アルバートドックの血統や将来性は?白百合ステークスの覇者を徹底分析

(C)T.T

5月30日に京都競馬場で行われたOP特別の白百合ステークス(芝外回り1800m)は1番人気のアルバートドックが人気に応えて勝利した。

ここ2走は重賞に挑戦していたが、あと一歩届かず賞金加算はならなかった。ダービー出走が叶わなかった悔しさをここで晴らし、いざ飛躍の秋へと挑む。

アルバートドックの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。


血統評価は?

アルバートドックは父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー、その父アンユージュアルヒートという血統。ディープインパクト産駒は12年のマウントシャスタ、昨年のステファノスに続いて当レースで3勝目を挙げ、12年から4年連続連対となった。

母ゴールデンドックエーは米国の3歳2月に行われるオールウェザーのGIラスヴァージネスステークス(1700m)を制した馬で、全兄アンユージュアルサスペクトは米国芝2400mのGIハリウッドターフカップステークスを勝っている。

母父アンユージュアルヒートは現役時代、目立った実績は芝1400mのGIII2着程度という馬だが、その父はヌレイエフだ。ディープインパクトはヌレイエフと相性がよく、母父や母母父が同系統だと大物を産む傾向にある。

今年のオークス馬ミッキークイーンをはじめ、ヴィルシーナ、デニムアンドルビー、ミッキーアイル、ショウナンアデラなど、ヌレイエフの大物を挙げるとキリがない。

秋の飛躍は必至か

500万条件を勝った後、重賞2戦は4、3着と一押し足りなかった。しかし2戦とも明らかに内有利の芝状態の中、外から差しこんできた脚は注目すべきものがある。

特に京都新聞杯は掲示板の内4頭が1、2枠の馬で、アルバートドックだけが8枠から外を回して差してきていた。確かな能力の裏付けに、積み重ねた賞金。おそらく神戸新聞杯でダービー出走組と対戦することになるが、間違いなく好勝負を見せてくれるはずだ。

【関連記事】
サトノクラウンの血統や距離適正は?日本ダービー3着馬を徹底分析
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性
ドゥラメンテの血統や菊花賞への適正は?日本ダービーの覇者を徹底分析
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る