カテゴリー:血統・種牡馬コラム

(C)Minafl

24日に東京競馬場で行われるオークスに、4頭の精鋭を送り出す種牡馬がいる。マンハッタンカフェだ。

牝馬ながらきさらぎ賞を勝ったルージュバック、トライアルのフローラSを制したシングウィズジョイ、フィリーズレビューを勝ち、桜花賞でも4着に健闘したクイーンズリング、12番人気ながらフラワーカップで2着に食い込んだアースライズ。

前哨戦から存在感を示してきたマンハッタンカフェの愛娘が、産駒初となる樫の女王を狙う。

史上最大勢力

これまでオークスに出走したマンハッタンカフェ産駒は3頭のみで、最も惜しかったのは09年のレッドディザイアの2着。相手はあのブエナビスタなのだから、仕方のないといったところだった。他の2頭は、同年16人気11着のフミノイマージンと、08年2人気6着のレッドアゲートでいずれも掲示板にのれていない。しかし、今回は09年以来の産駒出走かつ最多となる4頭出し。ブエナビスタのような絶対的存在も不在で、期待は高まる。

マンハッタンカフェ牝馬の出世はまれ?

そもそも、なぜマンハッタンカフェ産駒はこれまでオークスに3頭しか出走できていないのだろうか。マンハッタンカフェ産駒はデビュー以来、産駒全体の芝での複勝率が24.5%なのに対し牝馬に限定すると19.9%にまで落ちる。JRAの重賞を制した牝馬もこれまで9頭のみで、牡馬に比べるとかなり少ない。また、4歳以降に本格化したケースが多かった。

ただし今年はまったく情勢が違う。昨年デビューした現3歳世代のマンハッタンカフェ牝馬の芝レースにおける複勝率は30.2%で、牡馬の複勝率20.4%を大きく上回る。2014年まで6頭だけだった重賞勝ちのマンハッタンカフェ産駒も、今年だけで3頭誕生した。まさに、マンハッタンカフェ牝馬の当たり年なのだ。これまでの傾向はあてにできない。

【次のページヘ】芝GI馬3頭に共通する“成功配合”って?

ページ:

1

2

大種牡馬ブライアンズタイムの偉大さ!カフェブリリアントがGI戴冠へ

(C) masaminh

大種牡馬ブライアンズタイムの仔、カフェブリリアントが3連勝の勢いに乗り、GI戴冠へ名乗りを挙げた。

5月17日に行われるヴィクトリアマイルで初のビッグタイトル獲得を目指す。勝利すれば、ブライアンズタイム産駒として17頭目のGIウィナーとなる。

今回はそんなカフェブリリアントの父ブライアンズタイムにスポットを当ててみたい。

死亡してなお影響力のある種牡馬

ブライアンズタイムは、2013年4月4日午前、アロースタッドの放牧地で大腿骨を骨折して安楽死となった。28歳だった。健康に問題はなく、種付けを行った直後の放牧で転んでしまったことによる骨折であったのは惜しまれる。

彼は現在、JRA産駒勝利数第3位の種牡馬であり、彼の仔たち無くして、数々の名場面は生まれなかったといって過言ではない。種牡馬の中の種牡馬である。

死亡してなお、産駒が活躍しているのだから恐れ入る。しかも種牡馬としては超高齢といえる20代半ばに種付けした産駒たちなのだから、遺伝力の強さに感嘆する他ない。

“御三家”と呼ばれた90年代

種牡馬としての代表産駒はなんといっても20世紀最後のクラシック三冠馬となったナリタブライアンだ。ほかにもマヤノトップガン、タニノギムレットなど多くのGⅠ馬を輩出している。90年代には、サンデーサイレンス(16歳没、産駒勝利数1位)、トニービン(17歳没、同13位)とともに”御三家”と呼ばれるほど、影響力のある種牡馬だった。

タニノギムレット、マヤノトップガンは種牡馬としても活躍し、“女傑”ウオッカを筆頭に秀逸な馬たちを世に送り出している。なお、残念ながらナリタブライアンは種牡馬入り2年後、胃破裂を起こし亡くなってしまったが、存命ならば、活躍馬を輩出したに違いない。

07年以来のGI制覇へ

1991年から99年まで、毎年産駒GⅠ戴冠を果たしていた偉大な種牡馬はさすがに2000年代に入ってからペースダウンした。それでも2007年にヴィクトリーが皐月賞を制し、フリオーソがダート界で輝くなど、要所要所で存在感を示している。

当然のことながら“御三家”の産駒で残っているのはブライアンズタイムのみ。サンデーサイレンス系の勢いに押されてしまっているものの、偉大な大種牡馬の直仔が90年代に争ったサンデーの仔の産駒たちと走るというのも、またひとつ、血のドラマとして感慨深いものがあるのではないだろうか。

ヴィクトリアマイルでカフェブリリアントが勝利を飾れば、2012年のエリザベス女王杯におけるレインボーダリア以来の戴冠となる。果たして愛娘は父に久々のGIタイトルを届けられるのか? 興味深い着眼点の一つになるはずだ。

おすすめコラム

キズナと武豊騎手の凱旋門賞挑戦断念が大正解な5つの理由とは?
ヌーヴォレコルトがヴィクトリアマイルで危険視される理由とは?
武豊騎手とエイシンヒカリに“欅の向こう側に置き忘れた夢の続き”を見よう
サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
サトノラーゼンの血統・将来性は?京都新聞杯の覇者を徹底分析


クラリティスカイの血統・将来性は?NHKマイルカップの覇者を徹底分析

(C)slime

5月10日(日)に東京競馬場で行われたNHKマイルカップは、道中先団の内で脚を溜めた3番人気のクラリティスカイが、逃げるアルビアーノを交わして勝利。未勝利、いちょうSで2戦連続レコード勝ちを収め、稍重の朝日杯FSでも3着、皐月賞でも逃げて5着と好走した実力馬が、念願のGⅠタイトルを手にした。

クラリティスカイの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

マイル重賞血統

クラリティスカイは父クロフネ、母タイキクライティ、その父スペシャルウィークという血統。クロフネ産駒の平地GⅠ勝利は、12年ヴィクトリアマイルのホエールキャプチャ以来5頭目で、牡馬に限ると05年朝日杯FSのフサイチリシャール以来2頭目となった。

クラリティスカイは母タイキクラリティの3番仔で、半兄クラリティシチー(父キングカメハメハ)が昨年のラジオNIKKEI賞を制している。祖母タイキダイヤは1200mのGⅢクリスタルカップを制し、京都牝馬ステークスや当時1600mの阪神牝馬ステークスで2着した快速牝馬。その半兄は第1回NHKマイルカップを制したタイキフォーチュンであり、奇しくも第20回の節目を迎えた今年、その近親馬であるクラリティスカイが勝利を飾ることとなった。02年ニュージーランドトロフィー勝ち馬タイキリアンもその弟で、マイル重賞に対して高水準の適性を持つ母系であると言える。

クロフネ産駒の牡馬はこれまで芝の重賞を6勝しているが、全て1000mから1800m。父、母系、兄の戦績からこの馬自身も今後はマイル路線を歩む可能性が高い。戦歴で示しているように、高速決着に強いタイプながら、タフな馬場にも対応できることは大きな強みだ。

課題は成長力

不安要素は、ここからの成長曲線に疑問符がつく血統であることで、先に挙げた近親タイキフォーチュン、タイキリアンはともに3歳時に重賞を勝ちながらその後重賞タイトルに手が届かなかった。前者はNHKマイルカップ勝利後一度も馬券に絡めず、後者は入障した後地方に転出している。サイヤーラインをつなぐことが出来るかが怪しくなってきていたクロフネの産駒だけに、今後の無事と更なる活躍に期待したい。

【文】=競馬TIMES編集部血統分析班

おすすめコラム

クラリティスカイ、NHKマイルカップ制覇の背景にある3つの勝因とは?
サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
グランシルクがNHKマイルカップで1番人気を裏切った“ワケ”とは?
ラングレーが新潟大賞典で負けた理由とは?“ジリ貧”に厳しい展開が原因か
長距離戦が増えない理由と見直すべき根拠とは?日本競馬が抱える“ジレンマ


サトノラーゼンの血統・将来性は?京都新聞杯の覇者を徹底分析

(C)Y.Noda

9日に京都競馬場で行われた京都新聞杯(GII/芝2200m)は、好位から先に抜け出したサトノラーゼンが、ポルトドートウィユなどの猛追を抑え勝利。前走はなみずき賞に続く連勝で重賞タイトルを手にし、ダービーへの切符を手にした。

サトノラーゼンの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

ディープ×ロベルト初の重賞制覇

サトノラーゼンは父ディープインパクト、母トゥーピー、その父インティカブという血統。ディープインパクト産駒による京都新聞杯制覇は、13年のキズナ以来2年ぶりで、12年のトーセンホマレボシと合わせて3勝目となった。前述の2頭はそれぞれ、ダービーで1着、3着と結果を残しており、本馬にも期待がかかる。

英国産の母トゥーピーは、1100mで争われる仏2歳GⅢアランベール賞を制し、仏1000ギニー(日本の桜花賞に相当)で2着した馬だ。その父インティカブは米国産馬で、GⅠ勝ちこそないもののエリザベス女王杯を連覇したスノーフェアリーなどを輩出した。インティカブの祖父はロベルトであり、母父ロベルト系あるいは母母父ロベルト系のディープインパクト産駒による重賞勝ちは初となった。

母父ロベルト系のディープインパクト産駒は出世馬が少なく、主な産駒としては昨年の七夕賞2着馬のニューダイナスティが挙げられる。サトノラーゼンと共通するのが、キレないディープであるということ。消耗戦となった七夕賞で2着したように、一般的なディープ産駒とは適性の異なるニューダイナスティだが、ラーゼンもここまでのキャリア9戦で1度も上がり最速を記録したことがない馬。ダービーではキレ負けしてしまう可能性が高く、前半で前目のポジションを取らなければ厳しい戦いになるだろう。

将来的にはローカルで?

総合的に判断すると、3歳クラシック戦以降、将来的にはサマー2000シリーズなど、ローカル重賞での活躍が中心になるのではないか。母母父が福島芝に好相性のニジンスキー系カーリアンということを鑑みても、持続力寄りにシフトした血統であり、福島記念や七夕賞に出ることがあれば要注目だ。

【文】=競馬TIMES編集部血統分析班

おすすめコラム

サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
クラリティスカイ、NHKマイルカップ制覇の背景にある3つの勝因とは?
グランシルクがNHKマイルカップで1番人気を裏切った“ワケ”とは?
ラングレーが新潟大賞典で負けた理由とは?“ジリ貧”に厳しい展開が原因か
長距離戦が増えない理由と見直すべき根拠とは?日本競馬が抱える“ジレンマ


ダコールの血統・今後の展望は?新潟大賞典の覇者を徹底分析

(C)slime

10日に新潟競馬場で行われた新潟大賞典(GIII/芝2000m)は、5番人気のダコールが残り200m過ぎで馬群から抜け出し快勝した。15度目の重賞挑戦にして、念願の初タイトルとなった。

ダコールの血統背景はどんなものなのだろうか? 今後の展望を含めて徹底分析を行っていこう。

血統背景

ダコールは父ディープインパクト、母アジアンミーティア、その父アンブライドルドという血統。ディープインパクト産駒による新潟大賞典制覇は、13年パッションダンス以来で2頭目だ。

母のアジアンミーティアは、米国で種牡馬として成功を収めたアンブライドルズソングの全妹という良血である。日本では父として11年エンプレス杯勝ちや同年ジャパンカップダート4着のラヴェリータや、02年NHKマイルカップ2着のアグネスソニックなどを輩出している。日本では母父として優秀で、昨年の菊花賞馬トーホウジャッカル、朝日杯フューチュリティステークス馬ダノンプラチナが同母父である。

また、父ディープインパクト、母父アンブライドという配合からはダノンバラードが出ており、今後も父ディープインパクト、母父アンブライドルド系という配合には注目したいところだ。

一皮むけた?本格化の気配も

ダコール自身は、道悪が苦手と言われながら出走数に雨が降ることの多かった不運な馬だが、このところは重馬場の小倉大賞典3着など、力の要る馬場でも我慢して走れるようになってきた。今回は待望の良馬場で、2年前に3着した新潟大賞典出走。鞍上の好騎乗もあり重賞タイトルを手にすることができた。

今後は、ハンデ戦の重賞だと斤量を背負うことになるが、57.5キロを背負って準オープンを圧勝していることから、いきなり斤量する負けすることはなさそう。また、先述したように重い馬場でも力を発揮できるようになってきているので、道悪でも軽視はできない。ここまで勝ちきれなった馬が、今回強い勝ち方を見せただけに馬が一皮むけた可能性もある。今後のレース振りには注目していきたいところだ。

【文】=競馬TIMES編集部血統分析班

おすすめコラム

サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
クラリティスカイ、NHKマイルカップ制覇の背景にある3つの勝因とは?
グランシルクがNHKマイルカップで1番人気を裏切った“ワケ”とは?
ラングレーが新潟大賞典で負けた理由とは?“ジリ貧”に厳しい展開が原因か
長距離戦が増えない理由と見直すべき根拠とは?日本競馬が抱える“ジレンマ


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る