カテゴリー:中央競馬ニュース

ハーキュリーズが引退!担当厩務員が語る葛藤と思い出「ショック」と「ありがとう」

(C)arima0208

ディープインパクト産駒のハーキュリーズ(牡7)が8月2日に行われた佐世保ステークス(1600万下/小倉芝1200m)の9着をもって現役生活を終えることになった。

ハーキュリーズは現役生活39戦で4勝ながら2着9回、3着7回という“善戦マン”として知られている。担当する角居勝彦厩舎の高田助手が、思い出と葛藤を明かした。同厩舎のブログで語っている。

高田助手はハーキュリーズに教えられることが多かったという。

「ハーキュリーズといえば、善戦マンのイメージが強いですかね。1000万に在籍しながら1億稼ぐ馬もそうそういないと思います。丈夫で堅実でおとなしくて素直で手がかからない、ホントに担当者孝行な馬でした」

「ただ、勝つ事の難しさを痛感させられたのもハーキュリーズでした。バカ正直だったので、調教での事を覚えてしまい、それ以上のことをしようとしなかったという印象です。ウチの調教の悪い面が出た典型的な例でしょうね」

「追い切りでは、先行してる時は後ろから来るのを待ち、後ろから行く時は追いついた所で交わしたり抜かすことなく並ぶだけ…。追い抜く、突き離すことをせず、待って並んで終わりという調教がそのまま競馬に出てしまっていました。気付いた時にはもう遅く、それからは何をしても解消される事はなかったです」

結果が出なかったことで障害への転向が検討されたり、短距離を使ってほしいという要望が寄せられたりと、試行錯誤を繰り返した。そんな中、ついに引退という決断が下された。

ただし、高田助手は“引退後”に関して複雑な思いを抱えているようだ。

【次のページヘ】ハーキュリーズの引退後の進路〜「ショック」と「ありがごう」

ページ:

1

2

エピファネイアが引退!13年菊花賞と14年ジャパンカップの覇者がターフに別れ

(C)arima0208

2013年の菊花賞と14年のジャパンカップを勝ったシンボリクリスエス産駒のエピファネイア(牡5)が引退することが決まった。所属するキャロットファームが発表している。今後は社台スタリオンステーションで種牡馬入りする。

エピファネイアは父シンボリクリスエス、母シーザリオという血統。シーザリオは日米のオークスを制した名牝であるため、エピファネイアはデビュー前から注目を集める存在だった。

デビュー3連勝で重賞を制覇すると、皐月賞、ダービーでは2着に。春のクラシックのリベンジに燃える秋は神戸新聞杯、菊花賞と連勝してクラシックホースの仲間入りを果たした。

古馬になってからは勝ち星に恵まれなかったが、迎えたジャパンカップでは2着のジャスタウェイを0.7秒ちぎる圧勝劇を演じた。この時の走りは世界的な評価を集め、14年の世界ランキングでジャスタウェイに次ぐ2位にランクインしている。

15年はドバイワールドカップでダートに挑戦したが惨敗。結果的にこれが引退レースとなった。

角居勝彦調教師は「繋靱帯の痛みというのは、どうしても(治癒に)時間がかかる病です。また、治癒したとしても再発の可能性が高く、その後の経過を考えても無理に復帰を考えることがベストとは思いません。非常に無念ではありますが、いつかエピファネイアの子どもたちに携われる日を楽しみにしていますし、自身を超えるような馬を世に送り出してもらいたいと願っています」とコメントしている。

【関連記事】
エピファネイアのドバイWC惨敗は必然?浮かび上がる3つの“準備不足”
なぜエピファネイアのドバイWC挑戦を“批判”するメディアはないのか?
ダートで惨敗のエピファネイア、角居調教師は「今後は芝を中心に使う」
藤田伸二騎手の苦境!成績低迷の原因と現在地とは?チラつく引退の二文字
ゴールドシップは引退レースを“伝説”にするために前振りをしたに違いない


ウインバリアシオンのお披露目会が開催!スプリングファームで種牡馬入り後初めて公の場に

(C)Sleep

青森県軽種馬生産農業協同組合は今年引退して種牡馬入りしたウインバリアシオンの展示会およびお披露目会を8月30日に開催すると発表した。

開催の経緯に関しては「近隣の生産者や熱心なファンの方々に元気な姿を見ていただきたいという所有者の方の希望と熱い思いが形となりました」とのこと。

当日は馬が落ち着いていれば写真撮影も可能。日程は8月30日の14時〜15時を予定している。

ウインバリアシオンは5月3日に行われた天皇賞春(GI/芝3200m)で左前浅屈腱不全断裂により競走能力喪失と診断されたことで引退が決まった。当初は乗馬になる予定だったが、種牡馬入りのオファーがあり、青森のスプリングファームで第2の馬生をスタートすることになっていた。

【関連記事】
ウインバリアシオンが青森で種牡馬入り決定も…待ち受ける厳しい現実
稀代のバイプレーヤー!ウインバリアシオンとステゴ産駒の“闘争”の歴史
ウインバリアシオンが種牡馬になれなかった“事情”…経営方針と血の飽和
ウインバリアシオンは乗馬へ…JRA発表は行き違い「種牡馬入り困難」
ハービンジャーは失敗種牡馬なのか?伸び悩む産駒たちと今後への期待


白毛馬マーブルケーキが降級戦を制し3勝目!ブチコやユキチャンの兄弟

(C)minafl

7月26日に福島競馬場で行われた3歳以上500万下のダート1700mで白毛馬マーブルケーキ(牝4)が3勝目を挙げた。

降級初戦で2番人気に支持されたマーブルケーキはスタートから先行すると、直線では叩き合いを制してゴール。3勝目を挙げた。

マーブルケーキは全国的に珍しい白毛馬の1頭。しかもマーブル模様という極めて珍しい特徴を持っている。母のシラユキヒメはブチコやユキチャンらを輩出。これで母の産駒の通算勝利数は15(地方含む)となった。

【関連記事】
シュウジの血統や将来性は?中京2歳ステークス1着馬を徹底検証
シャドウアプローチはきっと強いよ?今後に注目したい理由
ダービーフィズの血統や将来性は?函館記念1着馬を徹底分析
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
あなたは1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?


レガッタが引退!母スイープトウショウの良血馬が無念の登録抹消

(C)minafl

ディープインパクト産駒のレガッタ(牡3)が引退したことが分かった。7月23日の時点で登録が抹消されている。

レガッタは2014年11月、京都芝外回り1800mで行われた新馬戦でデビュー。福永祐一騎手を背に快勝を収めた。しかし、きさらぎ賞で4番人気に、若葉ステークスで3番人気に支持されたが、いずれも馬券に絡むことができなかった。その後、詳細は明かされていないが登録が抹消となっている。

レガッタは父ディープインパクトに加え、母がGI3勝のスイープトウショウという良血馬。近親にはトウショウフリーク、トウショウカズンといった活躍馬がいる。

偉大な母を持つこともあって将来が期待されていたが、無念の登録抹消となってしまった。

【関連記事】
シャドウアプローチはきっと強いよ?今後に注目したい理由
ダービーフィズの血統や将来性は?函館記念1着馬を徹底分析
タニセンビクトリーが達成した史上初の快挙とは?将来性を探る
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
あなたは1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る