カテゴリー:コラム

三浦騎手の果敢さに拍手!UAEダービーで垣間見えた“大器の片鱗”

(C)arima0208

UAEダービー(首GII/ダート1900m)が3月28日に行われ、日本からゴールデンバローズ、タップザット、ディアドムスの3頭が挑戦した。結果はゴールデンバローズの3着が最高という結果だったが、一つのレースとしてとても興味深かった。

ムブターヒジの圧倒的な強さに世界の広さを感じたし、ゴールデンバローズの頑張りに日本のダート競馬の未来を見た。

そして今回は日本の若武者の強気な騎乗にスポットを当てたい。ディアドムスに騎乗した三浦皇成騎手である。

海外で貫いた“果敢さ”

注目の場面は1コーナーで訪れた。好スタートを切ったディアドムスはタップザットとゴールデンバローズとともに先団を形成して1コーナーを迎える。体制は決したかに思えたが、ここで問題のシーンが発生する。

かかり気味に上がってきた4番のサーフィーバー(ビュイック騎手騎乗)が、内から強引に馬体を寄せてポジションを奪いに来たのだ。

miura1

海外では当たり前の光景であるものの、日本ではここまで強引に馬体を寄せるシーンはめったにない。強引なポジション争いに慣れていない日本人騎手は手綱を引いてしまうケースが多いように思う。

しかし、三浦騎手はひるまなかった。頑として手綱を引かず、逆に「絶対に譲らない」とばかりに体を内側に寄せてポジションを死守する姿勢を貫いた。

miura2

結局、進路を失ったサーフィーバーはクビを上げながら後退し、コーナーを回りきったところでディアドムスの外に持ち出すに至っている。

小さな攻防が大きな違いを生む世界

何気ないシーンかもしれない。また、ディアドムスは下位に沈んでしまったわけだから、勝負を左右するような騎乗ではなかった。

だが、もしディアドムスが勝ち負けするぐらい力のある馬だったらどうか?

仮に1コーナーでポジション争いに敗れて外へ膨れてしまったら距離をロスする。すると勝負どころで脚が鈍ったかもしれない。逆にポジションを守れれば、自分の馬にロスは発生しない。さらにライバルを封じ込め、レースの主導権を握ることができる。

何気ない小さな攻防だったかもしれないが、一瞬の判断が勝負の行方を左右する大舞台であることを考えると、極めて重要なシーンだったように思える。

だからこそ、敗れたとはいえ、ひるまなかった三浦騎手に拍手を送りたい。あの攻防を制しただけでもドバイへ行った価値はあった。次に有力馬に騎乗するとき、あの攻防は、あの経験は大きな糧となるはずだ。

今年こそ中央GI制覇を

三浦騎手は武豊騎手の持っていた新人最多勝利記録を更新した。しかし、それ以降は目立った活躍ができていない。

厩舎を離れる際のゴタゴタなどが影響して騎乗馬の質がガクッと落ちてしまったことが大きな原因の一つと言われている。また、三浦騎手自身の騎乗技術もまだまだ磨くべき点が多い。特に中山競馬場などの小回りコースでは内で詰まって有力馬を飛ばすシーンが見受けられる。

ただ一方、東京では1、2を争うと言っていいほど「買える騎手」である。

事実、2014年の東京の芝コースにおける複勝率は33%、複勝回収率は106%だ。さらに今年の1回開催では穴馬を激走させ、複勝回収率は158%を記録している。(※データはいずれも3月30日現在。)競馬は控除率の関係で回数が多ければ多いほど回収率が75%に近づいていく。つまり、100%超というのは極めて秀逸な成績なのだ。

昨年は安田記念で16番人気のグランプリボスを2着に、NHKマイルカップでは17番人気のタガノブルグを2着に持ってきて周囲を驚かせた。それらが評価され、騎乗馬の質は徐々に向上している。そもそも新人にしては騎乗馬に恵まれていたとはいえ、実力がなければ武豊騎手の偉大な記録を塗り替えることはできなかった。本来は大レースで活躍できる才能を持っている。


だからこそ、今年はJRAのGIを制して騎手としてのポジションを確立してほしい。
ドバイで改めて“大器の片鱗”を見ることはできた。信念を曲げずに強いの騎乗を貫いていけば、その瞬間は必ず訪れるはずだ。

休むまもなく週末には日本の競馬が待っている。この経験を糧にして騎手として一回り成長して欲しいところだ。


(C)taka

先週、高松宮記念で春のGIシリーズが本格的に開幕した。香港馬のエアロヴェロシティ(騙7)が勝利を収め、売り上げ、入場者数ともに前年を大幅に上回るなど、好スタートを切った。

今週はGIのない“谷間の週”だ。しかし、普通の“谷間の週”ではない。GI馬7頭が集結する“超GII”産経大阪杯があるのだ。

ダービー馬キズナ、皐月賞馬イスラボニータとロゴタイプ、天皇賞秋馬スピルバーグなど、超豪華なメンバーが集った。もはや普通のGIよりワクワクするレースといっても過言ではない。

そんな大阪杯を当サイト編集長のJINが展望する。

産経大阪杯出走予定馬

2015年 4月 5日(日) 2回阪神4日目 15頭 [仮想出馬表]
【11R】  第59回産経大阪杯
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝2000m・内 (B)

馬名性齢斤量
イスラボニータ牡458
エアソミュール牡657
カレンブラックヒル牡657
キズナ牡557
キングズオブザサン牡456
ショウナンパンドラ牝4 55
スピルバーグ牡658
ゼロス牡656
タガノグランパ牡456
ダノンヨーヨー牡956
デウスウルトセ756
トラストワン牡756
ムスカテール牡756
ラキシス牝5 55
ロゴタイプ牡557

中心となるのは間違いなくキズナだろう。ダービー馬であり、昨年の大阪杯を制している。前走は骨折明けの影響もあって3着に敗れたが、状態は上がっているはず。1番人気に支持されることだろう。

ただ、馬券的な妙味からいくと、信頼しすぎるのはよくないという印象を受ける。前走は休み明けだったとはいえ、あの条件で差しきれないというのはいささか不満。「叩き2戦目=前走より走る」というのも安易な発想だ。

ディープインパクト産駒のダービー馬で鞍上武豊騎手、さらに叩き2戦目ということで過剰人気は必至。おそらく単勝は2倍台後半、ついても3倍台前半になる。能力が高いのは間違いないが、果たしてこのメンバーで10回走って3回以上勝てるほど抜けた馬だろうか? 基本的は疑ってかかりたい。

次に人気になるのはスピルバーグだろう。完全に本格化し、昨秋は天皇賞秋でGI初制覇を達成。ジャパンカップでも3着に好走した。今年は英国遠征を見据えているため、ここで無様な走りはできない。

イスラボニータは休み明けの中山記念で圧倒的な1番人気を裏切った。叩き2戦目でどこまで巻き返すか。さらに牝馬ながら有馬記念で6着となったラキシスも有力馬の1頭だ。エリザベス女王杯で牝馬の頂点に立ち、牡馬との対戦においてもオールカマー2着の実績がある。侮ることのできない1頭だ。

1頭注目馬を挙げるとするならデウスウルトか。今回はGI馬が集結することで人気にならないはず。しかも7歳馬ということで嫌われるのは必至だ。

しかし本格化以降の走りは安定して、このメンバーに入っても無様な走りはしないだろう。休み明けのGI馬より実力を発揮する可能性が高い反面、人気にはならないだろうから、期待値が高い馬の1頭として注目しておきたい。

どんな結果に終わるか分からないが、この中から必ず、2015年のGI戦線の主役を担う馬が誕生するはずだ。GI以上に豪華なGIIの激戦に期待したい。

(一部を『JIN競馬』より抜粋)


ラブミーチャン初仔の将来性は?次の婿に最適な種牡馬も考察


2009年に全日本2歳優駿を制してNARグランプリ年度代表馬に輝くなど、地方競馬を盛り上げたラブミーチャンが3月27日、初仔となる牡馬を出産した。馬主であるDr.コパ氏が自身のツイッターで報告している。

今から期待に胸膨らむが、実際のところ、将来性はどうなのだろうか? また、ラブミーチャンの相手に最適な種牡馬は何なのか?

今回は、彼女たち親子の未来について考えていきたい。

父は“ダート王”

待望の初仔の父はゴールドアリュールだ。同馬は言わずと知れたサンデーサイレンス系最強の“ダート王”である。

サンデーサイレンス系は芝を得意としているが、ゴールドアリュールはダート路線で開花した。3歳時に世代最強を決めるジャパンダートダービーを2着に1.3秒差をつけて快勝すると、3歳の暮れに東京大賞典を制覇。翌年にフェブラリーステークスを制し、“ダート王”の名をほしいままにした。

ただゴールドアリュールが進化を発揮したのは種牡馬になってからと言っていいかもしれない。日本ではダートGIを勝っても評価されず、種牡馬になれないことすらある。ゴールドアリュールにしても、最初から繁殖牝馬に恵まれていたわけではない。

そんな中、ダート路線で活躍馬を次々と輩出した。現ダート王者のコパノリッキーをはじめとして、エスポワールシチー、クリソライト、オーロマイスター、シルクフォーチュンなどなど、産駒たちはダート界を席巻している。

今ではその地位を確立し、2014年の種付け頭数は188頭に上る。2015年は300万円という高額な種付け料ながら満口となっている。

父がダート王、母もダートGIを制した地方競馬の年度代表馬となれば、期待せずにはいられない。

ラブミーチャンの活躍は決してフロックではなく、半弟のダブルスター(父シニスターミニスター)はオープン馬、半妹のハニーハニー(父メイショウボーラー)も1000万条件まで勝ち上がっている。近親にはポルックスステークスを制したイッシンドウタイも。

そうなると、(競馬なので「大成功します!」と断言できないのが心苦しいところだが)活躍する可能性は高いのではないだろうか?

ラブミーチャンの次なる相手

ラブミーチャンがダート馬なのだから、ダート王のゴールドアリュールをつけるというのは理にかなっている。おそらく活躍してくれるはずだ。

ただ、個人的にはもう少し夢を見てみたい。ラブミーチャンの相手にふさわしい種牡馬はどこかにいないものか?と考えたくなる。

そこで今回は、私が思う“最適の相手”を紹介しよう。その種牡馬は「ハーツクライ」だ。

ハーツクライは芝の一流種牡馬である。ラブミーチャンはダート馬だが、ハーツクライをつければ芝適性の高い仔が生まれてくるかもしれない。

「ハーツクライ×短距離馬」というのがハーツクライの“成功配合”なのだ。

ハーツクライは自身が重たい血統をしている。だから母系にスピードの血が入ると重さが緩和されてちょうどいい中距離馬が生まれる。ワンアンドオンリーやヌーヴォレコルトといったGI馬はほとんどがこの配合だ。またジャスタウェイやウインバリアシオンは母系がダート血統で、この点も強調できる。

仮に芝で走らなかったとしても、ハーツクライ産駒は意外とダートで走ることが最近になって分かってきた。“成功配合”で芝での活躍を狙い、ダートという“保険”をかけられる意味でも、ハーツクライは最適の種牡馬ということができるのではないだろうか?

初仔のデビューは2017年

今年生まれた初仔は、早ければ2017年にデビューすることとなる。

まずは無事にデビューを迎えられるように願うばかりだ。願わくば、父や母に負けないくらいの活躍を期待したいところである。



ハープスターは過剰人気馬の典型?“華やかさとリスクの代償”に迫る

(C) Yusuke Tsutaya

ドバイのメイダン競馬場で3月28日に行われるドバイシーマクラシック(GI/芝2400m)に出走するハープスター(牝4)が1番人気に支持される見込みとなった。

デザインズオンローム(騙5)やフリントシャー(牡4)をおさえて最上位の評価を得ているのだから、桜花賞を制したディープインパクト産駒が世界の舞台でいかに高く評価されているかがうかがえる。

しかし、やや引っかかる部分がある。この人気を見た時、率直なところ「やや見込まれた」という印象を受けた。ハープスターは並み居る強豪をおさえて1番人気に支持されるような馬なのだろうか?

華やかさとリスク

最後方から差しきった桜花賞や、ただ1頭外から伸びてきた凱旋門賞の走りを見れば能力の高さは明らかだ。1番人気に推したくなる気持ちも分かる。

だが、冷静に現実を見ると、ハープスターは牝馬限定のGIを一つ勝ったにすぎない。(レベルが高かったというエクスキューズはあるが)凱旋門賞やジャパンカップといった古馬と混じったGIでは馬券に絡めていない。

あれだけ高い能力を示しておきながらGIを一つしか勝てていないというのには理由がある。昨年引退したジェンティルドンナを見れば分かるとおり、現代競馬で安定した成績を残すために必要な能力は「機能性」だ。

どんな状況でもスタートから好位につけられ、展開次第でいつでも動いて終いの脚をまとめられる――。

それが現代競馬における競走馬の理想型と言える。

ハープスターはその定義から著しく逸脱している。決してそれが悪いとは思わない。個性的な馬は愛らしい。事実、ハープスターはファンの多い馬だ。メディアの注目度も高い。

ただし、後方一気の脚質は華やかで豪快な一方で展開に左右されたり、前が詰まったり、不利を受けたりする危険性が極めて高い。華やかさの代償として、それ相応の“リスク”を背負っているわけだ。

ドバイシーマクラシックには3連勝中のGI3勝馬デザインズオンロームや、昨年の凱旋門賞やブリーダーズカップターフで2着となったフリントシャー、昨年の凱旋門賞でハープスターに先着したフランスの牝馬ドルニヤら、強力なライバルが出走する。

そう考えると、現状ではハープスターの人気が過剰人気だと言わざるを得ない。

リスクの代償は爆発力

ここまでネガティブな文章を書いてきてしまったが、何もハープスターにチャンスがないと言っているわけではない。

むしろ、チャンスは大いにある。

先ほど「それ相応のリスクを背負っている」と書いたが、リスクの代償は“華やかさ”だ。言い方を変えれば、“爆発力”である。

展開さえハマれば、どんな馬が相手でも倒せる爆発力を持っている。それこそ、末脚勝負になればハープスターの瞬発力に敵う馬など、世界中を探してもいないはずだ。

だからこそ、ドバイシーマクラシックは展開が鍵になる。展開さえハマれば、ハープスターはGI2勝目を遠くドバイの地で挙げることになるだろう。そして、昨年このレースを勝ったジェンティルドンナから“名牝のバトン”を受け継ぐことになる。

そんな未来を期待するばかりだが、結果やいかに。


ドバイワールドカップ2015を展望!エピファネイアとタルマエに勝機は?

(C)TG4

世界中の注目を集めるドバイワールドカップデーが28日に訪れる。日本からはエピファネイア(牡5)、ホッコータルマエ(牡6)、ハープスター(牝4)、ワンアンドオンリー(牡4)、ゴールデンバローズ(牡3)、タップザット(牡3)、ディアドムス(牡3)の計7頭が出走を予定している。

今回はエピファネイアとホッコータルマエが出走するメインレースのドバイワールドカップ(GI/ダート2000m)を展望していこう。

果たして2頭は2011年のヴィクトワールピサ以来となる快挙を達成することができるのだろうか?

想定人気

イギリスの大手ブックメーカー『Williams Hill』によると、人気は以下のとおりだ。

1番人気 カリフォルニアクローム(牡4)
2番人気 リー(牡6)
3番人気 エピファネイア(牡5)
3番人気 アフリカンストーリー(騙8)
5番人気 ホッコータルマエ(牡6)

ライバルたち

1番人気のカリフォルニアクロームは昨年の北米年度代表馬に輝いた“超大物”だ。

2014年はケンタッキーダービーとプリークネスステークスの米クラシック2冠を含むGI4勝。ブリーダーズカップクラシックは僅差の3着に敗れたが、このメンバーなら断然の本命に支持されるにふさわしい実績を持った馬だ。

2番人気のリーは昨年のドンハンデキャップをレコード勝ち。今年の同レース2着。アメリカの馬、2頭が人気を集めている。

ただし、盤石とはいえない。明確な不安がある。

ドバイではアメリカで認められている薬物を使用できないのだ。

特にカリフォルニアクロームは、3冠を懸けた米クラシック第3戦のベルモントステークスを、ネーザルストリップ(鼻腔の上に貼って呼吸を楽にするテープ)が使用できないことを理由に回避しようとしたほどだ。(結果、使用が求められて出走したが4着に敗れた)

歴代の名馬たちに比べると、「超えられない壁」ではない。

怖いのはむしろアフリカンストーリーだ。ドバイワールドカップと同じコースで行われた前哨戦のマクトゥームチャレンジR3を快勝。馬場適性の高さを証明しているだけに、侮れない。

日本馬の評価は?

エピファネイアはダート初挑戦となる。当然不安はあるが、「人気のない未知の魅力は買い」が競馬の鉄則だ。血統背景を考えると適応してもおかしくないし、上位馬が盤石でないことを考えると、十分に出番がありそう。少頭数の外枠なら砂をかぶるリスクも最小限で済む。その点は間違いなく追い風といえるだろう。

ホッコータルマエは馬場が合わない可能性が高いと予想するがどうか。ただ仮に馬場が合うとすれば少頭数のため、自分の競馬に持ち込める可能性はある。

当たり前だが芝とダートのGI馬である両者は得意な条件が異なる。よって、「2頭のワンツー」というのは少し考えづらい。反対に言えば、どちらか一方が脱落したとしても、どちらか一方が残れる可能性は十分にありそうだ。

2頭の健闘を期待する。ヴィクトワールピサ以来の歓喜を届けてくれるよう、遠く日本から声援を送りたい。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る