カテゴリー:騎手コラム

横山典弘騎手の“ポツン騎乗”は本当に多いのか?天才の気まぐれの真相

(C) Y.Noda

横山典弘騎手は5月3日に行われた天皇賞春(GI/芝3200m)で周囲を唖然とさせる騎乗を見せた。天皇賞春で連敗中だったゴールドシップの手綱を取ると、2周目の向こう正面から捲って先頭に立ち、押し切ってみせたのだ。天才が天才であるゆえんを示し、惜しみない称賛を浴びた。

●おすすめ記事→ゴールドシップと横山典弘、天皇賞春のロングスパートに隠された“思惑”とは?

しかし一方で、“無気力騎乗”と言われても仕方がない騎乗があることも事実だ。レースに参加せず、最後方に位置取る姿は“ポツン”と揶揄されて久しい。

「天才」、「気まぐれ」、「やらず」――。

様々な顔を見せてくれる横山典弘騎手。今回のテーマは「本当に“ポツン”が多いのか?」。その真相に迫ってみたい。

“ポツン騎乗”とは何か?

そもそも“ポツン騎乗”とは何なのか? 簡潔に書くと……

「スタートしてから終始最後方に位置取り、レースに参加せず、直線だけ追って(時には追わないことも!)レースを終えること」

だろうか。昔からこういう騎乗がなかったわけではないが、2012年のオークスで改めてクローズアップされることになった。ココロチラリに騎乗した横山典弘騎手は終始レースに参加せず、最後の直線でも馬なりのまま追い出すことはなかった。レース後、物議をかもしたことは言うまでもない。

最近で言えば青葉賞におけるカカドゥでの騎乗が“ポツン”にあたる。

最後方に位置取り、直線では(多少詰まったこともあるが)ほとんど追わずにレースを終えている。レース映像を見てもらえれば、ポツン騎乗のイメージが付くのではないだろうか。

“ポツン騎乗”の定義

断っておくが、この記事ではあえて「ポツン騎乗の是非」について触れない。横山典弘騎手は何かしらの意図があってそうした騎乗をしているのだろうし、陣営もそれが分かって騎乗依頼を出している。その意志を尊重したい。

ここではあくまでもデータ的な観点から、ポツン騎乗が本当に多いのか、考察していく。

ではポツン騎乗の集計を行っていこう。さすがにすべてのレースを見返していると日が暮れるどころではなくなってしまうのため(苦笑)、以下をポツン騎乗とする。

・3コーナー、または4コーナーで最後方につけていること
※16頭立てで「7―7―12―16」のように明らかに垂れた馬は除外とする

計測地点を2箇所に設定したのは、動き出す位置が違うためだ。3コーナーからまくっていき、4コーナーで何頭か抜いているというケースはあるため、計測地点が4コーナーだけでは不十分。一方、4コーナーになると前の馬が垂れてきて、動いていないのに通過順が上がるというケースが見られる。よって、3コーナーか4コーナー、どちらか一方でも最後方なら“ポツン”と定義することが妥当と判断する。多少の誤差があるのはご容赦願いたいが、大きなズレはないはずだ。

定義に沿って2015年のポツン回数を集計したところ……

横山典弘騎手
ポツン回数/騎乗数/ポツン率
16回/196騎乗→8%

100回騎乗して8回程度、ポツン騎乗があることになる。

トップジョッキーの“ポツン騎乗比較”

これだけでは横山典弘騎手のポツン騎乗が特別多いのかどうか分からない。そこで、2015年のリーディング上位5人(5月7日現在)、福永祐一騎手、戸崎圭太騎手、浜中俊騎手、武豊騎手、岩田康誠騎手の“ポツン率”を調べてみた。

横山典弘騎手
16回/196騎乗→8%

福永祐一騎手
7回/304騎乗→2%

戸崎圭太騎手
12回/322騎乗→3%

浜中俊騎手
7回/283騎乗→2%

武豊騎手
4回/266騎乗→2%

岩田康誠騎手
9回/354騎乗→3%

ご覧のとおり、リーディング上位の騎手たちは総じて2、3%程度に収まっている。横山典弘騎手の8%というのは、相当高い確率だと断定して良さそうだ。回数の面でもダントツの“ポツン騎乗リーディング”といえよう。

繰り返すが、ここではポツン騎乗のぜひについて触れない。(他の記事で書くことはあるかもしれないが)

ただひとつ言えることは馬券を買う身、馬を応援する身からすると、馬柱に「横山典弘」の文字を見つけた時、胸にざわつく何かを感じずにはいられないということだろうか。天才的な騎乗をするかもしれないし、ポツンかもしれない。天才がどのような気まぐれを起こすのかはレースが始まってみないと分からないのだから。

果たして横山典弘騎手のポツン騎乗は続いていくのか? ポツン騎乗で大仕事をやってのけることはあるのだろうか? 注視してみていくと、面白いかもしれない。

おすすめコラム

ポルトドートウィユと武豊騎手をつなぐ“絆”!日本ダービーへ必勝体制
ゴールドシップと横山典弘、天皇賞春のロングスパートに隠された“思惑”とは?
キズナと武豊が天皇賞春で惨敗した5つの理由と英断への期待
ロイスアンドロイス、90年代を代表する最強の重賞未勝利馬〜時代を彩ったバイプレーヤーたち〜
稀代のバイプレーヤー!ウインバリアシオンとステゴ産駒の“闘争”の歴史


福永祐一騎手、春の牡馬クラシックで2着6回…届きそうで届かない“あと一歩の歴史”

(C)Yusuke Tsutaya

皐月賞は不運としか言いようがなかった。

リアルスティールに騎乗した福永祐一騎手は100点の騎乗をした。大げさではなく、初の皐月賞制覇に確実に大手をかけていた。しかし、またしても届かなかった。大外からやってきた“怪物”に栄光をさらわれてしまったのだ。

いつもあと一歩。またしてもあと一歩。今回はそんな福永騎手の“あと一歩の歴史”を振り返ってみよう。

平場では信頼できる騎手だが…

福永騎手は現役トップジョッキーの1人だ。2013年にリーディングジョッキーとなり、近年ではジャスタウェイやエピファネイア、リアルスティールといった有力馬に騎乗している。

実績のとおり、平場では最も買える騎手の1人だ。ソツのない騎乗をするため、才能のある馬を普通に勝たせることはできる。だから、多くの陣営が福永騎手に騎乗を依頼する。

ただし、「ソツのない」というのは必ずしも褒め言葉ではない。例えば「無難」と言い換えることができる。この「無難な騎乗」は平場ではいいかもしれないが、重賞レベルになると足元をすくわれるケースが多い。

特にGIはすべての騎手が勝ちたいと思っている。そういった環境で80点の騎乗をしても、100点の騎乗をしたジョッキーに勝利をかっさらわれてしまうのだ。

牡馬クラシック2着の歴史

牡馬クラシックの成績はというと、通算(1−6−3−36)。勝ったのは菊花賞で断然の1番人気に支持されたエピファネイアのみだ。1着が1回に対し、2着が6回もあるのだから、いかに「勝ちきれていないか」が分かる。

前述のとおり、リアルスティールの皐月賞は100点の騎乗だったが、ドゥラメンテの反則級の末脚に屈した。エピファネイアのダービーは向こう正面でのアクシデント以外、完璧に乗ったが、ゴール寸前でキズナにかわされてしまった。

ワールドエースの皐月賞は4コーナーで“ワープ”したゴールドシップの後塵を拝し、大穴をあけたアサクサキングスのダービーでも勝ち切るにはいたらなかった。ちなみにこの年の勝ち馬は牝馬のウオッカ。牝馬の参加がない通常の年であればダービージョッキーになっていたかもしれないのに、と思うと、実についていない。

牡馬クラシックではないが、昨年のマイルチャンピオンシップでも好騎乗をしながら、岩田康誠騎手の“神騎乗”に押し切られてしまった。

「無難な騎乗」というのは決め手に欠ける。福永騎手の成績は、そのことを正確に表しているような気がしてならない。

果たして、福永騎手は“あと一歩キャラ”を脱却し、念願の春の牡馬クラシック制覇を成し遂げることができるのか? 興味は尽きない。

おすすめコラム

遂に本格化!良血馬サトノアラジンの未来に期待する4つの理由
将来のGI馬!?スクリーンヒーロー産駒モーリスに注目したい4つの理由
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”
岩田康誠という天才勝負師…“神騎乗”の数々と驚異のGI回収率


乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”

(C)minafl

「柴山雄一って誰だよ?」

ちょっとした競馬ファンにすら、そんな風に言われてしまいそうな地味な存在。それが少し前までの柴山騎手だった。

が、最近、状況が変わってきている。

いつの間にかノーザンファームの主戦騎手の一人になり、いつの間にか重賞で人気馬に乗るようになった。

今まで鳴かず飛ばずだったGI未勝利ジョッキーが、Wikipediaの成績欄が2012年で止まっているようなジョッキーが、本当に買えるのか? 探ってみることにしよう。

そもそも柴山騎手って?

柴山騎手は「苦労人」というイメージが強い。なんといったって、滑り出しから苦労している。JRAの競馬学校の試験に3年連続で不合格になっている。三浪だ。いや、三浪しても受からなかったのだ。

本当なら福永祐一騎手や和田竜二騎手の同期になって“華の12期”なんて呼ばれていたのに、受からなかった。なんてこった。

結局、騎手としてのキャリアは地方の笠松からスタート。波瀾万丈ありつつ、結果を残してJRAへ移籍するまでになった。

JRAの移籍初年度はなんと80勝を挙げて脚光を浴びる。が、06年52勝、07年40勝と着実に勝ち星を減らし、09年には14勝にまで落ち込んだ。

そんなお世辞にも華やかとは言えないキャリアなのに、最近の上昇っぷりが半端無い。上昇っぷりというか、もはや“常勝っぷり”とすら言えてしまうほどの状況になっている。

驚異の安定感

4月12日終了時点で全国リーディング9位。これだけだと「まぁぼちぼちじゃん」くらいにしか思わないかもしれない。

ただ、騎手の成績は騎乗馬の質に大きく左右されるため、「勝利数=騎手の技量」とは限らない。じゃあどうやって騎手の技量を測るかというと、こういうやり方はどうだろうか。

・前走5着以内かつ、今走5番人気以内

つまり、前走でしっかり結果を出して今走も人気になるような実力のある馬でどんな結果を出しているかで測る。勝ち星だけで測るよりよっぽど正確だろう。

これで見ると柴山騎手の成績は……

着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
18-11- 7-26/62 29.0% 58.1% 115 98

集計期間:2015. 1. 4 ~ 2015. 4.12

一言で言えば「抜群」。30回以上騎乗した騎手としては……

勝率1位
複勝率1位
単勝回収値5位
複勝回収値3位

勝率、複勝率が1位! しかも回収値も高い! やっほい!

知名度の高い武豊騎手や福永騎手、岩田騎手や戸崎騎手は乗っていただけで人気になる。が、「柴山雄一」ははっきり言って全国区じゃない。知る人ぞ知る玄人。だからこそ、人気にならない。が、ちゃんと走ってくれる。だからこそ、おいしいし、安心して買える。

たぶんこれだけの成績を残していたら、ノーザンファームのお偉いさん方も喜んでいるはず。しばらくはいいオファーが続くんじゃないかな?

というわけで、騎手欄の「柴山雄一」を見て消していたそこのあんた!

侮っていると、ヤケドするよ! そのくらい、今、アッツアツなんだから。

関連記事

岩田康誠という天才勝負師…“神騎乗”の数々と驚異のGI回収率
追加登録料1700万円の凱旋門賞を模範に!皐月賞のフルゲート割れ問題を考える
【皐月賞2015】サトノクラウン良血度診断…全姉は英GI馬ライトニングパール
ルージュバックは桜花賞でなぜ負けたのか?“優等生”マンカフェ産駒の呪縛
ダサいなんて言うな!レッツゴードンキの真の強さと岩田康誠騎手の判断力


岩田康誠という天才勝負師…“神騎乗”の数々と驚異のGI回収率

(C)arima0208

岩田康誠というジョッキーは恐ろしい。

お世辞にもイケメンとはいえない風貌、“焼きそば”と呼ばれる騎乗フォーム、時に果敢すぎる(悪く言えば無謀な)騎乗ぶりと制裁の数々……。世間様に嫌われる要素はこれでもかというほど揃っている。当然、武豊騎手のようなスター性も華やかさもない。

しかし、競馬は勝負事だ。華やかさなど必要ない。勝つか負けるか。それがすべて。

そういう観点から見ると、岩田騎手ほど頼れるジョッキーはいない。

今回は4月12日に行われた桜花賞でレッツゴードンキを優勝に導いた“勝負師”にスポットライトを当ててみよう。

驚異の“勝ちきり”

岩田騎手といえばなんといっても大舞台に強い。地方競馬からの移籍組ながら中央GI勝利数は24。2006年に移籍したため、JRAの騎手としてのキャリアは10年に満たない。それでいてこの数字は驚異的と言っていい。

岩田騎手の凄さは判断力と勝負強さにある。GIは少しの判断ミスや油断が敗北につながる。言い換えると、一瞬の判断が勝利につながる。その“一瞬”を見極めることができるのが、岩田という騎手なのだ。

GIにおける通算成績を見てみると……

(24―16―18―121)
勝率13%
複勝率32%
単勝回収値150
複勝回収値86

強調したいのは、明らかに「勝ち切っている」点だ。2着が16回、3着18回に対し、1着は24回もある。

しかも24勝のうち、1番人気で勝ったのは5回だけ。2番人気7頭、3番人気5頭をはじめとし、11番人気や13番人気といった“伏兵”で勝ち星を挙げているのだ。だから単勝回収値は150という驚異的な数字となっている。

いかにGIで勝ちきれる騎手か。力の劣る馬でも勝たせられるジョッキーか。

このデータを見れば、明らかだろう。

“神騎乗”の数々

岩田騎手といえば神がかり的な騎乗、いわゆる“神騎乗”の印象が深い。

ここではいくつか“神騎乗”を紹介していこう。

2010年 マイルチャンピオンシップ

岩田騎手は13番人気のエーシンフォワードに騎乗した。外枠の13番を引いたが、好スタートを切ると、すぐさま内に入れる。距離ロスを防いで脚をため、直線では内をついて外を回った差し馬たちをおさえて1着となった。

2010年 皐月賞

1番人気のヴィクトワールピサに騎乗。この騎乗がまた素晴らしかった。13番からスタートしたため外を回って距離をロスするリスクがあった。しかし、巧みな手綱さばきでいつの間にか内へ。直線では最内をついて、猛追するヒルノダムールらをおさえて優勝を飾った。

2014年 マイルチャンピオンシップ

最近ではこれが一番印象深いはずだ。8番人気のダノンシャークに騎乗すると、馬群の内で我慢させて最後の直線へ。直線の半ばまで追い出しを待って満を持してスパートし、最内からフィエロを捉えて見事に勝ち切ってみせた。

“岩田時代”は続く?

上記したレース以外にも、ハープスターを破ったヌーヴォレコルトのオークスや、オルフェーヴルに競り勝ったジェンティルドンナのジャパンカップなど、好騎乗を挙げればきりがない。

先週の桜花賞でも、改めて岩田騎手の凄さを見せつけられた方は多かったはずだ。今年に入ってやや不調に陥っていたが、アドマイヤデウスの日経新春杯などを見ても、騎乗技術に衰えは見られない。

近年は外国人ジョッキーの台頭により日本人ジョッキーは苦しい立場に立たされている。しかし、岩田騎手にはほとんど関係ない。彼は数少ない“GIで勝てる日本人騎手”なのだ。今後も重宝されるだろうし、GIで大仕事をやってのけるだろう。

まだしばらく、“岩田時代”は続いていきそうだ。

関連記事

追加登録料1700万円の凱旋門賞を模範に!皐月賞のフルゲート割れ問題を考える
【皐月賞2015】サトノクラウン良血度診断…全姉は英GI馬ライトニングパール
ルージュバックは桜花賞でなぜ負けたのか?“優等生”マンカフェ産駒の呪縛
ダサいなんて言うな!レッツゴードンキの真の強さと岩田康誠騎手の判断力
広がる“社台グループ内格差”!桜花賞&皐月賞登録馬はノーザンF13頭、社台F4頭


後藤浩輝騎手が伝えたかったこと…名騎手が抱いた“想い”を改めて振り返る


早いもので後藤浩輝騎手が亡くなってから1か月半が過ぎました。多くの競馬ファンが競馬新聞の過去のレースの欄に「後藤」の文字を見つける度に、何とも言えない空虚感を感じているのではないでしょうか。

大阪杯とダービー卿チャレンジトロフィーが行われた4月5日、中山競馬場では後藤騎手の引退メモリアルセレモニーが開催されました。献花台の真ん中にはアドマイヤコジーンの馬上でガッツポーズをする後藤騎手の写真が飾られ、ファンから関係者、著名人まで、数えきれないほどの方から花が手向けられていました。会場には後藤騎手が大好きだったというX Japanの「Forever Love」が流れ、涙をこらえきれないファンの姿が見られました。

引退メモリアルセレモニーでは、関係者の挨拶、記帳・メッセージカードがご遺族へ手渡された後、騎手仲間による後藤騎手のパネルの胴上げも行われ、最後にファンから「ありがとう!」、「お疲れ様!」という声が上がりました。

S__5324804

後藤騎手といえば、ファン思いのエピソードが数多くある方でした。

例えば昨年の有馬記念前夜、徹夜で開門を待つファンのためにメッセージ入りのホッカイロを差し入れていました。その光景を目の当たりにし、「こんな粋な計らいができる人がいるのか」と思ったのは、私だけではなかったはずです。

競馬のイメージを変えようと戦ったことも彼の残した“足跡”の一つです。

競馬は常に「ギャンブル=良くないもの」という固定概念と戦っています。騎手という職業も、競馬を知らない方は馴染みがないはずです。そんな中、競馬場やフェイスブックでファンと交流し、多くのイベントに参加して競馬の普及活動に努めていました。落馬という不運な出来事が重なりましたが、それでも騎乗を諦めない姿は競馬というくくりを越えて多くの方の胸を打ったはずです。

「一人でも多くの人に競馬の魅力を伝えたい」

生前に語っていたこの思いを、競馬関係者や一人ひとりのファンが持つこと。それが後藤騎手の供養になることを、祈るばかりです。

【文】=金沢ユウダイ

関連記事

追加登録料1700万円の凱旋門賞を模範に!皐月賞のフルゲート割れ問題を考える
【皐月賞2015】サトノクラウン良血度診断…全姉は英GI馬ライトニングパール
ルージュバックは桜花賞でなぜ負けたのか?“優等生”マンカフェ産駒の呪縛
ダサいなんて言うな!レッツゴードンキの真の強さと岩田康誠騎手の判断力
広がる“社台グループ内格差”!桜花賞&皐月賞登録馬はノーザンF13頭、社台F4頭


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る