カテゴリー:地方競馬ニュース

日本ダービーだけがダービーじゃない!地方競馬でもダービーウィークが始まります


いよいよ明日に迫って来ました日本ダービー!!でも、『ダービー』というのは日本ダービーだけではありません。地方競馬でもダービーウィークが日本ダービー当日の5月31日から始まります。

5月31日に佐賀競馬での九州ダービー栄城賞からスタートし、6月1日岩手ダービーダイヤモンドカップ、6月2日北海優駿(ダービー)、6月3日東京ダービー、6月4日兵庫ダービー、6月5日東海ダービーと各地の競馬場で続けてダービーが開催されます(※ダービーウィークの中には入っていませんが高知では6月28日に高知優駿も行われます)。ここでは、予想ではなく興味を持ってもらえるように各ダービーの注目点を書いていこうと思います。これを読んで少しでも地方競馬のダービーウィークにも注目してもらいたいものです。

日本ダービーと同日に行われるのが九州ダービー栄城賞(佐賀・2000m)。佐賀の3冠路線の第1戦・飛燕賞を勝ったダイリンザンが不在。古馬相手に勝っているイッセイイチダイ、キングプライドが中心となり、そこに中央から移籍後3連勝中のマイネルジャストが挑むという形ですが上位混戦。高知からの遠征馬二頭(リワードへヴン、フォアグリーム)がどこまで食い込めるか?昨年はオールラウンドが勝ったように高知からの遠征馬も侮れない存在です。

岩手ダービーダイヤモンドカップ(盛岡・2000m)は、とにかくロールボヌールの走りに注目。2歳時から岩手競馬では抜けた存在で前走は半年ぶり+59キロという斤量ながら圧勝。しかもタイムは楽な手応えで、前週に行われた古馬重賞・シアンモア記念と同タイム。その強さの為、ライバル視されていたスペクトルも回避しレースは7頭立てに。ロールボヌールは将来的にも楽しみな一頭で同世代では力も抜けていますが、他陣営の馬たちの挑み方に注目したいものです。

北海優駿(門別・2000m)は1冠目の北斗盃を制したオヤコダカが中心。前走で重賞勝ちもある古馬を相手に楽勝し1強ムード。北斗盃で負けたもののトライアルを勝ったフジノサムライ、前走から道営に戻ってきたGDJ2歳シリーズ女王でもあり移籍初戦を2着ながら古馬には先着したジュエルクイーンあたりがオヤコダカ相手にどのようなレースを見せるのかという点は見物です。

東京ダービー(大井・2000m)は大井の的場文騎手が念願のダービー制覇を果たせるかが最大の注目点。中心はストゥディウムなど羽田盃上位馬ですが羽田盃組の中でも逆転の余地は十分にある状況。まだ出走は未定ですがララベル、ティーズアライズの牝馬2頭が参戦すれば更に混戦模様となりそう。羽田盃は敗れたものの東京ダービーTRを勝ったレーザーがどこまで食い込めるかにも注目。

兵庫ダービー(園田・1870m)は2歳時にトーコーヴィーナスを破り無敗で菊水賞を制したインディウムの独壇場と見られていたが兵庫チャンピオンシップで初黒星、更に5着となり初めて地元馬にも先着を許しました。これで菊水賞で敗れたコパノジョージ、オトコギあたりにも逆転の可能性も。トーコーヴィーナスは関東オークスの予定の為不在ですが、直接対決が再び行われるまでインディウムが2冠を達成し主役の座を守りきれるのか?

最後となる東海ダービー(名古屋・1900m)は前哨戦の駿蹄賞を圧勝したハナノパレードが中心と思われますが、ここ最近駿蹄賞の勝ち馬から東海ダービー馬が出ていないというジンクスも。今年はハナノパレード、ミトノレオ、ブラックスキャットと牝馬が中心となっているのも特徴的。ここに笠松・フェードロワやツリーハウス、兵庫から移籍してきたバズーカがどういう走りを見せるか?ハナノパレードはジンクスに勝てるのか?ここに注目です。

ザッと紹介程度にはなりましたが、6つの各地で行われるダービーの注目点を書き上げました。各地の競馬関係者も一度は勝ちたい特別なタイトル!それが『ダービー』。中央で行われている『日本ダービーだけがダービーではない』という事を知ってもらいたいものです。そして、日本ダービーに負けないぐらい白熱したレースになります。なので日本ダービーが終わっても各地で行われるダービーを是非注目してください。


只今、東北の地で奮闘中です!


2012年神戸新聞杯4着、菊花賞でも3着という結果を残し、2013年下鴨Sでは今年の天皇賞・春で3着のカレンミロティック、昨年函館記念を制したラブイズブーシェを破り勝利した事もあるユウキソルジャー。

只今、彼は岩手競馬で奮闘中。その下鴨Sを制した後に屈腱炎を発症し長期休養。14年10月に大原Sで復帰したものの10着に敗れると12月に岩手競馬に移籍。移籍後は2戦続けて中央では未経験だったダートに出走して6着、7着という成績。盛岡での開催となり芝コースでのレースも行われる事となり本日盛岡競馬10R・OROターフ特別(芝1700m)に出走しました。

1番人気に支持されたレースは後方からの追走となり3コーナー付近で追い上げる感じもあったものの終始後方でのレースとなり8着に敗れてしまいました。このレースを勝ったのがヒラボクビクトリー。偶然にもヒラボクビクトリーはユウキソルジャーが勝った下鴨Sで8着に敗れていた馬でした。

今回、芝のレースでも持ち味を発揮できなかったのは残念ではありましたが、まだ3戦目。移籍してからもまだ半年なので今後のユウキソルジャーの巻き返しに期待したいところです。

 

 


高知と金沢で古豪がまだまだ奮闘中。


昨年4月以来の復帰戦は着差以上に強い内容。

本日の高知10Rでエプソムアーロンが1年以上の休み明け初戦。中央OP馬で南関東を経て高知競馬へ移籍(途中兵庫へ移籍)すると高知所属では重賞7勝という活躍。2013年の年末に行われた園田・兵庫ゴールドTでは51キロというハンデも活かして中央馬相手に2着にもなりました。しかし、昨年の福永洋一記念を快勝してから長い休養に。

そんなエプソムアーロンは今年で11歳。しかし、馬体は見る限り年齢を感じさせないもの。復帰戦は中央から移籍初戦の母にスキーキャプテンを持つ良血馬・プランスデトワールや中央で4勝を挙げたキッズニゴウハンという馬たちを相手にスタートからハナに立つと最後まで譲る事なくキッズニゴウハンに1馬身差をつけて勝利しました。勝ちタイムも1.29.6と休み明けにすれ好タイム。強さを見せつける内容で復帰初戦を勝ちました。

今後は、丁度エプソムアーロンが休養している間に高知に新星の如く現れたのがサクラシャイニー。共に現在の高知競馬で代表的な馬であり、この実力馬2頭の対決が実現することを楽しみにしております。

金沢競馬では2010年JBCスプリントなどを制したサマーウインドが移籍後4戦目にして初勝利。中央から道営、金沢、高知、そして再び金沢と移籍。当初は結果が伴っていなかったものの、今年高知で久々の勝利を挙げると今日の勝利で4勝目(高知3勝、金沢1勝)。本日も1番人気に応えて2着に1馬身半差をつける勝利。10歳になりながらもまだまだ元気に奮闘中です。

まだまだ元気な古豪二頭。舞台は変われど活躍する馬たちをこれからも注目し、応援していきたいと思います。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る