カテゴリー:コラム

ロードカナロアの偉大さを痛感…最強スプリンター誕生の条件は?


3月29日に中京競馬場で行われた高松宮記念は、香港馬のエアロヴェロシティ(騙7)が勝利を収めた。スプリント大国香港の力を見せつけた一方、日本馬にとっては力の差を痛感させられたレースとなった。

日本の競馬ファンは少なからず、悔しい思いをしたのではないだろうか? そして同時に、ある共通の想いを抱いたはずだ。

ロードカナロアって凄かったんだな、と。

2013年、日本史上最強のスプリンターが引退して以降、スプリント界は混沌としている。それほど、ロードカナロアという馬は偉大で特別な存在だったのだ。

今、改めてロードカナロアという名馬を振り返りたい。

スプリント戦で脅威の複勝率100%

1200mはとても難しい距離だ。少しの出遅れ、少しの不利が命取りとなる。

そんな中、ロードカナロアの生涯成績は(13−5−1−0)。なんと生涯、一度も複勝圏を外したことがなかった。唯一の3着はGIの高松宮記念だから、どれほど安定して走っていたかが分かる。

史上最強牝馬の1頭として生涯連対率100%のダイワスカーレットが挙げられるように、「絶対的な安定感」というのは「絶対的な実力の証明」と言い換えられる。

あのサクラバクシンオーでさえ、スプリンターズでは6着に敗れている。また、マイル戦では馬券圏外に消えることが多かった。

「絶対的な安定感」という意味で、ロードカナロアの右に出るものはいないわけだ。

香港スプリント連覇という大偉業

ロードカナロアを語る上で欠かせない実績といえば、香港スプリントの連覇だろう。

かつて、香港スプリントは凱旋門賞に匹敵する「高い壁」だった。

日本のサラブレッドの生産は芝の中距離馬に偏っている。芝2400mの日本ダービーが「ホースマンが目指す頂」だからだ。一方、香港やオーストラリアはスプリント戦に比重が置かれている。

日本はただでさえスプリンターが出にくい土壌にある。だからスプリンターがピラミッドの頂点にいる香港のスプリントGIを勝つなど、一昔前までは「夢のまた夢」だった。事実、2011年まで香港スプリントに14頭の日本馬が臨んだが、最高順位はカレンチャンの5着。ほとんどの馬が二桁着順に敗れていた。

「香港スプリントを制するのは凱旋門賞で勝つより難しい」

一時期はそう言われたものだ。

しかし、ロードカナロアは「夢のまた夢」と思われた快挙をいとも簡単に達成した。しかも2年連続。さらに2年目は5馬身差という考えられない着差で圧勝してみせた。

2着のソールパワーは後に英国の短距離GIを2勝、香港GIを1勝した。5着のスターリングシティは翌年のドバイゴールデンシャヒーンを制覇。ラッキーナイン、スレードパワーも後にGIを勝っている。決してレベルの低いメンバーではなかった。

ロードカナロアという馬がいかに特別で偉大だったか、今振り返っても痛感させられる。

ロードカナロア級の馬を育てるために……

ここまで偉大なスプリンターは今後、なかなか出てこないだろう。日本が芝2400mに比重をおいている限り、どうしても短距離やダート界は手薄になってしまう。


ただ、ロードカナロアが出たのだから、「絶対に現れない」と断言することはできない。むしろ、スプリンターが生まれにくい環境の中でロードカナロアという怪物が出たことをプラスに捉えるべきだろう。

彼を生んだ最大の要因は安田隆行調教師にあったと感じられる。安田隆行厩舎はスプリンター育成のスペシャリスト集団だ。

ロードカナロア以外にもカレンチャンやダッシャーゴーゴー、レッドオーヴァルといったスプリンターを数多く輩出している。彼らのような特定の距離に特化した厩舎があってもいいと思うし、そういう厩舎で花咲く馬も出てくるはずだ。

何より馬の距離適性を把握して中途半端に中距離で走らせるようなことをしなかったのは、ある意味“英断”といえる。おそらくロードカナロアくらいの能力があればマイルや中距離でもそこそこやれたはずだ。そんな中でスプリント路線に絞って育て上げたからこそ、史上最強スプリンターは完成したと考えられる。

日本ではどうしても芝の中距離を勝った馬が称賛される傾向にある。種牡馬ビジネスを考えても、高松宮記念馬より天皇賞秋馬のほうが重宝される。

ただし、馬が持っている可能性はそれぞれ違う。

幸い、近年はレースの選択肢が海外へ広がった。今春、多くの日本馬がオーストラリアやドバイに渡ったように、レースの選択肢は多い。馬の適正を見極め、適切なレースに使っていくことができれば、いずれは第2のロードカナロアも出てくるのではないだろうか?

いずれにしても、ホームで海外勢にやられるというのは悔しいことだ。香港馬に太刀打ちできるような、世界で活躍できるような、新たなスプリント界のエース誕生に期待したい。


なぜクロフネ産駒はダート重賞で勝てなかったのか?競馬界の七不思議

(C) karasi gj

競馬界の“七不思議”といえる記録にピリオドが打たれた。

3月29日に行われたダートのGIII競走マーチステークス(1800m)でクロフネ産駒のマイネルクロップが勝利を収めたのだ。

丹内祐次騎手、飯田雄調教師にとって嬉しい重賞初制覇となったが、驚くべきことにクロフネ産駒も中央のダート重賞を制したのはこれが初めてだった。

このニュースを聞いて「え、うそ!?」と思った競馬ファンは多かったことだろう。なにせクロフネといえばジャパンカップダートで歴史的な大勝を収め、「日本競馬史上最強のダート馬」として名前が上がる超A級のダートホースだったからだ。

なぜ今までクロフネ産駒はダート重賞で勝てなかったのか? 今回はその謎に迫ってみたい。

散々なダート重賞成績

クロフネ産駒はダート適性が低いわけではない。事実、3月30日現在、芝ダート合わせて954勝を挙げているが、内訳は芝が287勝に対し、ダートが667勝だ。

つまり、圧倒的にダートの勝ち星の方が多い。これでダート適正が低いというのは無理がある。

しかし、事実としてダート重賞では結果が出ていなかった。マーチステークスが始まる前までの成績は(0−4−3−44)。実に51頭が出走していたが、1頭も勝ち星を挙げられなかったのだ。

産駒はパワー不足?

明確な理由は神のみぞ知るといったところだが、今回は仮説を立ててみることにしよう。

例えば、

・クロフネ産駒は総じてパワーよりスピードが優れている
・新馬、未勝利クラスならそこそこのパワーとスピードで押し切れる
・重賞クラスになるとパワー不足を露呈する

という説が有力ではないかと私は考えている。

クロフネはジャパンカップダートを圧勝したイメージが強い。しかし一方でNHKマイルカップを制した芝のGI馬でもある。芝はダートよりスピードが求められる。だからクロフネはもともとスピードのポテンシャルを秘めていたことになる。

種牡馬としてスピードを伝える一方、ダートの一流馬になるためのパワーを伝えきれていない――。

そんな現実が生んだ不思議だったのではないだろうか?

種牡馬クロフネの真の姿とは?

ではクロフネ産駒はどんな条件が最もあっているのか? この答えはクロフネが生んだ大物たちを見ればすぐに分かる。以下はGIを制した産駒の一覧だ。

フサイチリシャール 朝日杯フューチュリティステークス
スリープレスナイト スプリンターズステークス
カレンチャン スプリンターズステークス、高松宮記念
ホエールキャプチャ ヴィクトリアマイル

いかがだろうか? もうお分かりだろう。

勝ったGIはすべて芝の短距離。そう、クロフネは芝のスプリンターを生む種牡馬なのだ。

ダートで求められるパワーより、芝で必要なスピードを伝えているのであれば、この傾向も納得がいく。


ダート馬、ダート種牡馬という印象の強いクロフネであるが、最も向いているのは芝1200〜1600mなのだ。

ケチャップの瓶はとれた

以上のように、クロフネはダート種牡馬というより芝の短距離種牡馬というのがデータから見る“真実”だ。

もっとも、ダートが向いていないわけではない。今後、活躍馬を出す可能性は十分にある。

不思議なほど解けなかった難問が、あることをきっかけにスラスラ解けるようになる、というのはよくあることだ。

サッカー日本代表の本田圭佑選手は得点が決まらない時、「ゴールはケチャップのようなもの。出ないときは出ないけど、出るときはドバドバ出る」と語った。(※ちなみに元ネタは元オランダ代表の名ストライカー、ルート・ファン・ニステルローイのもの)

クロフネも長らく解けなかった呪縛が解けた。この重賞勝利がケチャップの瓶の蓋をあける合図だったとしたら、今まで勝てなかったことが不思議になるほどの現象が起こるかもしれない。そんな未来も期待しつつ、クロフネ産駒の今後に注目したい。


ドバイワールドカップデー惨敗の日本馬の敗因と煽り報道の是非を考える

(C)Waseem BKH

3月28日、アラブ首長国連邦のドバイ、メイダン競馬場でドバイワールドカップデーが開催された。日本馬はドバイワールドカップに出走したエピファネイア(牡5)が9着、ホッコータルマエ(牡6)が5着、ドバイシーマクラシックに出走したワンアンドオンリー(牡4)が3着、ハープスターが8着、そしてUAEダービーに出走したゴールデンバローズ(牡3)が3着、タップザット(牡3)が5着、ディアドムス(牡3)が8着という結果に終わった。

去年はジェンティルドンナとジャスタウェイが勝利し、日本馬が大活躍だった。今年はなぜ、多くの馬が活躍できなかったのか? 改めて振り返っていきたい。

世界的なダート馬が生まれにくい環境

ドバイワールドカップとUAEダービーに関しては明確な答えがある。

残念ながら、まだ日本のダート馬は世界のトップレベルとは差があるのだ。これが現実と言わざるを得ない。

日本の芝馬、特に芝中距離路線は世界でもトップクラスの実力と層の厚さを誇っている。

凱旋門賞こそ、適正の違いによって制覇に至っていないが、ホームグランドで行われるジャパンカップではもはや外国馬は相手にならない。また、ドバイにおけるジェンティルドンナやジャスタウェイの勝利、オーストラリアにおけるアドマイヤラクティやリアルインパクトの活躍を見れば、芝路線のレベルの高さは明らかだ。

事実、海外における日本調教馬の芝GI優勝回数は26回に上っている。

一方、残念ながらダート馬は海外で活躍できていない。GI勝利回数はいまだにゼロ。今までの最高成績(ドバイワールドカップ2着)を残したトゥザヴィクトリーはもともと芝のGI馬である。日本と海外ではダートの質が違うため、一概に日本馬のレベルが低いということはできないが、残念ながらトップレベルにあるとは言えない。

理由はいくつも考えられる。例えば日本の血統がサンデーサイレンス系に偏りすぎている点だ。サンデーサイレンス系は芝の中距離を得意とするため、ダートが苦手な馬が多くなる(=ダートのレベルが低くなる)のは仕方がない。

また、そもそも日本のホースマンたちが最初に目標に掲げるのは「日本ダービー制覇」である。日本ダービーを勝つための馬作り(=芝中距離で勝てる馬作り)が行われているため、世界で通用するダート馬が生まれにくい環境にあるのだ。

今後は、特に3歳ダート路線の整備を行わないと、ダート馬のレベルはなかなか上がっていかないだろう。

ただゴールデンバローズの3着は嬉しいニュースだった。UAEダービーのペースは先行勢に辛いものだった。そんな中で3着に粘ってみせた。おそらく適正距離はもっと短いだけに、マイル前後であれば世界で戦えるのではないだろうか?

今回の結果にめげることなく、再び果敢に海外へ挑戦し、ダートGIを制するシーンが見てみたい。

エピファネイアの惨敗は残念だが必然

エピファネイアの惨敗に関しても触れなければならないだろう。

まず、下記の記事を読んでいない方は、先に目を通してほしい。

なぜエピファネイアのドバイWC挑戦を“批判”するメディアはないのか?

ここで書いたように、芝GI馬がいきなりダートGIで結果を出すのは極めて困難なことだ。

大前提として、芝とダートでは求められる能力が全く違う。

芝では瞬発力やスタミナが重要になるが、ダートで求められるのはパワーだ。そして砂をかぶってもひるまないような根性や経験も必要となる。

だから芝適性の高い馬や、芝のレースを使われ続けてきた馬はたとえGI級の力を持っていたとしても、ダートで惨敗するケースが多々見られる。カレンブラックヒル、トゥザグローリー、グランプリボス、リーチザクラウン、ローエングリンといった芝GIで好走経験のある馬のダート挑戦の歴史を振り返れば、厳しさは明らかだろう。(上記の記事より引用)

言ってみれば芝とダートは、バレーボールとビーチバレーくらい違う。


言ってみれば芝とダートは、バレーボールとビーチバレーくらい違う。

バレーボールのオリンピック金メダリストがビーチバレーでいきなり活躍できるかというと、必ずしもそうではない。バレーボールの実力は折り紙つきで身体能力も高いはずなのに、足元が砂というだけで全く違う競技になる。

競馬でも同じことが言えるのではないだろうか?

エピファネイアの挑戦は残念な結果に終わった。しかし、今回に関しては「仕方なかった」と割り切るべきだろう。芝に戻れば大将格であることに変わりはない。今回、海外遠征の経験を詰めたとプラスに捉え、さらなる挑戦にトライしてほしい。

復活へ手応えを得たワンアンドオンリー

ゴールデンバローズとともに、日本馬の中で健闘したのがワンアンドオンリーだ。

昨年の日本ダービーで勝って世代の頂点に立ちながら、秋は不甲斐ない成績に終わった。特に古馬GIの成績が振るわなかったため、ここでも厳しいと思われていたが、大健闘の3着となった。

昨年の秋は完全に使い詰めのローテーションで馬がかわいそうだった。しっかりと間隔を空けて大事に使えば一級戦で戦える力はあるということだ。

今後はキングジョージへ向かう可能性が高いという。ぜひ実現し、父の無念(3着)を晴らしてほしい。

適正距離を見誤った? ハープスターの惨敗

最後にハープスターについて。

ハープスターは過剰人気馬の典型?“華やかさとリスクの代償”に迫る


大前提として1番人気というのは明らかに過剰人気だった。3歳牝馬限定GIの桜花賞を制したあとはオークスで敗れ、凱旋門賞やジャパンカップ、さらに京都記念でも健闘止まり。そんな馬が世界の強豪より人気を得ていたというのだから、少しかわいそうだった。

敗因はいくつも考えられるが、やはり距離の問題が大きいように思う。

馬齢が若いうちは長い距離に適応できる。だから凱旋門賞やジャパンカップでも上位に入選できた。しかし、古馬になるとだんだん距離の融通がきかなくなってくる。

特に母父のファルブラヴは短距離馬を出す傾向にある。エーシンヴァーゴウ、フォーエバーマーク、アイムユアーズ、ブルーミンバーなど、活躍しているのはほとんどが2000mより短い距離(というかマイル以下)で走る馬だ。母系に入ってもその色が濃く出てしまう可能性は十分にある。

幸い、彼女にはヴィクトリアマイルという“最適のレース”が用意されている。厳しいスケジュールの中で迎える帰国初戦ではあるが、適正を見極める上でこれ以上のレースはない。内容を見て、今後の路線を適切に判断してほしい。

煽り報道の是非

こうして冷静に振り返ると、どの馬も不安要素を抱え、厳しいシチュエーションに置かれていたことが分かる。

日本馬が海外へ挑戦するというニュースは嬉しいし、一人の競馬ファンとして応援したいと思う。ただ、今回もマスコミの報道は煽る内容のものが多かったように映った。(これはあくまでも私の主観であるため、「違う」という意見はあって当然だし、そういった意見は素直に受け入れたい。)

サッカーや野球でもそうだが、煽るだけの報道に価値はあまりない。冷静な分析も必要になってくる。

ファンとしては煽られれば煽られるほど、期待値は高くなる。期待値が高くなれば、裏切られた時の落胆も大きくなる。

「日本馬の海外遠征を盛り上げる」というのはいい姿勢だし、必要なことだ。しかし一方で「現実的には◯◯」という冷静な意見がもっと必要だったのではないだろうか?

もちろん、無理やり批判しろということではない。「そういう考え方もある」ということを示すことで議論が生まれることに価値がある。そして、それがメディアの一つの大きな役目である。

来年も、あるいは今年もまだまだ日本馬は海外に挑戦していくことだろう。ワンアンドオンリーはキングジョージへ向かうし、キズナは凱旋門賞への再挑戦を表明している。彼らが挑戦する際には競馬を盛り上げることに加え、色々な角度からの意見が必要になってくるのではないか。そうしていくことで競馬という文化はより一層、広がっていくと思う。

そんなことを考えた、今年のドバイワールドカップデーだった。


三浦騎手の果敢さに拍手!UAEダービーで垣間見えた“大器の片鱗”

(C)arima0208

UAEダービー(首GII/ダート1900m)が3月28日に行われ、日本からゴールデンバローズ、タップザット、ディアドムスの3頭が挑戦した。結果はゴールデンバローズの3着が最高という結果だったが、一つのレースとしてとても興味深かった。

ムブターヒジの圧倒的な強さに世界の広さを感じたし、ゴールデンバローズの頑張りに日本のダート競馬の未来を見た。

そして今回は日本の若武者の強気な騎乗にスポットを当てたい。ディアドムスに騎乗した三浦皇成騎手である。

海外で貫いた“果敢さ”

注目の場面は1コーナーで訪れた。好スタートを切ったディアドムスはタップザットとゴールデンバローズとともに先団を形成して1コーナーを迎える。体制は決したかに思えたが、ここで問題のシーンが発生する。

かかり気味に上がってきた4番のサーフィーバー(ビュイック騎手騎乗)が、内から強引に馬体を寄せてポジションを奪いに来たのだ。

miura1

海外では当たり前の光景であるものの、日本ではここまで強引に馬体を寄せるシーンはめったにない。強引なポジション争いに慣れていない日本人騎手は手綱を引いてしまうケースが多いように思う。

しかし、三浦騎手はひるまなかった。頑として手綱を引かず、逆に「絶対に譲らない」とばかりに体を内側に寄せてポジションを死守する姿勢を貫いた。

miura2

結局、進路を失ったサーフィーバーはクビを上げながら後退し、コーナーを回りきったところでディアドムスの外に持ち出すに至っている。

小さな攻防が大きな違いを生む世界

何気ないシーンかもしれない。また、ディアドムスは下位に沈んでしまったわけだから、勝負を左右するような騎乗ではなかった。

だが、もしディアドムスが勝ち負けするぐらい力のある馬だったらどうか?

仮に1コーナーでポジション争いに敗れて外へ膨れてしまったら距離をロスする。すると勝負どころで脚が鈍ったかもしれない。逆にポジションを守れれば、自分の馬にロスは発生しない。さらにライバルを封じ込め、レースの主導権を握ることができる。

何気ない小さな攻防だったかもしれないが、一瞬の判断が勝負の行方を左右する大舞台であることを考えると、極めて重要なシーンだったように思える。

だからこそ、敗れたとはいえ、ひるまなかった三浦騎手に拍手を送りたい。あの攻防を制しただけでもドバイへ行った価値はあった。次に有力馬に騎乗するとき、あの攻防は、あの経験は大きな糧となるはずだ。

今年こそ中央GI制覇を

三浦騎手は武豊騎手の持っていた新人最多勝利記録を更新した。しかし、それ以降は目立った活躍ができていない。

厩舎を離れる際のゴタゴタなどが影響して騎乗馬の質がガクッと落ちてしまったことが大きな原因の一つと言われている。また、三浦騎手自身の騎乗技術もまだまだ磨くべき点が多い。特に中山競馬場などの小回りコースでは内で詰まって有力馬を飛ばすシーンが見受けられる。

ただ一方、東京では1、2を争うと言っていいほど「買える騎手」である。

事実、2014年の東京の芝コースにおける複勝率は33%、複勝回収率は106%だ。さらに今年の1回開催では穴馬を激走させ、複勝回収率は158%を記録している。(※データはいずれも3月30日現在。)競馬は控除率の関係で回数が多ければ多いほど回収率が75%に近づいていく。つまり、100%超というのは極めて秀逸な成績なのだ。

昨年は安田記念で16番人気のグランプリボスを2着に、NHKマイルカップでは17番人気のタガノブルグを2着に持ってきて周囲を驚かせた。それらが評価され、騎乗馬の質は徐々に向上している。そもそも新人にしては騎乗馬に恵まれていたとはいえ、実力がなければ武豊騎手の偉大な記録を塗り替えることはできなかった。本来は大レースで活躍できる才能を持っている。


だからこそ、今年はJRAのGIを制して騎手としてのポジションを確立してほしい。
ドバイで改めて“大器の片鱗”を見ることはできた。信念を曲げずに強いの騎乗を貫いていけば、その瞬間は必ず訪れるはずだ。

休むまもなく週末には日本の競馬が待っている。この経験を糧にして騎手として一回り成長して欲しいところだ。


(C)taka

先週、高松宮記念で春のGIシリーズが本格的に開幕した。香港馬のエアロヴェロシティ(騙7)が勝利を収め、売り上げ、入場者数ともに前年を大幅に上回るなど、好スタートを切った。

今週はGIのない“谷間の週”だ。しかし、普通の“谷間の週”ではない。GI馬7頭が集結する“超GII”産経大阪杯があるのだ。

ダービー馬キズナ、皐月賞馬イスラボニータとロゴタイプ、天皇賞秋馬スピルバーグなど、超豪華なメンバーが集った。もはや普通のGIよりワクワクするレースといっても過言ではない。

そんな大阪杯を当サイト編集長のJINが展望する。

産経大阪杯出走予定馬

2015年 4月 5日(日) 2回阪神4日目 15頭 [仮想出馬表]
【11R】  第59回産経大阪杯
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝2000m・内 (B)

馬名性齢斤量
イスラボニータ牡458
エアソミュール牡657
カレンブラックヒル牡657
キズナ牡557
キングズオブザサン牡456
ショウナンパンドラ牝4 55
スピルバーグ牡658
ゼロス牡656
タガノグランパ牡456
ダノンヨーヨー牡956
デウスウルトセ756
トラストワン牡756
ムスカテール牡756
ラキシス牝5 55
ロゴタイプ牡557

中心となるのは間違いなくキズナだろう。ダービー馬であり、昨年の大阪杯を制している。前走は骨折明けの影響もあって3着に敗れたが、状態は上がっているはず。1番人気に支持されることだろう。

ただ、馬券的な妙味からいくと、信頼しすぎるのはよくないという印象を受ける。前走は休み明けだったとはいえ、あの条件で差しきれないというのはいささか不満。「叩き2戦目=前走より走る」というのも安易な発想だ。

ディープインパクト産駒のダービー馬で鞍上武豊騎手、さらに叩き2戦目ということで過剰人気は必至。おそらく単勝は2倍台後半、ついても3倍台前半になる。能力が高いのは間違いないが、果たしてこのメンバーで10回走って3回以上勝てるほど抜けた馬だろうか? 基本的は疑ってかかりたい。

次に人気になるのはスピルバーグだろう。完全に本格化し、昨秋は天皇賞秋でGI初制覇を達成。ジャパンカップでも3着に好走した。今年は英国遠征を見据えているため、ここで無様な走りはできない。

イスラボニータは休み明けの中山記念で圧倒的な1番人気を裏切った。叩き2戦目でどこまで巻き返すか。さらに牝馬ながら有馬記念で6着となったラキシスも有力馬の1頭だ。エリザベス女王杯で牝馬の頂点に立ち、牡馬との対戦においてもオールカマー2着の実績がある。侮ることのできない1頭だ。

1頭注目馬を挙げるとするならデウスウルトか。今回はGI馬が集結することで人気にならないはず。しかも7歳馬ということで嫌われるのは必至だ。

しかし本格化以降の走りは安定して、このメンバーに入っても無様な走りはしないだろう。休み明けのGI馬より実力を発揮する可能性が高い反面、人気にはならないだろうから、期待値が高い馬の1頭として注目しておきたい。

どんな結果に終わるか分からないが、この中から必ず、2015年のGI戦線の主役を担う馬が誕生するはずだ。GI以上に豪華なGIIの激戦に期待したい。

(一部を『JIN競馬』より抜粋)


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る