カテゴリー:競走馬コラム

マリアライトの血統や将来性は?マーメイドS2着馬を徹底分析

(C)arima0208

6月14日に阪神競馬場で行われたマーメイドステークスで2着に入ったのは1番人気に支持されたマリアライトだった。人気に応え、重賞初挑戦初勝利とはならなかったが、2着に入って実力を示す結果となった。

マリアライトの血統はどのようなものだろうか?徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

マリアライトは父ディープインパクト、母クリソプレーズ、その父エルコンドルパサーという血統。ディープインパクト産駒は12年1着グルヴェイグ、13年1着のマルセリーナに続いて3度目の連対となった。なお、11年と昨年はディープインパクト産駒の出走がなく、まだ3例だけだがこれで産駒が出走した年は必ず連対したことになる。

ディープインパクト、母父エルコンドルパサーの配合はまだ頭数が少ないが、その中から今年の共同通信杯と毎日杯で3着となりプリンシパルステークスを勝ったアンビシャスが出ている。今後も楽しみな配合だ。

母系に流れるダートの一流血統

マリアライトはなんといっても母系のスケールが魅力的。父ゴールドアリュールの半兄クリソライトは13年ジャパンダートダービーを勝ち、昨年JBCクラシックでも2着と、ダート界のトップクラスを走り続けている。父ゼンノロブロイの半兄リアファルも、兵庫チャンピオンシップ2着など、3歳のダート戦線で注目される1頭だ。

そして母の全弟は06年ジャパンカップダート勝ち馬のアロンダイト。全兄のフォルトファーレンは500万で足踏みが続いているが、本馬は牝馬である分、軽さが出たのか、芝でここまで勝ち上がることができた。ダート界の超良血ではあるが、ここで芝向きの産駒を出すのはさすがディープインパクトといえるかもしれない。

ただやはり、キレは一般的な同産駒に比べると劣る。4勝中2勝が道悪で、準オープン勝ちの前走も東京にしては上がりのかかる展開となったことでエンジンのかかりの遅さを補うことができたものだった。母父エルコンドルパサーには、アイムユアーズのように3歳春から活躍する馬もいれば、4歳秋にオープン入りしたブレイズアトレイルのような遅咲きのタイプも少なくない。この馬は後者で、まだまだ成長の余地は残している。

それだけに東京や京都のような高速上がりが求められるコースでも強い競馬をする可能性も否定できない。ただし、現状はコーナーから動いていけるコースや瞬発力の優先度が低い条件が得意といえるだろう。

【関連記事】
シャトーブランシュの血統や将来性は?マーメイドSの覇者を徹底分析
エイシンヒカリが秋のGI戦線へ!路線は天皇賞秋やマイルチャンピオンシップか
ポトマックリバーが菊花賞路線に殴りこみ!圧巻の強さと成長力ある血統が魅力
「競馬?興味ねぇし」なんてサッカーオタクが競馬バカになる5つの理由
「昔の競馬は熱かった」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと


シャトーブランシュの血統や将来性は?マーメイドSの覇者を徹底分析

(C)Ogiyoshisan

6月14日に阪神競馬場で行われた牝馬限定のGⅢ・マーメイドステークス(芝内回り2000m)は、8番人気のシャトーブランシュが豪快に差し切り、念願の初重賞タイトルを手にした。鞍上の藤岡康太騎手は、昨年のディアデラマドレに続き、このレース連覇となった。

シャトーブランシュの血統はどのようなものだろうか?徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

シャトーブランシュは父キングヘイロー、母ブランシェリー、その父トニービンという血統。キングヘイロー産駒のマーメイドS勝ちは初めてで、JRA重賞制覇は本年のアメリカジョッキークラブカップのクリールカイザー以来、9勝目となった。なお、マーメイドSで格上挑戦馬が勝利するのは、近10年で6頭目だ。また、母父トニービンはこのレースに相性がよく……

04年 1人気1着 アドマイヤグルーヴ
10年 4人気3着 テイエムオーロラ
12年 1人気1着 グルヴェイグ
12年 7人気2着 クリスマスキャロル

と複数の好走馬を送り出している。加えて同系統のグレイソヴリン系種牡馬コジーンを母父に持つサンレイジャスパーも06年、07年と連続で2着に好走している。

兄弟は、父がフジキセキながら芝2200m以上で4度馬券になったウインフロレゾンなど。母系を辿ると、父がサクラバクシンオーながらダート2400mで勝ち、入障後は冬春J・GⅠ連覇を成し遂げたブランディス、ホッカイドウ競馬の中長距離重賞で長く活躍したオースミシュネル、芝2000m以上で3勝し、現準オープン馬のエーシンハクリューなどがいる。距離を問わず活躍できる資質を持っているわけだ。

祖母は格上挑戦した92年のクイーンステークス(当時は秋の中山開催)で3着したメゾンブランシュで、相手強化にも格負けしない強さを受け継いでいるのかもしれない。

秋の最大目標は……

距離に問題はなく、今後は秋のエリザベス女王杯が最大目標になりそうだ。キングヘイロー産駒は代表産駒の1頭、カワカミプリンセスが06年に12着降着ながら1位入線を果たし、翌年も2着と好走している。

ただし、戦績を見てもわかるように軽い芝でキレが要求される馬場は得意ではない。過去、芝の稍重~不良では(1-2-0-2)で、そのうち重馬場の13年ローズSで8人気2着。重馬場の14年愛知杯も4着だったが、追い込み決着になったレースで早め先頭に立ち粘ったのだから、着順以上に評価できる内容だった。

大舞台で輝くためには、12年にレインボーダリアが勝った日のような恵みの雨がほしいところだ。

【関連記事】
エイシンヒカリが秋のGI戦線へ!路線は天皇賞秋やマイルチャンピオンシップか
新種牡馬アンライバルド産駒トウショウドラフタが新馬勝ち!将来性は…
ポトマックリバーが菊花賞路線に殴りこみ!圧巻の強さと成長力ある血統が魅力
「競馬?興味ねぇし」なんてサッカーオタクが競馬バカになる5つの理由
「昔の競馬は熱かった」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと


モーリスが絶対王者になる理由とは?四重苦を跳ね除けた安田記念馬の未来予想図

(C)masakin0712

不安説を一蹴する王道の競馬で新マイル王の座についた。

6月7日に行われた安田記念(GI/東京芝1600m)で1番人気に支持されたモーリス(牡4)は、追いすがるヴァンセンヌを振り切り、GI初制覇を達成した。

このGI制覇、新たな時代の幕開けになるかもしれない。というのも、安田記念におけるモーリスは数々の不安要素を抱えていた。決して弱くない追い風の中でGIを勝ち切ってみせたのだから、相当力が抜けていたと判断できる。

なぜ、そこまでモーリスを評価できるのか。その理由に迫っていこう。

四重苦を跳ね除けた圧倒的な力

レース前、モーリスが明確な不安要素を抱えていることは記事で触れていた。

●詳細→圧勝か惨敗か?モーリスという馬が安田記念で危険視される4つのワケ

・血統
・斤量
・出遅れグセ
・騎手

まずは血統面だ。スクリーンヒーロー産駒は東京の芝コースでわずか1勝しか挙げていなかった。

(1−5−7−41)
勝率2%
複勝率24%
単勝回収値6
複勝回収値217
※2015年5月末時点

モーリスが勝ってやっと2勝目を挙げたことになる。安田記念は消耗戦になりやすいため、父非サンデー系に向いているという側面はある。実際、今年も消耗戦になったことはモーリスにとって好都合だった。

もっとも、産駒全体の傾向として決して向いた舞台ではなかったわけだから、力がなければ勝ち切ることは不可能だった。

また、斤量の問題も見事にクリアしてみせた。前走55キロから一気に3キロ増えて58キロというのは、大きな試練だった。事実、過去10年の安田記念で斤量がプラス2キロ以上だった馬の成績は(0−0−3−21)。並大抵の実力では乗り越えられないハードルだったといえる。

さらにレースを振り返ると、懸念されていたスタートに成功し、東京マイルの成績が芳しくない川田将雅騎手が素晴らしい騎乗を披露した。モーリスがしっかりとスタートを切って4コーナーで3番手につける展開を想像した方は少なかったのではないだろうか。

以上のように“4つの逆風”をもろともせずに勝ち切った姿は“新マイル王”にふさわしかった。

【次のページヘ】“怪物”の将来性と今後の課題とは?

ページ:

1

2

米3冠馬アメリカンファラオの血統や戦績は?37年ぶりの快挙と新たな歴史の幕開け

(C)Diana Robinson

5月6日、アメリカ競馬の歴史に新たな1ページが加わった。

「37年ぶり、史上12頭目の米クラシック3冠馬 アメリカンファラオ」

まさに快挙だった。文字だけで見るとあまり伝わらないかもしれないが、今から37年前、1978年にアファームドが米三冠を達成したとき、日本はTTGの一角であったグリーングラスが天皇賞を優勝していた時期だった。

またアメリカのクラシック3冠は日本と違い、約一か月の間に3冠レースすべてを行うため、競走能力の高さ以上にタフさが求められる。そしてこれが3冠を達成しにくい大きな要因のひとつであるのは間違いない。

3冠を勝ち抜く能力とタフさを兼ね揃えた37年ぶりの3冠馬――。その歴史と可能性に迫っていこう。

生い立ち

アメリカンファラオは2013年のサラトガのファシグティプトンセールに出され、300,000ドルで買い戻された鹿毛の牡馬である。父パイオニアオブザナイルはパワーと持続力に優れた赤丸急上昇中の種牡馬であり、その父は現在日本で繋養されているエンパイアメーカーと日本でも馴染みが深い。

母のリトルプリンセスエマは兄弟にGI勝ち馬のいる良血馬。父系がアンブライドルドとザ・アメリカ馬といった感じである。

ファラオ?フェイロー?フェイロア?

アメリカンファラオは名門バファート厩舎へと入厩。デビュー戦こそ5着に敗れたが、その後は連戦連勝で頭角を現し。そのまま2歳チャンピオンへと登りつめた。たちまち翌年のクラシックの台風の目となったアメリカンファラオだが、実は名前に関して一騒動があった。

エジプト人のオーナーが馬名を公募し、その中から選ばれた名前がアメリカンファラオなのだが英語表記の馬名を見ると「American Pharoah」となっている。

アメリカンファラオならば本来「American Pharaoh」となるはずだが、実はこれ、馬名登録の際に誤ってスペルを打ち間違えたのが原因なのである。オーナーの抗議もむなしく、スペルの変更は認められなかった。

【次のページヘ】史上稀にみる好メンバーが揃った一冠目

ページ:

1

2 3

ヴァンセンヌの血統や将来性は?安田記念2着馬を徹底分析

(C)masakin0712

6月7日に東京競馬場で行われた安田記念(GI/芝1600m)で、惜しくも2着となったのは6歳にしてGI初挑戦のヴァンセンヌだった。ビッグタイトルにはあと一歩届かなかったものの、遅咲きの良血馬が実力を示した。

ヴァンセンヌの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

ヴァンセンヌは父ディープインパクト、母フラワーパーク、その父ニホンピロウイナーという血統。安田記念におけるディープインパクト産駒の連対は、11年1着のリアルインパクト以来2頭目で、通算では(1-1-1-16)となった。

母フラワーパークは現役時代、高松宮記念とスプリンターズステークスを制した快速牝馬だ。さらにその父ニホンピロウイナーは安田記念を勝ち、マイルチャンピオンシップを連覇している名マイラーである。この距離に適性を示すのも納得の血統だが、ニホンピロウイナーは80年代前半に活躍した古い血統であり、今回速い時計の決着に対応できたのは収穫だろう。

ディープインパクト、母父ニホンピロウイナーという配合の馬はJRAではヴァンセンヌのみ。ただディープインパクトは、ニホンピロウイナーの曽祖父であるサーゲイロードの血を母系にもつ。同様にサーゲイロードのクロスを持つディープインパクト産駒には11年の桜花賞馬マルセリーナがいて、高いレベルでマイル重賞への適性が高い血統といえる。

将来性は?

屈腱炎を乗り越え、6歳にしてついに本格化を迎えた良血馬。当然、まだまだ伸びしろはあるだろう。

今後は2000mも視野に入れつつ、本線はマイルCSでのリベンジということになりそうだ。ディープインパクト産駒が最も得意とする京都外回りならば十分そのチャンスはありそう。

1000万から東京新聞杯まで、稍重(の中でもかなり時計のかかる馬場状態)で3連勝し、先述したように一昔前の母系なだけに、馬場が渋るようならその可能性はさらに膨らむだろう。

【関連記事】
モーリスの血統や将来性は?安田記念の覇者を徹底分析
モーリスが達成した史上初の快挙とは?堀厩舎転厩後の開花と圧巻の走り
モーリスは安田記念で除外の可能性も?4歳賞金問題の改善を!
堀厩舎旋風!ドゥラメンテやモーリスを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?
将来のGI馬!?スクリーンヒーロー産駒モーリスに注目したい4つの理由


Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る