カテゴリー:競走馬コラム

ソウルスターリングの血統や次走、将来性は?オークスの覇者を分析

(C)Pelusa214

5月21日に東京競馬場で行われた優駿牝馬オークス(GI/芝2400m)で、1番人気のフランケル産駒ソウルスターリング(牝3)が、6番人気のモズカッチャンを押さえて勝利した。2番人気のアドマイヤミヤビは3着、3番人気のリスグラシューは5着だった。

ソウルスターリングの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

Frankel
スタセリタ
母の父 Monsun
母の母 Soignee
性別
馬齢 3 歳
生年月日 2014年2月13日
毛色 青鹿毛
馬主 (有)社台レースホース
調教師 藤沢和雄(美浦)
生産牧場 社台ファーム
産地 千歳市
馬名意味 魂を揺すぶる様な。そんな走りに期待して

血統評価は?

ソウルスターリングは父フランケル、母スタセリタ、母父モンズンという血統だ。

父のフランケルは競走馬時代、英国で14戦14勝という成績を残した。”史上最強馬”という呼び声も名高く、種牡馬としても活躍が期待されている。現3歳世代が初年度産駒。この世代の出来不出来で種牡馬としての将来が大きく変わってくるため注目されていたが、初年度からクラシックホースを出してしまうのだから恐れ入る。

しかもヨーロッパならまだしも、サンデーサイレンス時代にある日本のクラシックで勝ってしまうのだから、能力の高さがずば抜けているというほかない。

それもそのはずだ。母のスタセリタはGI6勝で、歴史的名牝として知られている。史上最強馬と歴史的名牝の子どもなのだから、その能力もずば抜けているわけだ。

もちろん、必ずしも名馬や名牝から素晴らしい産駒が出るわけではない。全く走らずにターフを後をする馬もいる。しかし、ソウルスターリングに関しては、完全に両親が持つ“勝者のDNA”を受け継いでいると言えるだろう。

あえてこの馬の不安要素を挙げるとするなら距離だったが、それも杞憂に終わった。

フランケル産駒の距離適性が未知数だったことによる声だったが、母のスタセリタはフランスオークスをはじめとした芝の中距離路線で活躍していた。母系の距離適性も含め、ソウルスターリングには問題がなかったということだろう。

次走は?

無事に春のクラシックを制したため、今後は休養に入ることになる。

秋はおそらく、2冠を目指して秋華賞路線を歩むことになるだろう。ローズステークスから始動し、秋華賞で再びGI制覇を目指す。そして結果次第ではエリザベス女王杯へ進むという王道ローテになるはずだ。

果たして彼女は今後、いくつのGIを取ることになるのだろうか。父はGI10勝、母は6勝。娘にかかる期待は、引き続き大きい。


プラチナムバレットの血統や次走、将来性は?京都新聞杯の覇者を分析

(C)Koji Takahashi

5月6日に京都競馬場で行われた日本ダービートライアルの京都新聞杯(GII/芝外回り2200m)で、2番人気のマンハッタンカフェ産駒プラチナムバレット(牡3)が、1番人気のサトノクロニクル(牡3)を押さえて勝利した。3番人気のインヴィクタ(牡3)は7着に終わった。

プラチナムバレットの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

マンハッタンカフェ
スノースタイル
母の父 ホワイトマズル
母の母 シャルムダンサー
性別
馬齢 3 歳
生年月日 2014年5月19日
毛色 芦毛
馬主 (株)ノルマンディーサラブレッドレーシング
調教師 河内洋(栗東)
生産牧場 岡田スタツド
産地 新ひだか町
馬名意味 プラチナの弾丸

血統評価は?

プラチナムバレットは父マンハッタンカフェ、母父ホワイトマズルという血統だ。

何といってもスマートレイアーの半弟として知られている。姉は古馬になってから先行する競馬をして結果を出すようになったが、若い頃は後方一気しかできない不器用な馬として知られていた。

一方のプラチナムバレットは前からの競馬も後ろからの競馬もできる。このあたりはマンハッタンカフェ産駒らしい器用さ、と表現していいのではないだろうか。

ただし、近親の活躍馬はスマートレイアーくらい。同馬にしてもGIを勝つには今のところ至っていないため、スケール感という意味でやや心もとないところだ。父がディープインパクトからマンハッタンカフェに変わったことで器用さは得られたが、一方でスケール感という意味ではダウンしているはず。そういった意味でも、大舞台で勝つためにはどれだけ器用さを生かしていくか、という点がカギになってきそうだ。

ポジティブなポイントを挙げるとするなら、マンハッタンカフェは母父ノーザンダンサー系との相性がいい。活躍馬を上から並べていくと……

ヒルノダムール
ガルボ
クイーンズリング
ショウナンマイティ
レッドディザイア
グレープブランデー
ジョーカプチーノ
フミノイマージン
マンハッタンスカイ
ルージュバック

この中で母父がノーザンダンサー系ではない、というのはグレープブランデーとマンハッタンスカイのみだ。グレープブランデーはダート馬だし、マンハッタンスカイは長く活躍した一方で大舞台では振るわなかったため、例外と考えていい。

そうなると、成功したほとんどのマンハッタンカフェ産駒は母系に色濃くノーザンダンサーの血を持っていたことになる。そういう意味では、プラチナムバレットも活躍馬になれる資格は持ち合わせているのではないか。

次走は?

次走は当然、日本ダービー……と書きたいところだったが、残念なことにレース後、骨折が判明した。

京都新聞杯(GII)に優勝したプラチナムバレット号(牡3歳 栗東・河内 洋厩舎)は、右橈骨遠位端骨折が判明しましたのでお知らせいたします。なお、休養期間は未定です。(JRAより)

復帰が待たれるところだ。


ダイワキャグニーの血統や次走、将来性は?プリンシパルS覇者を分析

(C)ゆう(@Pelusa214)

5月6日に東京競馬場で行われた日本ダービートライアルのプリンシパルステークス(OP/芝2000m)で、1番人気のキングカメハメハ産駒ダイワキャグニー(牡3)が、2番人気のレッドローゼス(牡3)を押さえて勝利した。

ダイワキャグニーの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

キングカメハメハ
トリプレックス
母の父 サンデーサイレンス
母の母 トリプルワウ
性別
馬齢 3 歳
生年月日 2014年2月25日
毛色 黒鹿毛
馬主 大城敬三
調教師 菊沢隆徳(美浦)
生産牧場 社台ファーム
産地 千歳市
馬名意味 冠名+人名より

血統評価は?

ダイワキャグニーは父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンスという血統だ。

キンカメ×サンデーというクラシック血統らしい素軽さのある馬で、プリンシパルステークスあたりを勝つのが“いかにも”といったところ。

ただし、キンカメ×サンデーサイレンスは大舞台で勝つには少々軽すぎる傾向にある。大成功したのはドゥラメンテとローズキングダム、あとはラブリーデイ(母父ダンスインザダーク)くらいで、後はGII、GIIIレベルに留まることが多い。

実際、キンカメ×サンデー系のクラス別の成績を見てみると……

クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
G3 10.3% 30.8% 82 103
G2 9.1% 28.7% 34 85
G1 6.0% 22.6% 38 73

集計期間:2009. 3.28 ~ 2017. 4.30

クラスが上がるごとに成績が落ちている。

さらにいえばサンデーサイレンスよりサンデーサイレンス系の母父との相性のほうがいい傾向にあり……

母父馬 勝率 複勝率 単回値 複回値
サンデーサイレンス 8.2% 26.3% 37 90
ダンスインザダーク 19.1% 36.2% 223 111
スペシャルウィーク 6.5% 35.5% 30 76
マーベラスサンデー 11.1% 55.6% 73 132
アグネスタキオン 0.0% 22.2% 0 105
フジキセキ 0.0% 7.7% 0 21
バブルガムフェロー 0.0% 0.0% 0 0
アドマイヤベガ 0.0% 0.0% 0 0

集計期間:2009. 3.28 ~ 2017. 4.30

ご覧の通り、ダンスインザダークやスペシャルウィーク、マーベラスサンデーといった母父のほうが、優秀な産駒が生まれやすい傾向にある。

この3頭に共通しているのは、3000m以上のレースで好走していること。つまり、サンデーサイレンスが持つ軽さという欠点を、スタミナで補完しているわけだ。

ダイワキャグニーの血統構成を見ていくと、母系は米国血統で軽さが目立つ。また、近親を探っていってもめぼしい活躍馬はあまりおらず、活躍馬はミエノワンダーくらい。もっとさかのぼってもフサイチオーレが関の山……という状況にある。

配合的にも母系のスケール的にも、これ以上の舞台で勝つにはやや心もとないといったところなわけだ。

次走は?

日本ダービーへの優先出走権を獲得したため、順調にいけば東京優駿で走ることになるだろう。

ダイワキャグニーの勝因、レッドローゼスの敗因は?プリンスパルS2017結果・動画

回顧で触れたように、プリンシパルSのパフォーマンスは優秀だった。次は相手が強くなるが、期待を寄せたくなる走りだったと言っていい。

ただし、前述の通り、血統背景を見るとダービーで勝ち負けをするようなスケール感は正直なところ感じられない。ダイワキャグニーにとって、血統背景を打ち破れるかどうかが一つのポイントになってきそうだ。


アエロリットの血統や次走、将来性は?NHKマイルカップ覇者を分析

(C)だわさの写真館

5月7日に東京競馬場で行われたNHKマイルカップ(GI/芝1600m)で、2番人気のクロフネ産駒アエロリット(牝3)が、13番人気のリエノテソーロ(牝3)を押さえて勝利した。1番人気のカラクレナイ(牝3)は17着に終わった。

アエロリットの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

クロフネ
アステリックス
母の父 ネオユニヴァース
母の母 アイルドフランス
性別
馬齢 3歳
生年月日 2014年5月17日
毛色 芦毛
馬主 (有)サンデーレーシング
調教師 菊沢隆徳(美浦)
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名意味 隕石(仏)

血統評価は?

アエロリットは父クロフネ、母父がネオユニヴァースという血統だ。

母アステリックスは故障の影響でデビュー戦のみ(0勝)で繁殖入りした。もっとも、血統背景は素晴らしい。祖母のアイルドフランスはアメリカとフランスで3勝、重賞2勝の実績を持っている。さらにGIマルセルブサック賞で2着の実績も。

そしてその母ステラマドリッドはダートの本場アメリカでGIを4勝した名牝だ。

アイルドフランスは繁殖牝馬としてキングレオポルドを輩出。有名どころでは、近親にミッキーアイルがいる。ミッキーアイルもNHKマイルカップを先行(正確には逃げて)して勝っていることから、血統的なつながりを感じられるところだろう。

近年では同じクロフネ産駒のクラリティスカイもこのレースを勝っているように、父系、母系ともにNHKマイルカップと縁のある血統だったということが言えるだろう。

なお、クロフネ産駒がNHKマイルカップで強いのは、

・マイル適性
・完成度の高さ(早熟性)
・強い中距離馬は皐月賞やダービーに行く

この3つの要素があるためだと考えられる。

次走は?

今後に関しては一旦休養に入り、秋に向けて調整を進めていく見込みだ。

まだ具体的にどのレースを使うかは決まっていないが、菊沢調教師はレース後に「マイル以上も試していいかと考えている」と、距離を伸ばすことを示唆している。そうなると、マイルチャンピオンシップの路線ではなく、秋華賞トライアルを使い、その結果次第で本番に向かうのではないだろうか。

ただし、この選択は文字通りの「挑戦」と言えそうだ。前述の通り、アエロリットはマイル適性と早熟性を兼ね揃えた馬だといえる。NHKマイルカップは適性の高さで乗り切ったが、秋になると成長の遅かった馬たちがどんどん強くなってくる。成長の早さというアドバンテージはなくなるわけだ。

しかも1800m以上になれば、ディープインパクト産駒やハーツクライ産駒、キングカメハメハ産駒ら、強い中距離血統の馬たちと競い合わなければならなくなる。アエロリットにとって、二重苦、三重苦のシチュエーションになることが予想されるわけだ。

なお、前述のクラリティスカイはNHKマイルカップ制覇以降、低迷していて、勝ち星は一つもない状況にある。

クロフネ産駒という血統を考えると、セオリーどおりマイル以下、あるいはスプリント路線に転換していくのが最良と考えられるが、果たしてどのような未来が待っているのだろうか。注目されるところだ。


サトノダイヤモンド、天皇賞春の4つの敗因は?血統から導く理由と今後への不安

(C)はねひろ

ライバルにはあと一歩、届かなかった。

現役最強馬決定戦となった天皇賞春でサトノダイヤモンド(牡4)はキタサンブラック(牡5)に敗れた。人気を分け合う実力馬たちの明暗を分けたものは何だったのだろうか?

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

ディープインパクト
マルペンサ
母の父 Orpen
母の母 Marsella
性別
馬齢 4歳
生年月日 2013年1月30日
毛色 鹿毛
馬主 里見治
調教師 池江泰寿(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名意味 冠名+宝石名。流星の形から連想

血統評価は?

サトノダイヤモンドは菊花賞を勝っているが、根本的に3000m以上の長距離戦が得意なわけではない。(菊花賞は同世代のレースに加え、長距離戦を嫌ったり、天皇賞秋を目指す馬がいたりしてレベルの高いレースになりにくく、絶対能力が違えば勝ててしまうケースがある、というのが実情だ)

今まで、数多くのディープインパクト産駒が長距離GIに挑んできたが、その多くは人気を裏切る形に終わっている。

例えば、ディープインパクト産駒のGIにおける距離別の成績を見てみよう。

距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
1200m 0.0% 25.0% 0 65
1300m
1400m
1500m
1600m 12.3% 30.3% 126 91
1700m
1800m
1900m
2000m 9.3% 28.0% 113 74
2100m
2200m 8.3% 36.1% 130 161
2300m
2400m 13.8% 33.8% 73 80
2500m 12.5% 12.5% 70 25
2600m
2800m
3000m 4.2% 16.7% 9 34
3200m 0.0% 15.4% 0 58

 

距離 着別度数
1200m 0- 2- 2- 12/ 16
1300m 0- 0- 0- 0/ 0
1400m 0- 0- 0- 0/ 0
1500m 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 15- 12- 10- 85/122
1700m 0- 0- 0- 0/ 0
1800m 0- 0- 0- 0/ 0
1900m 0- 0- 0- 0/ 0
2000m 7- 10- 4- 54/ 75
2100m 0- 0- 0- 0/ 0
2200m 3- 4- 6- 23/ 36
2300m 0- 0- 0- 0/ 0
2400m 9- 7- 6- 43/ 65
2500m 2- 0- 0- 14/ 16
2600m 0- 0- 0- 0/ 0
2800m 0- 0- 0- 0/ 0
3000m 1- 2- 1- 20/ 24
3200m 0- 1- 1- 11/ 13

集計期間:2010.12.12 ~ 2017. 4.30

サトノダイヤモンドが菊花賞を勝った以外、勝ち馬はゼロだ。

マイル〜2400mまでであればどんな人気薄のディープインパクト産駒がGIを勝っても驚きはないし、「さすがディープインパクト」と多くの競馬ファンが思うことだろう。

しかし、3000m以上のGIではそういうことが起こらない。これは、ディープインパクト産駒にとって3000m以上のレースが適正外であることを示している。

しかもサトノダイヤモンドの場合、今回は外枠を引いてしまった。勝ったキタサンブラックや2着のシュヴァルグランに比べてコーナーで外を回った分、ロスが大きかったのは事実だろう。

生まれた時期が悪かった?

もう一つ挙げるとするなら、サトノダイヤモンドの生まれた時期も気になるところだ。

GI2勝馬、しかも有馬記念を勝っている馬にこんなデータを当てることが適切かどうかは微妙なところだが、それでも事実として横たわる数字と向き合うことは悪くないだろう。

サトノダイヤモンドは1月生まれだが、何を隠そう1月生まれの馬たちは長距離GIにおいて芳しい結果が残せていない。

生月 着別度数
3月生 19- 15- 5-134/173
5月生 7- 6- 4-106/123
4月生 4- 10- 17-141/172
2月生 4- 4- 7- 83/ 98
1月生 1- 0- 1- 21/ 23
9月生 0- 0- 1- 1/ 2
6月生 0- 0- 0- 6/ 6

 

生月 勝率 複勝率 単回値 複回値
3月生 11.0% 22.5% 115 74
5月生 5.7% 13.8% 260 120
4月生 2.3% 18.0% 41 82
2月生 4.1% 15.3% 53 89
1月生 4.3% 8.7% 10 10
9月生 0.0% 50.0% 0 85
6月生 0.0% 0.0% 0 0

集計期間:2000. 4.30 ~ 2017. 4.30

ご覧の通りだ。特に3〜5月に比べて極端に成績が良くない。

これは生まれた環境が大きく影響していると考えられる。

ほとんどの競走馬は1月から5月の間に産まれる。中でも3~5月が最盛期で、競走馬にとって最適な誕生時期だと言える

春が訪れる3月、雪はほとんどなくなり、草木は青々と茂り始める。過ごしやすい気候となり、とねっ娘たちは外を元気よく駆けまわり、草を食べ歩く。

競走馬がしっかりと育っていくために最適な環境が整っているわけだ。

一方、1、2月に誕生した馬はどうかというと、あまり恵まれた環境とは言えない。

1、2月といえば、北海道はまだ雪の季節だ。草達はまだ芽生えず、雪に隠れている。極寒という日も少なくない。

そういった季節に生まれた競走馬は、自ずと行動が制限される。最も大きいのは食事だ。人間でも同じだが、自然の食料を体に入れることができないというのは成長していく上で大きなマイナスになる。

そうなると、「底力」のある競走馬が生まれにくくなってしまうのではないかと考えられるのだ。

これは単なる仮説ではなく、上記のデータやクラシックにおける1、2月生まれの馬の苦戦具合を見ても、一定の信用性があるのではないかと考えられる。

繰り返しになるが、サトノダイヤモンドはGI2勝馬だ。これからも勝利を積み上げていくことだろう。よって、この仮説には必ずしも当てはまらないかもしれない。ただ、天皇賞春が底力の問われるレースになったことを考えると、競走馬が秘めた底力に敗因の理由があるのではないかと考えるのも、決して的外れではないはずだ。

よって、敗因を挙げるとすれば、

・血統的に長距離が得意ではない
・1、2着馬に比べてロスが大きい競馬だった
・底力が問われるレースになったため
・そもそも勝ち馬が強すぎた

この4つになるのではないだろうか。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る