクト Acatenango
ディープインパクト Loup Sauvage

集計期間:2012. 4.15 ~ 2016. 4.17

人気別集計

人気 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 20.0% 50.0% 60 72
2番人気 10.0% 60.0% 51 110
3番人気 20.0% 50.0% 107 97
4番人気 10.0% 30.0% 71 137
5番人気 0.0% 0.0% 0 0
6番人気 10.0% 30.0% 145 109
7番人気 20.0% 20.0% 344 102
8番人気 10.0% 30.0% 309 247
9番人気 0.0% 0.0% 0 0
10番人気 0.0% 10.0% 0 76
11番人気 0.0% 10.0% 0 72
12番人気 0.0% 0.0% 0 0
13番人気 0.0% 0.0% 0 0
14番人気 0.0% 0.0% 0 0
15番人気 0.0% 10.0% 0 211
16番人気 0.0% 0.0% 0 0
17番人気 0.0% 0.0% 0 0
18番人気 0.0% 0.0% 0 0

集計期間:2006. 4.16 ~ 2016. 4.17

※以下、10番人気以内を対象

馬体重別集計

馬体重 勝率 複勝率 単回値 複回値
~399kg
400~419kg 0.0% 0.0% 0 0
420~439kg 0.0% 0.0% 0 0
440~459kg 7.7% 30.8% 131 78
460~479kg 14.8% 29.6% 220 156
480~499kg 9.4% 21.9% 48 53
500~519kg 10.5% 47.4% 88 134
520~539kg 0.0% 0.0% 0 0
540~ 0.0% 0.0% 0 0

集計期間:2006. 4.16 ~ 2016. 4.17

枠番別集計

枠番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1枠 6.7% 26.7% 34 101
2枠 9.1% 27.3% 41 165
3枠 13.3% 33.3% 210 98
4枠 12.5% 25.0% 46 53
5枠 0.0% 40.0% 0 62
6枠 0.0% 15.4% 0 22
7枠 13.3% 26.7% 62 90
8枠 16.7% 33.3% 301 127

集計期間:2006. 4.16 ~ 2016. 4.17

脚質上り別集計

脚質上り 勝率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 28.6% 42.9% 491 212
平地・先行 9.1% 31.8% 89 70
平地・中団 11.8% 27.5% 107 74
平地・後方 0.0% 20.0% 0 133
平地・マクリ
3F 1位 18.2% 54.5% 106 227
3F 2位 18.2% 63.6% 336 229
3F 3位 37.5% 62.5% 138 185
3F ~5位 7.1% 21.4% 103 52
3F 6位~ 3.6% 12.5% 61 40

集計期間:2006. 4.16 ~ 2016. 4.17

間隔別集計

間隔 勝率 複勝率 単回値 複回値
連闘
2週
3週 0.0% 0.0% 0 0
4週 9.3% 30.2% 96 127
5~ 9週 13.0% 28.3% 145 80
10~25週 0.0% 28.6% 0 48
半年以上
初出走他
不明・他

集計期間:2006. 4.16 ~ 2016. 4.17

前走脚質別集計

前走脚質 勝率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 0.0% 0.0% 0 0
平地・先行 15.4% 43.6% 166 167
平地・中団 6.5% 22.6% 34 60
平地・後方 10.5% 21.1% 174 56
平地・マクリ 0.0% 0.0% 0 0
3F 1位 9.7% 29.0% 121 80
3F 2位 16.7% 29.2% 148 128
3F 3位 0.0% 30.8% 0 83
3F ~5位 9.1% 9.1% 131 39
3F 6位~ 9.5% 33.3% 99 114

集計期間:2006. 4.16 ~ 2016. 4.17

前走クラス別集計

前走クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
同クラス 10.0% 28.0% 108 95
昇級戦
降級戦
新馬
未勝利
500万下
1000万下
1600万下
OPEN特別 5.9% 35.3% 101 190
G3 18.2% 27.3% 216 66
G2 8.2% 26.2% 71 78
G1

集計期間:2006. 4.16 ~ 2016. 4.17

前走距離別集計

前走距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
1200m
1300m
1400m
1500m
1600m 0.0% 0.0% 0 0
1700m
1800m 16.3% 30.2% 167 86
1900m
2000m 5.7% 28.3% 69 109
2100m
2200m 0.0% 0.0% 0 0
2300m
2400m

集計期間:2006. 4.16 ~ 2016. 4.17

前走レース名別集計

前走レース名 勝率 複勝率 単回値 複回値
共同通信G3 66.7% 83.3% 795 218
スプリンG2 11.1% 25.9% 90 83
弥生賞G2 5.9% 26.5% 57 75
若葉S 6.3% 37.5% 108 201
きさらぎG3 0.0% 16.7% 0 25
毎日杯G3 0.0% 0.0% 0 0
京成杯G3 0.0% 0.0% 0 0
アーリンG3 0.0% 0.0% 0 0
すみれS 0.0% 0.0% 0 0

集計期間:2006. 4.16 ~ 2016. 4.17
ソート:着別度数順


レーヌミノルの血統や次走、将来性は?桜花賞馬になれた理由

Horse Race Photo Studio

4月9日に行われた3歳牝馬クラシック第1戦の桜花賞(芝外回り1600m)でダイワメジャー産駒のレーヌミノル(牝3)がGI初制覇を果たした。

圧倒的な1番人気にソウルスターリングが支持されたレースだったが、早めに先頭へ抜け出すと二枚腰で後続を振り切り、1着でゴール板を駆け抜けた。

レーヌミノルの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

ダイワメジャー
ダイワエンジェル
母の父 タイキシャトル
母の母 プリンセススキー
性別
馬齢 3 歳
生年月日 2014年4月24日
毛色 栗毛
馬主 吉岡實
調教師 本田優(栗東)
生産牧場 フジワラフアーム
産地 新ひだか町
馬名意味 女王(仏)+冠名

血統評価は?

ダイワメジャー産駒は2歳の短距離重賞に強いものの、3歳になると期待値が下がります。これはダイワメジャー産駒の仕上がりが早いため、その時期に周りと差をつけられることが一つ。そして3歳になるとディープインパクト産駒やハーツクライ産駒といったクラシックで活躍するタイプの馬たちが力をつけてくるため、という2つの理由が大きい。

この馬も小倉2歳ステークスを圧勝しているように、仕上がりが早かった。ということで、本来なら尻すぼみになっていきそうな馬だっただけに、桜花賞馬になったという結果はかなり意外だった。

メジャーエンブレムのように母系が重厚で成長力のある血統ならまだ分かるが、レーヌミノルはそうではない。母父タイキシャトルは、ダイワメジャーと同じような特性を持っていて、基本的には仕上がりの早いスプリンタータイプ。基本的には1200〜1400mがベストというタイプに見える。

ということで、今後は徐々に短距離にシフトしていくと考えられる。

なぜ桜花賞を勝てたのか?

では、なぜベスト条件ではない桜花賞を勝てたのかというと、一番大きな要因はメンバー構成だったと考えられる。

春の牝馬クラシックと言えばディープインパクト産駒とキングカメハメハ産駒だが、前者は1頭しか、後者に至っては1頭も出走がなかった。唯一のディープインパクト産駒カワキタエンカにしても10番人気。しかも非社台馬で“エリート・ディープ産駒”とはいえない馬だ。

では人気になったのは何かといえば、フランケル産駒のソウルスターリング、ハーツクライ産駒のアドマイヤミヤビとリスグラシューだった。

フランケル産駒は当然ながらクラシックでは未知数。ハーツクライに関してはマイル以下のGIで勝ったのはジャスタウェイのみ。そのジャスタウェイにしても、不良馬場というスタミナが問われる条件(=適正距離が長い馬が有利な条件)だった。牝馬で区切れば2000mまで伸ばしても、GIは未勝利という状況にある。

要するに、桜花賞に適性がある馬が例年より少なかったわけだ。その感は、どうしても否めないだろう。

将来性や次走は?

前述の通り、血統的にはあまり伸びしろを見込むのは難しいという気がしてならない。近親にGI実績のある馬はほとんどいないし、ダイワメジャー×タイキシャトルという血統構成を見ても、なかなか難しそう。

あるとすれば、適正距離が短距離にシフトしていったときにどうか、といったところだ。

今後はオークスよりNHKマイルに向かったほうが良さそうだが、陣営はどのような決断を下すのか、注目される。


ジャパンカップでラブリーデイに死角はあるのか?凡走の可能性を紐解く

(C)arima0208

充実期を迎えたラブリーデイ(牡5)がジャパンカップに参戦する。

今年に入ってから充実に一途をたどっている。3000m以上の長距離戦だった阪神大賞典と天皇賞春こそ、馬券に絡めなかったが、中距離路線では6戦6勝。宝塚記念と天皇賞秋を勝ったことで中距離路線では「現役最強馬」の名声を得ている。

そんなほぼ完璧なキャリアを歩んでいるラブリーデイに死角はあるのだろうか?

ラブリーデイの強み

まずはどうしてラブリーデイがこれほど安定したキャリアを歩んでいるのか、振り返っていこう。

ラブリーデイの最大の強みは抜群のレースセンスにある。

今まで25レースを経験しているが、うち21レースで4角5番手以内につけている。4角10番手以下だったのはわずか2回しかない。

・スタートのうまさ
・どんなレースでもいいポジションを取れるセンス

現代競馬で安定して走るために必要な要素を持ち合わせているというわけだ。

池江泰寿調教師は「折り合っているように見えて折り合っていない時があった」とコメントすることもあったが、今年に入って問題をクリアし、競走馬としての完成度が増した。

天皇賞秋でも好スタートから4番手という絶好の位置につけ、直線で後続を引き寄せる余裕を見せた。着差以上の完勝劇だったのは、レースを見た方なら誰もが感じたことではないだろうか。

あのレースを見せられると、「ジャパンカップでも」と思わずにいられなかったはず。

では、そんなラブリーデイに死角はあるのだろうか?

【次のページヘ】ラブリーデイの不安要素とは?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る