カテゴリー:中央競馬ニュース

桜花賞・オークス・秋華賞(2016年)JRAクラシック番付牝馬編/7月第1週

(C)T.T

2016年のクラシックを目指す馬たちの戦いが始まった。日本ダービーが終わり、6月から2歳戦がスタート。すでに牝馬のクラシックで活躍できそうな良血馬がデビューしている。

『競馬TIMES』では“クラシック番付”という形で若駒たちの動向を追跡し、どの馬が台頭してくるのか予想していく。

なお、桜花賞、オークス、秋華賞では求められる要素が違うため、それぞれで必要になる能力に応じたランキングを作成した。今後、定期的にランキングを発表していくのでお楽しみに。

桜花賞編

桜花賞は阪神芝外回り1600mで行われる。とにかく当コースは総合力が求められ、特にスピードと底力がないと乗り切ることができない。

ディープインパクト産駒の“庭”であり、キングカメハメハ産駒などのクラシック血統が力を発揮する。とにかくベタな血統で、瞬発力と底力を持つ馬を上位評価していく。

横綱 エスティタート
大関 メジャーエンブレム
関脇 リリカルホワイト
大関 シャクンタラー
関脇 デアリングエッジ
小結 ―
前頭筆 ―

まだ有力なディープインパクトキングカメハメハ産駒がデビューしていないため、かなり暫定的なランキングとなる。

一番の素質馬はエスティタートか。兄弟にフラガラッハやイリュミナンスを持つ良血馬はデビュー戦を快勝。パフォーマンスはまずまず高かった。父ドリームジャーニーがどこまでやるかは未知数であるものの、期待を持てる1頭だ。

●詳細→エスティタートの血統や将来性は?武豊騎手でデビュー勝ちの素質馬を徹底分析

メジャーエンブレムは新馬戦で牡馬を一蹴。スローペースを前々で押し切った内容はあまり評価できないが、伸びしろはありそう。

リリカルホワイトはオークス3着のアイスフォーリスの妹。父がステイゴールドからダイワメジャーに変わったことで短距離寄りにシフトしていると考えられる。狙うならオークスより桜花賞か。

デビュー戦の内容はイマイチだったが、血統的には一番桜花賞に向いているデアリングエッジも一応ランキングに入れておく。

【次のページヘ】オークス編!桜花賞との違いは?

ページ:

1

2 3

ユートピアが種牡馬繋養先のトルコで死亡!武豊騎手とゴドルフィンマイル制す


2006年にドバイのゴドルフィンマイルを制したユートピアが種牡馬として繋養されていたトルコで死亡したことが分かった。死因は心臓発作と見られる。

ユートピアは父フォーティナイナー、母ドリームビジョン、その父ノーザンテーストという血統。ノーザンファームの生産馬で金子誠オーナーの所有馬としてデビューした。

2歳時から高いパフォーマンスを披露し、全日本2歳優駿を制覇。3歳以降もダービーグランプリ、マイルチャンピオンシップ南部杯などを制し、6歳時にドバイ遠征を行った。ゴドルフィンマイルでは武豊騎手とコンビを組み、日本馬として初めて海外のダート重賞を制覇した。

この勝利が評価され、06年5月にはシェイク・モハメド殿下が率いるゴドルフィンへの移籍が決定。引退後はアメリカで種牡馬入りし、14年にトルコのナショナルスタッドに渡っていた。

【関連記事】
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
悲運の名馬!ベルルミエールがGIや重賞で活躍する可能性大な理由とは?
アンビシャスの血統や将来性は?ラジオNIKKEI賞勝ち馬を徹底分析!
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク


ヴィクトワールピサ産駒クラウンドジャックが未勝利突破!父の産駒はJRA初勝利


7月5日に中京競馬場で行われた1Rの未勝利戦(芝1400m)で1番人気のクラウンドジャック(牡2)が差しきり、2戦目で初勝利を挙げた。

クラウンドジャックは父ヴィクトワールピサ、母ゴールデンジャック、その父アフリートという血統。父のヴィクトワールピサはJRA初勝利となった。

母ゴールデンジャックは重賞2勝でオークス2着という実績を持つ。兄弟に関屋記念、京都金杯、京成杯などを勝ったサイドワインダー、桜花賞3着のプリンセスジャックらがいる血統のため、今後が期待される。

【関連記事】
レディトリスの血統や将来性は?新馬戦勝ちのビリーヴの近親を徹底分析
ゴールドシップが宝塚記念で僕たちに教えてくれた3つのこと
ラブリーデイが宝塚記念を勝てた5つの理由とは?現代競馬で最も重要な能力は…
ポルトフォイユの血統や将来性は?武豊騎手で新馬戦勝ちの素質馬に迫る
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?


エスティタートが新馬戦でデビュー勝ち!ドリームジャーニー産駒はJRA初勝利


7月5日に中京競馬場で行われた芝1400mの新馬戦で1番人気のドリームジャーニー産駒エスティタート(牝2)がデビュー勝ちを果たした。

鞍上に武豊騎手を迎えたエスティタートは2番枠からスタートすると道中3、4番手で競馬を進める。直線では前が詰まるシーンがあったものの、前が開くと一気に加速して前を行ったブンブンブラウを交わした。1着でゴール板を駆け抜けてデビュー勝ち。ドリームジャーニー産駒としてJRA初勝利を挙げた。

エスティタートは父ドリームジャーニー、母スキッフル、その父トニービンという血統。兄弟に中京記念連覇のフラガラッハやアーリントンカップ3着のフェルメッツァらがいる。

【関連記事】
レディトリスの血統や将来性は?新馬戦勝ちのビリーヴの近親を徹底分析
ゴールドシップが宝塚記念で僕たちに教えてくれた3つのこと
ラブリーデイが宝塚記念を勝てた5つの理由とは?現代競馬で最も重要な能力は…
ポルトフォイユの血統や将来性は?武豊騎手で新馬戦勝ちの素質馬に迫る
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?


種牡馬トワイニングが死亡…フサイチアソートやノンコノユメを輩出

(C)阪神サラブレッドクラブ

種牡馬のトワイニングが6月28日、繋養されていたブリーダーズスタリオンステーションで死亡したとサラブレッドブリーダーズクラブが発表した。同日の午後に馬房内で倒れていた。解剖の結果、死因は大動脈破裂だと判明した。

トワイニングは米国産で通算成績は6戦5勝。重賞を2勝している。2001年から2年間、浦河町のイーストスタッドで供用された後、アメリカへ。しかし、2004年から再び日本で種牡馬生活を送っていた。

今年は24歳と高齢だったが、種牡馬として4頭に種付けしていた。代表産駒は東京スポーツ杯2歳ステークスを勝ったフサイチアソート、今年のユニコーンステークスを勝ったノンコノユメなど。

【関連記事】
スウィフトカレントの可能性を探る!産駒に幻のクラシックホースが!?
ハーツクライ産駒の特徴と買い時って?マジェスティハーツから学べ
フェノーメノに待ち受ける熾烈なステイゴールド後継種牡馬争いって?
“隠れダート馬”ハーツクライ産駒が熱い!芝種牡馬なのに砂が得意!?
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない


Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る