ラジオNIKKEI賞(2015年)キャンベルジュニア良血度診断!母はリダウツチョイス産駒の豪GI馬

(C) Yusuke Tsutaya
(C) Yusuke Tsutaya

秋の飛躍を目指す3歳馬が集うラジオNIKKEI賞(GIII/芝1800m)が7月5日に福島競馬場で行われる。『競馬TIMES』では予想に欠かすことのできない血統にフォーカス。出走各馬の“良血度”を解説していく。

※良血度…血統レベルを総合的に判断したもの。特定のレースで合う・合わないというものではなく、その馬本来の血統レベルを示す。良血度が高いほど、大レースで活躍する期待値が高い

スポンサーリンク

キャンベルジュニア

父エンコスタデラゴ
キャリア:8戦3勝
主な勝ち鞍:豪GIヴィックヘルスカップ(芝1400m)など
代表産駒:ウルトラファンタジー(スプリンターズステークス)、シークレットキングダム(香港スプリント)など

豪州の短距離戦線で活躍し、種牡馬として豪州リーディングに2度輝いた名種牡馬。豪州ではノーザンダンサー系の中でもデインヒル系の活躍が目立つが、本馬はフェアリーキング産駒である。2009年のスプリンターズステークスを逃げ切ったウルトラファンタジーの父でもある。

母メリト

豪州リーディングに3度輝いたリダウツチョイス産駒で、豪GIウインターステークス(芝1400m)、豪GI TJスミスステークス(芝1200m)とGIを2勝している。牝系にも重賞ウイナーが多く並ぶ良血馬。

良血度:A

遅生まれで、まだレースでの反応が鈍い面があるが調教の動きからも素質は相当なものがある。母がGI馬というのは伊達ではない。ただ現時点では広いコース向きなのではないか。豪州産では2007年にロックドゥカンブがこのレースを制している。

【関連記事】
ラジオNIKKEI賞(2015年)良血度診断一覧へ
ラジオNIKKEI賞(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望
ワンアンドオンリーは古馬GIで勝てない?宝塚記念惨敗の真相を暴く
秋華賞馬ショウナンパンドラが宝塚記念で復活した理由って?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る