【NHKマイルカップ2015】アルビアーノ良血度診断…近親にヤマニンパラダイス

(C)Yusuke Tsutaya

3歳マイル王を決するNHKマイルカップ(GI/東京芝1600m)が5月10日に行われる。『競馬TIMES』ではNHKマイルカップに出走する各馬の“良血度”を解説していく。

※良血度…血統レベルを総合的に判断したもの。特定のレースで合う・合わないというものではなく、その馬本来の血統レベルを示す

スポンサーリンク

アルビアーノ

父ハーランズホリデー

キャリア:22戦9勝
主な勝ち鞍:フロリダダービー、ドンハンディキャップ
代表産駒:シャンハイボビー、イントゥミスチーフ、マジェスティックパーフェクションなど

日本ですっかりおなじみのストームキャットの系で、母方は北米三冠馬アファームドが配されている。2002年のフロリダダービーでブルーバーナーを破ってGI初勝利を挙げた。ケンタッキーダービー、プリークネスSはともにウォーエンブレムに敗れるが、古馬になって2003年のドンハンディキャップを優勝し、GI2勝目を挙げた。勢いそのままに、ドバイワールドカップに向かい、2着に健闘している。

母アンティクス

アンブライドルド直仔で、母母父はダンジグと、日本でなじみのある配合。母は未出走ながら兄弟にArch、Acoma、Festival of Lightらがいる。近親に阪神3歳牝馬ステークスの勝ち馬ヤマニンパラダイスやダートのオープン馬キズマらがいる。

血統度:B

母は未出走ながらGI級の血が流れている。日本ではあまり実績がないのがマイナスポイントであるものの、スケール感はまずまずGIでもやれておかしくない。

おすすめコラム

ゴールドシップと横山典弘、天皇賞春のロングスパートに隠された“思惑”とは?
キズナと武豊が天皇賞春で惨敗した5つの理由と英断への期待
稀代のバイプレーヤー!ウインバリアシオンとステゴ産駒の“闘争”の歴史
華麗なるレーヴドスカー一族!驚異の優秀さと垣間見える“呪い”
「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る