カテゴリー:コラム

ダサいなんて言うな!レッツゴードンキの真の強さと岩田康誠騎手の判断力

(C) Ogiyoshisan

まず、大変不謹慎なタイトルをつけてしまったことをお詫びしたい。

関係者の皆様、申し訳ない。

こんなことを書いておいてなんだが、悪意はない。陥れるつもりも全くない。(ただ事実として、少なくない方が「え?レッツゴードンキ?」と、1度は思ったのではないだろうか?)むしろ今回は彼女の強さについて書いていきたい。

控え目に言ってもかなり個性的な名前のレッツゴードンキは4月12日に行われたクラシック第1戦の桜花賞を制した。好スタートからハナを奪い、逃げ馬ながら直線で33.5秒の末脚を披露した。これでは後続のライバルたちは届かない。

なぜ彼女は桜花賞を勝てたのか? 今回はヒロイン誕生の背景に迫っていきたい。

確かな実力

そもそもレッツゴードンキは舐められすぎていた。札幌2歳ステークスではブライトエンブレムやミュゼエイリアンといったメンバーの中で3着に好走。桜花賞と同じ舞台で行われる阪神ジュベナイルフィリーズとチューリップ賞でも馬券に絡んだ。

どんなレースでも上位に食い込むというのは実力がなければできない。1勝馬であったとはいえ、実力は世代屈指だったのだ。

ルージュバックの一本かぶりだったため、「伏兵が勝った」かのように報じられているが、彼女の戦績を見れば納得の結果と言える。

操作性の高さ

桜花賞制覇につながった最大の要因が操作性の高さだ。この馬の強みはどんな競馬でもできることにある。

札幌2歳Sでは好位から抜けだして3着。阪神JFでは控える競馬をして2着。そしてチューリップ賞では逃げて3着を確保した。


どんな位置取りからも競馬ができるため、展開に左右されることが少ない。むしろ、自分でレースを作ることができる。その強みが最大限に発揮されたのが、桜花賞だった。

今回の桜花賞は歴史的なスローペースだった。

12.7-11.7-12.7-12.9-12.5-11.3-10.7-11.5

マイルGIで道中が12秒台後半のラップを連発するというのは通常ではありえない。過去の桜花賞を振り返っても、近年ではダントツの遅さだ。後方からしか競馬ができない馬であれば、スローペースに対応できずに馬群に沈んでいたことだろう。

しかし、レッツゴードンキは好スタートから先頭に立ち、レースを支配することができた。どんな競馬でもできる強みを持っていたからこそ、成し遂げられた桜花賞制覇だったのだ。

岩田康誠騎手の勝負強さ

そしてパートナーの岩田康誠騎手の勝負強さが光った。

多くの騎手は折り合いに専念するため馬を下げた。そんな中、誰もいかないと分かるとレッツゴードンキを無理におさえずに先頭へいざなった。

ハナを切ったことによりレースを支配し、自分の有利な流れを作ることができた。有力馬が大一番で逃げるというのは勇気がいる。テンションが上がりすぎて暴走し、大敗というケースも少なくないからだ。

そのリスクを背負いながら、逃げるという選択をとった岩田騎手はどの騎手よりも一枚上手だった。

現代競馬で必要なこと

まとめると、「GI級の力」を持つ「操作性の高いレッツゴードンキ」に「岩田騎手の判断力と勝負強さ」が加わったことが桜花賞制覇につながったわけだ。


圧倒的な末脚で他馬を抜き去るような分かりやすい強さではない。むしろ「恵まれた」と思われがちな地味な勝ち方だった。

しかし、馬場の改良によって先行馬が圧倒的に有利な現代競馬では、操作性の高さが何よりも武器になる。レッツゴードンキは、現代競馬で勝つために必要なことを桜花賞という大舞台で示したのだ。

言い換えると、個性的な名前の彼女は「桜花賞馬」の称号にふさわしい素晴らしい競馬をしたといえる。

次なる戦いは東京芝2400mのオークス。桜の女王がどんな競馬を見せるのか、今から楽しみだ。


“残念桜花賞”なんて言わせない!忘れな草賞にミッキークイーンやロカら良血馬たちが集結

(C) Hideki Uchidate

“残念桜花賞”というレースをご存知だろうか?

桜花賞と同じ日に行われる3歳牝馬限定のオープン戦、忘れな草賞のことだ。「桜花賞に出られなかった馬たちが集まる残念なレース」という意味で“残念桜花賞”とやゆされて久しい。

だが、今年はやや様相が異なっている。“残念”というにはもったいない逸材が揃う楽しみなレースになっているのだ。

良血馬が集結

見渡す限り、とにかく良血馬が多い。まずはラインナップを見てもらおう。

ウォーターラボ

半兄サトノノブレス(菊花賞2着、日経新春杯など重賞2勝)、全兄ヒカルオオゾラ(エプソムCなど重賞で3度の2着)

エーティーロゼッタ

半姉フーラブライト(中山牝馬Sなど重賞2勝)

カゼルタ

母母ガゼルロワイヤル(英オークス2着)、半兄アドマイヤスピカ(OP馬)


フローレスダンサー

母ダンスインザムード(桜花賞などGI2勝)、半姉ダンスファンタジア(フェアリーS勝利)

ミッキークイーン

母ミュージカルウェイ(仏GIIドラール賞など重賞3勝)、全兄トーセンマタコイヤ(準OP馬)

ロカ

母母ウインドインハーヘア。ディープインパクトの姪

マダムウルル

半兄ホッコータルマエ(ダートGI8勝)

いかがだろうか? なかなかのメンバーだ。他にもパワーウーマンの半兄は平安ステークスの勝ち馬ヒラボクキングだったり、どの馬もなかなかの血統背景をしている。

またミッキークイーンやロカは惜しくも桜花賞に出走できなかったものの、出ていれば上位人気(は言いすぎだとしても、中穴人気)に支持されていた可能性もあるほどの馬だ。


“残念桜花賞”と呼ぶには豪華すぎる。むしろここからオークス馬や将来重賞で活躍する馬が生まれても不思議ではない。

今年は変に揶揄して呼ばず、純粋に良血馬たちの将来を楽しみにレースを見守ってみてはいかがだろうか?


トーセンスターダムとトゥザワールドに勝機は?クイーンエリザベスS2015を展望

(C)taka

オーストラリアのロイヤルランドウィック競馬場で4月11日に行われるクイーンエリザベスステークス(GI/芝2000m)にトゥザワールド(牡4)とトーセンスターダム(牡4)の2頭が出走する。

クイーンエリザベスステークスは南半球の秋シーズンのビッグイベント『ザ・チャンピオンシップ』における主要レースの一つ。同イベントは1週間に1日ずつ、計2週にわたって行われ、2週目の最高賞金レースがクイーンエリザベスSだ。

果たして日本馬はオーストラリアで新たな快挙を達成できるのか? 探っていくことにしよう。

想定人気

1番人気 クライテリオン
2番人気 トゥザワールド
3番人気 アデレード
4番人気 トーセンスターダム
5番人気 ルーシアバレンティーナ

1番人気が想定されたコントリビューターは回避が決定。日本馬は2頭とも場人気に支持されている。

ライバルたち

コントリビューターの回避によって最大のライバルとなるのがクライテリオンだ。昨年のシドニーにおけるクラシックレース、ローズヒルギニー(GI/芝2000m)とオーストラリアンダービー(GI/芝2400m)で勝利。ここ2走は勝ってこそいないものの、3、2着と高いレベルを維持している。

前走のジョージライダーステークス(GI/芝1600m)ではリアルインパクトに敗れているが、敗因は距離が短かったことになると言われている。得意の中距離に戻れば、実力上位だろう。

アデレードも注目したい存在だ。ここまでキャリア8戦4勝、GI2勝という実績を持っている。しかも今まで3着以内を1度も外したことがない。昨年のコックスプレート(GI/芝2040m)ではクライテリオン、ハッピートレイルズらに先着している。

他にも前走のTHE BMW(GI/芝2000m)でトゥザワールドとともに好走したビートゥンアップや、先週のドンカスターマイルでカーマデック、リアルインパクトに次ぐ3着となったロイヤルディセント、前走GI初勝利を飾ったスピルウェイなどが控えている。

日本馬制覇の可能性は?

ではトゥザワールドとトーセンスターダムにチャンスはあるのか?


結論から言えば、十分に勝つ可能性はある。

日本の芝中距離路線は世界的に見てもレベルが高い。事実、この2頭は前走、初の海外遠征ながら、しっかりと2着に好走している。状態が上がっているとすれば、ここでも好勝負になるはずだ。

しかも2頭は4歳馬であり、短い期間でも成長してくる可能性がある。特にトーセンスターダムは近親にカンパニーやトーセンジョーダンがいる晩成血統だ。十分に上積みは見込める。

また、「人間面」でも強調できる。

池江泰寿調教師はオルフェーヴルの凱旋門賞、トレイルブレイザーのブリーダーズカップターフなど、海外遠征の経験が豊富だ。ノウハウは分かっている。

先週はリアルインパクトが惜しくも2着となった。今週は先週以上に期待ができるし、いい結果になる可能性は十分だろう。


武豊騎手とエイシンヒカリに“欅の向こう側に置き忘れた夢の続き”を見よう

(C)arima0208

ディープインパクト産駒のエイシンヒカリ(牡4)が、武豊騎手と新コンビを組むことになった。同馬はデビューから5連勝でオープンを突破。アイルランドトロフィーで見せた大逃げは、競馬の枠を超えて世間の注目を集めた。

そんな話題馬と武豊騎手の“出会い”は胸が踊る要素でいっぱいだ。


相性は良さそう

今までエイシンヒカリは岩田康誠騎手、和田竜二騎手、横山典弘騎手とコンビを組んできた。

どの騎手もトップジョッキーのため、パートナーとして悪くはない。ただ、岩田騎手や和田騎手は豪腕が持ち味だ。特に岩田騎手は天性の勝負勘と抜群の判断力で力の劣る馬を何頭も勝たせてきた。昨年のマイルチャンピオンシップ、今年の日経新春杯における“神騎乗”は記憶に新しい。

ただし、豪腕であるがゆえに繊細な逃げ馬に乗った時の成績はあまり芳しくない。(といってもフラットに見れば十分優秀な成績なのだが。“神騎乗”のイメージが強すぎて、逃げ馬に乗った時の印象が薄れているのかもしれない)

一方、武豊騎手は逃げ馬の乗り方を熟知している。今年のフェブラリーステークスではコパノリッキーで逃げ切り勝ちを収めたし、トウケイヘイローとの快進撃も記憶に新しい。体内時計が極めて正確で、武豊騎手が逃げるレースは一貫としたペースになりやすい。

当たりが柔らかくて馬を気持ちよく走らせるタイプの騎手のため、相性は良さそう。うまく行けば、新たな名コンビとしてファンが記憶することになるかもしれない。

欅の先にある夢

何よりこのコンビを見ていると、“ある馬”を思い出してしまう。

競馬ファンなら「武豊騎手+逃げ馬=サイレンススズカ」という図式が頭をよぎるのではないだろうか?

天皇賞秋で散った悲運の名馬は、今なお多くのファンの心に刻まれている。「あのまま走り続けていたらどうなったんだろう?」、「種牡馬になっていたらどんな仔を出したんだろう?」 いまだにそう思わずにはいられない。


エイシンヒカリがサイレンススズカ級だとは言わない。まだまだ一流の逃げ馬とはいえず、人気先行の感が否めない。

ただ、サイレンススズカも最初から強かったわけではない。徐々に力をつけ、初めて重賞を勝ったのは4歳になってからだった。

エイシンヒカリの父は、サイレンススズカの父サンデーサイレンスが生んだ最高傑作ディープインパクト。ファンを魅了する個性的な逃げに鞍上武豊……。

これだけ揃えば、夢を見るには十分ではないだろうか。

1998年11月1日、東京競馬場の欅の向こう側に置き忘れた夢が動き出そうとしている。そんな未来が見られたら、競馬ファンとしてこれ以上、胸躍ることはない。


武豊騎手の“GI外枠伝説”は続く?驚異の8枠ピンク帽回数と成績を振り返る

(C)minafl

「ちょっと多すぎないですか?(苦笑)」

最近、武豊騎手が頭を悩ませている“伝説”がある。それが、GIにおける“ピンク帽回数”の多さだ。GIの枠順発表後、武豊騎手が“ぼやく”のは、もはや通例となっている。それほど、8枠を引く回数が多いと感じているようだ。

実際に調べてみると、確かに多い。2011年以降のGIにおける枠順数を見てみると……

1枠:9回
2枠:9回
3枠:6回
4枠:14回
5枠:3回
6枠:10回
7枠:6回
8枠:22回

ご覧のとおり、8枠が断トツに多い。7、8枠は3頭入ることが多いため、必然的に数は増える。といっても、7枠と比較しても8枠の数は異常な多さだ。

実はこの数字、JRAの騎手の中で断トツの多さでもある。2011年以降の8枠の騎乗数をランキングにしてみると……

順位 騎手名(8枠回数/騎乗数)
1位 武豊騎手(22回/79回)
2位 福永祐一騎手(16回/77回)
3位 岩田康誠騎手(14回/76回)
4位 横山典弘騎手(13回/58回)
5位 川田将雅騎手(10回/63回)

騎乗数がさほど変わらない岩田騎手や福永騎手と比較すると分かりやすい。横山典騎手の確率もなかなかではあるが、やはり武豊騎手の8枠数は際立っている。

今年も早速、高松宮記念で8枠を引いた。果たして、この記録は今後も続いていくのだろうか?

ちなみに武豊騎手の8枠における成績は(0−0−1−21)。馬券に絡んだのは2011年の阪神ジュベナイルフィリーズにおけるサウンドオブハート(1番人気)の3着があるのみだ。相性は決して良くない。


となると、競馬界の数々の最多記録を更新してきた武豊騎手にとって、“最も伸びてほしくない記録”であることは間違いなさそうだ。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る