カテゴリー:血統・種牡馬コラム

キンシャサノキセキ産駒の狙い所って?種牡馬としての特徴はイメージとやや異なる!

(C)slime

2013年の種牡馬引退に伴い、馬柱で「フジキセキ」の文字を見ることが少なくなってきました。

長年、日本競馬を支えてきた種牡馬の1頭のため、寂しさを覚える今日この頃ですね。ただし、彼の血は途絶えているわけではありません。しっかりと後継種牡馬を送り出しています。

中でもその筆頭株がキンシャサノキセキです。高松宮記念を連覇するなど優れたスピードを誇った名スプリンターは父の跡を継いで着実に結果を出している。

今回はキンシャサノキセキ産駒の“買い時”について書いていくことにしましょう。

キンシャサノキセキ産駒の傾向

現役時代、キンシャサノキセキは主にスプリント路線で活躍しました。高松宮記念連覇を含む重賞7勝を挙げ、晩年は1400m以下の重賞で8走連続連対という荒業をやってのけました。距離が短く、失敗すると挽回しにくいスプリント戦でこれだけコンスタントに結果を出していたというのは、力が抜けていたということでしょう。

父の傾向に違わず、産駒も短い距離での活躍が目立ちます。まだ大物らしい大物を出しているわけではありませんが、サフィロス(牡3)がカンナステークス(OP/芝1200m)を勝ち、京王杯2歳ステークス(GII/芝1400m)で2着になっています。

また、先日の中京2歳ステークス(芝1600m)ではシュウジ(牡2)が圧倒的なパフォーマンスでOP勝ちを果たしました。キンシャサノキセキ自身、3歳春にNHKマイルカップで3着になっているため、2、3歳であればマイル以上の距離もこなせるのでしょう。

もっとも、全体的な傾向を見ていると「短距離路線で出てきたら買い」と断言することはできません。

なぜなら、キンシャサノキセキ産駒が短距離で走るというのはイメージしやすいからです。「よくわかんないけどキンシャサノキセキ産駒だから抑えよう」という思考回路が働くのが1400m以下のレースなんですね。(1800m以上では「キンシャサノキセキ産駒だから〜」という考えは働かないはず)

実際、芝1500m以下のレースで走ったキンシャサノキセキ産駒を集計してみると……

(18−16−14−127)
勝率10%
複勝率27%
単勝回収値70
複勝回収値77

まずまずの成績であるものの、特別強調できるわけでもないですよね。

では、どこを狙っていけばいいのでしょうか? 実は、狙い所は別にあるのです。

【次のページヘ】キンシャサノキセキ産駒の“狙い所”とは?

ページ:

1

2

スクリーンヒーロー産駒の狙い目とは?種牡馬としての潜在能力はディープを凌ぐ!?

(C)slime

現役時代はジャパンカップを制し、種牡馬入り2年目にしてGI馬を輩出するなど、注目度が高まっているスクリーンヒーロー。特筆すべきは、この成績をディープインパクトキングカメハメハの1割程度の産駒数で達成しているところにあります。

アーニングインデックス(種牡馬別の産駒収得賞金に関する指標)は平均値が1のところ、なんと2.46という恐るべき数字を記録しています。産駒1頭が競走馬全体の平均賞金額の約2.5倍稼いでいることを示しています。

これはディープインパクトの2.31を凌ぐ数字です。モーリスが安田記念を勝ったことで数値が高くなったということもありますが、「スクリーンヒーローの仔は走る」ということを証明する十分な根拠と言えるでしょう。

ただし、闇雲に買うのではなく、きっちり狙って仕留めたいもの。ここではスクリーンヒーローの狙い所を整理していきましょう。

実力上位と見たら素直に買い!

まずはコースからのアプローチです。

今年はここまで117戦して、芝59戦8勝、ダート58戦9勝。勝ち星こそほぼ互角ですが、芝は8勝のうち4勝が重賞と適性の高さを伺わせています。

さらに芝の勝ち星の半分をモーリスが稼いでいるように、抜けた力を持つ馬が現れたら逆らわない方が賢明でしょう。

おそらくタイプ的にはステイゴールドに近くて、産駒によって実力に偏りがあるものの、ホームランを打って注目を集めるタイプになりそう。アベレージヒッターではなくパワーヒッターですね。

また芝とダート、どちらも勝っている馬はまだいないので、兼用ではなくどちらかの専用。芝ダート替わり、その逆などはあまり過信しない方が良さそうです。

【次のページヘ】人気と距離適性から見るスクリーンヒーロー産駒の買い時って?

ページ:

1

2

ワークフォースを侮るな!過去の欧州系種牡馬との違いと配合から見る注目産駒とは?

(C)阪神サラブレッドクラブ

先週日曜日(12日)の函館5Rメイクデビュー函館でグローリーミストがデビュー勝ちを飾った。これは新種牡馬ワークフォースの記念すべき初勝利となった。

近年、欧州から輸入された種牡馬にはチチカステナンゴやハービンジャーなどがいるが、社台・ノーザン系の優秀な繁殖牝馬に種付けされながら、期待通りの成績を残したとはいえないだろう。同じようにワークフォースも欧州の「重々しい血統」で日本に合わないのではないかと思っている方もいるかもしれない。

そこで今回はワークフォースが日本で成功する可能性と、POGでも期待できる馬を3頭ピックアップしてみた。

基本的には小回りが合う

ワークフォースは2010年の英ダービーと凱旋門賞を勝った近年屈指の名馬で、凱旋門賞でのナカヤマフェスタとの一騎打ちは記憶に新しい。ワークフォースの父は日本のトップサイアー、キングカメハメハと同じキングマンボ産駒のキングズベスト。2011年のダービー馬エイシンフラッシュの父として知られている。キングズベストは牝馬ながら凱旋門賞を制し、母としてもガリレオやシーザスターズを産んだ名牝アーバンシーの半弟にあたる超の付く良血馬だ。

ワークフォースが属するミスタープロスペクター系は日本適性が高く、キングカメハメハ以外にもエンドスウィープ産駒のアドマイヤムーンやスイープトウショウなど、GI馬が多く出ている系統だ。

ワークフォースはヌレイエフ(父ノーザンダンサー、母スペシャル)≒サドラーズウェルズ(父ノーザンダンサー、母母スペシャル)4×2という3/4同血クロスを持っていて、母のスペシャルはその父フォルリ譲りのパワーや機動力を武器にする馬なのでワークフォースもこの2頭のパワーが前面に出ている。

だから産駒も基本的には小回り向きに出るだろう。夏の北海道開催はハービンジャーと同様に期待したい。また、母系にあるアレッジドの底力や、ワイルドリスクのスタミナも受け継いでいるからこそ欧州の大舞台で活躍することが出来たのだろう。

【次のページへ】ワークフォースの配合のポイントって?

ページ:

1

2 3

反撃の狼煙!ハービンジャー産駒が3歳夏に躍進する3つの理由とは?


社台グループが購入した大物輸入種牡馬として注目を集めたハービンジャー。

凱旋門賞(仏GI/ロンシャン芝2400m)と並び、欧州で最も権威と歴史のある芝の中距離レースであるキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(英GI/アスコット芝2400m)をレコードで勝ったという実績を引っさげ、満を持して日本にやってきた。

初年度からエアグルーヴ、ダイワスカーレット、シーザリオといった社台グループが誇る超名牝たちが種付けられた。

しかし、2歳時に勝ち上がる産駒こそ多かったものの、“2勝目の壁”に直面してしまった。勝ち切れない産駒が目立ち、春のクラシックに駒を進められたのはベルーフただ1頭……。巷では早くも“失格の烙印”を押す声も出始めたほどだ。

事実として繁殖牝馬の質を分析して期待値の高さを算出すると、失格の烙印をおされても仕方のない成績だったことは否めない。

ただし、ここに来てハービンジャー産駒が息を吹き返しつつある。6月に入り、勝ち上がる産駒が相次いでいるのだ。

果たしてハービンジャー産駒たちは父の偉大さを証明できるのか? その是非を探っていこう。

3歳馬の6月以降の成績

まずは6月以降の3歳馬たちの成績を見てみよう。

6月以降の芝のレースにおける勝ち鞍を見てみると、ハービンジャーはステイゴールドの11勝に次ぐ8勝を挙げている。ディープインパクト(4勝)やハーツクライ(5勝)といったクラシックホースたちを抑えて2位につけているのだ。

3歳の春には“複数勝利の壁”に苦しめられたが、スワーヴジョージやマッサビエルが3勝目を、ポトマックリバーが2勝目を挙げ、菊花賞への道筋を示した。

徐々に明るい材料が見えてきているわけだ。

【次のページへ】3歳夏になって躍動し始める理由って?

ページ:

1

2

種牡馬スウィフトカレントの可能性を探る!産駒には幻のクラシックホースが!?

(C) 阪神サラブレッドクラブ

マイナー種牡馬応援委員会会員の皆様、ごきげんよう。

そんな会に入った覚えはないと思った諸君、入会は随時受け付け中だ。この記事を読んでマイナー種牡馬を応援する気になるかどうかは分からない。が、競馬仲間との会話で「スウィフトカレント」という単語を使えば「ムムッ」と周囲から博多華丸、、、じゃなくて川平慈英的な反応をされて一目置かれる存在となるはずだ。

なお、間違えて女子に言うと「テイラースウィフト?」と、テラハ的な反応が帰ってくるから気をつけくれ。ちなみに僕はりなてぃ推しだ。もっと言うと、今井洋介が好きだ。先日行った競馬関係者の親睦会で僕の友人が泥酔して騒ぐのを見て、某有名ブロガーの方に「そろそろ付き合う友だちを選んだほうがいい」とマジ顔で諭されたが、今井洋介が好きだ。(どんな趣味してるか、察してくれ)

話が逸れた。

とにもかくにも以下の入会フォームを読んだ後にツイッターかフェイスブックかはてブのボタンをポチッとしてほしい。それで受付完了だ。

そんな見え見えの炎上マーケティングはどうでもいい。そう、スウィフトカレントの話をしよう。

最近あった生ハムメロン現象

6月28日にデビューを迎えるレッドヴェルサスがスウィフトカレント産駒だと聞いた時、「ん?」と思った方は少なくないのではないだろうか。

打ち明けよう。僕は、「ん????」と思ったぞ。

それもそのはず。レッドヴェルサスはGI馬レッドリヴェールの半弟だ。GI馬の血筋にスウィフトカレント。なんて不思議な組み合わせなんだろう。生ハムメロンみたいなもんだ。最初に考えたやつ、出てこい。

とはいえ、マイナー種牡馬推奨委員会会長としてはポテンシャルを秘めた肌馬につけられたというのが嬉しくてならない。

なぜなら、スウィフトカレントは種牡馬として成功する可能性を秘めている。そしてそのポテンシャルの高さをすでに発揮しているのだ。

基礎となる血統レベルの高さ

ここからは少しマジメに書いていこう。

スウィフトカレントは現役時代、GIと縁がなかった。GI勝ち鞍がないことはもちろん、GIで好走したのは06年の天皇賞秋1度のみ。実績といえばサマー2000シリーズのチャンピオンくらいである。

「そんな馬、種牡馬として期待できんのかよ?」と思ったそこの坊や、甘いな。キミはリンツのチョコレートアイスクリームか。

スウィフトカレントは大種牡馬サンデーサイレンスを父に持つことに加え、母系が凄まじい。母ホワイトウォーターアフェアはヨークシャーオークス2着の実績を持つ重賞ウィナーだ。さらに繁殖牝馬としてヴィクトワールピサ(ドバイワールドカップ、有馬記念など)や安田記念馬アサクサデンエンを輩出している。

つまり、スウィフトカレントは父が大種牡馬、母がGI好走馬、兄弟がGI馬という超良血ファミリーに属しているのだ。父・浜田雅功、母・小川菜摘、全兄ハマ・オカモト、みたいなものだ。

競走馬としての成績より血統レベルの高さが種牡馬として成功するポイントであることは周知の事実。ということは彼も成功の可能性を十分に秘めているといえる。

【次のページヘ】幻のダービー馬を輩出?その馬の名は……

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る