カテゴリー:競走馬コラム

ゴールドシップと横山典弘、天皇賞春のロングスパートに隠された“思惑”とは?

(C)sleep

“3度目の正直”ということわざはゴールドシップのためにあった――。

少なくとも5月3日、淀の3200mに魅了された競馬ファンはそう考えたはずだ。

過去2回の天皇賞春では人気に支持されながら期待を裏切った。今回に関しても「2度あることは……」という声が少なからず聞こえていた。そんな中で何が起こったか、結果はご存知だろう。

なぜ“芦毛の怪物”は天皇賞春を制すことができたのか? 今回は“3度目の正直”の背景にある真相に迫ってみたい。

春の天皇賞2連敗の原因

今回の勝因を紐解く上で、過去2回の敗因に触れなければならない。過去2回の敗因は、この2つだと考えられる。

・速い上がりが求められるレース質
・京都の高速馬場

ゴールドシップは脚が遅い。33秒の上がりを求められるレースになると、どうしてもキレ負けしてしまう。過去2回の天皇賞春は高速馬場の中、上がりが求められるレース質になった。これでは出番は訪れない。

しかし、今回勝てたということは問題を克服できたということだ。どんなレースぶりだったのか、振り返ってみよう。

ロングスパートに隠された“思惑”

ゲート入りに苦労したゴールドシップはスタートで行き脚がつかず、最後方から競馬を進めた。いつもならこのまま最後方に待機し、最終コーナーでまくる競馬をしたはずだ。

しかし、鞍上の横山典弘騎手が動いたのは向こう正面だった。

例年、二周目の向こう正面というのはペースが緩む。最後の直線で余力を残しておかなければならないため、ここで動いたら普通は持たない。騎手としては「なんとかパートナーを抑えたい」という心理がはたらく。だから、積極的な競馬をする馬が少なく、落ち着いたペースになりやすい。

ただここでゴールドシップの敗因を思い出してみよう。

・速い上がりが求められるレース質
・京都の高速馬場

高速馬場はどうにもならないとして、問題は一つ目。速い上がりを求められるレース質になったらゴールドシップが負けるのは目に見えていた。勝つためには何かをしなければならない――。横山典弘騎手はそう考えた末、向こう正面からのロングスパートを選択したのだろう。

結果、レースは動いた。

最後方のゴールドシップが一気に押し上げたことで全体のペースは上がった。昨年のレースラップは残り1400m付近から「12秒9―12秒9―12秒3」と推移していたが、今年は「12秒3―12秒5―12秒」と、速くなっている。馬場差があるとはいえ、全体のラップを比較しても今年は明らかによどみがない。

向こう正面からペースが乱れて速くなるというのは、各馬が脚を溜めるタイミングを失ったことを意味する。直線の末脚に懸けていた“脚の速い馬”たちは、瞬発力を使う前にガス欠に陥ってしまった。

脚は遅いがスタミナのあるゴールドシップは向こう正面からレースを支配し、自身が得意とする底力勝負に持ち込んだわけだ。

上位に来たスタミナ自慢たち

いかに凄まじいスタミナ比べだったかは、上位に入った馬たちの血統を見れば容易に想像ができる。

ゴールドシップは言わずもがな。

※おすすめ記事→驚異のスタミナ!ステイゴールド産駒のJRA長距離GI勝率が11年以降60%に

2着のフェイムゲームはステイゴールドの近親で、母父アレミロードはスタミナ豊富なセントサイモン系。母母父ディクタスはナリタトップロードやヒシミラクルを生んだサッカーボーイの父だ。

3着のカレンミロティックはフェイムゲームと同じハーツクライ産駒。そして5着のネオブラックダイヤは母父エリシオ、母母父トニービンという“凱旋門賞血統”を詰め込んだ馬だった。

力が劣る人気薄がこれだけ上位に来ているのだから、スタミナ比べになったことに疑いの余地はない。ゴールドシップは自分の得意なフィールドを自ら作り上げ、天皇盾をつかむことに成功したのだ。

黄金コンビの航海は続く

まとめると、ゴールドシップと横山典弘騎手は自分たちの弱点を克服するため、ロングスパートという仕掛けを打った。横山騎手にとってゴールドシップの力を信じなければ、できなかった策だったのではないだろうか?

パートナーの能力を完全に把握して勝つために最善を尽くした横山典弘騎手、そして向こう正面から鞍上の“檄”に応えて3度目の正直を果たしたゴールドシップは、どちらも見事という他なかったのである。

次走に予定されている宝塚記念では3連覇がかかる。気まぐれだがやる時はやる愛すべき騎手と“芦毛の怪物”がどんな走りを見せるのか。「天才×天才」という黄金コンビの航海は続く。

おすすめコラム

キズナと武豊が天皇賞春で惨敗した5つの理由と英断への期待
稀代のバイプレーヤー!ウインバリアシオンとステゴ産駒の“闘争”の歴史
華麗なるレーヴドスカー一族!驚異の優秀さと垣間見える“呪い”
「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない


キズナと武豊が天皇賞春で惨敗した5つの理由と英断への期待

(C) sleep

復活を期待するファンの願いは届かなかった。

5月3日、京都競馬場で行われた天皇賞春(GI/芝3200m)でキズナ(牡5)は1番人気に支持されていた。世界一を目指す日本のエースとして、多くの期待を集めていたのだ。

しかし、結果は7着。“復活劇”は起こらなかった。

なぜ、キズナは敗れたのか。いくつかの角度から分析していこう。

惨敗の理由① そもそも期待値が高過ぎる

そもそも、なぜキズナが負けるとこれほど話題になるのか?

・3冠馬ディープインパクトの産駒
武豊との名コンビ
・日本ダービー馬
・華やかなレースぶり

人気を集める理由はいくらだってある。

しかし、冷静に考えるとキズナはGIを一つしか勝っていない。日本ダービーを勝っただけ。にもかかわらず、これだけ多くの期待を背負わせるのはかわいそうだ。

キズナは“日本一のスターホース”かもしれないが、どんな条件でも走るディープインパクトのような“完全無欠のスーパーホース”ではない。よって、普通に負ける。言い方を変えると、「負けることが不可解」という解釈はありえない。

惨敗の理由② 追い込み馬の宿命

まずはこの記事を読んでほしい。

ハープスターは過剰人気馬の典型?“華やかさとリスクの代償”に迫る

追い込み馬は華やかで人気を集めやすい。しかし、展開に左右されたり、前が詰まったり、外を回さざるを得なかったり、不利を受ける可能性が高い。追い込み馬に安定した成績(しかも毎回1着)を求めるほうがおかしいのだ。

実際、キズナはこの日、終始外を回して大幅に距離をロスしていた。このやり方では相当周りと実力者がなければ勝てない。しかし前述のとおり、キズナは“普通のGI馬”だ。GI馬が何頭もいるレースに出れば“出走馬の1頭”にすぎず、このやり方では勝てない。

惨敗の理由③ ディープ産駒鬼門の長距離重賞

ディープインパクト産駒はマイルから2400mまで、幅広い距離で活躍している。一方で天皇賞春のような長距離重賞はディープインパクト産駒にとって“鬼門”といえる。

初年度産駒から数えて33頭が3000m以上の重賞に挑戦しているが、通算成績は(0−7−3−23)で勝ち馬はゼロだ。2着馬が7頭出ているため、“鬼門”を突破するのも時間の問題だが、他の距離に比べて適正は低いのは確か。

キズナはマイラー説があるように、単純に距離が長かった可能性は十分にある。

惨敗の理由④ “鮮度”の低さ

ディープインパクト産駒を紐解く上で重要なキーワードとなるのが“鮮度”だ。

実はディープインパクト、フレッシュな状態でないと走れない傾向にある。特に牡馬の場合、鮮度が悪くなると実力があってもメンタル面の問題で走らなくなってしまう。

この傾向はGI馬たちのキャリアを見れば明らかになる。ディープインパクト産駒は17頭が芝のGIを勝っている。しかし、JRAのGIを複数回勝っているのはジェンティルドンナとヴィルシーナの牝馬2頭のみ。牡馬はというと……

ダノンプラチナ 朝日杯フューチュリティステークス
ダノンシャーク マイルチャンピオンシップ
スピルバーグ 天皇賞秋
ミッキーアイル NHKマイルカップ
トーセンラー マイルCS
キズナ 日本ダービー
ディープブリランテ 日本ダービー
リアルインパクト 安田記念

ご覧のとおり、GI馬は8頭いるにもかかわらず、2勝している馬が1頭もいない。 (※リアルインパクトはジョージライダーステークスを勝っているが海外GIのため対象外)

キズナはGIを勝っているし、昨年春の天皇賞で走っているため、鮮度が低かったと考えられる。ディープインパクト産駒の傾向からすると“走り時”と言えなかったわけだ。

惨敗の理由⑤ 内枠有利のレース

そしてレースがキズナに味方しなかったのも痛かった。今年の天皇賞春は完全に内枠が有利なレースとなった。上位の枠順を見てみると……

1着 ゴールドシップ 1枠1番
2着 フェイムゲーム 7枠14番
3着 カレンミロティック 1枠2番
4着 ラストインパクト 2枠4番
5着 ネオブラックダイヤ 2枠3番
6着 ホッコーブレーヴ 3枠6番

ご覧のとおり、フェイムゲーム以外は内枠の馬が上位を独占している。ラストインパクトやホッコーブレーヴはまだしも、ネオブラックダイヤが5着に来ているのだから、いかに内が有利だったかが分かる。

またフェイムゲームにしても、スタートから内に入り、ラチから2頭目の位置で競馬していた。距離ロスが少なく、外に出したのは最後の直線になってから。

一方のキズナは終始外を回り、3、4コーナーでは大幅に距離をロスしていた。これでは走れるものも走れない。

キズナは復活するのか?

これだけ多くのマイナス要素があったわけだから、惨敗しても仕方がない。むしろ、ここまで騒ぎ立てられるのはキズナやキズナの関係者にとってかわいそうなことだと感じる。

おそらく次走は宝塚記念になる。宝塚記念の適性も高くないため、おそらく復活劇を演じるのは難しいだろう。

キズナと武豊騎手に待ち受ける試練…天皇賞春と宝塚記念制覇は困難?

ただ、キズナが弱い馬というわけではない。ハマればいつでも勝てる力は持っているし、適正なレースに使われれば簡単に負けない。

そういう意味で宝塚記念や凱旋門賞を使うのはどうなのか。

ディープインパクト産駒が得意なのは馬場が軽い東京や京都の芝コースだ。馬場が重たい宝塚記念(阪神競馬場)や凱旋門賞(ロンシャン競馬場)とは適正がズレる。

本当にキズナを復活させたいのなら、(トーセンラーがそうだったように)安田記念やマイルチャンピオンシップといったマイル戦を使って刺激を与えたり、走ったことがない東京芝2000mの天皇賞秋やダービーを勝った東京芝2400mで行われるジャパンカップで久々に走らせてみてはどうだろうか?

ファンが多い馬、期待が多い馬というのは分かる。今さらマイル路線に行ったり、フランス遠征を取りやめるというのは許されないかもしれない。

しかし、ファンが本当に見たいのは適正が合わないレースで負けるキズナの姿ではなく、(たとえ王道路線でなくとも)華麗に差しきり勝ちを収めるキズナの姿である。

本当にキズナを復活させたいなら――。

選ぶべき道が、他にあるのかもしれない。陣営の“英断”に期待したい。

おすすめコラム

稀代のバイプレーヤー!ウインバリアシオンとステゴ産駒の“闘争”の歴史
華麗なるレーヴドスカー一族!驚異の優秀さと垣間見える“呪い”
31秒9の衝撃!ディアデラマドレがマイル戦史上最速上がりを記録
「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない


稀代のバイプレーヤー!ウインバリアシオンとステゴ産駒の“闘争”の歴史

(C)Sleep

ウインバリアシオンが現役生活にピリオドを打った。5月3日に行われた天皇賞春(GI/芝3200m)で起こったアクシデントにより競争能力を喪失し、引退を余儀なくされたのだ。

GIで2着になること4回。常に第一線で活躍し続けたが、遂にビッグタイトルを取れなかった。

しかし、ウインバリアシオンの輝きが色褪せることはない。“主役”になることはできなかったが、競馬ファンの心にその名前は深く刻まれたはずだ。そんな“稀代のバイプレーヤー”のキャリアを振り返ると、ある馬たちとの“戦いの歴史”があったことが分かる。

名馬だけで名勝負は生まれない

“オルフェーヴル世代の不動のNo.2”。ウインバリアシオンを思い浮かべるとき、そんなフレーズが頭をよぎるのではないだろうか?

彼らは常に名勝負を演じてきた。

不良馬場の中で行われた2011年の日本ダービーでは馬場をもろともしない2頭の追い比べが競馬ファンの心をがっちり掴んだ。オルフェーヴルの3冠がかかった菊花賞では最後方からのまくりという奇策に出た。結果、及ばなかったものの、上がり最速をマークしてライバルを脅かした。

さらにオルフェーヴルの引退レースとなった2013年の有馬記念でも“定位置”の2着を確保。気づけばキャリアで8回あった2着のうち、4回がオルフェーヴルの2着という結果となった。

名作に名脇役あり。名勝負は名馬だけでは生まれない。オルフェーヴルという怪物の物語が名作として語り継がれるなら、そのかたわらには必ずウインバリアシオンがいる。まさに“助演男優賞”を送るにふさわしい、記憶に残る“名脇役”だった。

続ステゴ産駒との戦い

オルフェーヴルが引退したあとも、同じステイゴールド産駒との戦いは続いた。

2014年の春の天皇賞では初のGI制覇を期待されたが、それを阻んだのがステイゴールド産駒のフェノーメノだった。振り返るとGI2着が4回、そのすべてで勝ち馬がステイゴールド産駒だったのだ。

日本ダービー2着 優勝オルフェーヴル(ステイゴールド産駒)
菊花賞2着 優勝オルフェーヴル
有馬記念2着 優勝オルフェーヴル
天皇賞春2着 優勝フェノーメノ(ステイゴールド産駒)

さらに最後のチャンスと位置づけられていた今年の春天でも、優勝したのはステイゴールド産駒のゴールドシップだった。引退レースとなったレースの勝ち馬までもがステイゴールド産駒だったというのは感慨深い。

GIタイトルは取れなかったが……

遂に無冠のまま現役生活を終えることになった。

ただし、彼が世代屈指の馬であったことは間違いない。たまたま“怪物”と同じ年に生まれてしまったことで悲運のキャリアを送ることになったが、力がなければ“助演男優賞”は取れない。

今のところ、今後に関する一報は伝わってきていないが、おそらく種牡馬になるのだろう。こういう馬こそ、種牡馬としてチャンスを与えてあげてほしい。たまたまタイトルが取れなかっただけで、GI級の力を持っていたことは間違いないのだから。

実力が競走成績に見合わない馬というのは稀にいる。フロックでGIを取る馬がいる中、ウインバリアシオンがタイトルホルダーでないというのは不思議な感じがする。

しかし、いや、だからこそ、ウインバリアシオンという馬は愛らしく、オルフェーヴルと同じようにファンに愛されたのかもしれない。彼の第2の馬生が明るいものになることを期待する。再びライバルと同じ土俵に立つのだろうから、今度は追いつき、追い越すくらいの活躍を願いたい。

ファンはきっと、ライバルとの新たな戦いに胸を躍らせることになるのだろう。そういう未来があればいいし、それが競馬の、何にも代えがたい魅力なのだから。

【追記】5月5日、ウインレーシングクラブはウインバリアシオンが「乗馬」となると発表。なんとも残念……。

ウインバリアシオンは引退し乗馬に…GIで4度の2着も種牡馬になれず

【追記】5月6日、一転して種牡馬入りが決定!

ウインバリアシオンが種牡馬入り!乗馬から一転、オルフェーヴルと“再戦”へ

【追記】5月7日、JRAの発表が誤報だったと判明……やっぱり乗馬に

ウインバリアシオンは乗馬へ…JRA発表は行き違い「血統背景で種牡馬入り困難」

おすすめコラム

華麗なるレーヴドスカー一族!驚異の優秀さと垣間見える“呪い”
31秒9の衝撃!ディアデラマドレがマイル戦史上最速上がりを記録
「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血


華麗なるレーヴドスカー一族!驚異の優秀さと垣間見える“呪い”

(C) sleep

またも偉大な母が重賞ウィナーを産んだ。

5月2日に行われた日本ダービートライアルの青葉賞(GII/芝2400m)でレーヴミストラル(牡3)が勝利し、重賞初制覇を達成したのだ。

レーヴミストラルの強さについては別の機会で触れるとして、今回は“偉大な母”レーヴドスカーにスポットライトを当ててみよう。

3頭が重賞ウィナー

レーヴドスカーは現役時代、フランスのGIサンタラリ賞(芝2000m)を勝ち、GIで3度の2着という実績を残した。繁殖牝馬として日本に輸入されると、産駒が大活躍。

アプレザンレーヴが青葉賞を勝つと、レーヴディソールが阪神ジュベナイルフィリーズを制覇。重賞ウィナー以外にもレーヴダムールやレーヴドリアンといった重賞戦線で活躍する馬を多数送り出している。

ナイアガラ
すみれステークス1着

レーヴダムール
阪神JF3着

アプレザンレーヴ
日本ダービー5着
青葉賞1着

レーヴドリアン
菊花賞4着
きさらぎ賞2着
京都新聞杯3着

レーヴディソール
阪神JF、チューリップ賞、デイリー杯2歳ステークス1着

レーヴデトワール
桜花賞5着
紫苑ステークス1着

レーヴミストラル
青葉賞1着

重賞ウィナー3頭にGI好走馬、OP馬と、とにかくハズレがない。産んだ8頭中、JRAに登録した7頭全頭が勝ち上がり、オープン以上のレースで馬券に絡んでいるのだから驚きだ。

レーヴドスカーは日本で主流となっているサンデーサイレンスやキングマンボの血を引いていない。だからサンデー系のクラシックホースやキングカメハメハとつけられるアドバンテージがある。

それにしてもここまで安定して重賞級の力を持つ仔を産むとは……本当に恐れ入る。

“呪い”の域?相次ぐ故障と事故

ただし、レーヴ一族には“危うさ”も垣間見える。

というのも、ほとんどの馬が故障や事故によって早々に引退を余儀なくされているのだ。

Regal Silk
未出走。2歳時に死亡。

レーヴダムール
3歳秋、調教中の故障が原因で死亡。キャリア2戦

アプレザンレーヴ
3歳秋、左前浅屈腱炎で引退。キャリア7戦

レーヴドリアン
3歳秋、腸捻転を悪化させ、盲腸破裂で死亡。キャリア9戦

レーヴディソール
4歳1月、右前脚のトウ骨遠位端部分の骨折で桜花賞を回避。右前脚のヒザ部分の剥離骨折により引退。キャリア6戦

ご覧のとおり、ほとんどの馬が競走馬として油が乗り切る前にターフを去っている。

いつしか“呪い”と呼ばれるほど、何らかのアクシデントに見舞われているわけだ。

またレーヴデトワールはかろうじて現役を続けているものの、3歳の秋以降13、13、16、16着と大敗が続いている。言い換えると、明らかに枯れてしまっている。体質や精神面の弱さなど、様々な意味で“危うさ”を持った一族といえるのだ。

平穏なキャリアを

レーヴ一族は超優秀な一方、“危うさ”も持ち合わせている。もしかしたら、それが魅了の一つになっているのかもしれない。

ただ、競馬ファンとしては故障や死亡のニュースは可能な限り聞きたくないというのが心情だろう。GI級の馬、血統が良い馬、ファンが多くいる馬ならなおさら。

レーヴミストラルやレーヴデトワール、そして今後生まれてくるであろう新たな命たちも含め、無事に競走馬としてのキャリアを送ってほしいと切に願う。

おすすめコラム

31秒9の衝撃!ディアデラマドレがマイル戦史上最速上がりを記録
「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない
遂に本格化!良血馬サトノアラジンの未来に期待する4つの理由
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血


31秒9の衝撃!ディアデラマドレがマイル戦史上最速上がりを記録

(C)minafl

“0.8秒と衝撃”ならぬ、31秒9の衝撃――。

4月26日に京都競馬場で行われたマイラーズカップ(GII/芝外回り1600m)でディアデラマドレ(牝5)が信じされない上がりを記録した。

やや出負けして最後方から競馬を進めたディアデラマドレは最後の直線で追い出されると、絶望的な位置取りからぐんぐん前の馬たちを追い越していく。最後はわずか0.4秒差届かずに7着となったが、記録した上がり3ハロンのタイムは2位のフィエロ(牡6)に0.6秒差をつける31秒9だったのだ。

スプリントレースでも滅多に見ない上がりタイムに衝撃を受けた。果たして、今まで31秒9を記録した馬がいるのか? 気になって調べてみることにした。

驚異の上がりタイム

結論から言うと、1600mで上がり31秒台を記録したのは史上初めて。2010年の関屋記念(GIII/新潟芝1600m)でテイエムアタックが32秒フラットを記録しているが、31秒台というのは過去に例を見ない。

1600mどころか、1200m以上で31秒台を記録したのはディアデラマドレを含めてわずか2回。2008年の新潟大賞典(GIII/芝2000m)でオースミグラスワンが31秒9をマークして以来の驚異的な数字だ。

ここで注目したいのは、テイエムアタックとオースミグラスワンの記録が出たのがどちらも新潟だという点だ。

新潟競馬場は、JRAで最も軽い芝(=タイムが出やすい)として知られている。

“激走レンジ”でお馴染みの予想家・棟広良隆氏も芝の重さ、軽さに関する見解で「軽い芝」として真っ先に新潟を挙げている。

http://munehiro.net/range.html

近年、京都の馬場が高速化しているとはいえ、上がり31秒台が出るというのは異例の出来事だ。ちなみに京都の最速上がりは2014年の鞍馬ステークス(OP/芝1200m)における32秒1。スプリント戦の最速上がりより0.2秒も速いというのは驚異という他ない。

心配される反動

今後はヴィクトリアマイル(GI/芝1600m)を目指していくと見られる。当然、そこでも有力馬の1頭に支持されるはずだ。

ただ、これだけ速いタイムを記録すると、反動が心配される。

高速馬場で速いタイムを出した馬が故障するというケースは珍しいことではない。少し古い例ではあるが、高速馬場が特に問題視された2012年の天皇賞春とダービーにおける出走馬のその後を見てみると……

天皇賞春
ジャガーメイル→骨折で全治3カ月
フェイトフルウォー→両前脚の裏筋の腱を負傷。屈腱炎の疑い
ナムラクレセント→左前脚を負傷
トーセンジョーダン→左前球節炎

日本ダービー
トーセンホマレボシ 右前脚屈腱炎→引退
ワールドエース 左前脚屈腱炎
コスモオオゾラ 両第1指骨剥離骨折
グランデッツァ 腱周囲炎(腱鞘の炎症)
アルフレード 右前浅屈腱炎

多くの馬が戦線離脱を余儀なくされている。走破タイム自体、1分32秒6という速いものだった。今後は脚元に細心の注意を払って大レースに備えてほしい。

おすすめコラム

「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない
遂に本格化!良血馬サトノアラジンの未来に期待する4つの理由
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”


Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る