カテゴリー:中央競馬ニュース

YouTuberヒカルが宝塚記念2017で1320万円を賭けることが決定!予想法は?

画像はヒカルチャンネルの当該動画より

6月25日に行われる春競馬の総決算“グランプリ”宝塚記念で「1000万円を賭ける」と宣言した人気YouTuber(ユーチューバー)のヒカルさんが、総額1320万円を賭けることが決定した。

ヒカルさんは祭りの「景品くじ」に当たりがあるのかどうかを、くじを買い占めて検証する動画などで一躍“時の人”となった人気YouTuber。登録者数は200万人を超え、今もっとも勢いに乗っている若者世代の“カリスマ”だ。

そんなヒカルさんは16日に新たな動画を公開。「宝塚記念で1000万円を賭けます」と宣言していた。正確には320万円を賭け、残りの1000万円は当該動画の「いいね」が10万を超えれば、合計1320万円を賭けるというものだった。

結果、20日を迎えた段階で「いいね」数は10万を突破。ヒカルさんが宝塚記念で1320万円を使うことが確定した。

なお、買い目はヒカルさんが決めるのではなく、視聴者投票によって決定する。

企画概要

予算 320万円+1000万円

・1番人気の単勝に100万円
・1~3番人気の3連単に100万円
・1~5番人気の3連単をボックス買いで60通りに120万円

さらに、動画の高評価数が10万を超えた場合、特別ルールとして1000万円を賭ける。

買い目は以下の選択肢の中から、グッドボタンの数が多かったものを選ぶ。

1 キタサンブラック単勝に高評価が1番つけば単勝に1000万

2 キタサンブラック流しに高評価が1番つけば
キタサンブラックが一着の時の3連単全てに1000万(90通り)

3 キタサンブラック3連単軸一頭マルチに高評価が1番つけば
キタサンブラックが絡む全通りに1000万(270通り)

4 キタサン外し単勝に高評価が1番つけば
キタサンブラック以外の全ての馬に単勝100万掛けで計1000万

5 キタサン外し3連単に高評価が1番つけば
キタサンブラック以外の全ての馬が絡む3連単に1000万


前代未聞!YouTuberのヒカルが宝塚記念で1320万円を賭けると宣言

画像はヒカルチャンネルの当該動画より

前代未聞の宣言に、注目が集まっている。

祭りの「景品くじ」に当たりがあるのかどうかを、くじを買い占めて検証する動画などで一躍“時の人”となったYouTuber(ユーチューバー)のヒカルさんが、宝塚記念に「1000万円用意しました」と宣言した。しかも馬券は本人ではなく、視聴者の投票によって決めるという。

宝塚記念は6月25日に行われる春競馬の総決算、グランプリだ。キタサンブラック(牡5)が大阪杯、天皇賞春に続き、“春古馬GI三冠”を達成するかどうか注目されている。

そんな中、登録者数200万人を超える人気YouTuberもグランプリに“参戦”することになった。

ヒカルさんの発表によると、馬券は以下の方法によって決めるという。

企画概要

予算 320万円+1000万円

・1番人気の単勝に100万円
・1~3番人気の3連単に100万円
・1~5番人気の3連単をボックス買いで60通りに120万円

さらに、動画の高評価数が10万を超えた場合、特別ルールとして1000万円を賭ける。

買い目は以下の選択肢の中から、グッドボタンの数が多かったものを選ぶ。

1 キタサンブラック単勝に高評価が1番つけば単勝に1000万

2 キタサンブラック流しに高評価が1番つけば
キタサンブラックが一着の時の3連単全てに1000万(90通り)

3 キタサンブラック3連単軸一頭マルチに高評価が1番つけば
キタサンブラックが絡む全通りに1000万(270通り)

4 キタサン外し単勝に高評価が1番つけば
キタサンブラック以外の全ての馬に単勝100万掛けで計1000万

5 キタサン外し3連単に高評価が1番つけば
キタサンブラック以外の全ての馬が絡む3連単に1000万

まさに前代未聞の企画となった。

果たして、ヒカルさんはいくら賭けることになるのか。視聴者はどのような買い目を選ぶのか? 締め切りは宝塚記念がある6月25日まで。なお、動画の高評価数は動画が掲載された16日の時点で5万を超えている。


ムスカテールが引退!血統や戦績は?マヤノトップガン産駒最後の大物

(C)arima0208

2013年の目黒記念(GII/芝2500m)などを制したマヤノトップガン産駒のムスカテールが引退した。6月3日付けで競走馬登録を抹消したとJRAが発表している。今後はJRA馬事公苑で乗馬となる予定。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

マヤノトップガン
シェリール
母の父 サンデーサイレンス
母の母 ジェドゥーザムール
性別
馬齢 9歳
生年月日 2008年4月18日
毛色 黒鹿毛
馬主 吉田勝己
調教師 友道康夫(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名意味 銃士(仏)

賞金

総賞金 219,693,000
内付加賞 3,193,000
収得賞金(平地) 94,500,000
収得賞金(障害) 0

戦績は?

ムスカテールは新馬戦からダートで連勝後、芝のレースに挑んだ。プリンシパルステークス(5着)、白百合ステークス(4着)、セントライト記念(9着)と勝ち負けにこそ絡めなかったが、OPレベルで好走できる力があることを証明すると、鳴滝特別で芝初勝利を挙げる。

4歳夏から本格化し、秋のアルゼンチン共和国杯と日経新春杯で2着と好走。芝の中距離路線で注目の一頭になる。天皇賞春では結果が出なかったが、続く目黒記念では待望の重賞初制覇を果たした。

その後はダートにも矛先を向け、2014年の川崎記念ではホッコータルマエに次ぐ2着に。以降は芝、ダート問わずに出走していた。最後の勝利は2015年のメトロポリタンステークス。

ムスカテールは“マヤノトップガン産駒最後の大物”と言える1頭でもある。芝の中距離〜長距離で活躍した父と同様の路線で奮闘していた頃は、偉大な父の姿と重ねて応援していたファンも多かったはずだ。

全競争成績・結果

日付 レース名 着順 人気
2017.5.28 目黒記念HG2 14 18
2017.5.7 新潟大賞HG3 14
2017.2.18 ダイヤモHG3 12
2016.12.25 有馬記念G1 14 16
2016.12.3 金鯱賞G2 12
2016.11.6 アルゼンHG2 11 10
2016.9.4 新潟記念HG3 16
2016.7.10 プロキオG3 14 15
2015.5.31 目黒記念HG2 10
2015.4.25 メトロポH 7
2015.4.5 産経大阪G2 11 13
2014.9.28 オールカG2 10 11
2014.6.1 目黒記念HG2 7
2013.11.30 金鯱賞G2 4
2013.11.3 アルゼンHG2 2
2013.9.22 オールカG2 3
2013.5.26 目黒記念HG2 4
2013.4.28 天皇賞春G1 16 7
2013.3.23 日経賞G2 7
2013.1.13 日経新春HG2 1
2012.11.4 アルゼンHG2 3
2012.10.6 オクトH1600 1
2012.9.2 新潟記念HG3 11
2012.7.8 木曽川特1000 2
2012.6.23 京橋特別1000 1
2012.6.9 三田特H1000 4
2012.1.15 初富士H1600 4
2011.12.24 元町SH1600 1
2011.11.12 比叡S1600 1
2011.10.15 鳴滝特別1000 1
2011.9.18 セントラG2 9
2011.5.28 白百合S 4
2011.5.7 プリンシ 9
2011.4.3 500万下* 1
2010.12.5 新馬 3

集計期間:2010.12. 5 ~ 2017. 5.28


競馬場への未成年・子どもの入場制限法案を民進党が作成…識者の反応は?


競馬場などに未成年者が入場できないようにする施策の実施などを求める法案の原案を民進党がまとめていることが分かった。NHKの報道によれば、競馬やパチンコなどの事業がギャンブル依存症の防止に配慮されて行われるよう、国や自治体に対して必要な施策を講じることを求めていくという。

特に求めているのは……

・競馬場などに未成年者が入場できないようにすること
・一定の期間、馬券の購入やパチンコなどに費やす金額を制限できるシステムの整備

5月中にも法案をまとめたい考えだ。

競馬場はカジノではなく遊園地

JRAが子どもに馬券の購入を推奨しているという事実は、当然のことながらない。

しかしながら、家族で一緒に楽しめる施設として認知してもらえるよう、様々な試みを行っている。例えば以下は、東京競馬場における子供向けのイベントやサービスだ。(JRAより引用)

イベント名 東京競馬開催日
土曜 日曜
馬とのふれあいイベント
 誘導馬のお出迎え
 馬の放牧(乗馬センター)
 馬車馬の放牧(ローズガーデン)
 馬車の運行
 アトラクションホースショー
 体験乗馬
 馬とのふれあい
お子様向け遊具・サービス
 空飛ぶ「ディープインパクト馬像」に乗って写真を撮ろう!
 ターフィーグリーティング
 ミニ新幹線運行
 フアフアターフィー
 JRA-DOME
 フアフアレインボーランド
 馬シャ馬シャパーク
 海賊船ダービー号
 アンパンマンの石像
 ベビー・チャイルドルーム

このように、いまでは家族として利用しやすいエンターテインメント施設、という側面もある。決してギャンブラーだけの施設ではないのだ。

競馬ファンの不満噴出「さすが民進党」

突如浮上した子どもの競馬場への入場制限法案に波紋が広がっている。SNS上では競馬ファンの不満が噴出。現在、子どもは競馬場に入場できるものの、馬券の購入など、ギャンブルに関わることを行うことはできない。直接的に競馬場への入場とギャンブルが結びつくわけではないことから、「さすが民進党」「これはひどい」と、法案を皮肉る投稿が続出している。

識者も首を傾げる“トンデモ法案“

競馬ファンのみならず、競馬関係者からも困惑や呆れの声が上がっている。

競馬評論家の須田鷹雄さんは「競馬場への未成年者入場規制は香港やシンガポールがやっているが、かといってそこで競馬由来の依存症が少ないというデータはない。そもそも子供が競馬場に入場しなければ依存症が減るという理論構成が分からない。なんとなく時流に乗ろうと思った民進党がなんとなく思いついた程度の案なんだろうが」と疑問を呈す。

さらに「これに対する怒りの声が私のタイムラインにも流れてくるが、所詮は民進案。民進党が競馬ファンの票を失えばそれでいい。ただ、競馬の敵は眠っていないという点については油断なく備えなければならない」「ちなみにグリーンチャンネルの契約世帯が30万世帯強。GCH契約するってそこそこのコアファンで、それだけでもこの数。民進党が石を投げた相手は彼らが思っているよりデカい」と、多くの競馬ファンを敵にしたと指摘。

また、グリーンチャンネルでキャスターを務める小堺翔太さんは「私は小さい時に祖父に競馬場に連れていってもらった事が今の仕事にも繋がっています。子供の頃に競馬場でレースを見て、騎手になろうと夢を抱き実現させた方が沢山います。日曜日の競馬場にはレジャーシートを広げる家族連れの姿だってあります。そういう場所である事も見つめていただきたいですね」と、見解を示す。

ファン、識者の多くが疑問を呈す法案の作成は、今後も波紋を広げていきそうだ。


クリプトグラムが骨折で半年以上の休養へ!目黒記念制覇の矢先に…

(C)minafl

目黒記念を制したクリプトグラム(牡4)が左前とうこつ遠位端骨折を発症したとJRAが発表した。6カ月以上の休養を要する見込み。

キャロットクラブの公式HPによると、1日の朝に歩様の乱れがみられ、検査を受けたところ、故障が判明した。今後は放牧へ出され、北海道で手術を受ける予定となっている。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る