カテゴリー:コラム

岩田康誠という天才勝負師…“神騎乗”の数々と驚異のGI回収率

(C)arima0208

岩田康誠というジョッキーは恐ろしい。

お世辞にもイケメンとはいえない風貌、“焼きそば”と呼ばれる騎乗フォーム、時に果敢すぎる(悪く言えば無謀な)騎乗ぶりと制裁の数々……。世間様に嫌われる要素はこれでもかというほど揃っている。当然、武豊騎手のようなスター性も華やかさもない。

しかし、競馬は勝負事だ。華やかさなど必要ない。勝つか負けるか。それがすべて。

そういう観点から見ると、岩田騎手ほど頼れるジョッキーはいない。

今回は4月12日に行われた桜花賞でレッツゴードンキを優勝に導いた“勝負師”にスポットライトを当ててみよう。

驚異の“勝ちきり”

岩田騎手といえばなんといっても大舞台に強い。地方競馬からの移籍組ながら中央GI勝利数は24。2006年に移籍したため、JRAの騎手としてのキャリアは10年に満たない。それでいてこの数字は驚異的と言っていい。

岩田騎手の凄さは判断力と勝負強さにある。GIは少しの判断ミスや油断が敗北につながる。言い換えると、一瞬の判断が勝利につながる。その“一瞬”を見極めることができるのが、岩田という騎手なのだ。

GIにおける通算成績を見てみると……

(24―16―18―121)
勝率13%
複勝率32%
単勝回収値150
複勝回収値86

強調したいのは、明らかに「勝ち切っている」点だ。2着が16回、3着18回に対し、1着は24回もある。

しかも24勝のうち、1番人気で勝ったのは5回だけ。2番人気7頭、3番人気5頭をはじめとし、11番人気や13番人気といった“伏兵”で勝ち星を挙げているのだ。だから単勝回収値は150という驚異的な数字となっている。

いかにGIで勝ちきれる騎手か。力の劣る馬でも勝たせられるジョッキーか。

このデータを見れば、明らかだろう。

“神騎乗”の数々

岩田騎手といえば神がかり的な騎乗、いわゆる“神騎乗”の印象が深い。

ここではいくつか“神騎乗”を紹介していこう。

2010年 マイルチャンピオンシップ

岩田騎手は13番人気のエーシンフォワードに騎乗した。外枠の13番を引いたが、好スタートを切ると、すぐさま内に入れる。距離ロスを防いで脚をため、直線では内をついて外を回った差し馬たちをおさえて1着となった。

2010年 皐月賞

1番人気のヴィクトワールピサに騎乗。この騎乗がまた素晴らしかった。13番からスタートしたため外を回って距離をロスするリスクがあった。しかし、巧みな手綱さばきでいつの間にか内へ。直線では最内をついて、猛追するヒルノダムールらをおさえて優勝を飾った。

2014年 マイルチャンピオンシップ

最近ではこれが一番印象深いはずだ。8番人気のダノンシャークに騎乗すると、馬群の内で我慢させて最後の直線へ。直線の半ばまで追い出しを待って満を持してスパートし、最内からフィエロを捉えて見事に勝ち切ってみせた。

“岩田時代”は続く?

上記したレース以外にも、ハープスターを破ったヌーヴォレコルトのオークスや、オルフェーヴルに競り勝ったジェンティルドンナのジャパンカップなど、好騎乗を挙げればきりがない。

先週の桜花賞でも、改めて岩田騎手の凄さを見せつけられた方は多かったはずだ。今年に入ってやや不調に陥っていたが、アドマイヤデウスの日経新春杯などを見ても、騎乗技術に衰えは見られない。


近年は外国人ジョッキーの台頭により日本人ジョッキーは苦しい立場に立たされている。しかし、岩田騎手にはほとんど関係ない。彼は数少ない“GIで勝てる日本人騎手”なのだ。今後も重宝されるだろうし、GIで大仕事をやってのけるだろう。

まだしばらく、“岩田時代”は続いていきそうだ。

関連記事

追加登録料1700万円の凱旋門賞を模範に!皐月賞のフルゲート割れ問題を考える
【皐月賞2015】サトノクラウン良血度診断…全姉は英GI馬ライトニングパール
ルージュバックは桜花賞でなぜ負けたのか?“優等生”マンカフェ産駒の呪縛
ダサいなんて言うな!レッツゴードンキの真の強さと岩田康誠騎手の判断力
広がる“社台グループ内格差”!桜花賞&皐月賞登録馬はノーザンF13頭、社台F4頭


後藤浩輝騎手が伝えたかったこと…名騎手が抱いた“想い”を改めて振り返る


早いもので後藤浩輝騎手が亡くなってから1か月半が過ぎました。多くの競馬ファンが競馬新聞の過去のレースの欄に「後藤」の文字を見つける度に、何とも言えない空虚感を感じているのではないでしょうか。

大阪杯とダービー卿チャレンジトロフィーが行われた4月5日、中山競馬場では後藤騎手の引退メモリアルセレモニーが開催されました。献花台の真ん中にはアドマイヤコジーンの馬上でガッツポーズをする後藤騎手の写真が飾られ、ファンから関係者、著名人まで、数えきれないほどの方から花が手向けられていました。会場には後藤騎手が大好きだったというX Japanの「Forever Love」が流れ、涙をこらえきれないファンの姿が見られました。

引退メモリアルセレモニーでは、関係者の挨拶、記帳・メッセージカードがご遺族へ手渡された後、騎手仲間による後藤騎手のパネルの胴上げも行われ、最後にファンから「ありがとう!」、「お疲れ様!」という声が上がりました。

S__5324804

後藤騎手といえば、ファン思いのエピソードが数多くある方でした。

例えば昨年の有馬記念前夜、徹夜で開門を待つファンのためにメッセージ入りのホッカイロを差し入れていました。その光景を目の当たりにし、「こんな粋な計らいができる人がいるのか」と思ったのは、私だけではなかったはずです。

競馬のイメージを変えようと戦ったことも彼の残した“足跡”の一つです。

競馬は常に「ギャンブル=良くないもの」という固定概念と戦っています。騎手という職業も、競馬を知らない方は馴染みがないはずです。そんな中、競馬場やフェイスブックでファンと交流し、多くのイベントに参加して競馬の普及活動に努めていました。落馬という不運な出来事が重なりましたが、それでも騎乗を諦めない姿は競馬というくくりを越えて多くの方の胸を打ったはずです。

「一人でも多くの人に競馬の魅力を伝えたい」

生前に語っていたこの思いを、競馬関係者や一人ひとりのファンが持つこと。それが後藤騎手の供養になることを、祈るばかりです。

【文】=金沢ユウダイ

関連記事

追加登録料1700万円の凱旋門賞を模範に!皐月賞のフルゲート割れ問題を考える
【皐月賞2015】サトノクラウン良血度診断…全姉は英GI馬ライトニングパール
ルージュバックは桜花賞でなぜ負けたのか?“優等生”マンカフェ産駒の呪縛
ダサいなんて言うな!レッツゴードンキの真の強さと岩田康誠騎手の判断力
広がる“社台グループ内格差”!桜花賞&皐月賞登録馬はノーザンF13頭、社台F4頭


追加登録料1700万円の凱旋門賞を模範に!皐月賞のフルゲート割れ問題を考える


牡馬クラシック初戦の皐月賞はフルゲート割れが確実になった。開催2週間前に発表された登録馬は全部で19頭。そこからアンビシャスが回避を決め、シャイニングレイ、アダムスブリッジ、グァンチャーレがアクシデントにより離脱となり、15日の時点で出走可能なのは15頭となっている。

競馬ファンなら誰もが注目するクラシックがフルゲート割れというのは残念でならない。また、馬主としても「であれば出たかった……」という方が多いのではないだろうか?

そうなると、考えてみたくなるのが「クラシックの追加登録制度について」である。

現在のクラシック登録制度

JRAは5大競争(桜花賞、皐月賞、オークス、日本ダービー、菊花賞)の登録を3段階に設定している。詳しくはこちらの記事を参照してほしい。

皐月賞は15頭立て以下に…追加登録の期限とは?レース当週には認められず

要約すると、

・第1、2回登録をしないと多額の追加登録料(200万円)が発生
・第3回登録が締め切られると追加登録は不可能

ということだ。ここに少なくない問題が潜んでいる。

例えば皐月賞の場合、第3回登録の締め切りは4月5日に設定されている。レースの2週間前に締め切られてしまうわけだ。この締切日、早過ぎるのではないだろうか? レースまで2週間も間があれば、アクシデントが起こることは十分に考えられる。事実、今回は3頭がアクシデントにより回避することになりそうだ。

さすがに1日、2日前に回避馬が出てそれから追加登録というのは難しいが、せめて1週間前や追い切り(主に当週の水曜日)まで、登録期間を延長してはどうだろうか?

凱旋門賞の場合

例えば、凱旋門賞は直前まで追加登録が認められている。2015年の場合、レース開催日が10月5日に対し、10月2日の11時半が追加登録の期限だ。

直前まで門を開けつつ、莫大な追加登録料(12万ユーロ=約1700万円)を設定することで“記念出走”や“ひやかし登録”を排除している。結果、勝負気配のある馬のみが追加登録するため、運営にとっても馬主にとっても“Win-Win”の関係ができている。

日本も現行の制度に加え、「当週の水曜日までなら500万円で追加登録可能」などの仕組みを作ってみてはどうだろうか? これならJRAは莫大な登録料を得て、馬主はクラシックへの出走が叶い、ファンはフルゲートのレースを見ることができる。

勝負気配ムンムンの追加登録馬たち

実際、追加登録料を支払って出走してくる馬の勝負度合いは高い。

近年では2013年のオークスが思い出される。第1、2回登録を行っていなかったメイショウマンボは桜花賞を終えた後、武幸四郎騎手の進言もあって出走を表明。追加登録料200万円を支払って出走した結果、見事に1着となった。

また、2014年の菊花賞を制したトーホウジャッカルも、第1、2回登録を行っていなかった。神戸新聞杯で菊花賞への優先出走権を得たため、急遽登録を行い、淀の3000mを1着で駆け抜けるに至っている。

凱旋門賞を見ても同じような事例がある。2013年のトレヴは追加登録料を支払って出走。オルフェーヴルを破って1着となったのはあまりにも有名な話だ。

勝負気配のある馬はレースを盛り上げる。そういう意味で、追加登録の期間を延長するメリットは大きい。

今回の皐月賞を教訓に

クラシックがフルゲート割れするというの極めて珍しい。事実、皐月賞が最後にフルゲート割れしたのは1980年まで遡らなければならない。だから今回のことはまさに“異例の事態”といっていい。JRAとしてもここまで想定するのは難しかったと推測する。今までは現行の制度でうまくいっていたのだから、特に批判するつもりはない。

ただ、今回のことで現行の制度に“穴”があることが分かった。こういった事態が起こった以上、制度の見直しが必要なのではないだろうか?


おそらく外側から見えないデメリットもあるのだろうが、やはりクラシックのフルゲート割れというのはやや残念に思える。世代の頂点を決める舞台なのだから、可能なかぎり、門を開いてファンがワクワクするようなレースを作り上げてほしい。JRAの対応に期待したいところだ。

関連記事

追加登録料1700万円の凱旋門賞を模範に!皐月賞のフルゲート割れ問題を考える
リアルスティールや無敗馬サトノクラウンらが激突!2015年皐月賞を展望
広がる“社台グループ内格差”!桜花賞&皐月賞登録馬はノーザンF13頭、社台F4頭
武豊騎手とエイシンヒカリに“欅の向こう側に置き忘れた夢の続き”を見よう
ルージュバックは桜花賞でなぜ負けたのか?“優等生”マンカフェ産駒の呪縛


ルージュバックは桜花賞でなぜ負けたのか?“優等生”マンカフェ産駒の呪縛

(C)minafl

単勝1.6倍の圧倒的人気を集めたヒロイン候補生が馬群に沈んだ。

4月12日に阪神競馬場で行われた桜花賞(GI/芝外回り1600m)、ルージュバック(牝3)は主役になるはずだった。3戦無敗という完璧なキャリアを誇り、前走は牝馬として51年ぶりにきさらぎ賞(京都GIII/芝外回り1800m)を制した。

“ニューヒロインの誕生”

桜花賞は、彼女がスターダムに駆け上がる最高の舞台と思われていた。

しかし、勝ったのはレッツゴードンキ。ルージュバックは直線で伸び切れず、9着に終わった。

なぜ、圧倒的人気を集めた怪物牝馬は負けたのか? 敗因に迫っていきたい。

マンハッタンカフェの呪縛

一番最初に血統面のマイナスファクターについて挙げたい。

題するなら「マンハッタンカフェの呪縛」だ。

マンハッタンカフェ産駒は優等生が多い。能力のアベレージが高いため、どんな条件でも“それなりに”走る。重賞でも“それなりに”活躍する。「どんな教科でも80点以上を叩き出す優等生」。それが、マンハッタンカフェ産駒の特徴といえる。

ただ、これは決して褒め言葉ではない。総合力が高い反面、突出した能力を持っていない馬が多いからだ。

マンハッタンカフェは2009年にリーディングサイアーを獲得するほど優秀な種牡馬である。しかし、GI馬は4頭しか出していない。加えてこの4頭、中央GIを1つしか勝っていない。突出した能力がなかったため、複数回GIを勝つことができなかったわけだ。

ルージュバックにも、少なからず“優等生の血”の影響があったと考えられる。

経験不足を露呈

キャリアを振り返ると、別の要因も見えてくる。その筆頭が“経験不足”だ。

彼女はキャリア3戦で「中距離(1800m以上)」の「少頭数」における「スローペース」の「上がり勝負」しか経験していなかった。また、走った新潟、東京、京都は馬場が軽い競馬場として知られている。

初のマイル戦となった桜花賞は多頭数の競馬。しかも阪神はルージュバックが走ったことのある競馬場に比べて馬場が重たい。土曜日に雨が降った影響もあり、良馬場ながら多少渋った状態で行われていた。そんな中、スタートから後方に待機したため、馬群で揉まれることになった。

ルージュバックにとって、初めて経験することが多いレースとなったのだ。

本当にスローペースが敗因なのか?

今回の桜花賞は歴史的なスローペースとなったため、「展開が敗因」とする声もある。

しかし、その点に関しては異論を唱えたい。

たとえペースが遅くて差しきれなかったとしても、能力が高い馬であればラスト3ハロンで秀逸な上がりを使っているはずだ。だが、ルージュバックの上がりは33.6で5位止まり。勝ったレッツゴードンキより0.1秒遅いのだから、これでは言い訳ができない。

「スローペースだから差しきれなかった」と結論付けるのは簡単だが、少し安易ではないだろうか?


血統や経験不足といった様々な要因が重なったことで1.6倍の支持を裏切ることになった。そう考えたほうが、合点がいく。

オークスでの巻き返しは?

ルージュバックは今後もマンハッタンカフェ産駒の呪縛と戦い続けることになるだろう。オークスも簡単なレースにはならないはずだ。

もっとも、この馬はもともと「中距離(1800m以上)」における「スローペース」の「上がり勝負」で結果を出してきた。オークスはそういうレースになりやすいため、桜花賞より期待を持てるのではないだろうか?

果たして、ルージュバックは巻き返せるのか? それとも“怪物牝馬”の看板は見掛け倒しに終わってしまうのか? 5月に行われる樫の舞台を心待ちにしたい。


ダサいなんて言うな!レッツゴードンキの真の強さと岩田康誠騎手の判断力

(C) Ogiyoshisan

まず、大変不謹慎なタイトルをつけてしまったことをお詫びしたい。

関係者の皆様、申し訳ない。

こんなことを書いておいてなんだが、悪意はない。陥れるつもりも全くない。(ただ事実として、少なくない方が「え?レッツゴードンキ?」と、1度は思ったのではないだろうか?)むしろ今回は彼女の強さについて書いていきたい。

控え目に言ってもかなり個性的な名前のレッツゴードンキは4月12日に行われたクラシック第1戦の桜花賞を制した。好スタートからハナを奪い、逃げ馬ながら直線で33.5秒の末脚を披露した。これでは後続のライバルたちは届かない。

なぜ彼女は桜花賞を勝てたのか? 今回はヒロイン誕生の背景に迫っていきたい。

確かな実力

そもそもレッツゴードンキは舐められすぎていた。札幌2歳ステークスではブライトエンブレムやミュゼエイリアンといったメンバーの中で3着に好走。桜花賞と同じ舞台で行われる阪神ジュベナイルフィリーズとチューリップ賞でも馬券に絡んだ。

どんなレースでも上位に食い込むというのは実力がなければできない。1勝馬であったとはいえ、実力は世代屈指だったのだ。

ルージュバックの一本かぶりだったため、「伏兵が勝った」かのように報じられているが、彼女の戦績を見れば納得の結果と言える。

操作性の高さ

桜花賞制覇につながった最大の要因が操作性の高さだ。この馬の強みはどんな競馬でもできることにある。

札幌2歳Sでは好位から抜けだして3着。阪神JFでは控える競馬をして2着。そしてチューリップ賞では逃げて3着を確保した。

どんな位置取りからも競馬ができるため、展開に左右されることが少ない。むしろ、自分でレースを作ることができる。その強みが最大限に発揮されたのが、桜花賞だった。

今回の桜花賞は歴史的なスローペースだった。

12.7-11.7-12.7-12.9-12.5-11.3-10.7-11.5

マイルGIで道中が12秒台後半のラップを連発するというのは通常ではありえない。過去の桜花賞を振り返っても、近年ではダントツの遅さだ。後方からしか競馬ができない馬であれば、スローペースに対応できずに馬群に沈んでいたことだろう。

しかし、レッツゴードンキは好スタートから先頭に立ち、レースを支配することができた。どんな競馬でもできる強みを持っていたからこそ、成し遂げられた桜花賞制覇だったのだ。

岩田康誠騎手の勝負強さ

そしてパートナーの岩田康誠騎手の勝負強さが光った。

多くの騎手は折り合いに専念するため馬を下げた。そんな中、誰もいかないと分かるとレッツゴードンキを無理におさえずに先頭へいざなった。

ハナを切ったことによりレースを支配し、自分の有利な流れを作ることができた。有力馬が大一番で逃げるというのは勇気がいる。テンションが上がりすぎて暴走し、大敗というケースも少なくないからだ。

そのリスクを背負いながら、逃げるという選択をとった岩田騎手はどの騎手よりも一枚上手だった。

現代競馬で必要なこと

まとめると、「GI級の力」を持つ「操作性の高いレッツゴードンキ」に「岩田騎手の判断力と勝負強さ」が加わったことが桜花賞制覇につながったわけだ。


圧倒的な末脚で他馬を抜き去るような分かりやすい強さではない。むしろ「恵まれた」と思われがちな地味な勝ち方だった。

しかし、馬場の改良によって先行馬が圧倒的に有利な現代競馬では、操作性の高さが何よりも武器になる。レッツゴードンキは、現代競馬で勝つために必要なことを桜花賞という大舞台で示したのだ。

言い換えると、個性的な名前の彼女は「桜花賞馬」の称号にふさわしい素晴らしい競馬をしたといえる。

次なる戦いは東京芝2400mのオークス。桜の女王がどんな競馬を見せるのか、今から楽しみだ。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る