カテゴリー:競走馬コラム

モーリスの血統や将来性は?安田記念の覇者を徹底分析

(C) Yusuke Tsutaya

6月7日に東京競馬場で行われた安田記念(GI/芝1600m)は、1番人気のモーリスが先行策から押し切り勝ちを収めた。自身、そしてスクリーンヒーロー産駒初のGⅠ制覇を成し遂げた。

モーリスの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

モーリスは父スクリーンヒーロー、母メジロフランシス、その父カーネギーという血統。もちろんスクリーンヒーローは安田記念初制覇となる。母メジロフランシスは未勝利に終わった馬だが、祖母メジロモントレーはアルゼンチン共和国杯やAJCCなど2000m超の重賞4勝。さらに遡れば、4代母メジロボサツは朝日杯3歳ステークスや、当時2400mで施行されていた函館記念を制していて、非常にスタミナ豊富な牝系といえる。

スクリーンヒーロー産駒の配合的な特徴としては、欧州血統との相性の良さが挙げられる。毎日杯を勝ち、ダービーに出走したミュゼエイリアンの母父エルコンドルパサーの母父がサドラーズウェルズ。その他、昨年のレパードS2着馬クライスマイルは母父ホワイトマズルで、菊花賞3着ゴールドアクターは母母父が仏GⅠ2勝のマナードである。

モーリスの母父は現役時代に凱旋門賞を制したカーネギー(父サドラーズウェルズ)で、やはり欧州血統だった。

秋は中距離路線への期待も

スタミナ豊富な牝系に、凱旋門賞馬を掛け合わせた母との間に生まれたモーリス。今回はマイルGIを制したが、気性面が成長すればもう少し長い距離への延長にも対応できるはずだ。

なにより心強いのは、2週連続GⅠ勝利を飾った敏腕調教師・堀宜行の存在だろう。転厩後、様々な工夫と努力の甲斐あって開花した才能は、無敗のまま4連勝でマイル界の頂点に登り詰めた。秋にはぜひとも、中距離路線の強豪たちと戦う姿を見てみたい。

【関連記事】
モーリスが達成した史上初の快挙とは?堀厩舎転厩後の開花と圧巻の走り
モーリスは安田記念で除外の可能性も?4歳賞金問題の改善を!
堀厩舎旋風!ドゥラメンテやモーリスを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?
怪物モーリス!“メジロ”の継承者は安田記念で通用するのか?
将来のGI馬!?スクリーンヒーロー産駒モーリスに注目したい4つの理由


レコンダイトとヒットザターゲットの血統や今後は?目黒記念1、2着馬を徹底分析

(C)masakin0712

31日に東京競馬場で行われた目黒記念(GⅡ)は、11番人気のヒットザターゲットが勝利。重賞4勝目を手にした。2着は4番人気の5歳馬レコンダイトで、初重賞挑戦でいきなり通用の目途を立てた。

この2頭の血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

ヒットザターゲットの好走条件

ヒットザターゲットは父キングカメハメハ、母ラティール、その父タマモクロスという血統。キングカメハメハ産駒は目黒記念初勝利となる。この馬自身は全9勝中8勝が5番枠以内で、4つの重賞勝ちのうち3勝が2番枠以内と内枠巧者ぶりが際立っている。

昨年の宝塚記念4着、天皇賞秋5着もともに内枠だった。母父タマモクロスから息の長い末脚を受け継いでいるだけに、GIであっても内枠、そして持続力が問われる展開になれば馬券圏内突入のチャンスは十分だ。

2着のレコンダイトは父ハーツクライ、母モテック、その父ラストタイクーンという血統。目黒記念でのハーツクライ産駒の連対は初だが、同条件のアルゼンチン共和国杯ではハーツクライ産駒のフェイムゲームが勝利している。

【次のページヘ】レコンダイトの血統や将来性って?

ページ:

1

2

もしサトノクラウンが種牡馬になったら?血統から導く3つの成功の可能性

(C)馬空-競馬写真館-

ドゥラメンテがレースレコードで完勝した第82回日本ダービー。オルフェーヴル以来の2冠馬の誕生となり、秋は菊花賞で3冠を目指すのか、それとも凱旋門賞に参戦するのか動向も注目されます。

しかし、今回スポットを当てるのはドゥラメンテではありません。2冠馬に遅れること0.3秒の3着になったサトノクラウンです。

というのも、サトノクラウンは外国産馬です。日本で蔓延しているサンデーサイレンスの血を持たない彼がもし種牡馬となった場合、かなりの活躍が期待できると考えています。その根拠をまとめてみました。

理由① サンデーの血を持たず、ノーザンDの血も濃くない

日本は大種牡馬サンデーサイレンスの血が蔓延しています。よって、サンデーサイレンスの血を持たない優秀な種牡馬が求められています。その筆頭であるキングカメハメハは現在サンデーサイレンスの仔であるディープインパクトと激しいリーディングサイアー争いをしています。サトノクラウンはサンデーサイレンスの血を持たず、これだけでも種牡馬としての価値はあるといえます。

また、ディープインパクト産駒の活躍馬は母方がノーザンダンサー系のパワー血統であることが多く、サトノクラウンがノーザンダンサー4×5×7と、それほどノーザンダンサーの血が強調されてない点もプラスといえます。

理由② ディープインパクト牝馬との配合の場合

ディープインパクト産駒は優れた瞬発力を伝える、ということはあまりにも有名な話です。その瞬発力の源はどこにあるのかというと、父父ヘイローと母父母父のサーアイヴァーだと考えています。特にサーアイヴァーは鋭い瞬発力を武器にイギリス2冠馬となった馬です。この2頭は似たような血を多く持っていて、ニアリークロスとなります。

サトノクラウンも母ジョコンダⅡがサーアイヴァー4×4というクロスの持ち主で、それが瞬発力の源であると考えられます。

ディープインパクト産駒の牝馬にサトノクラウンを種付けした場合、ヘイロー≒サーアイヴァー6×6×4×6となり、更なる切れ味の増幅を期待できます。

【次のページヘ】キングカメハメハ牝馬との配合の場合は?

ページ:

1

2

アルバートドックの血統や将来性は?白百合ステークスの覇者を徹底分析

(C)T.T

5月30日に京都競馬場で行われたOP特別の白百合ステークス(芝外回り1800m)は1番人気のアルバートドックが人気に応えて勝利した。

ここ2走は重賞に挑戦していたが、あと一歩届かず賞金加算はならなかった。ダービー出走が叶わなかった悔しさをここで晴らし、いざ飛躍の秋へと挑む。

アルバートドックの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

アルバートドックは父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー、その父アンユージュアルヒートという血統。ディープインパクト産駒は12年のマウントシャスタ、昨年のステファノスに続いて当レースで3勝目を挙げ、12年から4年連続連対となった。

母ゴールデンドックエーは米国の3歳2月に行われるオールウェザーのGIラスヴァージネスステークス(1700m)を制した馬で、全兄アンユージュアルサスペクトは米国芝2400mのGIハリウッドターフカップステークスを勝っている。

母父アンユージュアルヒートは現役時代、目立った実績は芝1400mのGIII2着程度という馬だが、その父はヌレイエフだ。ディープインパクトはヌレイエフと相性がよく、母父や母母父が同系統だと大物を産む傾向にある。

今年のオークス馬ミッキークイーンをはじめ、ヴィルシーナ、デニムアンドルビー、ミッキーアイル、ショウナンアデラなど、ヌレイエフの大物を挙げるとキリがない。

秋の飛躍は必至か

500万条件を勝った後、重賞2戦は4、3着と一押し足りなかった。しかし2戦とも明らかに内有利の芝状態の中、外から差しこんできた脚は注目すべきものがある。

特に京都新聞杯は掲示板の内4頭が1、2枠の馬で、アルバートドックだけが8枠から外を回して差してきていた。確かな能力の裏付けに、積み重ねた賞金。おそらく神戸新聞杯でダービー出走組と対戦することになるが、間違いなく好勝負を見せてくれるはずだ。

【関連記事】
サトノクラウンの血統や距離適正は?日本ダービー3着馬を徹底分析
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性
ドゥラメンテの血統や菊花賞への適正は?日本ダービーの覇者を徹底分析
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る


モーリスが達成した史上初の快挙とは?堀厩舎転厩後の開花と圧巻の走り

(C)Minafl

怪物か、それともフロックだったのか。

6月7日に東京競馬場で開催される安田記念(GI/芝1600m)で、新たな時代の幕が上がるかもしれない。

その中心にいるのが4歳馬のモーリスだ。前走のダービー卿チャレンジトロフィーで圧倒的なパフォーマンスを示したスクリーンヒーロー産駒は、春の栄冠を手にすることができるのだろうか。

届かなかった3歳クラシック

モーリスは2歳時から期待された存在だった。

1番人気で新馬戦を快勝すると、2走目の京王杯2歳ステークスでも1番人気に支持された。6着に敗れたものの、使った上がりは33秒1。3走目の500万条件を快勝したことで「クラシックへ」と期待は高まった。

しかし、皐月賞トライアルのスプリングステークスで4着に惜敗すると、京都新聞杯でも7着に敗れ、路線に乗ることができなかった。その後も白百合ステークスで3着と勝ち切れず、“鳴かず飛ばず”の日々が続いた。

怪物の才能を開花させた堀厩舎の手腕

そんなモーリスの転機になったのが、吉田直弘厩舎から堀厩舎への転厩だった。関東を代表するリーディングトレーナーの元へ行ったことで“怪物”の才能は開花する。

今年1月の復帰戦で3馬身差の圧勝劇を演じると、準オープン、ダービー卿CTと圧巻の3連勝で重賞ウィナーの仲間入りを果たした。特にダービー卿は中山の急坂で力強く伸び、上がり33秒フラットという驚異的な末脚を発揮。ラスト2ハロンが11秒7−10秒9という加速ラップを踏む規格外の走りで一気にマイル路線の主役となった。

堀厩舎はダービー馬ドゥラメンテ、同3着のサトノクラウン、今年豪州GIを制したリアルインパクトらを管理するトップトレーナーだ。今年のリーディング争いで堂々の1位につけている。モーリスが才能を開花させた背景に“厩舎力”があったことは間違いないわけだ。

史上初の快挙

では、モーリスは安田記念を勝つことができるのだろうか?

適性等があるため一概に「勝てる」ということはできない。ただし、GI級の実力があることは証明されている。というのも、実は前走のダービー卿CTでものすごい快挙を達成していたのだ。

中山は最後の直線に急坂がある。よって通常はラスト1ハロンは減速する。例えば今年の皐月賞のラスト3ハロンのラップは「11秒8−11秒0−11秒7」だ。

しかし、モーリスは減速するどころか加速し、10秒9という驚異的なタイムを叩き出した。いくら昨年末の路盤改修工事によってタイムが出やすくなっているとはいえ、並の能力で叩き出せる時計ではない。事実、

・中山芝コース(距離問わず)
・前半5ハロン60秒以内
・ラスト1ハロン10秒台

この条件に該当した馬はモーリスただ1頭なのだ。手元にある1990年以降のデータで初ということは、間違いなく史上初の快挙ということになるだろう。GI級の能力を持ち、GIを勝つにふさわしい走りをしてきたことは間違いない。

マイル路線の主役へ

安田記念は登録19頭のうち、13頭が6歳以上の高齢馬である。マイル路線の高齢化が浮き彫りになっているわけだ。

そんな中、このスクリーンヒーロー産駒は数少ない4歳馬の1頭である。

前走で示した能力を府中の直線で発揮できれば、結果は自然についてくるはずだ。

新時代の扉を開け、マイル界の主役へ上り詰めるために――。

モーリスが府中の1600mに挑む。

【関連記事】
怪物モーリス!“メジロ”の継承者は安田記念で通用するのか?
将来のGI馬!?スクリーンヒーロー産駒モーリスに注目したい4つの理由
モーリスは安田記念で除外の可能性も?4歳賞金問題の改善を!
安田記念(2015年)の人気馬は?予想オッズと勢力図を展望
安田記念に関する記事一覧はこちら!


Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る